FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2011年2月14日(月曜日)、The God of Things as They Ought to Be.
Revikenさんはよく「びりけん」さんと間違えられるのだが(スルー物件)、今日はびりけんさんの綴りが「Billiken」であることを発見。脳にRとLを区別する野がない日本人と違って、欧米のひとには間違えられない理由がなんとなく判りました。
今日のこんこ:

歌舞伎町にて。 くつ
雪のしょぼ降るなか、歌舞伎町のいつもの回転寿司に寄ってみる。いつも通りなら3皿3貫(僕は握り2つで1貫のひと)なのだが、最初の白身になんでか髪の毛が混じっていたのを板さんに指摘して(構わず食って)から「赤身のいいところをください」って言ってみたら、なんでか1皿に2貫乗ってきた。ラッキーってんで、お勘定は420円でした。
ちなみに以前に「寿司の注文の仕方がよく判らん」と書いたことがあると思うが、さいきんは白身とか赤身とか貝とかヒカリモノとか言ってりゃなんとかなることを学びました。

そのあとちょっとGolden Eggのセッションに顔を出して、帰宅がけの雪道で、例のあったかそうな靴に耐水性能がないことを発見。こいつは騙されたなあと思いつつ、よく冷えた足で帰宅して靴下を履き替えるわけ。



スポンサーサイト



footcopy