FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


ここはどこだ。
たぶん茨城県。納豆売ってるし。


スポンサーサイト



09/12のツイートまとめ
Reviken

仙台からの帰りのバスの予約がなんでか12月12日になってた。さてどうしましょう。住むか。
09-12 17:50

2010年9月11日と12日(週末)、意外にもジルコンズはお洒落な店が似合う。
というわけで、The Zirconsは定禅寺ストリートジャズフェスティバルに行ってきました。タイトルは吉田飯塚の(Tanto Gutsの)飯塚くんの感想ですが、真偽のほどは自分では判らないのでした。

今日のキンタマ:

キンタマの岡部さん キンタマのYukoさん 金曜日の日暮れ時あたりに、さて23時に新宿でバス乗車だなと思ってですね、時間も半端なのでそういえば歌舞伎町Golden EggY2企画ライブがあるなと思って行ってみる。Y2なんかどーでもいーんだけど、知り合いがようけ出演しておるし、場所も近いしってんで行ってみるわけ。

そんなことでヨシノY2はどうでもよかったんだけど、最初の岡部達也さんも2バンド目のYukoさんもものすげえ楽しかった。Yukoさんについてはaoちゃん店長と「ねえ齢いくつ?」「たしか23歳くらい」「末恐ろしいね」とかいう会話をしているときにaoちゃんがついとYukoさんの録音機が目の前にあるのを指さしたもんだから、ついでに「うんち」って吹き込んであげました。こんなんだから人気出ないんだよな俺。

そのYukoさんとaoちゃんと終演後にダベっていて、深夜バスの話をしたらYukoさんが「マスクを買っていくといいですよ」というのでコンビニで買っていったら、僕も装用していたのだけれども隣の席のお姉ちゃんが咳き込んでいたのでひとつ進呈したらえらい感謝されました。Yukoさんありがとう(ここ読んでないと思うけど)。


今日の仙台:

松島 06:00とかには仙台駅前に到着しちまって、ステージはお昼から、集合時刻は11:00とかだものですることがない。しょうがないので仙石線で松島まで行って、桟橋で30分くらいかな、体育座りして海とかメメクラゲとかを眺めていました。

それでのんびり仙台市内に戻ったんだけど、まだ08:00くらいか。朝飯でもと思ったのだけれどもとにかくお店が開いていないので、しょうがないからうろうろして、09:00過ぎくらいにやっとこ喫茶店をゲットしてまったく似合わないワッフルモーニングとかいただいてみたら、やたらと美味かったので文句はない。ウェイトレスのお姉さんと話をしていたらなんかやたらとジルコンズに食い付いてきてくれた(ありがとうございます)もので、意外と近所にある空中ステージの案内はしておいた。あとで上空から眺めたらちゃんと観に来てくれていたのだが、後刻ご挨拶に行こうとしたらもう喫茶店の場所は判らないのでした。


今日の空中ステージ:

空中ステージより そんなこんなで「おおまち空中ステージ」には11:50くらいに上がって、でも開始は12:10。見下ろすとなんでか既にジルコンズを待っている風情のお客さまがいらっしゃるので、(PAは生きていないので肉声で)「まだ演んないよう」とかアナウンスしてみる。ひらたく滅茶苦茶ではあるが、いつものこと。
空中ステージにて

Sets:
  1. RAWHIDE
  2. MORSE CODE OF LOVE
  3. 溶解人間デブ
  4. IN THE STILL OF THE NIGHT
  5. SO YOUNG
  6. SIXTY MINUTE MAN
  7. LOOKING FOR AN ECHO
  8. MAYBE
  9. また逢う日まで
  10. GOODNIGHT SWEETHEART, GOODNIGHT
※ステージ写真はこちらこちらこちらから。
空中ステージにて 空中ステージにて
空中ステージの下 空中ステージにて
空中ステージにて 空中ステージにて俺ピース

Instead of Net 第19回ダニ学会大会 終演後はてきとうにうろついて、仙台駅でInstead of Netくらいは鑑賞して、あとは牛舌などいただいてと。

夜の自主公演会場のワインバー「ボンヌプラス」さんの直裏のホテルを予約しておいたもので、夜の部が20:00始まりで18:00集合予定のところ、16:00くらいにチェックインして、お風呂に入ってからベッドにごろりんとして「いま寝たら起きねえよな俺」とか思いながら眠ってしまった。18:30くらいにタムラ・サンティアーゴからの架電があって起きたのだが、その前に3回くらいもかけてくれていたらしい。いやすまねえ。ってか起きられてよかったことでした、桑原桑原。


今日のボンヌプラス:

ボンヌプラスさんの賄いパスタ ボンヌプラスさんの玄関口 国分町のワインバー「ボンヌプラス」さんでのライブは昨年に続いて2回目で、今年は横ヤンが代理母で忙しいので対バンに吉田飯塚をお招きして、ついでに吉田飯塚に僕はハーモニカで絡ませていただくという次第。
吉田飯塚

Sets:
  1. COME GO WITH ME
  2. WIN YOUR LOVE FOR ME
  3. SO MUCH IN LOVE
  4. PLEASE MR.POSTMAN
  5. CUPID
  6. LION SLEEPS TONIGHT
  7. STORMY WEATHER
  8. IN THE MOOD
  9. THE CLOSER YOU ARE
  10. RAMA LAMA DING DONG
  11. THE BOY FROM NEW YORK CITY
  12. YOU BELONG TO ME
吉田飯塚(ボーカルとギターのデュオである)にはハモニカ持って『Summertime』『The Days of Wine and Roses』に絡ませてもらったんだけど、いつもの手口で飯塚くんに「じゃ『Summertime』は倍転するかも」って言ってみたら本番であいついきなり「ただ速く」しやがった、あはははは。

今日の翌日:

豪華ランチ 昨晩は早くに寝てしまったもので(あたりまえだ)、09:00に起き出して『題名のない音楽会』は眺めて、とっととチェックアウトして市内に出たらまた朝食難民だよ。おかしいよ仙台、本屋開ける前に飯だろ? 蕎麦とか手繰ったあとはION組と合流して、ブルーグラスバンドのお姉さんのフィドルが「テンポと音程とルックス」がいいので「理想の山崎規夫」と名付けたらなんとなく小山亜紀にウケた。あとION組とランチ。


理想の山崎規夫バンド 今日のバス:

仙台駅で立ち食い寿司に入って、なんか喰ってたら隣にいきなりRoute 8464のアンディさんがいたのには驚いた。まあそんなこともあるさ。

それで定刻にバス屋さんに行って予約を確認したら、なんでか僕の「仙台→新宿」便は12月12日の予約になっていることが発覚しました。3か月後かよ、いっそ仙台に定住するか。

footcopy