FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2009年10月13日(火曜日)、「徒然」と書いて「ぽつねん」と読む。
堂場瞬一『破弾』(中公文庫) 10月12日の深更飯 07:00起床、昨晩の残りの栗御飯とおでんと豚汁とクロイロコウガイビル(嘘)などいただく。

昨晩はなんでか堂場瞬一『破弾』(中公文庫)など読んでいたら遅くなってしまったのだが、この小説についてはいろいろと言いたいことがあるので項を改めます。

とは言いつつも、どうでもいいけどこの『破弾』の主人公たるヘタれ野郎、まだたかだか30歳かそこいらの若造のくせして「この齢になると」とか「記憶力が」どうのとか「筋肉痛が翌々日に」とか、中年くさいこと夥しくて腹が立つなあなどとぞ思う今日から35歳の私。


今日の三里塚:

三留理男『三里塚-成田闘争の記憶-』新泉社。写真は老年行動隊のおばさん 羽田空港のハブ化? 羽田空港の拡張が不可能になった(と政府が主張した)がために新規に国際空港を建設せねばならず、その用地収容にあたって泥沼化したのが三里塚闘争ではなかったか。いったいぜんたいなに言ってんだか、国家ってほんとうに信用なりませんね。

どうやら「そろそろ忘れたろう」とか思われているのだろうけれども、そうは問屋が卸してたまるか。


今日の他のニュース:

  1. アメリカからのDMで「Kills dangerous bacteria dead(危険なバクテリアを除去しましょう)」というのが来たので読んでみたのだが、バイアグラとかシアリスとかってほんとにそんなものに効くのだろうかしら。

  2. さいきんは「イエガネーゼ」という言葉が、いわゆる浮浪者さんとかホームレスさんのことを指す、らしい。

  3. こいつにも資格あるかも オバマさんにノーベル平和賞。あれは「前の年の功績」に対して贈られるものだったような気もするのだが、きっと気のせいなのでしょう。あるいはオバマさん、大統領就任以前になにやら功績があったのかもしれません。いやまあたとえばルーズベルトやキッシンジャーや佐藤栄作には実績があったやも知れんし、今回はどうなのかしら。裏でムスリムの人がドクトみたいに辞退してやせんのか。いっそダライ・ラマが返上するってのはどうよ(そこまではしませんね)。


今日の新宿:

新宿マトリョーシカのランチ 午後から野暮用でちょいと新宿に出る。17:00くらいに小腹が空いたものだからちょいと奢って新宿ミロードのロシア料理マトリョーシカで、ニワトリストロガノフのランチと壺焼(って言うの? パンで蓋をしたシチューみたいなやつ)、ジャム入り紅茶など。家で作れないものを外で食べるのは楽しい。
花園神社南参道 食後は腹ごなしのお散歩ついでに新宿四丁目でもうひとつの野暮用を済ませて本日の外出ミッションだいたい終了。

三丁目のイシバシ楽器をひやかしてから靖国通りを渡って、花園神社から区役所、Golden Egg前から西武新宿駅と渡って帰宅。

花園神社の参道で写真を撮らせていただいて「なにか写ってないかな」とか思ったのだが、神社に幽霊出るわけねえか。
Golden Eggは今日はたしか伊勢さんセッションだと思ったのだが、18:00過ぎに通りかかったのに火が消えたように静かだったなあ。そんで覗いてみてもよかったのだが、まだ内職のノルマも残っていることとて今日は我慢の子。


今日の死人(動くぞ):

Blu-ray『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』 1968年のデビュー作『生ける屍の夜』以来のおそらく全作を観ている映画監督ジョージ・A・ロメロの最新作、『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』をレンタルDVDで観る。だいたい俺の好きな映画って1968年から1978年あたりに集中してるんだよね、なんででしょう。

ちなみにロメロさんの次回作は『Survival of the Dead』らしいのだが、『ゾンビの生き残り』っておかしくねえか? いやまあいいんだけど。


印象批評で申し訳ないのだけれども、
  • 最初期の『Night of the Living Dead』が人種闘争(アメリカなんだから白と黒ですね)、
  • 前作の『Land of the Daed』が階級闘争(アメリカなんだからマル金とマルビですね)、
  • 今回の『Diary of the Daed』はよく判んないけど報道の無責任さとかそんなことなのかしら。
今回はサミュエル・ハローさんが素晴らしかったのだが、ロメロといいキューブリックといいデ・パルマといい(ヒッチコックといいトビー・フーパーといい津原泰水といい)、とっても面白いギャグをカマしてくれるのになんでみんな気づいてあげないのだろうか。

まあおいおい噛みしめるとするさ。


それはそれとして、モーフィアスのサングラスってどうやって止まってたのか誰か知らんか。

というわけでおでんに足す蒟蒻でも買ってこようかCVSで、という平和な夜。
あ、お誕生日メッセージは多すぎたもんでいちいちお返事しませんが、ありがとうございました。



スポンサーサイト



footcopy