FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2011年4月7-13日(木曜日から水曜日)、人生セミファイナル。
Stand Up! Japan 水曜日の晩も自宅節電合宿などしてみるわけ。昨日に限るとエンゲル係数は0%でしたな、めでたしめでたし。

ところで、親指シフトでやっつけたテキスト仕事を眺めていてネ ツニウムを「ネ ツニウム」としている誤入力を発見。どう考えても機序が判らんのだが、なんでしょう。


今日の邂逅:

つつじっぽい。 今日の音羽屋勤務は早朝の10:30からで、ちょうど両親が清澄白河の東京都現代美術館の見物に行くというので、一緒に実家を出て大江戸線の中井駅に行く前に、獅子吼教会の桜や躑躅(躑躅と髑髏って似てるね)を眺めたり、一の坂の青柳医院のあたりからスカイツリーを眺めたり、まあのんびりしたもんです。それで大江戸線にどやどやと乗り込んで都庁前で乗り換えて、僕は春日へ、両親は清澄白河へという完璧な計画ではあった。

それで両親は座席に座らせて僕は立ち席で、それで父のとなりに座っているおじさんにどうも見覚えがある。やはり学生時代に人材派遣のアルバイトでもんのすごくお世話になったミヤザキさんにようけ似とるが、最後にお会いしたのは15年からは以前のことで、それにしてはぜんぜん変わってないなあ。髪の毛もふさふさだし真っ黒だし、あいかわらずむくんでいるところも以前と同じって、15年前だっておっさんだったのに、これがミヤザキさん本人であるわけがない。とは思ったのだが念のために率爾ながらと声をかえてみたら、これがやっぱりミヤザキさんでした。最初はなんだこのポニーテールにサングラスの男はとでも思われたのだろうが、少し間があって「うそ、前田くん?」ってなもんで、よくぞ覚えていてくださいました。

いまは建築関係のお仕事をなさっているとのことで、頂戴した名刺をみるとなんでか代表取締役とある。オフィスは新宿センタービルとある。なんか知らないうちに偉くなっちゃったなあなんてことは言わずに、都庁前での別れ際に「こんどメシでも」と再会を約す。来週早々にでもご連絡してみようと思うの。


今日の失敗:

換気扇 風呂場の換気扇が壊れたので、直そうとしてより壊しました。
配線は生きているので本体を買ってくれば修繕はできるのだが、第二種免許(電気工事士の)とかないと違法なのかしら。きっちり調べてから諦めるようにしないと危険だな、気をつけよう。


今日の物流:

コンビニエンスストアでショートピースを買おうとしたら、品切れでした。そういえば「いろいろあって国産タバコは銘柄を絞る」みたいな報道もあったなとは思うのだが、ショートピースなんて国民的銘柄でしょ? なんて話が通用するわけもなし。

とりあえずメインは両切りのゴロワーズなので、ジャン・ギャバンが喫んでいたこれは明らかに国産じゃないような気がするので大丈夫なんじゃないかな。なんかサルコジも営業に来てたし。それでもしショートピースもゴロワーズも市場から消えたとするならば、残念ながら禁煙するしかないか。パイプも葉巻も趣味はないし、趣味じゃない銘柄の紙巻タバコには興味がないし、行政の税収に貢献できなくなるのは心苦しいのだがこればっかりは仕方がない。

関係ないけど、そのコンビニで単一乾電池と2リットルペットの水が売られておりましたな。よし。


今日の読書:

フレドリック・ブラウン『未来世界から来た男』(創元SF文庫)を中学生時分以来くらいで再読中。後味の悪さは天下一品でたいへん楽しい。

のちのトンカツ中に『未来世界から来た男』を読了してしまったもので、なんでか持ってた『長靴をはいた猫』の澁澤龍彦訳という訳の判らない河出文庫など読んでいるのだが、どうも構えちまって入りこめねぇな。訳してるほうは冗談でやってるのが判ってんのにな。


今日のお食事:

朝、小女子と卵で仕立てたチャーハンとクノールカップスープ、牛乳と剥きトマト。

昼、小石川のグリルキッチンせんごくでステーキハンバーグ(150 g)であらかた満足だが200 gにしとくのだったか。今日日、肉の味のするハンバーグなんざそうそう食べられませんしね。不満というと、最初に出てくるカップスープがお替わり自由だったら言うことないんだけどな。まあ贅沢は言うまいて。

夜、ほんとは歌舞伎町Golden Eggのセッションに行きたかったんだけど貧乏なので自粛して、とりあえず手抜き湯豆腐などいただきます。


今日の金曜日:

木曜日の夜にけっこう大きな地震があって、僕はよう揺れるのと思いながらぐーすか寝ておったのだが、朝になってみたらなんかまだよう揺れとるような。と思ったんですけど、ふと気がつくと折からの強風に天然免震構造の我が木造家屋が煽られていただけでした。


今日のミヤザキさん:

さて、建築系の人材派遣会社の社長でぶいぶいいわせているミヤザキさんから金曜日のお昼に架電があって、「ホームページのグラフィックをハリツキでメンテする仕事があるんだけど、やらない?」って、それだけじゃなんのことやら判りませんって。まあたいがいやってできないことはないのだろうから、月曜日あたりに昼飯がてらお話をうかがいにいくの決定。あんまり忙しそうなようだったらことわっちゃえばいいし、「日がないちにちパソコンの前でうすらぼんやりとしている」ような仕事だったら内職しながらこなせるのだろうし、さてどうなりますやら。いずれにしても夏あたりの話らしくて、そうすると男声合唱甍演奏会があるくらいで音羽屋あたりはヒマな筈だ。


今日のご飯:

ホウレンソウ 朝、東西線落合駅上のデニーズで目玉焼きとトースト、大量のコーヒー。昨晩は早めに寝たのに例の地震でなんか起きちゃったのはいいとして、朝も「なんかまた揺れてるぞ」と思って06:00に目覚めちまって二度寝もできなかったのでうすら眠いのさ。ちなみに揺れていたのは強風に煽られた安普請の拙宅で、地球ではありませんでした。

お昼は音羽屋勤務のお昼休みをディレイさせて、水曜日にせんごくでステーキハンバーグを食べたばかりだというのに、なんでか今日も千石(せんごくは2階、千石は1階)でトンカツ定食などいただいてしまう。なんで太れないのだか判りません。けっこう美味しいのだけれど、やはりメトロエムの和幸に軍配はあがる感じかしらん。もしかすると「高いほう」のトンカツをいただくとドラスチックに違うのかもしれないけど、あなた昼飯に1,200円も払えまっかいな。

しらうお 夜、中井駅前の高級料亭割烹錦山にて春の煮物(蕗とか薇とか)だのレバ刺しだの白魚の刺身だの。白魚は刺身があるそうなので「じゃ、白魚のエンガワをください」と言ってみたら断られました。ところでお通しは菠薐草とブナシメジの煮付けで、菠薐草はとうぜん福島産。おかわりしてみました。

そのあと、ちょっと歌舞伎町ゴールデンエッグのブルースセッションに顔を出してみて、あといろいろあって帰宅してみたら翌朝でした。なにしてんの俺。


今日の土曜日:

DVD『エクスペンダブルズ』 朝目覚めたら午後でした。


今日のエクスペンダブルズ:

DVDにて鑑賞。

開始早々のブルース・ウィリスとシルベスター・スタローンとアーノルド・シュワルツェネガーの三巨頭会見シーンは、やはりシュワルツェネガーはブルーバックかなんかの別撮りとボディ・ダブルだよなぁ、なんか話題だったのになぁ。そしてウィリスの台詞にも違和感があるからこれはあらかた完成後の撮り足しであろうと推測している私。

そういえば、音羽屋で社長にエクスペンダブルズの話をしていてドルフ・ラングレンとジャン・クロード・ヴァン・ダムをごっちゃにしてしまっていたのは内緒。どうせ一生涯気がつくまいて。

中身? 劣化したナバロンの要塞みたようなもんでしたな。スタローンとリー・リンチェイ以外は「誰かがなんとかすんだろ」感満載で、ジェイソン・ステイサムがまだお仕事してる感じか。香港の正月映画かよおまえさんは。それでいまどきの映画にしてはイマジナリー・ラインが滅茶苦茶で判りづらい。ラリー・ブキャナンかおまえは。


今日の出演依頼:

アメリカン娘でヴォーカリストのベッキーちゃんがひさびさ来日するみたいで、4月21日の荻窪アルカフェ公演での共演を頼まれちゃいました。日本人の知り合いが少ないのかなあボソ。なにを演るのかまったく判らずに請けてしまいましたが、とりあえずクロマティック・ハーモニカとピアノとウクレレとベースとメロディオンとアンデスとカホンはアルカフェにあるから、とりあえず手ぶらで行くね。あとは現場でなんとかするのもいつもどおり。

ご案内のとおり僕はギターを弾かないのだけれど、そこはギターでベースでウクレレでメタボのイーヅカくんが来てくれるんじゃないかしら。いなきゃいないでなんとかなるし。


今日の日曜日:

お風呂後に、なにはともあれ都知事選の投票に行く。どこぞの投票所のBGMはビートルズだったと仄聞するが、いつもはカーペンターズとかかけている僕の投票所はBGMなしでしたな。なんだつまらん。

それはそれとして、上高田四丁目の投票所になっている教育機関の建物は家から歩いて20分ほどのところにある。たまのことだから天気さえよければ歩いていくのに不便もないのだが、上高田一丁目の投票所なら家から5分なんだよな。まあいいけど。

投票の後は本でも漁ろうと思って新宿に出て、なんでか歌舞伎町ゴールデン・エッグの前を通りかかったらなんかセッションをやってるもので吸い込まれてみたら、いきなり演っていたのが『天城越え』。帰ろうかな、どうしようかなと思っているうちになんか昭和い歌謡曲など弾いている俺(なぜ私は譜面なしで『Love is Over』とか弾けるのでしょうかしら)。それで終了後に本屋さんをひとまわりしてからまたゴールデンエッグに戻ってサンバ・セッションにちょっと混ぜてもらう感じの人畜無害な人間の屑。

帰宅してみたら人畜有害な人間の屑が都知事になってやがって、がっかりする。


今日の月曜日:一夜明けてひとつき目。

足し算すると、そのまんま東とワタミを足すとちょっと石原に辛勝できたような計算になるね、言っても詮ないことですが。あと、もう老人から選挙権を剥奪しろとか思ってしまう自分に反吐が出そうなのは措いといて、親しい方面の後期高齢者(けっこうたくさん知り合いのいる地域密着型ニートの私)が軒並みぶうぶう言いながら東国原に入れていたのは、なんか捨てたもんでもない感じですな。

というわけで、ここ1か月間ほどの間に石原慎太郎支持の話をひとつたりとて聞いていないのに当選しちゃうのが不思議なのだけれども、もうこうなると日常世界にある結界の存在を否定できません。僕が内側にいるのか外側に追い出されているのかも判りませんが。

二人区の結果を眺めていると、共産党というものが存在しなければけっこうな数の選挙を実施しなくて済んだことは判る。もとより「出馬するな」なんて口が耳まで裂けても言いませんが、政党助成金を拒否してはおきながらけっこうな公費を消費していることは判る。最初から負け戦なんだったらもうちょっとどうにかならなかったのかとも思うのだけれど、そこから先が俺は頭ヘタクソなので判らないのです。


今日のテレビ:

ヒマなので、CXの午後の13:30からのメロドラマの新作『霧に棲む悪魔』など眺めてみる。えぇとね、ミュージカルだかのダンサーである美青年が足を挫いて公演を降りて、しょうがないから首でも括ろうってんで富士の樹海にいってみたらアタマのオカシい美女に出会って、という導入部がいかにも新東宝というか、いまどき作るかこれってか、よくやったというか、素晴らしい。音羽屋を馘首になれば毎日観られるんだけどな、どうしたものかしら。

ヒマなので、TBSの再放送『Rookies』の最終回なども眺める。話は「高校在籍の愚連隊が高校野球に挑む」というファンタジーで、いい評判を聞いたことがないのはまた結界のせいなのだろうが意外と嫌いじゃない。監督が「ベンチ禁止」ならふつう観客席にいるだろうとか、練習してなきゃチームとしてはふつう弱いだろうとか、べつにいいじゃん非難するべきハリウッド映画がうじゃくさあるさ。


今日の火曜日:また虞病。

朝目覚めてみると、一昨年秋とか昨年夏とかに入院したときと同じような感じで鳩尾の内側が痛い。依然として原因不明なまんま大病院の救命救急での検査がいつまでもいつまでも続いているのは、原因が判らないので適切な科、ほら、内科とか消化器外科とか癌センターとかに払い下げられないからなんだろうなと判じておる。

ふつうに考えれば症状の出ているいまが診療のチャンスということになるのだろうが、残念ながら赤いゲロと白いゲロを吐いて倒れかかっていた前回や、あまりの激痛に床に落っこちているところを緊急搬送された前々回とは違って、今回は痛いのは痛いのだけれども、その気になれば立って歩いてお買い物にいけるくらいの痛みなんですね。それでなんといっても担当科が救命救急なので、これくらいの症状で訪ねるわけにもいかないの。しょうがないのでもうちょっと悪化して七転八倒するまで待ってみましょうかね、あははははは。なんでか「座して死を待つ」という台詞が浮かんできたのだけれど、まあそういうわけでもないし、人間そう簡単に死にやしないし、相次ぐ放射線検査で放射能には耐性ついちゃってるし、もうこの際だから長生きしてやる、ざまあみろ。

と、いうわけで、今日は絶食してポカリスエットで水分と糖分補給。ようするにリンゲル液を投与しながら糖分補給ってわけで、入院治療とえらくかわらん。と思う。

ところで、初回の入院騒ぎが2009年10月あたり、その次が2010年8月あたりで、今回の俄の腹痛が2011年4月。「9か月周期説」が浮上してくるわけだが、それになんの意味があるのかさっぱり判らん(チェストバスター9か月成年説、ってもっとどうでもいいね)。


今日の夢:

さあ、くだらねぇぞ。

僕の所属する男声合唱団コール・フリューゲルは、清水敬一率いる悪の男声合唱団某と男声合唱団の覇権を賭して勝負することになった。しかし合唱による勝負では、採点があまりに抽象的すぎて判定はつくまい(ロッカペラとフォー・フレッシュメンの優劣は誰にも判らないし、自分で言うのもおかしいが甍会と栗友会のファンはかぶらないのだろうし)。しかたがないので合唱団の属性として音楽性ではなく体力を引き出してみたら、呼吸法の巧緻と運動能力が選ばれて、「じゃあ水泳で勝負だ!」という方針を打ち出したのは俺なのだが、じつはコール・フリューゲルの合宿所がたいがい水辺だったという計算もあったのではないか。

腹筋と背筋と括約筋をみんなで鍛えてランニングもして、さて代々木体育館での40 km自由形リレーが始まるあたりで朝の地震があったものでそこで話は終わっちゃっているのだが、続きも観たかったなあ。


今日のお散歩:

というわけで朝から寝床で安静にしていたのだけれど、経験的にはあまり寝っ転がっているとそのうち背中と腰が痛くなってきて夜中に眠られなくなるので、しかたがないので起き出して、しょうがないからお散歩に出る。

とりあえずレンタルビデオに『アドレナリン2』を期限ぎりで返却して、あと野暮用で中井郵便局の窓口に立ち寄ったところで大きな揺れがきたもので、窓口のお姉さんと手続きそっちのけで地震談義などしてしまう私。「今朝揺れましたねえ」あたりから始まって、郵便局の窓口での募金先が5種類くらいもあること(赤十字ばかりではなくて、現地の団体が実施しているものもありましたな)、5月あたりに地震被災地救援寄付着き80円切手が発売されること、あたりの知識を得ました。

お腹すいた。でも絶食治療中。中井駅前の和菓子屋さんをちょっと覗いて、水饅頭と柏餅が出始めたのを確認。贔屓の中華料理屋さんでは「冷やし中華はじめました」を確認。書店2軒のチェックは残念な結果でございました。


今日のken777:

ケンちゃん 結局夜は歌舞伎町ゴールデンエッグのえじりんセッションに遊びに行く俺。結局もう24時間がところも固形物を食していないので元気のないこと夥しい。それでまあ適当に弾いたり弾かなかったり、ケンちゃんの新曲を聴かされたりといった感じでした。


今日の水曜日:

07:00起床、絶食36時間目。腹痛のほうは、前回みたいに「いきなり腹の中のものが外界に噴き出す」ようなおそれもなさそうで、意外と平気なもんだなと呑気らしく思うのさ。そんなこんなで、相変わらず胃薬が効くのかなんだか判らんが胃薬など飲みつつポカリスェットばかりの砂を噛むような朝食。いや、面白いので悲壮感とかありませんけどね。

それでbモバイルというところの1年間使い切りネット接続USBが月1,000円というのを買っておいたのが届いたのでWindows7に刺してみたら、吉例により動作しません。とことんISPとは相性よろしくないのだが、bモバイルのサポートさんにお電話してみたら「担当者が折り返しお電話します」と仰ったのが昼前で、今が14:00なのだが音沙汰ないなあ。いやまあ、事情いろいろありましょうがあれだけ廃棄品(失敬)を売りまくっておいてサポートURLになんの情報もないのだからそりゃ忙しかろうて。いや文句はありません、安かったし。


今日のイチャモン:

  1. 『笑っていいとも!』でお医者さんが動脈と静脈の色の違いに言及したときに太田光が「それで床屋さんのねじりん棒は」ってボケたらお医者さんが「それは関係ありません」ってイナしていたのだけれど、床屋さんのねじりん棒はフランスの床屋医者時代の名残の動脈(赤)と静脈(青)と包帯(白)だから、まるっきり関係あるぞ。
  2. 夜半にテレビのサスペンスを眺めていたら、クラシカルっぽいピアニストが自宅でエレピ(さすがに最高級品だが)を弾いていた。ありえません。
    そういえば古畑任三郎でクラシカルのステージにG3のグランドが置いてあったが、あんな感じですかしらね。
  3. そのサスペンスで、「ピアニストは小指に怪我をしていたので、録音の曲は小指パートの音が弱かったに違いない」という推理が出てくる。そんなわけねぇだろ、指が折れてようが取れてようが、出てくる音はいつも通りに決まってるやん。
  4. レベル7がチェルノブイリのときにできたんだから、それは「最高」乃至最悪ではなくて「過去最高」乃至過去最悪ってことにすぎないよね。

    次は「レベル8」ってことじゃん。


夜、やっとこさで味噌汁など。


スポンサーサイト



footcopy