FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


家とカサ / House and Umbrella



スポンサーサイト



2009年9月27日(日曜日)、「勝った」と思ったら負け。
百万円 お金がないお金がないと言っていたら(ほんとにないんだが。仙台まで贅沢して新幹線を使ったら小山亜紀が「裏庭の草食ってる奴が新幹線!」つうてびっくりしていた。自転車かなんかで来るものと思っていたらしい)、「年俸一千万でどうよ」というキの字のオファーがありましたな。請けてもよかったんだが、こんどはもらったお金を使う機会がありません。ライブ三昧のセッション三昧とプロフィットとを成り立たせている金髪とか長髪とかって偉いんだなあとつくづく思うしだい。

そんなことでえーと、仕事ありませんか。
殺人と営利誘拐以外のぜんぶやります。


今日の知見:

木彫りゴジラ インターネットで「怪獣ガレキ」というのを見かけて、「怪獣の瓦礫ってなんだろう」と素直に思って覗きに行く私。「ガレキ」は「ガレージット」の略でした。ちっ、思いつかんじゃったぜ。

以前に某女子が「ケンチキ」と発音したときには話の流れから「ああ、ケンタッキー・フライド・チキンか」というのはすぐに判ったのだが。そういえば電気通信関係の現場の用語で「ケンイナ」というのがありましたな。これは「査、し」の略でした。判るかそんなもん。


今日の中庭:

中庭 ほぼ僕ん家の前庭と化している新宿区立落合公園のど真ん中に、10坪ほどの耕地というのか、なにやらパーテーションが切られておりましてな。どうやら芝生にでもしようという魂胆らしいので、面白そうだから定点観測してみる心算で撮影位置を決めて、今日の1枚をパシャリ。

パシャリって死語ですかね。


今日の冬瓜:

冬瓜と鶏肉の煮物 某女子と料理の話になって、さいきん作ったものというと「冬瓜と鶏肉の煮物」かなと言ってみたら、東京生まれの23区内育ちの某女子は冬瓜のことをあまり知らなんだ。「以前に長野に行ったときに、冬瓜の刺身が出てきた」のだそうだが、それは単に長野の食糧が払底しているだけの話であって。あいつらは「ベニテングダケの塩漬」まで喰うからね、あと蛆虫とかバッタとか。僕も意外と好きです。

実際のところ冬瓜というのはほとんど(97%がとこ)は水分なのだそうだが、きちんと出汁をとって煮込んでから冷ますと面白いように味が沁むので楽しい。冬場まで出まわっていますが、そういや夏野菜ですね。


今日の晩飯:

平鯛 生協にヘダイがありましたな。6寸ほどのものが2尾で298円、秋ですね。
漢字で書くと「平鯛」なのだが、生協の表記は「ヘダイ」。文句はないけど、チダイのときには堂々と「血鯛」って書いてたよなあ、生協。表記の基準がよう判らん。
日曜日の晩飯 というわけで晩御飯はお手軽に平鯛の塩焼き、あとはご飯、納豆に葱、焼海苔、豆腐とナメコの味噌汁、謎の漬物、てきとうサラダ。

もう1尾の平鯛は、明日の夜あたり酒蒸しにでもしようかと考えている。


今日の『人形つかい』:ハインラインのやつの映画。

ハインライン『人形つかい』ハヤカワ文庫、ってなんだこの表紙は。 もうずいぶん以前、たぶん昨年の正月くらいにエアチェック(これはこれで死語か)しておいた映画『ブレイン・スナッチャー/恐怖の洗脳生物』をやっとこさ観る。原作はハインラインの『人形つかい』で、これは福島正実訳のハヤカワSFでずいぶん昔に読んでいる。

映画のほうは、念のために書いておくとチャールズ・バンドとは関係ありません。大挙してやってきた宇宙生物に人がどんどん乗っ取られて人類大騒ぎという『SF/ボディスナッチャー』と同じような話なのだが、両方に出演しているドナルド・サザーランドってけっこう好き。終演間際のサザーランドの立場がどっちの映画でもおんなじなのが、ってネタばらしはいかんよ、きみ。えーと、キャッチコピーが「Trust No-one.」で、これも共通して使えるな。それで1994年の作のくせに合成がわりとブルーバックだったりするのが僕好みだなあ。

男性が乗っ取られているかどうかは「おっぱいに興味を示すかどうか」で判りますので(宇宙人は単為生殖なので、性欲がない)、そういう試験が出てきます。あとは性別にかかわらずナマ背中を見ると判るので、原作ではヤケクソになった全アメリカ人が上半身裸で生活していたり、なかにはめんどくさいからチンコほうりだして歩いているやつがいたりするのも楽しかったのだが、さすがにそんな描写はなく。でも支部とのテレビ電話で背中見せろ、ザーっていうのは原作通りでちょいと嬉しかったような。


今日のおやつ:じゃがポックル。

じゃがポックル

footcopy