FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2010年2月20日(土曜日)、音楽は聴かれなければならない。
今日の「朝寝朝酒朝湯が大好きで」は不可能だと思う:そりゃまあ泥酔して湯船で寝るってのはあるかもしらんのだが。

目覚まし時計『マドローム』 昨晩の『タモリ倶楽部』で「そらみみアワー」が終わったところ(25:00前)で寝たのに、なんでか06:30起床。しょうがないのでメールチェックなどして、ついでにサンシャイン牧場簒奪行などしてから二度寝、08:30までまどろむ感じ。
DVD『ビデオドローム』クローネンバーグ そういえばセイコーからまどろめる目覚まし時計『マドローム』というのが出ておりましたな。

ぜんぜん関係ないけどクローネンバーグの映画で『ビデオドローム』というのがあって、みんな判んない判んない言うんだけど僕はけっこう心地よく納得して眺めていたのだが、やはり映画の見方がどこか標準外だったりするのかしら俺。いや、『ビデオドローム』を語れと言われたら僕も困るのだけれども、言葉で説明できるんだったら映画も音楽も絵画もなんも必要ないわけであって。


今日の鼻笛:お忘れ物篇。

The Zircons at Moon Stomp 鼻笛 The Zircons at Moon Stomp なんか鼻笛が見当たらねえなと思って、水曜日にジルコンズライブを敢行したMoon Stompさんに「手のひら大の材木が落ちていませんでしたでしょうか」とメールしてみたら、「大切にお預かりしております」とのお返事をちょうだいしました。ちかぢか回収にうかがわないといかんなあ。


今日の事故:

事故現場 野暮用で西武新宿線中井駅に向かう途中の「坂の下の道」が、六の坂からずうっと三の坂のあたりまでクルマの大渋滞を引き起こしておる。運転手さんたちが警備のおじさんたちにくってかかっているのを片目にとほとほと歩いていったら、なんのこたぁない三の坂の下でベルトコンベア車にカーブミラーさんが寄り掛かっておられる。なんだ、事故渋滞じゃん。野暮用を済ませての帰りがけ、これっぽっちの事故でもちゃんとお巡りさんがいらして事情聴取などしておりましたな。

ところで、お巡りさんの制服のコートってこないだうちまで牛革だったのが、さいきん化繊になったみたいですね。革の前は羅紗綿だったような記憶があるのだが、まあいいや。


今日のウルトラ:

ウルトラ3兄弟 仮面サイダー こんなのみつけたもんで。

昨日のはこっち→。


復刻堂 なんでか怪獣の名前があらかた判る。左上から順に、
  1. バルタン、
  2. ピグモン、
  3. ダダ、
  4. たぶんゴモラ(角が白いから最新型でしょう、初代は犀型)、
  5. 初代ウルトラマン(このラインナップだとザラブ星人かもしれない)、
  6. ゼットン、
  7. 金城哲夫、
  8. メトロン、
最後の右端が判らない。カネゴンかなあ。

DVD『パララックス・ビュー』 今日の思いついたことはぜんぶ書く:

そっくりさん:
パララックス・ビュー
バリラックス・ツー


今日の知見:

  • 「松前」と書いて「まさき」と読ませる地名があるらしい。
  • 「AIP」はとうぜん映画会社のことだと(American International Pictures僕ら(とうぜん「大好きな僕ら」のことを指す)は思っていたら、なんかいろいろあるらしい(The American Institute of Physicsとかそんなの)。
  • 横ヤンにもらって増やす予定の『The Zircons vs. Route 8464』のライブDVDは、ふつうのDVDプレイヤではたぶん再生不能(僕ん家の安いのと実家の立派なやつとで再生不能)、PCでも僕ん家の日立製アプリケーションでは再生不能、でも「Inter Video Win DVD 4」では再生可能であることが判明。なんだろう、リージョン違いとかかなあ。


昨日の無駄話:

音羽屋で「上端の印刷の切れてる宛名シールの郵便番号を手書きで補修する」というくっだらねえ仕事がありまして、ほんとはそのまんま投函してもいいんだけど郵便屋さんにわりぃなということでですね、0と8と6の見分けがつかねえ(たまに3も)わけだけど、200通くらいなら大した作業ではないわな。それで全国津々浦々の郵便番号をいじりながら、ふと宇都宮市陽東が出てきたのでなんでか陽東中学校近くの畦道の話になって、夏場は轢殺されたアマガエルの死体が農道を覆っていたみたいな話をする。あと蛙と虫の話で、 DVD『尻怪獣アスラ』

  • ツボカビ症のことを社長が知らなかったもんで詳しく解説、
  • そういえば『吸血の群れ』という映画があって、ヒキガエルに襲われた人がなんでか死んでいくといった話、
  • あとソウル・バスに『フェイズIV』という映画があって、蟻さんが人類よりよく演技している大傑作である話、
  • 社長から「そういえば台所に蟻が大発生していたのをいちいち潰していたのだが、却って蟻酸を撒き散らして蟻さんを呼び寄せる結果になってしまった」という落とし話があったのを受けて手塚治虫『蟻人境』(小説です)の話、
  • ウィリアム・キャッスルに『燃える昆虫軍団』というリトル巨大ゴキブリ大行進映画があって、先日『虫屋のよろこび』を読んでいたら「映画のために新種のゴキブリを開発した」話が載っていて面白かった話、
  • あと巨大化するものの映画というと、犬、軍人、女、バッタ、ネズミ、蟻、ロボット、あとなんかあったっけかなって話になって、
  • そういえば尻が巨大化するってのがあったなと思って『巨大尻怪獣アスラ』の話を詳細にしてあげました。
さすがに『尻怪獣アスラ』には非難の声が。
いや、アメリカ人って偉いと思うよ。

今日のThe 파란 마음:

DVD『リンダリンダリンダ』 もっかい。


リンダリンダリンダ なんとなくハングルのソースをネットから捜してきて(「ブルーハーツ」と書いてあるようです)タイトルに載せたんだが、ライブシーンに挿入される手書き文字とよく似ているので少し嬉しい。外国語の習得なんて、こんなところから始まるのだろうな(僕がドイツ語を読むだけは読めるのは、サイクリング誌で「ドイツじゃ"Keirin"は"カイリン"」という記事を読んだのが始まりでした)。

晩飯、なんとなくコンビニの納豆巻きなど。
先週買ったビッグコミック誌がまだ読めていない。


スポンサーサイト



02/19のツイートまとめ
footcopy