FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2012年1月2日(月曜日): どっこい生きてるシャツの中。
今日のSheer Heart Attack:

賀正 ああびっくりした。午後に実家に行こうとして歩いていたら、いきなり腰から落ちましてですね、いきなり道ぺたにすってんころりん。意識はしっかりしていたし左胸の軽い痛みもいつも通りだし、一瞬なにが起きたのかまるっきり判りませんでした。道端に転がって口をあんぐり開いている阿呆なおっさん(おっさん言うな)、まだ通行人がいなかったのが救いやったかもしれへんわ。

しょうがないのでいつもの大病院の救命救急外来に遠慮しいしい電話して受け入れてもらって、平謝りながら血ぃ抜かれたり透視画像を撮られたり心電図を眺めながら「お、心臓動いてるぞ」なんて思ったりして、けっきょく原因は不明なのだが心筋に異常はなさそうなので即死することもあるまい、といった話になりました。ほんとにこんな日に申し訳ありませんでした。

胸痛のほうは5日以降の通常診療日に診ていただくとして、肋間神経痛とかなのかなあ。ちゅうちゅう抜かれた血液検査のほうはγ-GTPが173なのはアル中だしこれでも下がってるからいいとして、総ビリルビンが2.0って、つまり肝臓と胆嚢の仲がよろしくないってことなのかしらん。見当識も血糖値も、たまたま血圧も異常なくて、あとはオルメテックで様子見ってことですね。

それでお勘定のほうが、今日は精算システムが動いておらんとかで5日以降にお支払いにいくような感じです。問診と血液検査と単純レントゲンだから3,000円ってなものかな、診療予約がとれなくても5日にはお支払いに行かんと人としてマズいな、こりゃ。

ああびっくりした。



スポンサーサイト



2012年1月1日(日曜日): こりゃびっくり。
今日の心臓疾患:

賀正 お恥ずかしい話なのだが、大晦日の夜はTwitterで心臓が痛いだのもうすぐ死ぬだのつぶやいていたのだが、よく考えると心筋に痛覚とかねえよな。はいはい、気のせい。

具体的には左胸が痛くて、先輩から指摘のあったような肋間神経痛(やったことある)とか肋骨折れた(やったことある)とかじゃないから、なにやら内部疾患があるらしいことは判る。大病院はどうやら5日からの営業らしいので、5日の朝イチで予約を入れて行ってみるね。それまでに死んじゃったらまあそれまでのことなのだが、7日と18日にライブがあるのだな。18日までは頑張って、2月以降なら代役が間に合うんじゃないかな、齋藤さんよろしく、と。


今日のお年始:

ドンペリ 吉例により、元旦から実家詣で。狛江の伯母と芦屋の叔母と弟夫婦が来ていて、酒は飲まねえっちゅうのに弟持参のモエ・エ・シャンドンのマグナムボトルが、ってこんなもんが一般家庭にあると物凄え違和感だな。それで定番の御節だの弟嫁持参のケーキだのと大量のワインが出てきて、しょうがないから飲む。幸い生きてます。

夜半、正月らしくインチキなお雑煮などいただく。今年は水菜とお麩と柏肉。鶏肉は昼間につるかめランドで購入したのだが、イギリス資本のつるかめランドが元旦から営業していて、みらべるが6日から営業開始というのは意外でしたな。正直、ここんとこみらべるのほうがつるかめランドよりよほど活気があるのが気になっているのだが、今年が勝負だな。鶏肉ならつるかめランドだが、鮮魚部は(これも意外なのだが)今冬ならみらべるの圧勝なのね。あと東中野ライフとか丸正とか、正月営業情報がサイトにないのはなんとかしてくれないかな。


今日のひまつぶし:

DVD『レスラー』 DVD『その男ヴァン・ダム』></a>

<a href=DVD『グラン・トリノ』 ところで僕の弟がけっこうな映画好きで、だいたい1980年を境にそれ以前が僕、それ以降が弟な感じで、でも好みは似ているのね。その弟がNET『相棒』を録画予約しているというのにも仰天したのだが、暇つぶしのテレビに出てきたミッキー・ローク『レスラー』を褒めていたのはやはり趣味が一緒だな。近年なら『その男ヴァン・ダム』と『グラン・トリノ』と『レスラー』でしょ、って俺はどこまでルーザーなんだろう(笑)。

というわけで、とりあえず『レスラー』借りてきました。正月早々なにしてんの俺。

footcopy