FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2011年11月5日(土曜日): 今これ渡せるんだとしたら嬉しいや。
今日のよく判んない:

ちんこまつりTシャツ2010 朝からローソン屋さんに行ってちんこまつり‥‥T. M. R. Live Revolution Strikes Back IXのチケット代金を支払おうとして、生まれて初めてLoppi端末というのにさわってみたのだが使い方がいっちょも判らん、あはははは。あ、TURBOの会員番号が要るのね、ってんで泥縄で調べてみたりなんかして。うむ、とっしょりにITは向かないものですね。

ソイッシュ トマッシュ 帰りがけの駄賃でカゴメのTOMASHというのを飲んでみて、ネイチャーズカッパー以来の衝撃にびっくりして即効で某に苦情を申し立てたら、大塚製薬のソイッシュというのが輪をかけて凄いとのこと。早速薬局で捜してみようと思うのです。


今日の通販:

敷石 書いたか書かなかったか忘れたので書いておくと、10月半ばにアメリカのSheetMusicPlusさんに注文しておいた楽譜は21日に発送の連絡があって、29日に無事に届きました。26部を送料込みで$56.85、いかい円高とはいえ合唱団からはひとり200円くらいもふんだくれば赤字にはなりませんね、たぶん。問題になるとするとクレジット・カードのほうの為替相場で、野田ちゃんがTPP推進とか消費税10%とか明言しちゃったものだから、いまどきの首相が明言しちゃっても誰も信用なんぞせんのだが(鳩山の県外移設発言を非難した閣僚を非難した野田首相は県外移設できんのか? バカなんじゃねえの)、円が一気に100円まで戻したあたりで換算されるとちと辛いぞ(正確には92円弱くらいかな)。

先般注文した敷石のほうは、届かないなあと思ったら先方から母のほうにメールがあって「送料高いけどOKスか?」って訊かれていたことが本日判明。そりゃ届くわけないわな、あはははは。ブツの値段が石6枚で3,000円くらい、送料が1,700円くらいだけど、そりゃまあ石だもんな。OKの旨をメールしておきました。


今日の音楽:

アルカフェにて 12月1日のウクレレ・リラックスには、ベースのピロリ河村の参戦が決定。決定してから気がついたのだが、ってことは譜面書かなきゃないじゃんの、あはははは。今回はコード譜だけだから手間はかからないけど、どこにベースソロを放り込んだものかな。僕は事前にあまり演奏イメージを作らないヒドいアレンジャー(良く言うと現場主義)なのだが、ピロくんだったらなんとかしてくれるでしょ。

これも書いたか書かなかったか忘れたんだけど、明日のensemble PMS at Suntory Hallのお手伝いってかステージ・マネージャって俺の奴隷に、合唱指揮者の笠置英史さまの採用決定! 清水昭師匠が「PMSにステマネなんかいらないでしょう」喝破されておられたのが真相で、明日も仕事というと照明いじりくらいなんだが、ここは笠木くんに丸投げすれば俺の仕事はないな。ついでに笠置くんを受付に立たせてみたらみんなびっくりするぞ。あはははは。
それでステージ・マネージャの衣裳はどうすっかな。先日の打ち合わせには思いっきりラスタファリアな恰好で行ったら、モテギさんに「おまえ当日もそれでいいよ」とか言われているのだが、もちろんモテギさんを信用したりはしないクレバーな私。とりあえず赤いジーパンは黒くしてみました。

あとはリョウちゃんに頼まれているハワイアンのウクレレタブ譜が見つからないのは、いま座っている場所から半径5 m以内にはあると思うんだけどちょっと散らかっているので見つからないのね。これはせいぜい忘れないようにしようと思うのです。

元締との約束でショーシューリキの譜面にコードを振って、ついでにin Bのところをin Cでも書くというミッションがあるのだが、もう先方も忘れてるんじゃないかなあ。これは月曜日になんとかしょ。


今日の腕時計:

シリコン腕時計 でんち 先日買ってみた300円くらいだったかのシリコン腕時計は購入後50日だかがところであっという間に電池が切れた(か、あるいはブチ壊れた)もので、ちょいと工夫して電池を取り出してみました。これが老眼なんだかなんだか判んないんだけど、電池の型番が読めないんですね。齢はとりたくないものじゃごほごほ。まあ電気屋さんにいって(意地悪するなら年輩の店員さんを狙って)「これください」って言い放てば大丈夫なんじゃないかな。そんなことはしません。電池を入れなおして動くと、なんとなく生活から緊張感が失われていい感じなんだけどな。動くといいな。

オリエント スリースター たしょう緊張感のあるメタルの腕時計のほうは好調なのだが、今朝は実家の父との会話で「その腕時計はいくらだ」というのに「4,000円くらい」、「何本持ってるんだ」ってのに「4本か5本くらいかな」と答えてみたら「安物をいくら持っていてもしょうがないぞ」とか言われましたな。家族にいたよ、高級腕時計厨ってのに驚愕するぜ。俺としては100万円のロレックスとかを装用しているほうがバカなんじゃないかなと思うし、そしてラインナップに「ダイバーズ仕様なのに皮バンド」とかバカの上塗りだぜロレックスとも思うし、あるいは計時機能なら今さらどこのメーカーでも甲乙はつかない(中国製の「遅れる時計」とか「間違える電卓」とか持ってたけどさすがに論外だろう)わけで、防水性能とデザインだけでしょ、ポイントは。じゃあどれでもいいじゃん。

そして僕は、昭和30年代から一所懸命に自動巻き腕時計を作って、営業も頑張って電池の行き渡らない中国僻地にその自動巻き腕時計を売りまくって日本経済を支えたオリエント時計株式会社が大好きなのでリスペクトしているわけなのさ。

所持品は不本意ながらクォーツなのだが、ゆくゆくは自動巻きを入手したいとも思っているのだがちょっと経済的な理由であれがそれ。そのうちね。


今日の明日計画:

あ、いそがしい。



スポンサーサイト



footcopy