FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2009年12月23日(水曜日)、玄関先にケルベロス。
08:00起床でなんとなく幸先がよろしいような気がしたのだが、ふと気づくとなんとなくタルい。そろりそろりと活動を開始して、お洗濯は少々と、貯めていたサントリー炭酸水の空き瓶をごっそりと空き瓶回収に提出する。

朝食はクノールのカップスープにお麸とかで誤魔化して、コーヒーなどいただきながら「今日は『イングロリアス・バスターズ』でも観にいこうか」などと優雅なことを考えて映画館をインターネットで検索してみたら、なんだかよく判らない。オフィシャル・サイトのメニューから上映館に飛んでも見つからないんだから、やっぱりシネコンのスケジュールなんぞあてにならんということなのだろうか。ちょうど10:00になったあたりでテープ起こしのお仕事が2時間分も舞い込んできたので、今日の映画鑑賞はやめにして、と。

あとで気づいたら今日ってなにかの休日だったんですね。こういう日はじっとしているに限る、なんせ平日にいくらでも出かけられる身なのだから、人が遊んでる日に遊ぶこたぁねえや。というか、お仕事を依頼してきたかたも同じような立場なのでしょうね。

昼飯、ご飯に辛子明太子、味噌汁はなぜか赤味噌は夏のもんだろう、赤味噌でモヤシと油揚、あとは漬物学者が手ずから漬けた白菜。冷蔵庫にはブリコを抱いたハタハタさんもいらっしゃるのだが、今日はなんか調子よろしくないからいいや。晩御飯もてきとうな感じで終わりました。珍しく食材はけっこうある(センセーやっていたもんだから、この時期は到来物で食いつないでいる)のだが。


今日のおやつ:

頭脳労働中はチョコレートとサクマのいちごミルクの消費がものすごいので、今日は追加でニボシを買ってきました。まあ常備品だけどな。軽い調理として、暖房機の温風がもろに当たる場所に広げて置いておいたら、午後までにはいい感じで「空煎り」したみたいになりましたよ。

ってか、下手にフライパンでやるより出来はいいのではないか。
僕は天才ではないのか。いやニボシの乾燥については天才ではないのか。


今日のいちいち調べない:

インドの不可触民さんたちのことをさいきんは「指定カースト」と呼ぶようになったらしいのだが、

  1. インド人さんたちはそんな呼び方はしていないと思う、
  2. そも不可触民さんたちはカーストの「外」にいらしたんじゃなかったっけ、
と、ちょっと思ったものでメモしておく。
そのうち調べてみよう。

今日のデタラメ:

某講演会の録音を聴いていたのだけれど。
資料には、演者は四谷さんという男性だとある。

司会「では、三鷹さんにご講演をお願いします」
あれ?
演者「ご紹介いただきました四谷です」
あれ? しかも声が女性だし(これはおっさんが聾者だったので手話通訳のお姉さんが喋っていたらしい)。
それで講演終了後に、
司会「五代さん、ありがとうございました」
だからあ。
いやまあ観客の皆さんには誤解もなかろうと思うので構わないのだけれども。

今日の五嶋みどりさん:

「タングルウッドの奇跡(伝説)」って、動画映像があったんですね。この発見は本日の幸せ。
五嶋さんが偉大なのは(というか演奏者なら誰でもこうすると思うし、当然のことをふつうにやるから偉大なのであって)前提としてどなたかご教示いただきたいのだが、

  1. バイオリンの弦ってそんなによく切れるものなの? ギターなんかだと本番前に弦を替えるのがふつうだと思うんだけど(ウクレレはあんまり替えないと思う)、そういう話とは違うのか。
  2. コンサートマスターとセカンドバイオリンの人も「交換後」に弾いていたように見えるのだが、やはり後列までバヨリン順送りみたいなことになるのでしょうか。
  3. 弓はやはり「マイ弓」なのでしょうか。「楽器各々との相性」と「人との相性」で言うとそりゃ「人との相性」のほうが重要そうには思えるのですが、詳しくないもので。
  4. 顎にあてる部品、なんかスペーサーみたいなやつって、「ないと困るけどなくてもなんとかなる」感じなんですかね。あのタイミングで装着するとなるとそういうことだよね。
このへんは技術的な話だとして、噂だけは聞いていたものを映像で拝見して面白かったのがバーンスタインの対応で、もうどこまでも(アイコンタクトもなく)五嶋さんを信用して(乃至は自分の持ち分をきっちり演って)、止まったり進めたりしているのが素晴らしい。年齢差もへったくれも関係ないあたり、僕らが行ってるセッションとも変わりませんな。眺めていてものすごく嬉しくなる画でした。


明日は、

中野の郵便局に行かなければ。



スポンサーサイト



footcopy