徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2011年3月27日から30日(日曜日から水曜日)、The Zircons Live in Tibetは日曜日だったかしらん。
Set for The Zircons Live at Shimo-kitazawa TIBET TIBET:

The Zircons

  1. Come Go with Me
  2. The Closer You Are
  3. Sixteen Candles
  4. Please Mr. Postman
  5. In the Still of the Night
  6. So Young
  7. Spanish Harlem
  8. Sixty Minute Man
  9. Looking for an Echo (Unplugged)
  10. Goodnight Sweetheart, Goodnight


今日の中野オデッセイ:

昼から、某人と野暮用の待ち合わせで中野界隈に出る。ついでに母に持たされた「被災地救援物資ぶくろ」を、中野のあとにどうやって都庁に持っていこうかなと思っていたら、さいわい中野区役所でも受け付けていることを発見(個人の持参のみ、種別制限あり、日曜日でいったん引受中止だそうです)。というわけで受付で初めて「ふくろ」を開けてみたら、ホカロン少々、マスク少々、あと大量の湿布が入っていた。どこから出てきたこの湿布などと思いつつ、身軽になったところで某と比内やの親子丼などいただく。これはこれでとても美味しいのだが、やはりなか卯も偉大だなあとも思うわけさ。

あとは島忠でのお買い物に付き合って、シャワーヘッドの交換だの鳩よけだのでちょっと知恵を貸してみたりする感じでした。あとは新中野まで歩いて、みちみち満開の木蓮など眺めつつ解散、僕は下北沢へ向かう。


今日のチベット:

今日はギターの関透鵞さんの企画になんでか呼ばれたジルコンズ。関さんは先日高円寺を歩いていて「そうだ、月がきれいだからMoon Stompに行こう」と思い立って、行ってみたらそこでジルコンズが演奏していたわけ。たいそう気に入っていただけたようなのだが、なんでやろ。

お店は下北沢駅の南口(そういえば南口広場でイチローが素振りをしていたなぁ)から西に5分くらいのところで、土地勘はあるから迷いはないが、ひさしぶりに来てみると変わっちゃったなあ。昔よく遊びにきていたころは小汚い立ち飲みがそこここにあったので今日もちょいとひっかけてから現地入りしようと思っていたのだが、そんなものは駆逐されている。どうすっかなと思っているところに小山亜紀が通りかかったもので、「あと30分あるな」ってんでそのへんの15:00からやっているモツ焼き屋でビールなどひっかける人間のクズの私たち。それからTIBET TIBETに入ってご挨拶をして、軽くマイクチェックをするつもりが『Maybe』と『また逢う日まで』をフルコーラス熱唱してしまうバカ。まあウケたからいいか。

階上の、たぶん同資本のやはりエスニカルなお店の座敷に楽屋をしつらえていただいていて、またビールとか飲みながらなんか齧る俺たち。なんかライブのたびに飲んでいるみたいにも見えようが、ライブのたびに飲んでいるのだからしょうがない。楽器のライブだったら酒は控えるけどね、歌のライブで2時間がとこだったら大して影響しないし、却って声も出るし、出番も劈頭だからこれでいいのだ。どうでもいいけどチベチベ、なに食っても美味いぞ。そんなところへジミ・ヘンドリクスのTシャツを着た2番手のギターのお姉さんが現れて、これがロバート・ジョンソンとボブ・ディランが大好きな20歳。なんとサンチャゴ田村と50年代ブルースの話で盛り上がっているのだが、俺たちゃ置いてけ堀なわけでどういう育ち方をしたのかと思ったらお父様の英才教育の成果が一個の人間として目の前にいるわけだな。素晴らしい。

まこと ラスタ 関さん
ライブのほうは、関さんのいらした高円寺Moon Stompのときになんか『American Graffiti』の話題がでていたもので僕らはそっち系のセットを組んでいったのですが、ちょっと惜しかったかな。都合4バンドが出演したのだけれど、2番手のギターのお姉さんはご案内のとおりボブ・ディランとジミヘンばかり(ディランなのでとうぜんハーモニカフォルダが出てくるわけで、「ハーモニカになりたい」と呟いてみたら小山亜紀に変態呼ばわりされた。無茶な)。3番手の君花さんも昭和歌謡のデュオで、こちらは「ラスタだ」とうかがっていたのですが、ラスタなのは髪形だけでした。トリの関さんもなにしろギターがTAKAMINEなんだから推して知るべし。これだったら『真っ赤な太陽』とか『妖怪人間デブ』とか『ローハイド』とかももっていくべきであったかしらん、まあいいや。

Alice Cooper T-Shirts 終演後は宴会になって、なんでか僕が着ていたアリス・クーパーのTシャツから話がヨレて、君花のギターのハナヲさんがアリス・クーパーとフランク・ザッパとセロニアス・モンク大好きのピアニストでもあることが判明、って俺かいっ! 「こんど一緒になんか演りましょう」ってな話にもなるわな、こりゃ。
いや、人数こそ2人だが、楽器のほうはピアノ(2人)とギターとウクレレとハーモニカ(ブルースハープとクロマティックハーモニカ)とベースがおんねんで。なんか面白そうな気がしませんかい?

書き忘れているので書いておくと、『Looking for an Echo』だけはオフマイクで(つまり生声で)歌いました。時節柄につき自粛したわけでも萎縮したわけでもなくて、これくらいの規模のお店なら面白いかなと思ったわけね。いや、正直言うと時節柄ウケるかなという計算もあったのだが、案の定ウケたのでヨシとしましょう。
とはいうものの、ベース担当としてはリード3人が張り切って歌っちゃうとちと音量的につらいものはあるのだが、そこは言わぬが花。


今日のお仕事:

月曜日はお昼から年度末進行の音羽屋へ。役に立ってるのか立ってないのか自分ではよく判らないということは、まあ役にも立っていないのだろうなぁというのがまずひとつ。さりとて社長には「君がいないとあたしが徹夜なんだよ」とも言われたので、「いると不便なのだがいないと困る」あたりが正解ではあるらん。合唱団の練習でピアニストがいないときにしょうがないからあまり上手くもない団員がピアニストを務めるという事例は多いとも思うが、似たような感じなのだろうな。しょうがないよ、社長の人徳だか人脈のほうの問題だよ、と責任転嫁などしてみる私なのだった。

年度末進行とて、最終19:00の赤い郵便ポストに郵便物を投函に行く。走って3分のところに郵便物が完成したのが18:50分だったし、地震直後の月曜日だったかには郵便車が18:59に来ちゃっていたりしたもので、ポストの天井に郵便物を乗っけて文庫本(今日は毎日新聞旧石器遺跡取材班『古代史捏造』新潮文庫)とか読みつつ張り込みとかしているわけだが、しかし今日の集荷は19:10だったのでした。どうやらこないだは地震でびっくりしちゃっただけみたいね。

あとまた音羽屋に戻ってお仕事などしているふりをして、家に帰り着いたら24:00でしたな。まあしょうことなからん。


今日の火曜日と水曜日:

社長とは月曜日に、火曜日は10:30に出仕できるといいなあという話はしていたのだが、火曜日の朝にやはり10:30には間に合わないことが判明したので「ダメでした」ってメールしてみたら「寝坊しやがって」みたいなお返事があったもので、いちおう腹を立てる。年度末なのはあんただけじゃないんだけどね。そして水曜日はなんかぬるい感じでお仕事。なんせ印刷工場の稼動が判らんのだからしょうがありませんね、ってな感じ。

火曜日は中井駅前のセンベロで晩御飯(歌舞伎町キンタマにいっとくんだったか)。
水曜日は中井駅前のセンベロで晩御飯。

なべて平和。



スポンサーサイト
2011年3月26日(土曜日)、食べてすぐに寝ると牛になるよ。
Stand Up! Japan 今日もお仕事:

そんなこんなで、今日の音羽屋は年に1回か2回しかない土曜出勤で、10:30から17:30まで英文ゲラと格闘して死にそうになる。ってか持久力なさすぎだろ俺。

お昼ごはんはなか卯でまたしても鶏塩うどん。どんだけ好きなんだ。それでなか卯ではお客さんが自動販売機で食券を買うと厨房のほうで「中の人」が注文した品をつぶやいてくれるのだが、今日は「小さいきつねうどん」が注文されると「中の人」が「こぎつね」とつぶやいてくれることを発見。じゃあちいさいたぬきうどんなら「こだぬき」なんだろうな、なんか楽しいぞ。

社長にはマクドでのお買い物を頼まれていたのだが、さいきんの洋風ファストフードは注文のしかたが判らん(スターバックスとかさっぱり判らんのでバナナだけ齧っていたりする)もので、社長には「注文はメールで受け付けます」と言っておいて、マクドでは「これお願いします」と言って携帯電話ごと渡してみたりするわけ。だって判んないしぃ、代々木の駅前でも富士そばなら100回は食ってるけどマクドにゃ入ったことないしな。たぶんここ10年間で3回目だと思う。


The Zircons 今日の明日のライブ予定:

それで、明日の日曜日にジルコンズのライブがあります。
【関 透鵞 企画 FREE SPIRIT LIVE!!】
 とき:3月27日(日曜日)17:00開場 17:30開演
 ところ:スロウダイニングTIBET TIBET(03-5433-1565)
 世田谷区代沢5丁目29-9 ナイスビル2F
 木戸銭:1,000円(w/1drink)、あと気が向いたら投げ銭。
 出演:The Zirconsと、あとはまともなバンドが3つほど。

ジルコンズは劈頭、17:00から17:30までの出番を予定していて、あとはいろんなバンドを眺めながら酔っ払っていることでしょう。


DVD『チャイナ・シンドローム』 今日の放射線:

さて音羽屋に到着すると、ほぼ高校生アルバイトの扱いというと高校生に怒られそうな私のいつもの最初の仕事は(健康に気を遣いまくって洗面所で手をよく洗ってうがいをしてから)いつもの加湿器に給水して電源を入れることなのだが、今日は給水して電源スイッチを入れようとして、ふと躊躇する自分がいる。だって、放射性物質を充填した機械に電源を入れると、白い水蒸気が吹き上がるんだぜ(正確には湯気だが、まあよかろう)。ああこわいこわい。

社長のほうは、放射線障害による免疫力の低下で花粉症がおさまっているらしい。いいことだ。僕はというと、なんか頭を掻いていたら髪の毛が1本抜けたもんで戦戦兢兢としているのです。死ぬよりハゲるほうが怖いんだな、どうやら。

ってか民間のリテラシってこんなもんだろ、ふざけんな政府広報!

そんなこんなで昨日の粥麺屋だの今日のなか卯とかで水道水とか飲みまくりなんだけど、被曝障害が出るころにはどうせもう死ぬ齢なわけだし構わんじゃろうて。心配なのは子供らのことだけだ。

2011年3月25日(金曜日)、半端に年度末進行。
Stand Up! Japan 朝起きたらお昼でした。
今日のお仕事:

ときどきちらりと書いてはいるが、音羽屋は編集事務所である。扱いは100%が学術誌である。ここまで綜合すると、じつはりびけんは専門的な学術雑誌の編集者とかやっていることになるわけだが心配ご無用、原稿になにが書いてあるのかさっぱり判らん。それでは僕が音羽屋でなにをしているのかというと、それについては僕も社長もなんだかよく判っていないというあたりが真相ですな。社長が優秀なのでまだなんとかなっているわけで、世の中平和だ。

それで学術誌を扱う編集プロダクションはどこでも同じなのだが、年度末までにその年度の最終号を作っておかないと、文部科学省からの予算が学会におりてこない。というわけで編集を任されている立場としては、いろんな学会誌の〆切が集中する3月は毎年けっこうな修羅場になったりするわけ。

ところが今年は3月11日の地震のおかげで印刷屋さんの機械はぶっ壊れるわ、雑誌を刷ろうにも紙が手に入らないわで、一所懸命入稿してもゲラがちっとも戻ってこないとか、版下ができても印刷所のスケジュールがたたないとか、まあたいへんなことにはなっている。それでそっちがたいへんなもので、末端作業員である僕は却ってヒマだったりなんかして、せっかく出仕しても出勤表はつけずにインターネットとかして遊んでいたりなんかして。まあしょうがないね。

ルース・レンデル『ロウフィールド館の惨劇』角川文庫 今日は、どうやら社長が「ひょっとしてこいつは漢字が読めないのではないか」ということに気づいたらしくて、英文のゲラの赤字チェックが廻ってきました。日本語すら満足に判らん日本人に英語など判るわけもないということになぜ気づかないのだか不思議だが、本文12ポイントで↓19Hくらいの英文ゲラが35ページくらいもあったかな。14:00に始めて、22:30までかかりましたとさ、わっはっは。

というわけで、明日も音羽屋出仕です。ふと気がつくと土曜日だったりするのだが、まあいいでしょう。


明後日とかのライブ予定:

The Zircons
とりあえず、次の日曜日にジルコンズのライブがあります。

【関 透鵞 企画 FREE SPIRIT LIVE!!】
 とき:3月27日(日曜日)17:00開場 17:30開演
 ところ:スロウダイニングTIBET TIBET(03-5433-1565)
 世田谷区代沢5丁目29-9 ナイスビル2F
 木戸銭:1,000円(w/1drink)、あと気が向いたら投げ銭。

ジルコンズは劈頭、17:00から17:30までの出番を予定していて、あとはいろんなバンドを眺めながら酔っ払っていることでしょう。


あとは直近だと、
  1. 4月2日のウクレレ最初はCのお花見はたぶん敢行するのだろうな。
  2. 4月26日はジルコンズ at 神田ケーズワン、演らない理由がない。
  3. 5月1日は男声合唱の早稲田大学高等学院グリークラブの定期演奏会、たぶん偉そうにお手伝いに行く感じ、
  4. 5月2日は男声合唱の三月会の演奏会でステージマネージャと鳴り物係、
  5. 5月5日は混声合唱シャンティーの演奏会のお手伝いかなんか、
ってゴールデンウィークって俺ってばなんにもできないじゃん。まあいいけど。

今日の放射線:

音羽屋のウォータ・サーバのボトルが払底しているのは書いたと思うが、もともと水道水を飲む習慣がない(東京都の水道水は30年くらい前にいきなり不味くなった。ある日を境にお茶が不味くなったからな)もので、近所のドラッグストアとかでペットボトルのお茶など買ってきて凌いでいる。水道水はラーメン屋とか地下鉄とかの浄水器ではバカ飲みしているわけだし、もともと調理に使っている水が汚染されているわけでもあるが、どうせ影響が出る時分には死ぬ齢だよ俺たちなんか。ふつうの水は(もちろん水道水はいま「異常な水」だ)ガキに廻したれやと真剣に思う。

音羽屋の無駄話だと、社長は今日は花粉が舞っているにもかかわらず花粉症の症状があまりでていないのだそうで、「放射線の影響で免疫力が低下しているんだったらラッキー」とか言っておった。僕はというと洟をかんでいたら鼻血が出たもので、これはてっきり放射線障害で毛細血管がヤレたと思って意気消沈しているところ。あとは社長と「お風呂で髪を洗っていてごそっと抜けたら怖いよねぇ」とか、まあそんなところ。

DVD『チャイナ・シンドローム』 いちおう書いておくと、東京電力と政府がちゃんとした発電所を作って維持していれば、北のほうの復興にももっともっと力を割けた筈なんです。想定外の事態があったってことは、そのまま「おまえらただの迷惑なバカじゃん」ということを意味します。俺は金輪際てめえらを赦さねぇ。自民党はもとよりだが、政権を継承した民主党もごっただからね。判ってるよな、そこの無能で偉そうなバカの人たち。

2011年3月24日(木曜日)、「りびりび」って言うと元気が出るぞ。
Stand Up! Japan 今日の水だか放射線だかの話:

朝、てきとうに起床。

顔を洗っていて鏡を見て、なんとなく2日間も雨に打たれて髪が薄くなったような気がしてきた。いや、冬毛が夏毛に生えかわったもんだと思って納得しておく。今日は朝風呂は自粛したのはいいとして、靴下を替えていないのはいかがなものか。まあいいや、今日は靴をぬぐ予定もなかりせば。

音羽屋に出仕する途中で、三ノ輪湯の前の飲料自動販売機に水のペットボトルだけ補充しているお兄さんがいらしたので、ちょっと話などうかがってみる。どうやら次の補充はいつになるのか判らないらしくて、それで9時間後の帰宅がけに見てみたらもちろん売り切れておりましたとさ。もとより買う気もないので気にはならんが、

音羽屋勤務の途中でちょっとお腹すいたなと思ってセブンイレブンに寄ってみたら、水は売り切れだったがロックアイスとかカチワリとかはずいぶんあったな。あれも溶かせば水だししかも軟水なんだから、ひょっとするとオカミのほうで管理したほうがいいのかもしれません。いや買い占めとかの話題がかまびすしいのだが、孫のいるおばちゃんとかは必死にもなるだろうし非難する気にもならんわい、勝手にやらしとけ。

とかなんとかいいつつ、音羽屋の水サーバーのタンクは在庫が尽きている。なんか先月の配達を、なんか忙しいからキャンセルしちゃったとかで、「だって地震があるとか原発壊れるとか思わないもん」とは社長の謂ではあるが、そりゃまあしょうがないか。

ついでに僕の暗黒面を書いておくと、通りがかりの分譲中のマンションに「オール電化」という看板が出ていて、脇に「低炭素ライフ」とか書いてある。ああそうですか、低炭素で高放射線ね、と思ったのはひょっとすると僕だけではないのかもしれないとは思いました。

2011年3月23日(水曜日)、てっきり日常。
Stand Up! Japan 被災地寄付先です。→。

僕が信頼できるところですので、よしなに。


朝、てきとうに起床。節水節電を考慮したいいひとのふりをして、チンコとケツと足と、あとは首筋と手首あたりを洗って満足する。洗髪もして髭も剃ったがまあそのくらいかな。

あとなんかうだうだして(ご多分にもれず、朝はネットで情報収集などしているわけ)、ふと気づくと上水道が供給されていない。「ついにきたか」と思ったのだが、玄関先の通知によると単にカネ払ってないから停水されただけでした。どうりでちょろちょろ流れていたわけだ。

そういえば某所で「水道って、貧乏由来で停まってもちょろちょろ出るんだぜ」って豆知識を披露してみたら「水道局ってやさしいんですね」と言った奴がいたが、でも電気やガスってちょろちょろ出せないと思うんだけど、どうなんだろう。

ところで今日は音羽屋編集部出仕にちょいと間に合わなそうかなと思っていたら、校了間近のこの時期にまだ印刷所からゲラが出ていないという連絡がありました。印刷屋さんもたいへんなんでしょうな。たとえば停電があればすべてが止まるわけなのだから、しょうがないよ。というわけで怠け者としてはこれさいわいとのんびりする。茶がうまい。


今日の甲子園:

その朝飯の最中に呑気らしくテレビを眺めていたら、まさかの高校野球ブラバン禁止! この日のために練習を重ねてきた吹奏楽部を潰してどうすんだよ高野連!

野球関係者って、セリーグとかナベツネとか高野連とか、全員バカばっかりなのかなとは思っていましたが、全員バカばっかりだったんですね。もともと入場行進の選曲がバカすぎるとは思っておりましたが、案の定でした。


今日の東京オデッセイ:

布袋さま まずは、ちょい前に失効してしまったパスポートの申請で都庁にいくについて、実家の両親に「支援物資を持っていけ」と頼まれたのが昨日のことだが、広報をみると「なるべく宅配便でお届けください」みたいに書いてあるので今日は手ぶらで偵察もしてくるというミッション。

パスポート売場はけっこうな混雑で、でも普段はどんなだったかぜんぜん覚えていないの。とりあえずフロア隣接の飲食店街のおじさんは「いやぁ、パスポート以外は閑古鳥だね」とおっしゃっておられました。それでいいかげんな写真(携帯電話で自分撮りして、ネットのパスポート写真ジェネレータに放り込んでカラープリンタで仕上げてハサミで切った)とかで申請は済ませて、受理までの待ち時間に第二庁舎の支援物資受付を見学してみる。都庁前駅からちょっと距離があるので、重い荷物だったら宅配便のほうがラクかな。でも特段に混み合っているわけでもなさそうだったから、明日にでも紙袋ひとつのホカロンっぽいものを持参しようと思うの。

そこから新宿駅界隈に出ようかとも思ったのだけれども、よく考えると新宿駅西口までの「歩く歩道」なんか動いてるわけもねぇよなと思ったのでそのまま大江戸線で春日の音羽屋を目指して、なか卯で鶏塩うどんなどいただく。


大亞堂書店 大亞堂書店 どうでもいいのだけれど、大亞堂書店ってばより傾いてはいないか(写真は左が使用前、右が使用後)。おばちゃんとしては「総崩れだったので、却って本を捨てたりして片付いてよかった」とのことでしたが。あと爺ちゃんをみかけないのが気になるような。
音羽屋に行ってみたらまだゲラが出ていないというもので、じゃあってんで本郷の水道局まで水道料金を支払いにいってみることにする。予測で徒歩15分くらいかなと思っていたのに30分くらいも歩いても着かないのでおかしいなと思ってそのへんの工務店で教えてもらったら、大通りを1本間違えておりましたな。あはははは、道に迷ったのは今世紀最初ではあるまいか。

みちみち、東京大学界隈で羽織袴のお姉ちゃんとか背広姿のお兄ちゃんとかをみかける。文京学院はしぃんとしていたので、東京大学ででもあろうか、おめでとうございました。

これも本郷界隈で、交差点の貼紙に「計画停電の際には信号機が消灯することもあります」とありましたな。あの界隈でも停電するんだ、とは思いました。


音羽屋では普通に働いて、あと帰って寝る感じ。

DVD『北国の帝王』 ほんとはNHK BS2に大好きな映画『北国の帝王』がかかるのだが、雑誌編集業者としては戦場突入なのでこれ観るとどうなのよって感じです。さいきんどこかでレアなDVDが出たものと記憶するが、買うカネがない。まあしょうことあるまいて。

ひょっとすると『二十日鼠と人間』と『北国の帝王』は同じ話なのかもしれないと思う今日子の頃。

2011年3月22日(火曜日)、垢で死んだやつはおらん。
いや僕の話なのだけれども、11日の地震以来、お風呂を遣ったのは13日の演奏会の前と17日の出勤前だから、10日間で2回か。ついでに髭を剃ったのも2回くらいでけっこうばっちいのだが、時節柄まあ勘弁してください(信じられないだろうが、村上春樹もいっている「オーデコロンで汗臭さは殺せる」ことを知っているお洒落系男子です)。

ついでにシャワーはやめて汲み置きと蛇口を使っています。ちったあましかな、と。
今夜はさすがに入らせてくれ、雨にあたっちまったもんだから放射能だけ落としておきてぇんだよ、すまねぇ。

あと、僕ん家のあたりは計画停電からハブられている。なんか申し訳ないので夜は夜遊びに行ったりあまり親しくない知人の家に押しかけたりナンパした姉ちゃんの家にカチコミかけたりで節電に協力しております。今夜は実家かな。


シンディ・ローパー、ありがとう。
Very much thanks for Cyndi Lauper

I know such quatation is illegal, thanks.


今日のいい話:

学院グリー公演ビラ 3月27日公演が(学校の意向により、と聞いていますが)中止になった早稲田大学高等学院グリークラブの第56回定期演奏会は、5月1日 (日曜日)、渋谷区総合センター大和田さくらホールにて再演、じゃねえな。アンコール公演、違うな。とにかくやるんだよっ! 14時開演です、よろしくお願いします。


こっちはいい話ってわけでもないんだけど、明日は都庁までパスポートに更新にいこうと思っていたら、実家の両親が「救援物資を持っていけ」という。そういうのやってるらしいんですね。

でも当該サイトを読んでみたら「個人はなるべく宅配便で」とあったので、明日は電柱の陰から様子をみてくることにしました。なに、都庁前駅なら音羽屋出勤途上でいつでも寄れるから問題なし。


今日の音羽屋:

Alice Cooper T-Shirts 今日の出勤については「社長からメールで連絡をもらう」という手筈になっていたものと思っていたら、13:30過ぎに社長から「あれ? 出勤日じゃなかったっけ?」というメールが入る。ちょうど駅前でラーメンなど食べ終わったところだったもので、そのまんま向かうわけ。なんかいいかげんだな、まあいいや。

出勤してふと思うと、段ボールと書類が積み上げられた音羽屋事務所は端っこに給水器なんかもあったりして、ついでに僕の服装と髪形が無茶苦茶(文京パンクとか言われておる)だものだから、なんとなく被災地めいて見えなくもない。Vシネのロケだったら間違いなくOKだな。ついでにおやつでバナナが出てきたものだから、ますます避難所めいてきた。いや、バナナと水があるだけましですね。暖房は切っておりました。


今日の失せ物:あるいは毛利小五郎。

音羽屋勤務中に携帯電話に知人から架電。

某 携帯電話を落としちゃったのよぉ。
俺 おやまあ、いろんな意味でお気の毒。
某 あそこの交差点から50 m以内だとは思うんだけど。
俺 無いわけね。
某 ナナコに5,000円入れたばっかりなのにぃ。
俺 ちょっと待て。ってことは最後に使ったのはセブンイレブンじゃん。
某 あら、セブンは行ってないわ。

10分後にまた架電があって、セブンイレブンで無事に見つかったようでめでたしめでたし。


今日の明日:

予定くらいは立てておこう。逆算していくと、

13:30、音羽屋到着。
13:00、都庁リーブ。
12:00、都庁着(パスポート申請なら1時間もありゃなんとかなんじゃねぇか)。
11:30、中井発。
11:00、パスポート申請書記入完了。
10:30、新宿区役所出張所発。
10:00、新宿区役所出張所にて戸籍謄本申請。
09:30、お風呂と朝食完了。

というわけで、09:00くらいに目覚めればいいのだなと思ったのだが、しまった昼飯の時間をとっていない。まあいまさら俺が多少の遅刻などしても音羽屋社長は驚かないし、昼ごはんを喰い損ねて「お腹すいたお腹すいた」と連呼される(ほんとうにやるんだよ俺)よりはずいぶんましだろうからまあいいや。

お昼ごはんは、最強ならば新宿西口でとんかつすずやのとんかつ茶漬けかな。とくに美味いわけでもない三国一のうどんとか、中村屋のカレーとか、高島屋つばめグリルとか、どうせどこ行ってもすいてるのに違いない。

2011年3月21日(月曜日)、今日はゆらゆらしない。
専門家じゃないからなんだ!
軽薄だからなんだ!
結局バカが正しかったじゃねぇか!




2011年3月20日(日曜日)、今日もゆらゆら。
Alice Cooper T-Shirts 実家から「ガムテ不足」との連絡があって、なんでそんなもんが不足するのだろうと思いつつ手持ちのものを持参したら、なんかどっかでなんかが割れていたらしい。ついでにこれも死蔵していたカセットコンロのボンベも持っていって法外な価額で売りつけてきた。どうやらガスも水道も無事ではあるようだが電力はまだ判んないしな、僕ん家と違って実家は電気がないとガスも点かないのですよ、不便なことだ。

午後から歌舞伎町ゴールデンエッグでチャリティーセッションがあるというので、顔を出しておこうかなと思って家を出る。往路の西武新宿線の車内照明が消されていて本が読めない(今日は創元のフレドリック・ブラウン)もので携帯電話でTwitterなど眺めていたら佐藤龍一師父がしょんべん横丁の喫茶店でまったりしているというので、行きがけの駄賃でちょいと寄って拉致ってからGolden Eggに向かうわけ。喫茶店のお隣のTシャツ屋さんではアリス・クーパーのTシャツを買い込んで、店員さんと1989年のNHKホール公演の話などちょっとする。いや実は俺、アリス・クーパーとボブ・エズリンって大好きなんですよ。

ゴールデン・エッグはなんでかほぼ満席で、いま大地震がきてこの店にいる全員が死んでも人類史になんの影響もないなとかアオちゃんに与汰を飛ばしつつ、ケンシチとヨシノだけほんとに死んでくれないかなと思いつつ、楽しく遊んでいるうちに夜になる。龍一さんが1曲ってのはなかったよな、ブルース聴きたかったな。それで夜になったのでみんなで飲みにいく。ふつうの焼鳥屋さんで「姉ちゃんはどうした」「それでもキャバクラか!」とか滅茶苦茶を言いながら、やはりケンシチのスペイン談義に殺意を憶える。ほんとに死なねぇかな、あいつだけ。あとヨシノも。

2011年3月19日(土曜日)、Refuse the Mouth of Darkness.
今日のゆらゆら:

到来物 06:00、実家にてなんでか爽やかに起床。朝、てぬきうどん。
今日はフロリダのリンさんから無事かよメールが届く。ありがたいことだ。

単一仕様の懐中電灯と単三乾電池があったので、ちょっと細工して使えるようにしてみました。やりかたはたとえばこちらに。僕は五円玉とアルミホイルと新聞のきれっぱしとセロテープを使いました。がんばればたとえば006Pの9ボルト電池でもなんとかできそうだな。

千葉がたいへんらしいね。悪鬼羅のレポートが入っている。ジルコンズのサンチャゴ田村も千葉で、先日からのリフォームが無駄になったとか。謹んでお見舞い申し上げる。

昼、到来物のケーキなどいただく。


今日のおしらせ:

学院グリー公演ビラ 3月27日に開催が予定されていた早稲田大学高等学院グリークラブの第56回演奏会は、時宜に鑑みて延期されます。清水敬一は4月か5月にやろうと言っているそうな。君たちなら大丈夫だろう、おっちゃんらも応援しているからね。


延期で思い出したが、同じく27日に予定されているThe Zircons@下北沢TIBET TIBET鳶まつりは、主催者側からなんの連絡もないから実施するんだろうなあ。

そのジルコンズのサンチャゴ田村はちょっとした税金ドロボー系(本人談)のお仕事をしていて、いまは当然のように忙しいし先も見えない。というわけでいま決まっているブッキングはこなせるけれどもその先は判らんという。もちろんお仕事のほうをがんばってもらいたいのだが、個人的には秋の定禅寺ストリート・ジャズ・フェスティバルにはぜひ出演したいものだとは考えている。


明日は、狛江の伯母が遊びにきたりするような。
雨が降ったら外出はしないの。地上被曝量の報道はあるが上空の放射線量の報道を目にしていない、冗談じゃねぇよ。
footcopy