FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2011年8月ワンツースリフォ(月火水木): 瑣事なべて甍のあとまわし。
瑣事と言ってしまうと語弊があるのだが、先ずは7日の日曜日の甍演奏会を片付けてしまわないと、ほかに手が廻らないわけなのね。まあそんな夏もあっていいでしょう。

男声合唱: 演奏会は8月7日の日曜日、東京文化会館にて14:30開演です。

男声合唱甍演奏会は8月7日の日曜日、東京文化会館にて なんだかんだで、今世紀初出場とか言っていた甍演奏会に僕は2001年に出演していたことが発覚。いやあ、人間って忘れる生き物なんですねえ。まあいいや。2002年はどうだったかというと、調べてみたら受付主任とかやっておりました。そういえばあの夏はいろいろとたいへんだったもんなあ(千葉悪鬼羅事件でカノジョに逃げられたとかそんなん)。

そんなこんなで、昼間は音羽屋に行って働くふりをして、早めに逃げ出して甍の練習に行くってな感じの日々。そんで練習が終わると打ち合わせと称して飲みにいってたまには本当に打ち合わせもしたりしつつ飲むわけだが、なにしろ有酸素運動をばっちりこなしたあとののんべの集団なので飲み方も半端ないの。こちとら計画禁酒で酒量が落ちているところにもってきて、ここ半月はずうっと「リハーサル特区」(ってことになるわな、そりゃ)で飲み続けているものだからこれがキツいったらありゃしない。じゃあ飲まなきゃいいわけなのだが、そこはもともと筋金入りのアル中だものだから断らないのね、しょうもない。


肝心のおうたのほうは、三善晃の譜面を暇さえあれば読み返してなるべく覚えるようにしているの。いちおう徒手空拳で音取りをするのにさして不自由はない(むしろピアノの前だとつい弾いちゃうもので音取りできません)のだが、ここへきてなにやらメガネの度が合っていないという仰天事態が発覚したもので、そんなものは憶えてしまえばどうにでもなる。手持ちのメガネは、じつは曲ごとに取り替えたりしていたりなんかして。
集客のほうは個人としても団体としても割と好調で、僕もそれなりの枚数を売り上げたり配ったりしていて、合唱団全体では東京文化会館大ホールのキャパが2,300のところ、誰かが「1,500なら上々だな」とか言っていたのに「それはココロザシが低い」とつっこんでおいたら誰かがムキになったんだかなんだか、予想集客で2,000がところになりましたね。

こないだは中井駅前錦山でギターのエイジさんと飲んでいてなんでか「長屋の花見の場所はどこだったかな」という話題になって、ふと隣をみるとなんでか柳屋さん生師匠が一杯やっておられたので卒爾乍らとおたずねして親切にご教示いただいたついでに甍の宣伝もして、うかがってみると8月7日当日は上野鈴本で昼の部とか。ラッキーってんでチケットを押し付けさせていただきましたとさ。それと東中野のいきつけの床屋さん『エーブル・シーマン』のマチダさんがN児出身なのを知っていたので、こちらにも通りがけにチッキを放り込んでおいたりなんかして。


木曜日のアルカフェ:

歌声喫茶 火曜日の練習: 杉並公会堂。
水曜日の練習: 杉並公会堂。
木曜日のホスト: 荻窪アルカフェ。

けっきょくまいにち荻窪に来ているわけで、火曜日は太陽のトマト麺でパイタン鶏ラーメン、水曜日は太陽のトマト麺でパイタン鶏ラーメンのアオサ入り、木曜日も太陽のトマト麺に入りそうになって、さすがに気がとがめてルミネまで戻って函館らーめん一凛ってので塩ラーメンをいただいてみたら、かなり気に入りました。

それでアルカフェさんから『アルカフェ・ピクニック―歌声カフェ―』というののホストを頼まれた際に「あ、練習休みじゃん、いいよ」ってお返事してしまったのをじつは後悔していたりなんかして。なんでかやること山積やんけ、あはははは。

でも面白がってもらってたみたいだからまあいいや。初回実施として店主もホスト(僕)もお客さんもなにをしていいのやら判らないまま始まったわりには、まあそこそこだったのではないか。あとはストリクトなお客様には向かねぇだろうな、ってところか。

そんなひとはアルカフェにこないよ、次回のアルカフェ歌声喫茶はイーズカくんのホストで9月1日開催だと思います。違ったらごめん。



スポンサーサイト



footcopy