FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2011年5月13日の金曜日と14日(土曜日)、とんだ。
Stand Up! Japan けっきょく金曜日の朝は04:00くらいに起き出して、生ゴミを提出してから二度寝しようと思ったらなんでか寝られず、朝の5時からメラトニンもなかろうこととて、あきらめて朝食とお風呂後に音羽屋に向かう。今日は午後から社長が出張だもので、僕はお留守番。お昼は西武新宿線中井駅前で買っていったパンで済ませて、おやつはキットカット。酒を飲んでいないとやたらとチョコレートが美味しいことの機序はあらかた見当がついているのだけれど、まだ発表する段階にはないのだった。

それでなんとなくうすら眠いので「夜のアルカフェはどうすっかな」と思っていたところに当のアーミヤさんから「来てね」って連絡があったもので、「客席で寝てても怒らないならいってもいいぞ」くらいにお返事しておく。


今日の計画禁酒:

アーミヤさん on stage 前回(2年前)や前々回(4年前)のプチ禁酒時の「ライブ特区」(ライブの日には酒飲んじゃえ)は自分のライブに限られていたのだが、今回の「ライブ特区」は他人さまのライブでもなんでも構わない設定になっている。ゆるゆるである。というわけで、荻窪アルカフェに到着してまずプレミアムモルツ。5日ぶりの酒である。ついでだが寝不足である。まあいいさ、よくあることじゃねぇか。ビールのあとは芋焼酎をデカンタでじゃぶじゃぶ。

アーミヤさんは、達者なピアニストを連れてきて、ノンマイクでミュージカルナンバーを朗々と歌った。ひとの歌をプロデュースするときには僕とかイーヅカシンジとかのてきとうなものを配置しておいて、自分のときだけちゃんとしたのを連れてきやがってとんでもねぇやつだ、なんてことは言わないで、と。

というわけで終演後、なんかひとがたくさんいたので、近所のお刺身のおいしいお店にみんなで行く。お店に入って座って、次の瞬間目が覚めたら家で寝ていました。朝でした。


邦山照彦『アル中地獄(クライシス)増補』第三書館 今日の宿酔:

どうでもいい豆知識だが、いちばんたちの悪い二日酔いは、アサイチからは来ない。なんとなく目覚めて、それなりに朝食も摂ってお洗濯などして、そうこうするうちに肝臓さんがびっくりした感じで急速に体調が落ちる。どこまでも堕ちる。

今日がそんな感じで、07:00くらいに目覚めて軽い朝食をいただいて、お洗濯などして、10:00くらいにキましたね。ポカリスゥエットのペットボトルと寝汗用のTシャツを2、3枚と、まず必要なかろうが念のためのゲロ袋を用意して、とっととお昼寝を決め込む。じたばたしないで寝込むがいちばん。それでかっちり6時間ほども眠ったから、今週ぶんの寝不足は取り返したな。よし、結果オーライ。お洗濯物も乾いた。

そんなわけで体調はいいのだが、晩御飯になにを食べたらいいのやらノーアイディアだったもので中井駅前の居酒屋錦山に行ってみる。それで注文がレバ刺、ワカサギの南蛮漬、鰹のたたき、水。つごう1,100円でたいへん美味しい。店は儲からない。帰りがけに駅前のパン屋さんでてきとうな買い物をして炭水化物を補給して、あとは生協でお茶とチョコレートを購入して帰宅。


gospel team 明日は池袋ジャズフェスティバルにジルコンズで出演するのが15:00から15:30まで西口丸井の前。お天気もよさそうだしどうせ無料だし、おひまな向きはおいでください。

それでライブの日なので酒を飲まなければならないわけで、と。14:00から同じ会場でInstead of Netがあるので、それを見物するとなると出番までのインターバルが30分、じゃあそこでは飲めないなぁ。早めに池袋に出て、どこかで昼飯がてらビールでも舐める感じかしら。えーとね、アカペラのジルコンズは本番前にビールくらい飲んでおかないと下の下のBとかが出ないもんですからね、とか言い訳しない。

終演後は、まあ適当に。ってもFFRもバレルハウスも休みじゃねぇかよ、しょうがないから(失敬)Grillバル(元ベトナム食堂)ってあたりかしらん。



スポンサーサイト



footcopy