FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2012年1月6日(金曜日): Unbreakable!

ライブのお報せ:

アルカフェにて お題: アルカフェpresents【アルカフェスタ☆Ukulele Relax vol.5】
とき: 明日1月7日、土曜日の19:00から
ところ: 荻窪アルカフェ Tel. 03-3391-2046
出演: りびけん(Vo, Uke)/みみり~にょ(Vo, Uke)/Kazu(Vo, Uke)/オシツオサレツ(Vo, Uke)/Palaoa*(Vo, Uke)/デイジー☆どぶゆき(Vo, Uke)
木戸銭: 500円+飲み食い


なんか山崎ハコを演れという指令があったので初手の初手からは山崎ハコを演るとして、あとはどうすっかな。やはりショウケースめいたものになると思いますので、よろしければご来場ください。

今日の高血圧:

bpc for Jan. 04, 2012 今日は朝から母が09:00から大病院になにやらの点滴にいくというもので、どうせ僕も10:00から救命救急だもので、ついでに送っていく。朝の大江戸線って混んでるんですね、みんな病院に行くのかな。

とりあえず母をケアルーム(点滴窟)に放り込んでから、僕は救命救急へ。今日は高血圧の話と、あとは血液検査の結果でCEA(腫瘍マーカー)とγ-GTPが下がっていない話。高血圧のほうは憎悪もないしレントゲン写真もまともだからとりあえず引き続きオルメテック(降圧剤)を投与しながら様子見で、次回は月末にまた検査と問診。腫瘍マーカーのほうはけっこう高いが上昇しているわけでもないので、キャンサーの可能性はまずはなかろう。これも次回にまた検査する。γ-GTPのほうは、飲みすぎでしょうな。胸部痛のこともあるし、肝臓と胆嚢の件もあるから消化器内科に行きますか? では紹介状を書きますからこれから行ってください。

というわけで、病院のあっちの端のQQ(救命救急のこと)からこっちの端の一般病棟まで歩いて、僕は初診扱いになるだろうと思った(救命救急には初診や再診という概念は存在しない)ので、初診受付にいってみたらそれでよかったみたい。消化器内科に行くまえにちょっと点滴中の母のところに顔を出して予定を伝えて、消化器内科に行ってみたら待合に父が座っている。なんでも今日は内視鏡検査だったのだそうで、ったくどいつもこいつも3人揃って、りびけん家ってば絶滅寸前ですな。

診察のほうは、γ-GTPのほうは飲みすぎでしょうな。はいはい。CEAのほうはCTも撮りまくっているし、やはりキャンサーではないのではないかとは思う。CEAは潰瘍や炎症でも上昇するので、専門部署としてはこの状態ならばまず逆流性食道炎を疑う。方策のいちとしては、胃酸の分泌を抑える薬を処方して様子をみる。方策のにとしては、内視鏡検査(胃カメラですな)で食道と胃を見てみる。さてどうします? そうですか、では来週の火曜日に採血と内視鏡検査をしましょう。投薬はどうします? そうですか、では検査をしてから投薬の是非を検討します。これが内視鏡検査の同意書ですので、ケアルームでナースの説明を受けて、そうですか、ではここでちゃっちゃと。ここにシグネチャを。肝臓や逆食と血圧? 関係ありませんな。はいどうも。


というわけでケアルームに行ってみたら母の点滴はあと1時間ほどで終わりそうなのだが、僕と同時に隣のブースに入った筈の父の姿がない。暇なので捜してみることにして、胃カメラをやったということは腹が減っている筈なので、大病院内に2か所ある食堂に行ってみたら(まさかTULLY'Sにはおるまいと思ったのでこれは除外)、これは不発。それでは近所の薬局でヤクでも買っているのであろうと思って行ってみたら、ちょうど父が出てくるところであった。そういえば病院もものすごく混雑していたし(俺ごときが診療されていて、みなさん申し訳ありません)、薬局も混雑していたのであろう。ケアルームなんか緊急の患者さんが来たらベッドがいっぱいで、若いかたが点滴バーをもって廊下に出てたもんね。そんなわけで、父の飼ってる馬が病気でもしたのかなってな量の重い重いクスリを抱えて、病人一家はタクシーで自宅へと帰る。

鰻 帰宅して、弟嫁の実家に年始に行っている弟が送ってくれた浜名湖山吹の鰻で鰻丼など。病人一家なので母は山椒なし、父は山椒少なめというメニューなので、必然的に僕の鰻丼は山椒まみれになるのだが、好きなので文句はない。心臓病とか高血圧とか逆食とかに香辛料ってどうなのかな。そのうち調べてみよう。

実家からの帰りがけに、高校生時分からお世話になっているつくし堂書店(高校生時分の僕は「1日1冊ずつ文庫本を買ってくれていた」のだそうで)のナオコさんとばったり。じつは少しツケが貯まっているのは誤魔化しといて、ナオコさんのリューマチと僕の高血圧の話題で盛り上がる。土地の古老か儂らは。

それで中井駅前のモトキ薬局でオルメテックを出していただいて、モトキエツコちゃんが「こないだはイトウさんで、なんで今回は大病院の救急なの?」と訊いてくる。いや2年半前の腹痛時の原因が判っていないのでなかなか放免してもらえなくて、今回ようやく消化器に廻されたんですよう。付き合いは長いし心配してくれるし、いい薬局です。ずいぶん昔に風邪を患ったときに、3,000円の氷枕を2,100円しかもっていない僕に2,100円で売ってくれて、後日差額の900円を持参したら「あれはあれで終わり」って断った漢気のある薬局なのですよ、こりゃ贔屓にするしかないでしょう。


昨日の犯罪者:

家の裏手に現れて僕の洗濯機に手をのばしていたバカチンの不審者はてっきり下着泥棒であろうと思っていたのだが、ひょっとすると洗濯機泥棒であったという可能性もあることに気がつきました。



スポンサーサイト



2012年1月5日(木曜日): It's Alive!

ライブのお報せ:

アルカフェにて お題: アルカフェpresents【アルカフェスタ☆Ukulele Relax vol.5】
とき: 1月7日、土曜日の19:00から
ところ: 荻窪アルカフェ Tel. 03-3391-2046
出演: りびけん(Vo, Uke)/みみり~にょ(Vo, Uke)/Kazu(Vo, Uke)/オシツオサレツ(Vo, Uke)/Palaoa*(Vo, Uke)/デイジー☆どぶゆき(Vo, Uke)
木戸銭: 500円+飲み食い


俺のウクレレのどこがリラックスか(笑)という話もありますが、まあ20分間でネタのダイジェストみたいなことを演ろうと考えていて、それなりに面白いんじゃないかしら。

『家とカサ』と『Godzilla』と『Smoke on the Water』と『鬼太郎』と『救急車』は演ります。
『Manhã de Carnaval』を演らなかったら、「ああ、間に合わなかったんだな」と思ってください。
あとはジャズのスタンダードをいくつか、でしょうか。ええ、High-Gのソプラノです。


1月18日のジルコンズ:

The Zircons 1月18日の水曜日に、アカペラ・ドゥーワップのThe Zirconsは対バン*にDawg**のInstead of Netさんを迎えて敢行されます。会場は歌舞伎町Golden Egg、時刻はいちおう20:00開始を予定しています。

キャッチコピーは「バカペラ vs. バカテク」としました。


*対バン: アイカタのバンド。
**Dawg: 正確に説明できないのだけど、ジャズっぽいスウィングが16分音符を撒き散らしている感じかしらん。


今日の高血圧:

bpc for Jan. 04, 2012 今日が大病院のお仕事はじめだったもので、定刻の09:00から予約電話を入れ始めてみるけれども、とうぜんながら繋がりません。あたりまえだよな、全関東の病人が電話をかけているわけで、しまいにゃNTTに「混み合っております」とか言われる始末。けっきょくお昼近くになって繋がって、係のお姉さんが救命にかけあってくだすって「とにかく明日来なさい」ってな話になりました。


今日の犯罪者:

家でのんびりしていたら、1階窓際のガラスに映る人影が俺様の洗濯機に手をのばす。デカい声で「おいっ」って言ってみたら影は消えて、窓から顔を出してみたらとっとと逃げ出しやがって、そして北側の裏木戸が開いている。

家の裏に廻ってみたら、家裏南のお隣さんには色気のないお洗濯物が干してあって、それで俺ん家の洗濯機に用事があるということは下着泥棒のヘンタイさんではあろう。家の洗濯機は北側からではそんなものがあるとはそうそうバレないものなので、ヘンタイは南側から侵入したものであろう。だからこそ北側の裏木戸が開いていたものではあろう。そして家から北側の裏木戸に行くには裏庭のフェンスを乗り越えなければならない。

そんな推測に基づいて裏庭のフェンスを調べてみたら、案の定フェンスのうえに靴跡が残っておりましたな。これはけっこう愉しいぞ。

大家さんと相談のうえで警察にも連絡してみたのだけれども、お巡りさんが3人もいらしたのだけれども靴跡やその周辺にとうぜんあるべき指紋を検証することもなくお帰りになられましたが、まあいいや。ちょっと声かけられて逃げ出すようなチキンに怯える俺ではない。それで、路地奥なので疎かだったかもしれない近所の警邏は、今後増強していただけるとのことでした。

footcopy