FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2010年1月29日(金曜日)、近未来医療と未来の演劇。
1月29日の朝御飯 15:00から大学病院でX線CTを撮られる日。昼飯を喰ってはいかん、午後からは飲み物もいかんという無慈悲なお達しがあったものだから、せいぜい朝食を豪華にしてみましたのこと。中央に見える幼稚園児のチンコみたようなものは昨日購入した生ウコンで、すりおろして左上の吸い物に投入した。白い皿は漬菜を刻んだもので、ご飯に乗せる。右下は鰈の赤ワイン煮で、要するに煮付の日本酒の代わりに赤ワインを使ったもの。

洗い物が済んでお茶をいただいているあたりで09:00。なにをするにも半端なので、しょうがないから映画でも観にいこうか(「飲食不可の環境に自らを監禁する」という意味合いもある)と思って興行サイトを調べてみたのだが、これといって観たいようなものもなく。目的地が若松河田乃至曙橋だから素直に新宿と飯田橋を当たってみたのだが、歌舞伎町の小さな小屋がどこどこ溶けているのが痛いよなあ。ちょっと前ならなんにも考えずに新宿ローヤルに行けばよかったのだが、その安住の地も今は亡く。いつの話だ。しかたがないので風呂に入りつつ音羽屋にメールして「14:30までヒマ」と言ってみたらなにやらすることがあるらしいので、今日はお休みの予定だったがなんとなく出勤してみる。

※飯田橋ギンレイは高校の授業を抜け出してよく行った小屋で、ここで3月6日から19日まで『レスラー』と『グラン・トリノ』の2本立て興行があるのを発見。これは美味しいなあ。


今日のX-ray Computed Tomography:

いぢわる というわけで10:30に音羽屋に到着したと思ったらあっという間に昼休みになるのだが昼飯を食うわけでもなく、仕方がないのでなんとなく昼休み中も作業などする。時給出ないんだけどね、ヒマだからね。それで14:30に音羽屋を辞して、大病院まで赤いポスト経由で30分。受付の機械に診察券を差し込むと、コンピュータが「ここへいってこうしろ」と教えてくれる未来世紀ブラジル仕様も馴れてしまえばどうということもないわけで、あとはお医者さんや看護士さんがのたのたとキーボードを叩いているローマ字入力システムを、せめて辞書だけでもいいからなんとかすりゃいいのになと思うくらいのことだな。正直、画竜点睛を欠くと思うの。

CT撮影会自体は馴れたもんで、「40万人に1人くらいは死にますけどいいですか?」という同意書にもほいほいとシグネチャを施して、とっとと完了。とくに気分の悪くなることも死ぬこともなく。ひとつだけ、愚痴ではないのだがお代が9,890(3割負担です)というのに度肝を抜かれた。ハイテク自動会計機になけなしのジョニーを放り込んだら、お釣りの110円がちゃらりんと出てきました。あと手持ちの残金が2,000円ねえぜよ、まあいつものことだが。


今日の天王洲:

救命病棟 さて飯だってんで、大病院の近所で気になっている「世界一おいしいカレー」というのに行ってみたのだけれども、16:00じゃそりゃやってねえわな、なかなか縁遠いことだ。18:30から天王洲アイルの銀河劇場でが~まるちょば見物という予定があったもので、インターネットで店の見当などつけつつ大江戸線新宿西口駅からりんかい線に抜けてスフィアタワーに先乗りしてみる。

化学調味料をいっさい使っておりませんというふれこみの中華料理「青蓮」というのに行ってみたら、17:00開店とある。いま16:59:30。じゃあ待ちましょうかってんでたっぷり30秒待って、17:00:00になったが開店する気配がない。僕は心が広いのであとたっぷり30秒待ってから入口を開けて、女給さんに「入れますか?」と訊いてみたら「すみません、今日は貸切なんです」とのこと。あ、そう。にこやかに「そうですか、ではまたこんど」とか言って店を後にしたが、今後僕の人生にこの店が登場することは二度とないね。昼飯抜いてるやつになんてことすんねん、金輪際相手してやんない。

すぐそこにとんかつ「新宿さぼてん」があったもので、そっちに入ってヒレカツ120g定食に麦飯とろろで1,510円。キャベツ完食(凄ぇだろ?)に味噌汁お替わりでたいへん満足する。お店が空いていたものだから、食後にお茶のお替わりをいただいてタバコを1本つけて、銀河劇場に向かう。


今日のGamarjobat

が~まるちょば 新宿さぼてんを出たところで、今日のツレのキミエちゃん(声のデカい人ではない)からメールで「1階のエクセルシオールにいます」との由。たぶんこっちのほうだなと思って見当をつけて歩いていたら道に迷いましたな。なんか海の香りがする。それで仕方がないので海を渡って、磯臭くなりながらエクセルシオールでキミエちゃんとパッツンコと元締と合流。
そういえばLSHがここだったね、なんていう話で小さく盛り上がる。へえ、あれって20世紀の話だったんだ。あとは僕の入院話も出たのだが(パッツンコの近しいかたが同じ病院に通っていた筈だ)、ご心配いただくほどのこともなくですね。すみませんね、ありがとうございますね。

今日のお席は最前列で、なんか飛んで来やしねえかと思いつつたいへん愉しい。新機軸としては『透明人間』で三人芝居が見られたこと、あとマイケル・ジャクソン追悼でしょうかしら。ほら、熱心に観た外国映画って、字幕で観たか吹替えで観たか後から判んなくなることがあるじゃんすか。あれと同じことで、帰宅してから思い返すと僕にはリングだの実験室だのがちゃんと見えるんですね。そういうもの。

元締はこの日のためにヘアスタイルをわざわざ「赤モヒカン」にしてきていて、ケッチに発見されて「飴」を貰っておりました。ああありたいものです。


今日の鮮魚:

石巻鮮魚直送便お試しセット・送料無料鮮度抜群 通販で注文していた「味のやま徳」さんの鮮魚セットが実家に届いたというので、終演後にとっとと寄ってみる。今回は、

  • セイゴ*1、
  • アイナメ*2
  • カナガシラ*2
  • イシモチ*3
  • 赤ガレイ*2
といった布陣で、セイゴがボスキャラですね(前回のスズキさんと同じ立ち位置ですね)。母は赤ガレイを塩焼きそうで、僕はアイナメを刺身にしようとして挫折してけっきょく塩焼きでいただきました。
  1. 25cm界隈のアイナメだと、おろすにはキツくありませんか?(←卑怯)。
  2. 魚なんてものは塩振って焼きゃ美味いんだよっ(←卑怯)。
とまれ美味しい。ついつい音羽屋の社長にも紹介してしまいましたとさ。

父がどこだかに出張中だそうなので、そのまま実家に泊り込むことにしてソファに寝っころがって『タモリ倶楽部』など眺め始めたのだが、途中で寝てしまったらしい。「空耳アワー」が始まるのを待っていた筈なのに、なんでか喧嘩討論番組が始まっておりましたとさ。25:30、寝床に移動する冬の夜。


今日のおまけ:

タモリ倶楽部の前にテレビにかかっていたたぶん『サラリーマン金太郎』で、森本レオが「願はくは花のシタにて春死なん」と呟いていたのだが、やっぱり「花のモト」なんじゃないのかしらん。

いや、西行さんがルビを振っていたとも思えないので、問題ありません。ちょっと気になっただけ。



スポンサーサイト



footcopy