FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2009年9月11日(金曜日)、世界は今日も駄目だった(そして私も駄目だった)。

The Zircons、仙台へ:9月12日、土曜日の昼と夜。

定禅寺ストリートジャズフェスティバル
14:20~15:00 at おおまち空中ステージ(藤崎前)、
どこまでも無料、ステージは地上200メートル。

国分町ジャズ at 一番町Wine Bar Bonne Place
20:00~、投げ銭。
お料理とワインの評判のいいお店です。

日暮れてから省線中野駅のみどりの窓口まで行って「俺を仙台まではこべ」と言ってみたら、明朝09:16東京駅発の「はやて」の立席券と、なにやら「土・日きっぷ」というのが出てきました。ふつうに買うと往復で20,780円のところが18,000円だから、13%オフってことか。要するに週末専用の周遊券で、つまり日曜日に帰ってこないと私は仙台に永住する破目に陥るわけさ、ああ桑原桑原中学校。

  1. 国家情報機関によると明日の仙台は最高気温25℃、最低気温17℃、午後から雨だとか。なんか寒そうな気もするし、なにを着ていきゃいいものやら。
  2. 国鉄で運賃の領収書を「小山」名義で書いてもらったら、担当者さんのお名前が「竹内」さんでしたな。小さく笑う俺。
  3. アメリカ産のミステリ小説を読んでいたら、「身長185cm、体重100kgの巨漢」という悪者が出てきた。なんだよ、小柄じゃん(横ヤンは140kg)。

今日のでらしね:

昼間はのんびりと音羽屋勤務で、算数の宿題など盛大にやっつける。昼くらいはなにやら腹具合がよろしくなくてたいへんだったのだが、胃薬だのビオフェルミンだので誤魔化してコンビニの野菜サンド、って腹具合がよろしくないのに繊維質とか摂るなよ俺、とかコンビニのおにぎりとか、あとポリフェノール注入作戦でチョコレートなど食いながらなんとか乗り切る。

途中でお散歩がてらに近所の赤いポストまで郵便物を投函しに行ったら、どこかのおばさんが速達郵便を「左側の口」に放り込もうとしているものだから「速達は右ですよ」って教えてあげました。「あらそう」つうてしげしげと案内板を眺めておられたが、たしかにあれは判りづらいとは思う。

18:00終業で、社長が宅配便を出しに行くのに軽い気持ちでちょいと付き合ってみたところが、宅配便事務所の入口に「留守です」とか書いてありやがる。おまえな、金曜日の日暮れに出す荷物を作るために1週間努力してきた人間がこの界隈にどれだけいると思ってやがる。しょうがないので事務所に戻ってゆうパックに仕立て直してあらためて二人して退社したところに、クロネコヤマトが通りがかりやんの。まあそんな日もある。


今日の中野でお買い物:

不在郵便物の受け取りで中野郵便局に行く用事もあったので、ついでに些事いくつかも片づける感じで。

  1. まずは晩飯、大戸屋さんで熟成豚ロースかつ定食にトロロご飯大盛り、あとじゃこおろしで1,020円。昼まで「胃と腸が痛い」とか言っていた人間の喰うものではないのだが、なんだかしらんが絶好調で完食しました。
    トンカツをいただきながら読んでいたのが中公文庫『細菌と人類』のペストの項でした。まあいいや。
  2. 早稲田通りのダイソーで、髪の毛を結わえるゴム紐の輪っかを10本セットで100円。
  3. それから中野ブロードウェイ3階のタコシェに寄って、kenshouhan『唐沢俊一検証本 VOL.1 -盗用編-』を購入、1,000円。ついでに都筑道夫『阿蘭陀すてれん』角川文庫(初版、昭和52年)も購入、300円。
  4. あとサンモールの万富でゴロワーズを5つ。
あとは郵便局で郵便物を貰ったりとか国鉄の窓口でチッキを買ったりとか、そんな感じ。

今日のビビリ腕時計:

だいたいこんな感じの、心根のよろしくない腕時計 ときどき書いている話で、「電池は4年間保つよ」と言ってほんとうに4年目に停まった2,000円の電池式腕時計は、電池を入れ替えたらもちろん動き出して、と思ったら3日もしたらピタリと停まって、はいそれまでよ。棄てたろか!とも思いつつ、こちらは10年以上も前に買ったちょっと高い腕時計がありましてね。10万円以上したのがなにかの都合で気の狂ったような安売りになっていたのを買ってしまっておいたものの電池を今日ミナクチさんで入れ替えてもらって、動くようにしてみました。

じゃあ2,000円のほうはまさか修理にも出すまいし、帰ったら棄てようと思って帰宅してみたらこいつがいつの間にか動いてやんの、わはははは。役には立たんでも、棄てられるのがそんなに怖いか、ういやつういやつ。というわけで、仙台にはやっぱり2,000円の腕時計で行くことにしました。

そこでふと気づいたのだけれど、そういや先週だったかにユリ・ゲラーが来日してなかったか?


百円のデジタル腕時計 ところで、高いクォーツだの安いクォーツだのがいろいろしている間のリリーフ・エースとして働いてくれていた百円デジタル腕時計君なのだが、なんか2~3日で1分くらいずつ遅れていくような気がする。よくできてるなあ。

撃ったさきには人がいます。 今日の911

8年前の2001年9月11日の夜、ふと目覚めて寝床脇のテレビを点けた僕は「ビルに突っ込んで行く特攻旅客機」を目にしました。最初に思ったのは「なんだこの映画、俺知らねえぞ」ということでした。


2001年9月13日にこの件について書いた日記が残っていたので引用してみる。
>>そしてこれがまた無辜の一般市民を巻き込んだ阿呆で杜撰な大量殺戮に繋がらないことを祈る。
駄目でしたね、世界。


明日は、

早起きして仙台。



スポンサーサイト



footcopy