FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2011年12月19日と20日(月曜日と火曜日): 俺工作員。
今日の工作:

DVD 棚アップ 月曜日の夜から血圧が上がって寺内貫太郎していた件についてはさっき書いたから承前としておいてですね、まあ高血圧なのだから温かくしよう、ついてはさいきん教わったプチプチ暖房法を試してみようってんで、中野島忠まで行ってきました。

ついでなので、つくねまくられているDVDの収納のアイディアもあったもので、買ってきたのがアルミ棚請け300円ふたつとステンレスパイプφ19×1,820を1本(とプチプチ)なのね。


DVD棚の端っこスケルトン 棚受けを柱にくっつけて、ステンレスのパイプを通すね。
構造はこんな感じだね。

DVD棚の端っこ 端っこを拡大するとこんな感じだね。

DVD棚全景 さっきプチプチを設置したものだから、全体像はこんな感じだね。

DVD 棚アップ アップにするとこんな感じで、けっく一間でDVDが100枚収納できることになりました。

今日の腕時計:

オリエント スリースター そういえば、中野島忠に行ったついでに腕時計の電池も入れ替えてきました。9月に買ったもんがいきなり12月に停まりやがったについては電池切れならば文句はありませんが、よし故障ででもあったのならばまあその。

ええ、動いておりますとも。

Hypertension!
CD『High Pressure』 ハイパーテンションというとものすごく元気そうなのだが、なんのこたぁない高血圧である。High Pressureとは言いませんか? 言いませんか、そうですか。
月曜日の夕方にちょいと実家に寄って、「なんか血圧が高いような気がする」とつぶやいたら父が自分用の血圧計をもってきて、測ってみたらこれが166/98だよお立会い。いままでのところ、「なんか血圧が高いような気がする」と思って献血に寄ってみたりしたことはあるけど病院の検査なんかじゃずうっと130/90だったもんな、さすがにちと驚きました。

僕としては「じぶんで高血圧に気づいた俺、凄え」とか思って笑っていたのだが、やはり高血圧持ちの父が心配していいから医者へ行けという。そんなこと言ったってもう夜中の20:00だぜ、明日の朝までは様子をみましょうよ。それでしょうがないから病人ごっこなどして遊ぶことにするわけ。

というわけで夜は暖房設備の整った実家に泊まることにして、酒と梅干は避ける、脳がぷっつんすると困るのでそろりそろりと動く、トイレで踏ん張らない、手洗いからなにから温水を使う、といった方針を立てて実践しました。晩御飯は豆オムレツと生姜飴と麦茶。よし、だんだん病人っぽくなってきたぞ。

夜半にふと目覚めたおり(この時点で151/90)にふと思いついて、ドラッグ・ブローカーの悪鬼羅さんにメールして「イシャはどこだ」と訊いてみて、明け方の返信でいくつか候補を挙げていただいたなかから営団地下鉄落合駅近くの伊藤メディカルクリニックを選定。なに、家から近いのと、07:00(この時点で153/93)から無人インターネット予約ができたという理由によります。火曜日には09:00のいちばんの予約がとれたので、朝はぬるいぬるいお風呂をのんびり遣ってから08:55の定刻にお医者さんに到着しました。

診察というか問診は10分がところで、「お薬を出しますので、1週間ほど様子をみましょう」というあまり面白くない予想通りの、でも当然の判断が出ましてですね、オルメテック錠を処方されました。それで精算時に看護婦さんが「薬局はお隣です」とおっしゃるのをにこやかに鹿十して、いつもの中井駅前モトキ薬局さんに行くわけ。モトキのおばちゃんには「伊藤さんってどう? あそこ新しいんだけど」と尋ねられましたが、そんなもん病院がきれいで先生は真面目そうで対応は親切でした、くらいしか言えることはありません。むしろあきらかな雀医者(だんだん藪に近づく)なら知らんこともないのだが、もとよりそういうことは心に秘めて俺が行かないだけのことにしているのです。ってか俺のご両親もちょっとした風邪くらいならその土手医者(藪にもなれない)に通っていたりするのだが、お薬をたっぷりくれるので放置している。胃散なんかは僕にも廻ってくるわけで、つまり親のイサンを狙う悪いやつなんだな俺は。

プチプチ さて、いい齢こいていつまでも実家の世話にもなれんので、通気性のとてもいい自宅のメインテナンスを考える。最初の敵は寒さで、あとの食餌と運動はどうにでもなるべい。そういえばロシアに詳しいうえにたぶん木造家屋に住まう某が「プチプチで目張りするとお部屋がとってもあたたか」と言っていたなと思って、中野のホームセンター島忠まで徒歩徒歩と歩いていってエアパッキンの1.2 m×5 mというのを2本、買ってきて家庭内拠点六畳間の内側に貼ってみました。作業も意外と愉しかったけど、効果が凄いね。3日か4日前のものすごく寒かった晩には節を枉げてフルパワー運用していた暖房器具が、そこそこ常識的な制御ですむようになったみたいです。そういえば学生時分に野宿自転車旅行などしていたときにも、寝袋代わりにエアパッキンを使っていたなあ、なんで気づかない俺。とまれありがとうございました>>某。あとついでに寝床の電気毛布(5年間死蔵)も起動、と。

オムロン血圧計HEM-7115 その島忠では、ついでに血圧計も買い込んでみました。オムロンのHEM-7115(上腕式デジタル)が3,980円ならまずいい買い物なのではないかしらん。

あとはお豆腐とか豆とか麦茶とかを買ってきて病人自慢続行中なのですが、さてどうなるのかしらん。


どうでもいいけど、世間知としても個人的知識としても、高血圧の原因ならばまず「塩分の摂りすぎ」、次いで「運動不足」か「肥満」。あとは「加齢」ってのは爺婆対象だろうから外すとしてですね。

基本的には自炊の俺は同年代なら無類の薄味好みなぶんだけダシはたっぷりとるから塩分はまず関係ないし、今日だって中野島忠までの4 km往復をふつうに歩いてきたし、むしろ肥満してみたいくらいに中肉中背だし、加齢も関係なさそうだし、さて高血圧の原因はなんでしょう。寒さか? そんなにヤワではなかった筈だが、儂も老いたかごほごほごほ。

それ以前に、自覚症状はないといわれる高血圧について「そんな気がする」って気づいた俺がまず偉いのかな。偉くはないな。さて、中井駅前錦山でレバ刺でも食ってくるか。

2011年12月18日(日曜日): 夢も希望も炬燵もない。
今日の寒い寒い:

岡本綺堂『半七捕物帳』(春陽文庫) 06:00起床、寒いなちきしょうめと思いながらお蒲団のなかで服を着て(小学生かよ)、階下の食堂でお茶など淹れたのだがあまりの寒さにりびけんお蒲団へReturns、死んでまうわ。けっきょくお蒲団に枕元灯を引っ張りこんで、潜りこんだまま10:00くらいまで半七捕物帳(春陽文庫)など読んでおりました。それで10:00にまた起き出して、生姜紅茶など淹れて俺再起動、と。

フリースの室内履き 例年こんなに寒かったかなあなどと思いつつですね、昨日はフリースの靴下など買ってきてみたわけ。それで冬物を入れていた蜜柑箱を漁っていたら、まったく同じフリースの靴下が出てきました。なんのことはない、昨年の俺も同じことを考えたわけね。ついでにフリースの室内履きも出てきたもので、さっそく採用。我ながらバカなんじゃねえのかとは思うのだが、いまさら驚きもしないのでした。

あったかイエロー


むしろこういうの売ってないかしらん(→)。

それで、
  • フリース上履き起動、
  • 昨年は封印していたモモシキ起動、
  • 足許暖房ときどき起動(電気温風器です)、
  • 電気毛布は意地でも使わん、
  • 明日はプチプチ(エアパッキン)による家屋パッキンを実施予定、
  • 当面お風呂は実家か銭湯(よほどのことがないと自宅でひとり湯船はネバエバ)、
といった感じです。このまんまでは死んでまうわ。

昼飯、中井せりかで海鮮ラーメン。
夜は寒くなったのでとりあえずお布団に避難。

人生先細り。

2011年12月17日(土曜日): 誰とて大勢のなかにひとり。
今日の朝食:

辛子明太子パスタ 朝も早よからパスタなど茹でる。

  1. パスタを茹でながら、
  2. 辛子明太子をほぐしてオリーブオイルと和える。
  3. フライパンに油を敷いてバターを溶かして、
  4. 手加減して茹でたパスタを軽く炒めて、
  5. さっきのソースと混ぜて、
  6. 海苔でも振ってみる。
こんなものは、マズく作るほうが難しいよな、そりゃ。
付け合せはトマトと、生姜を放り込んでみたクノールカップスープ。

今日の新宿:

T's 昼から野暮用で新宿に出たのだが、ものすごく近いところをウクレレ弾きの大森くんとかT's Guitarの高橋さんとかが歩いていたらしい。ふむ。

野暮用後に西武新宿駅上のZOFF屋さんに寄って、先日顔を柱にぶつけた(こんなんばっかしやな、俺)ときにひん枉げてしまった眼鏡の蔓を調整してもらう。きちんと調整して、きれいきれいして、煙草の煙に吹きっさらしのノーズパッドも交換してくれて、これで無料なのだからありがたい。次回、老眼鏡でも作らせていただきましょうか(いつなんだそれ)。


今日の暖房:っつか防寒。

こんな感じの靴下 さて、冬というのは寒いものだということに昨晩気づいたもので、ついでに無印良品でフリースの靴下など買ってみました。ええとね、足元だけは厚着できないことにも気づいたわけね。意外と賢いぞ、俺。


プチプチ それはそれとして、再三にわたって自慢しているのだが僕ん家は通気性がとてもいい。大家さんが腕のいいベテランの大工さんで(梃子一丁で家を土台から持ち上げて修理しているところを目撃したことがある)、建設工事の余り材とか解体工事の廃材とかを集めて裏庭に家一軒建てちゃったところに僕は住んでいるもので、お風呂場の扉が明らかに裏口用でお風呂場内からドアスコープでお台所の内部が観察できます。意味が判らん。

それで同じく木造家屋に住まっていると思しき知り合いが窓とか戸とかにプチプチを貼ってみたら温かかったというので真似してみようとおもってインターネットで調べてみたら、1.2×42メートルで999円なんだって。僕はお城に住んでいるわけではないので、そんなには要らない。居間だけの話なので、幅1,200 mmであっちとこっちを塞ぐとして、8メートルあれば充分だな、東急HANDSか近所の梱包材屋さんで切り売りしていないかしら。


ウチのベッド あと、昨日朝になかなかお蒲団から出られないような状況があったもので、今朝から「枕元に翌日の衣裳を置いて寝る」というのを始めました。衣裳? 衣裳ですよ、僕はふだんからステージ衣裳で生活しているのです。これだとお蒲団のなかに服を引きずり込んで着用してから脱出するという、おまえは30年前の少女マンガかみたいな技が可能になるわけですね。

暖房器具はいまのところ使っていません。
電気毛布もあるけど、これは3年か4年くらい前から使ってないなあ。
まあ鍛錬めいたものか。

湯船をつかわないシャワーだけは滅茶苦茶寒いので、これはしょうがないから銭湯あたりで誤魔化すことにして、冬場やけんそんなに頻繁には身体洗わんですむでぇ、なんてことは言わないの。


今日の晩御飯:

クロソイ てきとうに、ハタハタとご飯とか。
ハタハタを貶める心算はまったくなく、なんで黒ソイが市場になかとね。

2011年12月16日(金曜日): アイドルな私。
今日のお散歩:

『ブローン・アウェイ―復讐の序曲―』、なんとサントラが出てる! 朝、到来物の辛子明太子とご飯、手抜き味噌汁(ダシとって葉っぱをちぎりいれて味噌放り込んでおしまい)。

昼、お天気もいいのでどこかに行こうかなと思って家を出て、とりあえずなんとなく東中野へ。柴又あたりで鯉こくか、浅草で泥鰌、新橋で鯰、どこにでも行けるがカネがないな。よし、予定変更して十番でジャージャー麺をいただいて帰宅だ。


ラブロマンス版『時計じかけのオレンジ』 帰宅がけのバッタ屋さんでDVD『ブローン・アウェイ』を500円でゲット。1998年に仕事でボストンに行く際に「ボストンってどんなとこなんだろ」ってんでVHSを借りて観て、完全に誤った先入観をもたされた映画ですね。ひらたくいうと、ボストンにはおっさんしかいなくて、町じゅう爆弾だらけなわけです。んなわけないじゃん。


DVD『サボテン・ブラザース』 DVD『時計じかけのオレンジ』 ついでにレンタルGEOをチェックしてみたら、青春映画の棚に『サボテン・ブラザース』、ラブロマンスの棚に『時計じかけのオレンジ』が置かれておりましたな。後者はなんとなく判るぞ、『ロリータ』と『バリー・リンドン』と『アイズ・ワイド・シャット』だけ観てる店員さんがいたのさ。前者は‥‥ジャケット見れば気づきそうなものだが。


今日のちんこまつり

CD et DVD『Cloud Nine』 朝、T. M. Revolution 野郎ライブ Strikes Back IXのチケットが届きました。よし。
ニコファーレのクリスマス追加公演のほうは、みごと落選しました。ううむ。


今日の教訓:

冬は寒い。そりゃまあ常識なのだが、毎年毎年よく忘れるうえに、今年は昨日あたりまではそんなに寒いとも思わなかったわけさ。今夜はとりあえず、ジーパンとトレーナーのうえからオーバーオールなど着込んでいます。なんか可愛いぞ俺(マリオのおっさん的な意味で。おっさん言うな)。

2011年12月15日(木曜日): Feed Me!
今日の猫:

笹かま 落合公園のとおりがかりに茶トラ猫に声をかけられたもので、「ちょっと待ってろ」って言って家から笹かまをもってきてみたらもういない。しょうがないな。野良猫フィードの是非について議論があるのは判るが、あいつが引っ越したバカ家族(おうともさ、なんとでも言ってやる)に置き去りにされたことを知っているので、情においてしのびないのです。


今日のウクレレ:

ちゃんと弾けても1秒かそこら せっかく『マイティ・ウクレレ』も観てきたし、明けて1月7日(土曜日)には荻窪アルカフェのUkulele Relaxに出演することもあり、ちょっとインストものの練習などしてみたのだが、メキメキと腕を下げているなあ、俺。とりあえず『Manhã de Carnaval』のトリル(たしかチェルシーさんに教わってHai'ineからパクった)がいまひとつだなあ。まあきちんと弾けても1秒かそこらなのだが、できないとクヤシい。本番は20分間なので6~7曲くらいはできるのかな(たとえば『All of Me』をアドリブソロ込みで演っても、3コーラスで3分かからない)。現状のプランでは前回の演目をあらかた外して、
家とカサ

  1. 家とカサ(唄)
  2. Crazy G(3コーラスいくぞっ!)
  3. Over the Rainbow
  4. Manhã de Carnaval(黒いオルフェのテーマ)
  5. ネタ集(鬼太郎、ゴジラ、Smoke on the Water、救急車)
  6. Blues in Fmaj(いつも家で弾いてるやつ)
といった感じで(次点で『アジアの純真(唄)』、『悲しくてやりきれないReggae Ver.(唄)』、『年下の男の子Blues Ver.(唄)』、『上を向いて歩こうBlues Ver.(唄)』、『コーヒー・ルンバ(唄)』)、せっかくなので正月中に新ネタを1~2曲仕入れるか、いっそHigh-Gウクレレに特化してなにやら作曲してしまうか、といった感じですね。たぶんソロで、イベントタイトルは「ウクレレ・リラックス」だがリラックスなんかさせてやんない。ビザール全開で臨みます。

今日のちんこまつり

CD et DVD『Cloud Nine』 T. M. Revolution 野郎ライブ Strikes Back IXのチケットはまだ届かないのだが、ローソンチケットから昼の部(っていうのか)の2階指定席追加販売のご案内が届きましたな。もちろんシカト、あんなのはフロアモッシュの阿鼻叫喚に身を投じるのが正解なのであって、安全エリアから傍観していてどうするってな話よ。

2011年12月14日(水曜日): ウクレレ日和。
今日のMighty Uke:

Mighty Uke Logo 渋谷シネマライズ『マイティ・ウクレレ』上映が12:00からだなってんで、10:30くらいに家を出る。途中でブランチでも齧っていこうかという計画だったのだが、東中野ギンザが11:00あたりだと全滅。しょうがないから渋谷まで出て、井の頭通りの起点らしきところの一蘭でいいやと思ってラーメンなど手繰る。よく考えると東急あたりでもっといいものが食えたのかもしれないけど、まあいいや。

映画のほうはウクレレ翼賛プロパガンダで、お客さんの年齢がけっこう高めだったのはいいとして、客席はちょっと空いてたかな。中身のほうは、ウクレレの親しみやすさを前面に押し出しながらも弾いているのがジェイムズ・ヒルのフォーフィンガーだったりカナダの女子高生軍団の16分音符だったりするのがダブルバインドなのだが、まあいいさ。なにかの拍子でとかツレの付き合いでとかでたまたまこの映画を観てしまったひとがウクレレを手にしてくれることを切に望む。映画のなかでも言われていたが、合奏がこんなに愉しい楽器はないの。セッションと合唱なら百戦練磨の俺が言うのだから間違いありません、信じろ。

それで、知り合いが10人くらいかな、出演なされておりましたな。高橋Shigetoくん0.5秒とか、Afternoon界隈とか、海外だと一緒に末廣亭の前で記念撮影したことのあるジェームズ・ヒルとかタイマネちゃんとか、メル友ならBosko and HoneyさんとかJim Beloffさんとか。みなさんお元気そうでなによりでした。

あとなんかHigh-G限定だったような気もするのですが、気のせいかもしれません。
ロイ・スメックさんも出演していたのだが、ロイさんの出身地のバークス郡レディングに行ってみたらウクレレのウの字もなかったことを私は知っている。ハジケろウクレレ。

いちおう書いておくと、誰か邦画でこれリメイクしないかな。アルカフェとT'sさんをメインに据えて、重人くんとマイタケさんとカマテツさんと、あと周辺をいろいろ集めてきたらウクレレ者ならたぶん楽しめるぞ。収益はどってことなかろうが、撮影実費も僅少なのだから(ステディカムとパソコンひとつで済むと思うの)、どこぞの大学のウクレレ部とかでどうよ。


今日の拾い物:

DVD『殺しのベストセラー』 渋谷駅の北西方面をそぞろ歩くのはほぼ10年ぶりだもので、なんとなくうろうろしてみるがあまりの変容にちょいと戸惑う。いやお店が溶けたり生えたりしているだけなんだけど、よく寄った泥鰌屋さんが溶けていたり、好きだった本屋さんが新古書店に生えかわっていたりといった感じですね。

むかし行っていた中古ビデオ屋さんは中古DVD屋さんにメタモルフォーゼしていて(店長はおなじひと)、呑気にDVD『殺しのベストセラー』を500円とかで売っていたのでにこにこしながらゲット。いや、ラリー・コーエン好きなんですよ。

あとは東中野ライフで豆腐と魚など買い込んで帰宅。平和なもんです。


今日の小さな疑問:

DVD『大列車作戦』 DVD『大列車作戦』を眺める。たいへんおもしろい(映画ってモノクロのほうが面白いんじゃないのか)。

取り敢えずフランス人すげぇ! 『コンバット』とか『大脱走』を観ても思うけど、フランス人すげぇ! それであまり言い立てることではないのだけれど、フランス人もドイツ人も英語を喋ってるのはまあいいんだけど、途中で「フランス人がナチになりすますんだけどナチにドイツ語で話しかけられておどおど」という場面があって、でもここの字幕が状況完全スルーでふつうに日本語で出るわけ。これじゃ字幕頼みのひとは意味判んないんだけど、それでいいのか。このさい「(ドイツ語)」とかだけ表示しておいてもよかったと思うんだけど、どんなものかしらん。


今日のDVD『殺しのベストセラー』:

DVD『殺しのベストセラー』 こっちも眺める。ヒマなのかと言われれば暇なのだが、徹夜仕事明けで気が立ってて眠れねえんだよっ! いま俺に近づかんほうがいいぞ、ってウソですヒマなんです。

今回のラリー・コーエン先生脚本は「自意識過剰で作り笑いしかできない殺し屋が、かつて殺しそこねた警官兼作家(警官は殺されそこねたときの暇つぶしに事件の話を書いて、兼業作家になった)に自伝執筆を頼みにくる」といういつものようにトンチキなもので、ってトンチキをちゃんと説明せんといかんか。ラリー・コーエンの脚本というとロアルド・ダールやフレドリック・ブラウンみたいに僕の好みで(なんで小説書いてないんだろう)、

  • ナンパな興行師がブロンクスの公衆電話ボックスに閉じ込められました。
  • 呪術サークルの学生さんが呼んだオバケがエンパイアステートビルのてっぺんに籠城しちゃいました。
  • 惨殺されたお巡りさんが復活して、復讐に燃えて市民を惨殺しまくります。
  • 救急隊員が患者を拉致って臓器売買などしていました。
も、最高でしょ? 主演のブライアン・デネヒーさんは、えーと。『ランボー』で放水してたお巡りさんというと判りやすいかな。正直ブランドン・フレイザーやロッド・スタイガーと見分けがつかないのが申し訳ないのですが、ラリー・コーエン映画なので誰でもかまわないのでした。
2011年12月13日(火曜日): だいじょうぶ。
今日のピアノ:

ピアノ演奏中 某所合唱団の演奏会の打ち合わせで某ホール、ってサントリーホールって書いちゃってもべつに構わねえか、に行ってタイムスケジュールの確認などしてきたのだが、調律の所要時間をうかがったらベーゼンドルファーだとスタインウェイより1時間余計にかかる、のだそうで。「鍵盤が多いからですか?」と訊ねてみたら笑われたのだけれど、ほかの理由が思い当たらないのです。

写真は湾岸某所のお洒落なレストランで演奏営業中の僕です。さすが潮風吹きさらしだけあって「音がもこもこなんですよ」ってコンシェルジュさんが恐縮なさっていたのだが、僕は楽器をあまり選ばないのでぜんぜん平気なのでした。

それで思い出したが、合唱団A♂Z公演のときに教わったんだけど、幡ヶ谷のaspiaホールのピアノレンタルはスタインウェイ(アメリカ製)が10,000円で、KAWAIが3,000円でした。ちょっと触らせてもらった感じでは僕はKAWAIのほうがちょっと好きだったんだけど、自分のライブなど演るとなるとどっちを選ぶのかな。


今日の夏の名残り:

蝉さん 間違いなく日本の12月13日の朝、東京都中野区上高田界隈の路上でアブラゼミさんの遺骸を発見! いやちょっとびっくりしましたが、よくぞここまでもちこたえたなあという想いのほうが強いな。ホメオスタシスを考慮して埋葬はせずに合掌、おつかれさまでした。


今日の西日だけど朝日のあたる家:

朝日のあたる家 写真は08:00に撮影したもので、写真の腕がマズいのでよく判らないのだが、自宅のお台所から入射するけっこうまぶしい朝日なの。でも方角としては西で、うちの西側にあるマンションの窓に反射する陽光がはいってきているんですね。おかげさまで停電時でも西側の部屋で本が読めます。

東西で思い出したが、以前から東京都内だと四谷界隈と銀座四丁目界隈でだけ、曇天時と夜間には東西南北の方向感覚が180度ずれます。四谷からなら新宿通りを内藤町あたりまで歩くといつの間にか東西がぐるりんするのが面白いんですが、こういうの俺だけなのかな。


今日のメシ:

朝、オムレツ。
昼、こないだ50円分の割引券をもらった福しんでニラそば。美味い。
夜、焼酎と煮干し。

あまりメシの話ではないのだが、夜半にコンビニまで豆腐と竹輪とキムチと山葵漬(ってなにを作るつもりなんだ俺)を買いに出たら、玄関先にお隣さんのピザーラの配達票が落ちている。ほっとくと片付かないし、勝手に捨てるのもなんだなと思ってピザーラに電話してみたら「すぐに取りにいきます」ってんで、ああいるんだこれと思いつつ玄関先の自転車の籠に放り込んでおく旨をお話ししておく。

15分後にコンビニから帰ってきたら、もう伝票が消滅しておりました。
お土産でピクルスくらい、なんてことは言いません。


今日の明日:

半端仕事が少々。


Mighty Uke Logo 渋谷シネマライズ『マイティ・ウクレレ』はいまのうちに観にいったほうがいいのだろうな、誰が観るんだこの映画の筆頭みたいなもんだ。
僕はウクレレの腕はけっこうすっとこどっこいだし松本ノボルさんには「りびけんはミュージシャンだけどウクレレ弾きではない」と断言されちゃったりしているのだが、センセーやってた経緯もあって出演者だとジェイク・シマブクロやジェームズ・ヒルやタイマネ・ガードナーちゃんは顔見知りだし(あっちが憶えているかどうかは措くが、しょんべん横丁を抜けて末廣亭で記念撮影しつつ楽器屋案内とかしたことあるぞ)、ジム・ベロフさんは10年来のメル友だし、まあ観とかんとかな。


あと実家のほうで「到来物の林檎の箱の移動」とかいう依頼があるのだが、これはついでのときでよかんべ。いちいち行ってられまっかいな。
2011年12月11日と12日(日曜日と月曜日): 生肉かめかめ。
今日の前歯:

治療中の図 僕は若い時分から、よく崖から転落したり海に落ちたりヒースロー空港で乱闘騒ぎ(あれはひょっとして「暴動」ってやつか?)に巻き込まれたりふつうに歌舞伎町で喧嘩したりリアルアル中だったりするもので、ヤクとバクチはやらないのだが歯ぁぼろぼろなのね。なんとか頑張って見た目と食事には不便のない程度には(歯を)揃えてはいるのだが、昨晩ちゅうか今朝ちゅうかちょいとしたことがあってまた上の前歯をごっそりもってかれましたな、まあもともとヤグいのだからしょうがないのだが。

まあヒトダスケができてよかったなといったことで今日のメシは、

  1. 豆腐
  2. 豆乳
  3. 刻みモロヘイヤと挽肉のとろみスープ
  4. おかゆ
やはり前歯がないと人生は愉しくない。あとは致命的なのが停電かな(誰に言っているのだ私は)、断水は意外と平気で断ガスはオール電化だと思い込むわけ。それで月曜日の朝は開店(って言わないか)時の歯医者さんに電話して予約をとって、それからお風呂でオムレツな感じかしらん。
前歯で思い出したけど、前歯やぐい仲間のいつものゴロワーズ煙草屋さんはあんまり営業していない(僕はTASPOとか持ってない)のだが、今日は煙草屋さんの前を通りかかったら、店は開いてないのだが店の前を通りかかったらおじさんが2階の雨戸をがらがらと開けておられた。いやはやタイミング絶妙(笑)。
日曜日はMIGHTYのゴスペルライブに行けなかった。毎年行ってたんだけどな、前歯がないとあれがそれだよ。

言葉はまあ喋れて会話に不自由もないのだが、英文のアルファベットを読んでみるとみごとにvだけ無理。日本語を喋っているぶんには問題ないんだけど、りびけんがRevikenを発音できないという見事な事態。


今日のデニーズ:

DVD『ドラゴンへの道』 夜半になって腹が減ったもので、デニーズで『ドラゴンへの道』ごっこ(ローマの料理店に入ったブルース・リーが読めないメニューからてきとうに注文したらテーブルがスープだらけになるの)でもしようと思ったのだが、いざ行ってみたら店長にいきなり「生ビールが売り切れなんです」と宣言される。じゃあしょうがないなと思ってお向かいのグラッチェ・ガーデンに行ってみたら、こちらは26:00で閉店なんだと。つっかえねえなあ、中井のファミレス(グラッチェ・ガーデンさんのほうは八つ当たりですが)。しょうがないので帰宅して不貞寝などする。


今日の歯医者さん:

月曜日のアサイチに歯医者さんに電話して、12:30の予約がとれたのでいそいそと出かける。それで13:20までになんとか仮歯っぽいものが入って、これでまあ当分はなんとかだなあ。次回は来年、松がとれたあたりに綜合工事に入ります。


さて、日曜日のうちに月曜日の予定をぜんぶキャンセルしてしまったものでヒマなのね。

今日の歯医者さんツー:

ずいぶんと長い付き合いになる歯医者の院長先生はこないだマンハッタンだかの学会に出席してこられたそうで、ついでにブルーノートでマンハッタン・トランスファーのライブを観てこられたそうな。うらやましい。

あまり事情に詳しくない先生の話から類推したところを足すと、金曜日の夜から一晩3セットをこなしていたそうなので、元気なことは元気なんだろうなあ。でもジャニス・シーゲルさんは病欠でトラが入っていたそうな。それでMecca for Modernsから30年も経ちますから齢もとりますよとか、「やっぱあのおっさんがリーダーなの、ハゲだけに」という間違った意見が飛び交いつつですね。

ゲストでケニーGが出ていたらしくて、髪形は僕と似ていたらしい。それパーマの長髪だったら全員同じだからさ、先生。さあ聴き較べてみよう、あはははは。





今日の靴:

RSF 20118 THE FITZSIMMONS 先日のdiglightセッションに行くまえに高田馬場駅前で2,990円で買い込んだ靴がドラマーさんの8,000円なんぼの靴と劇似していた件の続報なのだが(誰も興味ねえよなこの話)、僕のパチじゃないほうをたまたま楽天市場で発見したもので報告しておきます。
写真左がRoutine Shoes Footwearやらいうブランドの僕の2,990円で、
写真右がnativeやらいうブランドの8,820円の品。
いっそ清清しいくらいにおんなじだよなあ。

僕の買物というと、ネットで買ってみた500円の腕時計が1か月で壊れたり、ネットで買ってみた背広の袖が着てみた途端に抜けたりと碌なものがないのだが、ころ2,990円は当たりだったと思うんだけどなあ、8,820円のほうを買っておくとなにかもっといいことがあったのだろうかしらん。いやいかん、考えるな。


今日のばんごはん:

さてどうしましょ。
いち: 中井錦山、
にい: 家でタマゴとか焼く。
えーと。

2011年12月8日と9日と10日(木金土曜日): 笑い飛ばせ!
今日の土木作業:

てすり 先日の敷石(まだ工事中だが)に続いて、ヨイヨイの母のために今日は玄関先に手すりを設置してみました。生コンクリの基礎とかめんどくさいので、穴のあいたコンクリブロックを埋めてみる感じで、俺が逆上がりして保つんだから耐荷重的には問題あるまいて。

ついでにオモトを植え替えてあげました(写真奥)。


今日の逆お裁縫:

galoshのタグ どこからともなく現れたトレーナーの着心地がかなりよろしいのだが、例の首のうしろのタグだけが肌に障ってウザいので切り取ってみました。のこりの糸もていねいに抜いていくわけ。

このタグ、いつも思うのだけれどもなんで存在しているのかさっぱり判らん。脇腹にまとめときゃいいじゃんこんなもん。


今日の晩飯:

実家に、新婚旅行かなんかしらんがマダガスカル帰りの弟と弟嫁が土産持参で来るというのでいそいそと出かけるわけ。なんかTシャツを頂戴したのだが、マダガスカルのTシャツは埃くさいというのでにおってみたら、たしかに埃くさい。不思議だ。

弟嫁が大量のお弁当、じゃねえのか、アミューズだのオードブルだのを持参してくれるのが微笑ましい。両親が気合い入れて待ち構えているのはウザいので、僕は弟夫婦が到着するまでそのへんで寝てました。


今日のちつてと:

東京都中野区上高田三丁目の野良タヌキ! それで大量のワインとか飲まされて(まあ率先して飲んでるわけだが)はやめに沈没して、27:00くらいに起き出して5人分の食器とグラスを洗って、帰宅してそういえばDVD『七人の侍』(めたくそ面白ぇ)の返却期限が今日だったなと思ってレンタルGEOの返却ポストまでとぼとぼ歩く朝。しまった、月蝕見るの忘れてた。まあ10年くらい前に落合公園で女の子といっしょに見たからいいか。

それでレンタルビデオの帰りがけ、いつもは猫さまが居座っておられる某所マンション玄関で野良タヌキ様がリノリュウムを齧っておられるのを視認。月食のぶんはこれで取り戻したな。

footcopy