FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2010年10月4日(月曜日)、激走! 5000m
今日の観劇:

誘ってくれるかたがあって、三谷幸喜翻案のミュージカル『今の私をカバンにつめて』を観に青山円形劇場へ。ってか、ひとが音羽屋勤務している18:02に、19:00開演の芝居に誘うかふつう。というわけで音羽屋社長に突貫で郵便物を作ってもらってポストまで爆走。三田線春日駅でYAHOO!検索してみたら「ちょうど間に合わない」と言われたところを、電車の中を進行方向に向けて爆走して、神保町駅構内も爆走して、青山通りも爆走したら開演3分前くらいに到着しましたな。YAHOO!予測で44分のところ、30分で到着してやったぜ。

入場した時点では予備知識はなんにもなくて、円形劇場のさして広くもないステージに、バンド機材が設えてある。そんなわけで、僕は半分は演奏のほうを眺めておりましたな。あの人たちはなんなの? 役者さんなの? それにしては楽器上手すぎるし、バンド馴れもしているし。でもちゃんと台詞喋るし。

出演のほうは、"妖女"戸田恵子、テレビドラマに出てくると必ず第3回くらいで死ぬ石黒賢、How to Succeedのスミティで今回はマタンゴの入絵加奈子、"動く無重力"植木豪、上記敬称略。バンドはエレキギター兼バンジョーでスライドも使う人、ピアノの人(シンセ少々)、ドラムス兼グロッケンシュピールの人、ベースでキーボード(は専門外)でバンマスの人、あと植木豪くんが生ギターとグロッケンシュピールとパーカッションとショルダーキーボードで、このキーボードがやたらと上手い(ギターはふつう)。というか、ショルダーキーボードの「低い構え方」がちゃんと判っていらっしゃいましたな。ちなみに移動する楽器はワイヤレスで、役者さんの音声もイヤマウントのワイヤレスマイクでした。劇中で、曲が続いているのに役者さんが喋ったり歌ったりを交互にする部分があって、「なんで歌のところでバンドがちゃんと入れるんだろう」と思ったのだが、いちおうバンマスが合図を出しているのには気付いたのだが、やっぱり仕組みがよく判りませんでした。こんど『I'm Getting My Act Together and Taking It on the Road』(合ってるかな?)ってのを調べてみよう。

爆走した甲斐はあった。とりあえず友達のひとりもいない主人公があらかた俺ね。落ちも「好きなこと演ってりゃ幸せ」だし(そうなのかな)。


終演後、爆走後なのになんでか表参道から四谷三丁目まで歩いてしまった。まあいいか。

今日の耳鼻咽喉科:

右耳の切創がぜんぜん治らないうえになんかヘンな汁が出てきたもので、悪鬼羅お薦めの美人女医さんのいるという耳鼻咽喉科に行ってみる。いたよ美人女医。マスクしてるから顔なんか見えませんよ。いや文句もないんだけど。傷のほうは、ステロイドと抗生物質の入った軟膏を処方されて、ついでに左耳と鼻と喉も診ていただいて本日終了、11:00到着の11:20終了。昨年11月に診ていただいたときには待合室が風邪っぴきの子どもの海で2時間くらいも待たされたもので、今日は文庫本を3冊くらいも持参したの。まあ拍子抜けだけど文句はありませんとも。
思へらく、昨年11月にはさぞかし風邪が流行っていたことなのだろう。さいきんは「風邪のひきはじめには内科じゃなくて耳鼻科」という流行もあると仄聞するところでもあり。

今日の音羽屋勤務はなんかヒマだったもので、近所の薬局で軟膏を出してもらう。こっちはこんこん咳をしている風邪っぴきの子どもの海でしたな(笑)。
僕は前回はいつおうかがいしたのだろう、たしか近所のお医者さんを紹介していただいた筈だと思って係のお姉さんに訊いてみたら、4年前だったそうな。出たり入ったりしつつ、そう言われるともう5年も音羽屋に通っているのだなあ。そういえばThe Zirconsの初ライブを音羽屋社長は観ている。ゲストを高橋シゲトくんとhai'ineにお願いしたBack In Townだな、たしか。

音羽屋ついでに書いておくと、音羽屋のすぐ裏のだだっ広い空き地にマンションが建つ。こいつが、着工が来11月で完成が2014年4月予定だよ。向こう4年間くらいはトンテンカンとやかましいわけねと思って、ちょいと暗い気分にならないでもない。


今日の煙草:

フランス煙草のゴロワーズは、20本で320円が420円になりました。
国産煙草のショートピースは、20本で300円が440円になりました。
値上げの基準がよく判らないのです。

とりあえず「洋モク高級品伝説」は消滅しましたね。


ここんとこの落ち穂拾い:

Match Upの開演前、会場に「ボズッ」というノイズが響きわたった。あーあ、ローディーがアンプのボリュームを上げたまんまでジャックを抜きやがりましたな。今ごろ頭ごなしに怒られてるぜ、なんて同道のホッパーくんと話していたのでした。今や音響のプロとして働いているイズミちゃん(だっけ)は「アンプ、壊れてません?」って心配していたけど、意外と丈夫なので大丈夫だと思う。むしろ壊れるとしたら、たとえば横ヤンの結婚式のときにアクティブエレピを繋いでPADを入れてなかった結婚式場のミキサとかのほうだな。あれはヤバかったぞ(式場の都合だから俺の知ったこっちゃねえけど)。

書き忘れていたが、そのMatch Upで20万円入りのお財布を落っことしたお兄さんは、たぶんT.M.Revolutionのファンのかた(所謂ところのヤロレボさん)だと思う。なんか見たことがあるような気がするんだな。

新しい携帯電話(SoftBank 944SH)の使い方がまだよく判んない。先日はピロリが「赤外線でメールアドレスを送ります」ってのに、やり方がよく判りませんでした(なんとかなったけど)。じゃあ「メールアドレスを教えてください」ってのにも、表示方法が判らない。そのくせ「方位磁石の使い方」とかは知っているわけで、なんかいがんでるなあ。

韓国映画『TSUNAMI』というのが公開されるようで、地下鉄駅構内にポスターが貼ってある。襲い来る津波の高さ100メートルはいいとして(あんまりよくないが)、こいつが時速800kmなのだそうで。計算してみたらマッハ0.65。津波発生の原因が地震なんだか日本沈没なんだか知らないが、それって津波になる前に海なんか吹っ飛んでるよ。

あ、パスポート切れてる。なんとかせねば。
今日はDVDプレイヤを買いに行けなかった。なんとかせねば。

そういえば蓮華寺の曼珠沙華、観にいってないなあ。もう終わっちゃったんだろうなあ。



スポンサーサイト



10/03のツイートまとめ
Reviken

十何万円入りの財布を拾った。左耳では悪魔が「パクっちまえ」と囁き、右耳では悪魔が「バレやしねえよ」と……あれ?
10-03 20:45

JCBホール終了、歌舞伎町ゴールデンエッグのノーチャージセッションに向かう。
10-03 20:40

「挑発的すぎる!」中指を立てた手の彫刻が証券取引所に設置され批判を浴びる:らばQ http://labaq.com/archives/51507576.html @lbqcom これ、Stick to the manじゃなくてThe man sticks to usだよね。
10-03 07:21

5分で終わりました(from東京都中野区) RT @itozin: インターネットで国勢調査って、東京限定か!めんどくせ~。
10-03 05:32

分類学的にはデタラメですが、欲しい。 RT @dodoko333: 日の出町の農協売店で売ってる岩塩セット、面白い。 http://twitpic.com/2tv3g5
10-03 05:32

2010年10月3日(日曜日)、逃がした魚。
今日の葛藤:

トイレをお借りしようと思って東京ドームホテルで個室に入ったら、ペーパーホルダーのうえに財布のようなものが置いてある。確認するためにはとりあえず中身を見なきゃないのでちょいと失礼して開けてみたら、なんか一万円札だけで20枚近くも入ってるぞ。ほかにもいろんなものが入っていて、さてどうしましょうか。

左耳に悪魔が寄ってきて、「パクっちゃえパクっちゃえ」とささやく。右耳には悪魔が寄ってきて、「平気だよバレやしねえよ」と‥‥葛藤になってないぞ。とりあえず用は済ませて、お財布はほっとくわけにもいかないからとりあえずズボンの尻ポケットに放り込んで、さてどうしましょう。どこを見渡しても僕のなかには天使はいないらしいし、こいつぁ危ねえ。

手を洗ってトイレを出ようとして、僕の出てきた個室を覗き込んで凍りついているお兄ちゃんを発見。そりゃまあ今どき一財産ですからね、凍りつきもするわな。しょうがないので「はい、これでしょ?」ってんでお財布を手渡したら「なんていい人なんでしょう」ってものすごく感謝されたんだけど、りびけんはいい人ではありません。どちらかというとつい魔が差してお返ししてしまったというのが正しい。あのタイミングで兄ちゃんが凍りついていなかったら、ほんとにパクっていたかもしれないんだぞ。

とくに損したような気はしないが、さして面白くもないもので(まあ「感謝するならカネをくれ」なんてことも言いませんが)、ホテルの隅っこでやってた洋画の展示即売会を覗いてみる。係のお姉さんが「お好みのものは?」って尋ねるもので「あれとこれ」って、両方とも宮永岳彦でしたな。「天皇陛下を描いてロマンスカーをデザインした人ですよね」って言ってみたら(これくらいの知識しかないのだが)、お姉さんが「ご存知なんですか?」ってちょいと驚かれた風情ではあったが、そりゃまあアロハにサングラスでさっき置き引きをやらかしかけたチンピラがそんなもん知ってたら多少は驚くべきものなのかもしれません。


今日のMatch Up!

誘ってくれるかたがあって、JCBホールでT.M.Revolution西川貴教主催の『Match Up』というバンドまつりを観戦してきました。出演は「UZUMAKI」、「Nightmare」、「abingdon boys school」。前のふたつはちっとも知らんが、僕もAcid Black Cherryを観にいったときに「何人編成なんですか?」と訊いたような人物であるので、しょうがあるまい。

中身はドカドカうるさいロックバンドが3つで、ふだんは僕の人生には登場しないジャンルではあるのだが(ロックならRCとLed ZeppelinとAlice Cooperが好き)みんな楽しそうに演っていたし音響もよかったのでよろしかったのではなかろうかしらん。abingdon boys schoolは今回はなんかやたらとまとまっていて、ドンカマもほどよく消えて(僕は人力が好き)、西川さんの声もよく伸びておりましたな。ショウそのものはa.b.s.だけで90分くらいだったかしら、もうちょっと長くてもよかったような気はする。なんせ終わってもまだ08:00だったし。


今日のセッション:

歌舞伎町Golden Eggでチャージ無料のオトナセッションがあるというので、帰りがけにちょいと覗いてみる。いやまあ大御所が掃いて捨てるほどいらしていて、聴いているだけでもお腹一杯な感じでしたが、なにかと隙をみては呼び出されてピアノなど弾いたりもする。けどよくよく見回すとお姉ちゃんのピアニストが2人もいた(あと僕も含めて2人は兄ちゃん)もので、野郎どもはもう弾かなくていいやというおっさん連中の総意のもと、あんまり弾かずにお姉ちゃんをコキ使う方針決定。そりゃまあそうだよなというわけで、僕も積極的に「弾かない」という方針で、客席でウクレレなど弾いておりましたとさ。

帰宅がけにそのへんの回転寿司で3皿だけつまんで、これからお風呂って感じでしょうか。



明日は、

銀行に寄りたいな。
耳鼻科のお医者さんにも行きたいな。
13:30から音羽屋勤務だが、たぶんゴミ出しとかそんな作業だぞ。

footcopy