FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2012年2月1日(水曜日): メガネどこメガネ、ほぼのび太状態。
今日の中野オデッセイ:

これじゃないんだけど酢ジュース ちょいと実家に寄ってみたら「不味いぞ」という注釈つきで「青摘み蜜柑ジュース」というのが出てきて、これが笑っていいとも!の罰ゲームみたいな感じで旨酸っぱいことこのうえない。なんじゃこりゃあ、結構気に入りました。


朝はとんはく鍋で、白菜と大根おろしと豚肉だな。
昼は生協の「菜の花と胡桃の白和え」と、ひじき。
ついでにツマミ用のニボシを買ってきたのだが、まさかにこの俺さまが無塩のニボシを買うとはなあ。
夕刻、中野丸井はみんな駅のそばの墨花居でヤキソバなど。

中野ついでにユニクロで赤い靴下ばかり8足と(バカだねぇ)、ボクサーブリーフを2枚。家にはジーパンとTシャツと上着と背広なら一生分あるのだが、10年くらいも買わずにいたらパンツと靴下が払底していたのね。あとパンツ3枚くらいあるとあと10年は保つね。


今日の幕末太陽傳:

DVD『幕末太陽傳』 川島雄三監督でフランキー堺主演の映画『幕末太陽傳』が金曜日までテアトル新宿にかかっているらしきことを発見。なにやらデジタル修復版なのだそうで、ちょっと前に黒澤『羅生門』で度肝を抜かれたこともあり、観てみたいなあ。開始09:40かよ、起きられるかなあ。それとも徹夜明けかなあ。

VHSではいちど観ている。げっちゃ面白いぞ、これ。



スポンサーサイト



2012年1月31日(火曜日): 小さくまとまんなよ。
今日の血圧:

オムロン血圧計HEM-7115 早朝から家を出て、カリウムとカルシウムとビタミンC、カリウムとカルシウムとビタミンCとつぶやきながら(この時点でかなりバカなので、よい子は真似してはいけません)山手通りのグラッチェ・ガーデンでモーニングセットなどいただきました。お目当ては近在ではここにしか存在しないドリンクバーで、オレンジジュースとミックスジュースを馬に食わせるほど飲んできました。あとはパンケーキとサラダ、ついでにクラムチャウダーも。帰宅してのおやつは煎り銀杏。

ところで、レジのお姉さんが7時のことを「ななじ」と発音するのを耳にしたのだが、出自は出版業界だろうか鉄道だろうか、それともひょっとして軍隊だったりするのだろうか。

帰りがけに、中井駅前のモトキ薬局でオルメテックを60日分購入、自己負担3,000円。なんで昨日買ってないのかというと、大病院の担当の先生は月曜日専門で、モトキ薬局は月曜定休なのですね。


ちょっと話が前後するのだが、昨晩は中井駅前高級料亭割烹錦山に行ってみたのだが、あんまりカリウムっぽいものはなかったなあ。ほんとうは菠薐草の胡麻汚しとかがあるとよかったんだけど、とりあえず野菜っぽいものと銀杏などいただきました。オルメテックはたぶん血管拡張系だと思うので(ナントカ阻害薬だったような)、後方掩護のために造血作用のあるレバ刺とかは我慢。じゃあ菠薐草ならいいのかというと、まあ気のものだから勘弁してくれ、そもそも造血を避けてカリウム摂取とか無理なわけだし。

関係ないけどspinachってどう読むんだっけ。スピニチっぽかったと思うのだけれど、個人的にはシュピナッハとしか読めない(←Detroitをデトロワと読む奴)。

それで手っ取り早くカリウムのサプリメントという手もあるのだけれど、あんまり好かんのと、どこを改善していいのかよく判らない食生活の改善にまったくつながらないので、今回は却下。酒は適度ならば構わないらしいので、二日酔いにならない程度(つまりいつもどおり)なら構わないことにする。煙草はさすがに減らしましょうね、俺。


午後、ニラ蕎麦を求めて中井駅前福しんに行ってみたのだが、これちょっと辛すぎるだろうってんで半ばで断念。勿体ないことをしました。

今日の新宿オデッセイ:

夏目漱石『我輩は猫である(上)』ポプラポケット文庫 日暮れて百人町の60分2,980円の残酷マッサージ(褒めてます)に行って「今日は高血圧と老眼」とか滅茶苦茶なことを言って揉み療治などしていただく。自覚症状はなかったのだが、頸と肩がガチガチで、腰は弱っているそうな。そろそろ本格的になんとかせんとかんわ、こりゃ。とりあえず今日のところはいろいろと楽になったのでヨシとしておくのだが。


夜は歌舞伎町Golden Eggでサトシくんのセッションがあったので顔を出してみる。鍵盤が僕だけだったので居座って、Chickenを聞き違えてSpainを演っちゃったり(ごめん、インしか合ってない)、数年ぶりにWhat's Goin' Onを弾いたりして遊ぶ。

なにかの拍子に冗談の心算でLed Bootsのイントロを弾いてみたら、これにサトシくんとヒロゾーおじさんがいきなり反応、しまったこいつらそっち系だったと気づいたときには既に遅かりしゆらのすけ、全編弾かされたうえにソロまで廻ってきて俺は死んだ。



CD『WIRED』Jeff Beck なにしろ弾いたことあったっけなレベルで、Wiredは好きで聴いていたからリフと進行はなんとなく判らないこともない感じか。まだマックス・ミドルトンでよかった、ヤン・ハマーが来てたらかなりの自爆でしたね(エレピにベンダーは付いているのだがちょっと無理)。終わってみたら両手の指のそこここに水膨れができていたのだが、どうやら焦ってドン・プーレンごっこでもやらかしたらしいのです。

それで帰宅してウクレレでLed Bootsを弾いてみた(クヤシかったらしい)ら、なんとなく弾けた。

footcopy