FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2009年8月27日(木曜日)、Heptaparaparshinokh.
朝、てきとうに起床。

300円くらい持っていたものだからコンビニで朝飯でも買おうと思って歩いていたら、中井五の坂のあたりでなんでか母が坂を下りてくるのを発見。なにやらカバンをずっているのでどうしたのかと思ったら、サイトウ・キネンに小澤征爾『戦争レクイエム』を聴きにゆくのだそうで。ああ、そうですか。せっかくなので大江戸線の中井駅までカバンをずって送って行って、駅前でウドンの玉をひとつとオクラと揚げ玉を買い込んで帰宅。

思い出した。溶けちゃった近所の定食屋さんでいつでも揚げ玉は貰えていたのが、閉店したからもう貰えないんだな。好きだったのにな。残念だな。

そんなわけで朝食は温饂飩にオクラと揚げ玉と生卵。ツユは市販の瓶詰稀釈だが、日本酒とカツブシを足して誤魔化す感じ。おかげさまにて胃袋絶好調だが食後に梅干と炭酸水などいただく。


今日の英会話:というか印欧語族を日本語圏で表記する話。

あまり流通してもらっても困るのだが、と煮え切らない態度でおずおずと言うのだけれども、たとえば「v」の発音については「うにてんてん」の「ヴ」ってのがけっこう定着しているようには思う。なんで初お目見えのことを「デヴュー」って書いちゃうひとが多いのかな、なんて話は措いといて。僕だけの呪文で構わないのだけれども、「r」と「l」「あーる」と「える」を日本語アルファベットで(とか書くとまた判りづらいのだがつまり仮名で)書き分ける方法ってないもんかな。

さっきからずいぶん思案しているのだがぜんぜん思いつかないのですよ、簡単なのがあればいくぶん便利になるとは思うのだけれども。


今日の国際交流:

先日の外国人だらけのミュージカルまつりでは『Summertime』と『ラストダンスは私と』と『All of Me』を演ったわけだが、あとから考えると『涙そうそう』とか『悲しくてやりきれない』とか、いっそ『アジアの純真』とかを演ったほうがよかったんじゃないかなあ。

テキは(敵かよ)アメリカから来ている関西人なんだから、どうせなら和物に触れさせてあげたほうがよかったのではないかと考え始めると反省しきり。ふと気がつくとヨナ抜きのレパートリーがあまりないもので、そういうのも準備しておこうか。まあ次回があるとも思えないが、そういえばアルカフェで演ったときにアメリカ人から「Ukulele player was OUTSTANDING!外で立ってなさい!」と言われたこともあるし。


今日の第45回衆議院議員選挙:

新聞は講読していないのだが、なんで選挙広報だけ投函されるかね。日刊新聞非購読者名簿を選管が掌握しているのだろうか。あるいは新聞店がバイトでやってくれているのだろうか。なんかよく判らん。

いずれにしても情報はないので、中井駅から帰りがけの富士銀行でなにやら窓口対応を待っている素振りをしながら新聞も読む。いつもありがとうございます。そしたらどうやら民主党が大躍進で比例区議席が余りそうな感じ。ってか320議席(朝日新聞による)って、日本国民ってばレミングの群かよ(レミングについては嘘だそうだが)。

とまれ、もうめんどうくさいから投票に行くのやめちゃおうかと思っていたのだけれども少なくとも比例区投票については少しだけ票の価値も上がったような気もするので、いちおう共産党に入れておこうか。いや僕はノンポリなので誰が当選しても構わないようなものなのだが、以前の選挙ポスターに「中野区の末来」と記していたくらいにスタッフ管理のできない松本さん、秘書のなんとか疑惑もいろいろある長妻さんは措いといてですね。そんなもんだよ、俺の投票行動は。はい判官贔屓です、それを実行する権利が俺にはある。


関係ないけど、単純拘束名簿式の仕組みもよくは判らない、俺馬鹿だから。それはそれとして新宿区の知人に見せてもらった海江田万里さんの宣伝ハガキには「海江田万里は比例区の単独第一候補ではありません」とあったな。有権者が比例代表制の仕組みを知らないと思ってやがる、馬鹿にしてんじゃねえぞ。馬鹿だという自覚はあるけど、自覚があるのと馬鹿にされるのとは別のことだし、どうせ海江田vs.与謝野の一騎討ちなんだからどう転んでも国政には行ける。あとは比例区対策であるくらいのことは俺にでも判る。そういえば海江田さんってば小沢一郎批判本を出してたよな。あれの決着ってどうなったのかしら。

僕の住まっている東京7区ならば、どうみても中野さんか長妻さんなのだし、これも国政に行けることは間違いないのでじゃあ票を活かすなら共産党かな、くらいの感じ。そも「二大政党期待論」って馬鹿みたいだなとも思っているので、順当なところでしょう。


今日の烏賊:

安売りの烏賊を買ってきました。

イカ 魚屋さんによっては「ワタとりますか?」とか言われるのだが、ワタは酒蒸しにして楽しむのでそのまんま。

今回は刻んで炒めるだけなので皮も剥かない。
するてえと作成途上ではたいがいこういう絵になるものと思うのだけれど、あまりネットなどでワタ含みの画像を見かけないのがこりゃまた不思議なの。

イカ 右手前が塩されて酒された内臓。明日にはなにかの薬味になる予定。
イカ それでまあこんな感じ。
刻んだ烏賊とタマネギを塩とバターで炒めただけだが、文句なし。
イカ ゲソだとこんな感じ。



スポンサーサイト



2009年8月26日(水曜日)、生かされる私。
うどんと、鱈の粕漬 胃の具合、おかげさまをもってようようよし。
ちょいとげっぷが出ないこともないけれども聞かなかったことにして、痛みもないし食欲も出てきた。ひょっとしてひとつぶ300円の梅干? じゃあ新三共胃腸薬プラスの立場は? いや冗談ですよ、胃酸も効いてくれたものと思います。

昼飯はでもうどんで、乾麺を茹でて具は小松菜と油揚と生卵。あと到来物の魚の粕漬があったもので添えてみる。


今日の到来物:

tanemaru T-shirts なんか届いたなあと思ったら、横濱在住のウクレレ生徒さんからの横浜開港150周年記念Tシャツでした。「なんか似合いそうな気がしたものですから」との添え書き付き。

いちおう泉谷しげる事件のときには僕も開港まつりに協力もしているし、着る権利はあるかな。なんでいちいちそんなことを考えるのかというと、こないだチェ・ゲバラのTシャツを着て歩いていたらドレッドヘアの黒っぽいひとにインネンつけられたりしてめんどくさかったからだったりするのだが(小一時間かけて反論して論破して説教してやったが)、それはまた別のお話。実はマルコムXのTシャツも洋服箪笥にあるのだが、なかなか着て歩く気にはならんなあ、心境としてはせっかく土産にしてやったStrikes BackTシャツを着る気にならないT.M.Revolutionファン女子部と同じであらん。


ええ、ここんとこの僕を育んでいるうどんの乾麺も梅干も粕漬も牛スジもTシャツもなんもかも到来物ですよ。自弁してるのは裏庭の茗荷くらいですよ。いいことじゃありませんか。

今日のシャボテン:

シャボテン 散歩コースのとあるお宅の軒先にとても針ぶりの。松なら枝振りなんだからシャボテンだったら針ぶりだよな。針ぶりのよろしいシャボテンがあって、指でつっついたらぜったい痛いのは判っているのだがついつい触りたくなってしまって困りますな。人の業とでも言いましょうか。言いませんか、そうですか。


今日のエンジュ:

槐 某人のブログにってジルコンズの横ヤンのところだが、街路樹の写真があって「エダマメの木」とかネーミングされておったのが楽しい。「なんの木ですかね」とあったので「エンジュじゃないですか」と返しておいたのだが、合ってるかなあ。

そういえば近所にも生えていらっしゃらないこともなくて、いま気づいたのだがおそらくはマメ科であろうあの木の実が食べられるのかどうかを僕は知らない(漢方薬局で見かけたことはあるような気もするが)。こんど採集してきて水にでも漬けてみようか。

そんでなんで俺がエンジュを知っているのかというと、かつて関屋晋傘下に「えんじゅ」という女声合唱団があったのだな。いまどうなっているのかはさっぱり知らないのだけれども。


最大さん 今日の日本経済:

さて、誰とは言わないがThe Zirconsのいちばん重いのがなにやら忙しいらしくて、秋口以降のライブの予定が立ちゃしません。いや文句はないのだが、伊藤K一郎のライブハウス開店シリーズに出演できなかったのは痛かったかな。

とっとと社長になってくれ>>重いの。


今日の仙台:定禅寺ストリートジャズフェスティバルThe Zircons

The Zircons 近くなったらまたあらためてアナウンスもしますが、定禅寺ストリートジャズフェスティバルのおおまち空中ステージに9月12日の土曜日の14:20から15:00まで登場するThe Zirconsは、夜の部で

一番町のBonne Placeボンヌプラス

というお洒落なワインバーにも出演することが決まりました。フレンチかよ。どっちかつうと焼鳥屋のほうが似合ってねえか儂ら。

まあいい、儂らのせいじゃねえし、暴れちゃえばいいんだろつまり。


今日の迷走:

Gypsy Way さて、胃の具合もよくなったことだし、じゃあ晩飯はトンカツだあ! ってなことでものすごく久し振りに上落合の「とんかつ高橋」さんにでも繰り出すかぁってなもんで、でも念のためにお電話で営業確認などしてみる。おばちゃんがものすごくすまなそうに「今日だけ臨時休業なんですよぅ」って、まあしょうがないか。以前にこのお店の3軒先に住んでいたことがあって、お仕事繁忙時にちょいとトンカツ定食の出前をお願いするのに電話なんかせずに丼とお碗と皿を持っていきなり行って、10分後にもう一回行くとトンカツ定食が自前の皿に乗っているという便利な仕様を何回利用したことか。いまどきトンカツの隣にスパゲティ・ナポリタンがちょいと盛ってあるトンカツ屋、あるのかなあ。とっても昭和で美味しかったのだが、まあ今日のところはしょうことあるまい。

では新中野のかつ金にでも行くかというので落合駅から東西線に乗って、でもついでだからと思って高円寺まで出て「せんえんかっと」のGypsy Wayで散髪などしてみる。今回もだらだらと伸ばしつづけるシリーズで、ちょいと梳いてもらう感じ。散髪後に歩いて新中野に出る心算だったのだが、ついふらふらと高円寺駅前のかつやに入っちゃう。おろしヒレカツ定食、934円。まあ今日のところはいいか、かつ金かとんかつ高橋は明日に廻すことにして、と。

それで空いた店内のテーブル席でトンカツ喰ってるうちになんでか満席になって、後から親子連れが入ってきたので自主的にテーブルからカウンタ席に移動。親子連れと店員さんにやたらと感謝されてしまったのだが、単にひとりで四人掛けテーブルに陣取った俺がマヌケなだけだったんだよな。いや、入ったときにはガラガラだったんですよほんとなんですよ。

footcopy