FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2010年1月17日(日曜日)、ぎょ。
ジグソウパズル 今日の私は何屋さんなのか判らない:

男声合唱三月会の岡山さんから連絡があって、6月8日の演奏会のとある演目にパーカッションかベースギターを入れたいのだそうで。そんなことなら河村ピロリを紹介すれば済む話だなと思ったのだが(というかそれがベストだろう)、岡山さんとしてはどうやら僕に太鼓を叩かせたいご意向のようで。「練習しておきます」とは言っておいたけど、僕が実はベースも弾けることは黙っておいた。


今日のお魚:

イシモチ イシモチのワタ
石巻鮮魚直送便お試しセット・送料無料鮮度抜群 楽天通販のお魚はクール便の受取と冷蔵庫の容量の関係で実家のほうに届けていただいて、実家はどちらかというと「肉欲派」だものだから(僕が橋の下に捨てられていたというのはほんとうなのかもしれない)そうそう食わんだろうと思って「気が向いたら食べてもいいよ」と言っておいたら、これが食うわ食うわうちのご両親。

なんとかイシモチを1尾だけ保護して焼いて食べてみたのだが、これが滅多矢鱈と美味い。ワタも立派なものが出てきたものだから、これはお茶漬けにしていただきました。ちなみに汁(左写真右上)は白菜と朧昆布のお吸い物で、けっこうなベストマッチで幸せ。


今日のどうでもいいイチャモン:

きまぐれ砂絵 砂絵のセンセーは「蓬髪」という設定ではなかったかしら。
まあいいんだけど。


ついでなのだが、貰い物のトリニトロンテレビ(ディーガだっけ?)の画面になにやらノイズが走った場合には「叩けば治る」筈だったのが、昨日あたりから叩いても治らなくなりましたな。NHKも料金を支払っていなかったらいつの間にか電波を停められて映らなくなったし、そろそろ潮時かな。

今日の大震災:

バス 1995年の正月、例の地震から1週間くらいも経ったあたりで芦屋の親戚にところに行ったなあ。肉と卵と米と、あとペットボトルの水をたくさん持って。凄かったね、東京に帰ってきてから「建物がまっすぐに立ってる」のを見てどうにも違和感がありましてな。

なんかジェイソン・ステイサムみたいな従兄弟がいて大活躍していて、倒壊寸前のマンションに忍び込んで被災者の教科書と衣服など盗み出してきたり、自動販売機をバールでこじ開けたりしてきました。従兄弟のツレが言っていた台詞も面白かったなあ、「電車が動いたやろ、乗るやろ、大阪のほう行くやろ、そうするともうふつうの街やねん!」。

当時の詳しいことを書いたテキストがどこかにある筈なのだが、そのうち掘り出してみましょうか。


今日のケイジャン:

DVD『脱出』ジョン・ブアマン版 DVD『サザン・コンフォート ブラボー小隊 恐怖の脱出』 金曜日の大井町Groovers Paradiseさんでは酩酊爺さんとサンチャゴ田村(だけ)の間で「ボビー・チャールズが死んでしまった」という話題が持ちきりでした。

僕はそのかたのことを不勉強にして存じあげないのでサンチャゴにレクチャーしてもらって、ケイジャンのひとだというので映画『ブラボー小隊/恐怖の脱出』の話を出してみたら、珍しいことにサンチャゴがその映画のことを知らなかった。「規模をデカくした『脱出』みたいな話だよ」と言ってみたらこっちはさすがに知っておりましたな。両方ともケイジャンがゾンビ扱いという今じゃとても撮れない代物だけど、面白いからまあいいや(ジョン・ウェインの映画に出てくるアメリカ・インディアンみたいなもん。日本に置き換えるなら、誤解を承知のうえで書いちゃうけどヤマトンチュが北海道旅行していたらアイヌ民族の逆鱗にふれてヒドい目に遭うような話。怒られる前に書いとくけど、そういう映画がごくさいきんまでアメリカで作られていたってわけさ)。

ジョン・ブアマン『脱出』のほうは陰々滅々とした好きな映画で、セッションという概念を初めて知ったのがこの映画でしたな(ある意味ではトラウマ映画)。でも同じ監督の『未来惑星ザぁぁルドぉぉス』のほうは何回観ても途中で寝ちまうのだが。

まったく関係ないけど、リハーサルの打ち上げで「フランス外人部隊にいた日本人」の話(カレー粉があったもんでね)などしていたのはただの偶然ですね。


今日のカレー粉:

ハウスカレー粉だけどヱスビー 大井町のもつ鍋屋さん(さいきん「もつ鍋屋運」がたいへんよろしい(かつてハズしたこともあるぞ))でリハーサルの打ち上げをしていて、なんか薬味のやたらと多い店で憶えているだけでもテーブルに粉末の一味、七味、香草、塩、抹茶、カレー粉くらいはあったんじゃないかな。

ガイジン部隊にいたひとの話では、戦闘だか訓練だか知らないけれどもたとえば人里離れたジャングルで自給自足しているときにいちばん必要なのがカレー粉なんですと。蛋白質でも葉っぱでも、とりあえず焼くか煮るかしてカレー粉をかければ食える、のだそうです。

そんなこんなで僕も不意の災害時用に台所にカレー粉を常備している、筈なんだけど、置いてあるもんだからついついカレーを作っちゃうんですよね。こないだなんか「白菜と蒟蒻のカレースープ」だもんな(たしかになんでも食える)。というわけで、いま僕ん家にはカレー粉がない。困ったものです。



今夜は、

手が空いたらまたお魚など。
いちいち実家まで漁業に行くか、あるいは実家で焼いちまうか。



スポンサーサイト



footcopy