FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2011年3月19日(土曜日)、Refuse the Mouth of Darkness.
今日のゆらゆら:

到来物 06:00、実家にてなんでか爽やかに起床。朝、てぬきうどん。
今日はフロリダのリンさんから無事かよメールが届く。ありがたいことだ。

単一仕様の懐中電灯と単三乾電池があったので、ちょっと細工して使えるようにしてみました。やりかたはたとえばこちらに。僕は五円玉とアルミホイルと新聞のきれっぱしとセロテープを使いました。がんばればたとえば006Pの9ボルト電池でもなんとかできそうだな。

千葉がたいへんらしいね。悪鬼羅のレポートが入っている。ジルコンズのサンチャゴ田村も千葉で、先日からのリフォームが無駄になったとか。謹んでお見舞い申し上げる。

昼、到来物のケーキなどいただく。


今日のおしらせ:

学院グリー公演ビラ 3月27日に開催が予定されていた早稲田大学高等学院グリークラブの第56回演奏会は、時宜に鑑みて延期されます。清水敬一は4月か5月にやろうと言っているそうな。君たちなら大丈夫だろう、おっちゃんらも応援しているからね。


延期で思い出したが、同じく27日に予定されているThe Zircons@下北沢TIBET TIBET鳶まつりは、主催者側からなんの連絡もないから実施するんだろうなあ。

そのジルコンズのサンチャゴ田村はちょっとした税金ドロボー系(本人談)のお仕事をしていて、いまは当然のように忙しいし先も見えない。というわけでいま決まっているブッキングはこなせるけれどもその先は判らんという。もちろんお仕事のほうをがんばってもらいたいのだが、個人的には秋の定禅寺ストリート・ジャズ・フェスティバルにはぜひ出演したいものだとは考えている。


明日は、狛江の伯母が遊びにきたりするような。
雨が降ったら外出はしないの。地上被曝量の報道はあるが上空の放射線量の報道を目にしていない、冗談じゃねぇよ。


スポンサーサイト



今日の東京のすぐお隣(千葉在住の悪鬼羅語る)。
浦安のあたりとおぼしき。 ウチからほんの3~4kmのところには上下水道ガスの三重苦の絶望的な地域がある。ほとんどの地域はこの連休中に上水道が復旧予定なのに、『この地域は、液状化の影響が特に大きい地域であり、水道施設の復旧は、道路等他事業者の復旧事業及び家屋付帯施設の復旧と調整を図りながら実施することとなるため、相当の期間を要すると見込んでいます。』のお達しが。ちなみにガスが停まっているのも現在この地域だけ。とりあえずガス管に損傷はなさそうだが、上下水道管が損傷している地帯なので、二次災害を防ぐために念を入れられてずっと停められている。

下水道の状況は日々深刻さを増しており、昨日までは「大は禁止、小はなるべく遠慮するように」だったのに、今日から小も禁止でトイレは全面禁止のお達しが出た。手洗い歯磨きなどの生活排水も1人1日1リットルまでの制限が設けられた。おまけに計画停電も実施されて、もうライフライン全滅で疎開している人や避難所で生活している人も多い。家の中はとりあえず物が倒れたくらいで何ともない人がほとんどなんだけど、上水道が復活したところで流せやしないし、そも何ひとつ復旧の見通しがないし。


マンホールがにょっきり 下水管は地震で損傷した管そのものは修復できるんだが、いかんせん液状化現象で地表に噴き出した大量の泥水が流れ込んであちこちで詰まっている。これがいかんともしがたく、とりあえず諦めてまずはバイパスの仮設管を敷設する方向で工事を進めているみたい。震災以来まだ雨が降っていないのが不幸中の幸いで、今後雨が降った時には街全体が泥水の田んぼの状態になってしまうのはまだしも、排水口に溜まっている泥が家庭内に逆流するしかねない状態でそうなると家の中も悲惨になる。

この地域を通り抜けた時に、水道管が破裂して道路が水浸しになっていたところがあったんだが、そこで小さな鍋をもったお婆さんが、道路に這いつくばって泥水をすくっていたんだよ。東京23区から車でほんの2~3分の地域の都会なのに、なんか見ていて涙が出そうになった。鍋一杯分の泥水で何が出来るんだろう。おそらく情報弱者で小中学校や公民館で水の配給が行われているのを知らないんだろうね。テレビを見ていてもさっぱりわからないし、団地やマンションじゃないと市の広報やお達しもわからないかもしれない。

建物の倒壊こそないが地震でインフラに大きな被害をこうむったのは事実。自衛隊だって『災害派遣』の横断幕をはって活動していたし。なんで計画停電させるかなあ。道路なんかボコボコでところどころ亀裂も入っている。昨日は夜に計画停電されたんだが、ちょうど満月の月明かりで良かったよ。こんなところは真っ暗だと危なくて歩けやしないのに。しかしあれだな、満月なのに昨夜の停電時はは星が綺麗に見えた。せいぜい二等星くらいまでだが、満月じゃなきゃ銀河くらいまで見えそうだ。とりあえずウチは上水道復活。もっとも隣の公園が防災用水らしくて水道が出るんで水は汲めた。よくわからんが生活用水と防災用水の配管って別みたいね。


以上、りびけんの責任において無断引用。
著作権? 悪鬼羅本人が俺の首でも絞めにくるくらいだろうから、無問題。
2011年3月18日(金曜日)、歩け歩け作戦。
今日の9マイルは歩くには遠すぎない:

天徳院 10:00くらいに爽やかに起床。ここ1週間は妙な緊張感があって体調もいいし、睡眠時間が短くても平気。朝食、牛乳1本。意外とメシも食わなくて平気な感じなんだな。社会的には無駄な体力だが、俺みたいなゴクツブシはまずひとさまにご迷惑をかけないのが肝要なのでこれでよかろう。

野暮用で中野方面にいくのに、今日は歩いてみました。中野区役所経由で新中野まで行ったから、往復で6マイル(10 km)ってところ。僕は早足で歩くと90 m/min.くらいなので急いで2時間、今日はのんびり3時間くらいかな。野暮用を含めると家の外に午後いっぱいいたことになります。これはこれで節電、になってんのかしらん。いやまあ、ひとりで自宅にいて暖房つけてるのは、ひとりでクルマに乗って移動しているのと同じなんだと考えよう。


今日の中野区:

早稲田通りと紅葉山通りの交差点西ちょいあたりの上り車線(北側)にガソリンスタンドがあって、13:00時点でそのスタンドから中野通りの角まで1 kmほどもクルマとバイクが行列していた。顔見知りの蕎麦屋の出前持ち青年がスクーターで並んでいたもんで訊いてみたら、GS近くでもう1時間ほども待っているそうな。

その行列には郵便のミニバンも並んでいたのにちょっと驚いたの。そういえば昨日の音羽屋では、郵便配達の兄さんが「明日から徒歩で配達ですよ」ってボヤいておりましたな。いや、自転車はとっくに処分しちゃったんだそうで。

駅周辺は人出が少ない感じで、商店のたぐいは軒並み節電営業で暗い。エスカレーターはたいがい停まっていて、よいよいの皆さんが苦労しておられた。中野区役所はわりとふつう。野暮用も順調に終了。中野郵便局はけっこう暗かったが、わりとふつう。そこから野暮用で新中野まで歩いて、商店街をはなれると閉めているお店も多かったかな。

みちみちの交差点で歩行者用信号が青になったときに、横断歩道と交差するかたちで救急車がサイレンかしましくやってくる。中学生風味の団体がそれでも横断しようとするもので、呼び止めて「救急車を優先しようよ」って懇々と諭しておきました。中学生にしてみりゃ迷惑な話ではあるのだが、でもいちど憶えりゃいい話なのでしょうがないよ。

夕方、小学生さんたちが防災頭巾をかぶって集団下校なさっておられた。おとなの引率つき。

それから中野駅方面に戻って、中野ZEROにしばし滞留。ホール公演が軒並み中止になっているのを確認して、あとは図書館でのんびりと自主節電などする。それから島忠に廻って、母のau携帯電話用にバッテリーチャージャーを買ってみました。まだたくさんあったみたい。僕のSoftbankのほうは、バッテリーが切れたら切れたで構わんだろう。必要たらん電話番号はメモしてあるしテレフォンカードと十円玉も用意したし、これで携帯電話が死んだとしても公衆電話がかからない状況であればケータイなんかかかるわけない。


夜は、今日は外食。
footcopy