FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2009年12月16日(水曜日)、生きてりゃそれで心配ない。
おはようございます、死に損ないのりびけんです。

昨日のライブでも帳場話でいろんなひとに「てめぇ大丈夫なのかよ」とか言っていただきまして、じっさい「いきなり腹が痛くなったけど治っちゃった」だけなんですけどね。

いやお騒がせいたしました。
なんか大丈夫なようです。


今日のお吸物:

とろろ昆布 あいかわらず実家に出勤してお仕事などしている。

さいきんめっきり料理などしなくなった母が、僕のマイ薯蕷昆布を使っていいかと問うので「どうぞ」と言っておいて、どうやら吸い物など作るらしいのでマイ無化調粉末昆布ダシのパックも出してみる。粉末昆布を少々におぼろ昆布を足して、お湯とマイお麸と醤油でけっこう美味いと思うのだがどんなもんだろうか(こっそり実家に隠し置いてあるシリーズでは、あとマイ辛子とマイブイヨンとマイお酢とマイ味噌があります)。



お茶漬け 父はどうやらインスタントの味噌汁を薦めるらしいのだがそれよりゃよほど美味いと思うし、そもハナマルキじゃなくてマルコメが置いてあるのでこりゃダメだ(二者で言うならハナマルキのほうが圧倒的に美味いが、とりあえず僕のご近所では売られていないんですね)。
ついでに「とろろ昆布」については、たとえばお茶漬けに放り込んでもいいし、意外とラーメンに合っちゃったりする(「酢」は中華スープと相性がよろしいので、たとえば「マヨネーズラーメン」が成立するわけさ)あたりは実践してから文句つけましょうね。あからさまに常備品ですし、ある意味で万能。

今日のパソコン:

いろいろと片づかないパソコン廻り 先日ちょっとした事情で東京電力が電源供給を停めてくれたときには、けっこう静かでよかったなあ。ふだんパソコンに触りすぎというか、3LDKに住んでるくせにいるのはたいがいPCの前かお蒲団の中という日常生活パターンが間違っているのだろうなあ。


さいきんは、退院直後の実家療養中に実家で始めちゃったテキスト入力のお仕事がまだ終わっていないもので、PC環境がちょっとややこしいことになっちゃっておりましてな。
  1. メインは自宅のデスクトップなのだが、こいつがなんとなく調子がよろしくない。blogのログを漁ってみたら購入が2004年8月だから、そろそろ消費期限も近いんじゃねえかなあ。次の代替わりを言うならばお引越だのホームレス化(キアヌ・リーブス・タイプですよ)だのも見据えれば青山アクセスさんで20万円くらいの親指シフトノートってことになるのだろうが(もう本体スペックがまともならば、USBデバイスに不可能はねえぜ)、まだまだ騙し騙し使うくらいにはエコロジカルな私。
    どうでもいいけど、Pentium4のクロック2.8GHzって今どきどうなのよ。5年も使うといろいろ澱も溜まってくるようで、そのへんけっこう愉しかったりして痛し痒しでもあるのだが。

  2. ここんとこよく使っているのが実家に置いてある親指シフトのノートPC(MC2/40)で、ちょっと環境を調えちゃったりしたものだからお仕事が一段落するまでは実家に「出勤」する感じですね。こいつはネット環境を作っていないので(EMobileとあまり相性がよくないというのか、ネット環境にスペックが追いついていない感じ)、こいつはスタンドアロン。

  3. お仕事の納品だなんだではやはりネットを介する必要があるわけで、実家の母の豪華回線付ハイスペックPCがそこで登場するわけ。こないだ買ってきた4GbのUSBストレージが大活躍ですよ。それでこっちはローマ字入力だったりするので、なんかタイピング的にはてっきりトライリンガルになってしまいましたとさ(デスクトップの親指とノートの親指って、けっこう違うんですよ)。
タイピング的にはなんかめんどくさいような、いい訓練になっているような。もうキーボードに指を置いただけでFEPとモードが判るようになってしまいましたとさ。半ば超能力ですな。

今日の半端に忙しい:

買ったとたんに退院を宣告された『映画秘宝』誌がまだ読めていない。
ふつうに買った『ビッグコミック』誌もまだ読めていない。

古本屋さんで『サキ短編集』(新潮文庫)も買ったのだが(百円)、中学生時分に読んだのとぜんぜん話が違うような気はする。バージョン違いかなあ。


今日のラーメン:

中井から上井草に行って上高田に戻ってきたねぎらーめん「せりか」がものごっつう近所に昨日開店だったもんで、ちょっと行ってきた。クサす心算はまったくなくて、酒を飲みに行く場所だな、ありゃ。



スポンサーサイト



2009年12月15日(火曜日)、Water Business.
The Zircons Live at 美土代町Case#1

Sets:

1st set:
  1. 横ヤンMC~ヨーデル美土代町
  2. Looking for an Echo
  3. Rawhide(短縮版)
  4. 烏龍茶茶茶
  5. また逢う日まで
  6. Denise
  7. So Young
  8. I Wonder Why
  9. Please Mr. Postman
  10. Sixty Minute Man

最大さんと最高さんon Stage

2nd set:
  1. Silent Night (The Supreme with The Bottom)
  2. 赤鼻のトナカイ (The Big with The Bottom)
  3. Have Yourself a Merry Little Christmas
  4. Frosty the Snowman
  5. White Christmas
  6. Cupid
  7. Blue Moon
  8. To the Aisle
  9. In the Mood
  10. In the Still of the Night
  11. 妖怪人間デブ
  12. 嗚呼人生に涙あり
  13. Goodnight Sweetheart, Goodnight (Encore)


I Wonder Why
  • お客さんでひとり「低音に弱い」というお姉さんがいらしていて、耳元でものごっつ低いあたりででなんやかやと囁いてきて面白かったなあ。御礼にドーナツをご馳走になりました。
  • ジルコンズ恒例「リハーサルのウチアゲ」は、Case#1の近所のモツ鍋屋さんでした。たいへん幸せなお店で、こんどCase#1を素通りして飲みに行ってもいいかも(裏切り者)。
  • 横ヤンと僕のデュオの『Rudolph the Red Nosed Reindeer』は、昨年のクリスマスに演ったときには「普通バージョン」だったらしかったんですが、今日は「半端にボサノバなバージョン」で演ってみました。「音階が4つだぜ」って威張ってみたら最高さんに「3つだろ」って言われて、数えてみたら3つでした。ふむ。こんどYouTubeにあげときます。
  • これも年に1度しか演らない『White Christmas』とか『Frosty the Snowman』とか『Have Yourself a Merry Little Christmas』とか、かつての録音を聴いてみるとたしかに僕の声がベースを歌っているのだけれども、まったくぜんぜん記憶にありません。バカだこいつ俺。

  • Case#1に食い物がまずないについて、自炊してない店主にも作れそうで美味いレシピをいくつか提供することにしました(法律的にというか条例的には、くいもの提供については問題ないことは確認しました)。炒めと焼きと煮物をよけても、

    湯豆腐
    粉末無化調昆布だしを鍋に沸かしておいて、注文毎に豆腐を放り込む。鱈入りの場合は鱈だけさきにレンジでチンしておく。仕上げで(鰹節ではなく)鰹粉をふりかけてできあがり。ほんとは岩塩のほうが美味いんだけど醤油でもいいでしょ。アンディさんお薦めだし。
    チョビキュー
    胡瓜を切って、アンチョビを乗せる。
    冷奴各種
    山形のだしとか塩辛とか梅干とか、幸せになれる具材はいくらもある。
    トマトスライス
    トマトを切る。
    焼き椎茸
    菌床栽培の椎茸を焼いて塩をする。文句があるなら食ってから言うあるよろし。

    あとついでで、

    ホット缶詰
    サバ缶だのの中身を器にあけて電子レンジでぬくめる。自宅でそんなことするひともあんまりいないので、じゅうぶん通用すると思う。
    カレーライス
    中村屋のレトルトで充分美味しいと思う。飯くらいは炊こうね。

    まあいくらでもネタはあるわけで、あとバッキーくんがいろいろ考えてくれるよね?

  • 山崎規夫がちゃんと来ていて、病気の話で盛り上がりました。

footcopy