FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2009年8月23日(日曜日)、目黒『音の箱』ミュージカルまつり。
夕刻からなんかよく判らないステージがあるらしきこととて、なんとなく食ったり寝たり。どれだけ身体を労れば気が済むのでしょうか私は。

世界科学まつりのボビー・マクファーリン:

あんまり笑ったので貼っておく。
そうか、ペンタトニックってある程度は本能なんだ(そうかな)。




今日のミュージカルの宴:

だいたいこんな感じ そんなこんなで、だいたい定刻に目黒の『音の箱』に到着。ちょっと電化ウクレレのセッティングなどして、あとのんびりしているうちになんか始まる。あらかたオタマジャクシ・オリエンテッドだものだから反射神経系の僕には出番なしということで、さらにのんびりとする。どうやらミュージカル好きの人たちがミュージカルを歌う会の伴奏要員として呼ばれているらしきことをうすぼんやりと察知するが、そんなことできもしねえし。

なんか潤哉さんがいて、人のカルマというのかミキサに専念しているところに割り込んでミュージカルの話などして、俺が観たことのあるのが映画も含めて『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』、『ハウ・トゥ・サクシード』、『ファントム・オブ・パラダイス』、『サウンド・オブ・ミュージック』、『ウェストサイド物語』、『ジーザス・クライスト・スーパースター』あたりであることを引っ張り出してもらう。『パリのアメリカ人』ってミュージカルだっけ。よく忘れた。『ウェストサイド物語』でベルトのバックルが横にあるのは洒落なんじゃねえかっていうネタを出すのを忘れた。まあいいや。

ちょいとした隙になにやら呼ばれたもので、イーヅカシンジくんのベースと合わせてピアノとハーモニカ(両方とも俺。吹き語りはやめといた)で『Summertime』など演ってみる。せっかくなので「We need a singer」とか言ってみて、歌い手さんが出てくるまでやめてやらない。わはははは。あとでガイジンさんが「なんとかawesome」とか言って握手を求めてきたから、そこそこウケていたのではないか。

あとはお客さんデュオの『黒猫のタンゴ』に乱入したのと、また呼ばれたのでまたイーヅカくんとのデュオでこんどはウクレレで『ラストダンスは私と』と、帰りがけの駄賃で『All of Me』など。

どちらかというと聴くほう主体でのんびりさせていただいたのだが、こんなことでよかったのだろうか。


今日のお買い物:

なんか千円くらい浮いたような気がしたもので、帰宅がけの東中野ブックオフで、

  • DVD『素晴らしき哉、人生!』、
  • DVD『キル・ビルvol.1』(vol.2はわりとどうでもいい主義者)、
  • 大沢在昌『アルバイト探偵/拷問遊園地』(講談社文庫)、
など購入。足して950円ならいい買い物でしょう。



スポンサーサイト



2009年8月22日(土曜日)、勝つまで負けない。
縛り髪 どうでもいいけど、髪伸びたな。
06:00、なんとなく起床。

危急の要があったもので(つまり腹が減ったもので)、急ぎサンクスを訪うて僕の唯一認めるサンクス食事たる「塩ヤキソバ」を買おうと思ったら、ねえでやんの。しょうがないので「豚バラ焼肉」という野菜炒めに肉を乗せたものと、ランチパック(耳をとった食パンのサンドイッチ)のピーナッツバターなど購入。まあまあかな。


今日の『ミステリーゾーン』:

1960年代のテレビドラマをインターネットで少しずつ眺めているのだが、今日は『死相』。話としてはつまんねえんだけど、役者さんがよくがんばりましたって感じか。いっそ『コンバット!』に知らんぷりして混ぜちゃえ、みたいな。

主演のいちがディック・ヨークで、ほら、サマンサのダーリン。たしかロジャー・コーマンの映画でも見かけたことがあるような気がするんだけどなんか怪獣映画だったと思うんだけどなんだったか思い出せないんだけど(サージェントと間違えているのかもしれないけど、なんでダーリンはみんなしてDickなんだ)、たいした役者さんだと思う(ラジオ声優から舞台に活動の場を移して、テレビはバイトみたいな感じだったと思うんだけど)。


今日の「障がい者」:

よく読ませていただいているインターネットの『言葉のギア、発想のシフト』の最新記事に『それで害はなくなったのか?』というのがあって、話は「障害者」と「障がい者」の書き分けというか使い分けというか表記だけ替えてどうすんだよみたいな話なんだが。その記事にですね。

>>障害者の方が多分「『害』という字は使わないでほしい。自分たちは決して害を与えている訳ではないのだから」と主張された結果「障がい者」という表記が生まれたのだと思います。
という記述があって、僕としては障ガイ者サイドからそういう要望がなされた例を知らない。むしろ全聾連あたりから「くだらねえからそういうのやめれば?」みたいな話があったような気もするのだが、なんか思い出せない。

そうさの、バカがヘタに気を遣った結果として健常者が「碍害者」とか書いちゃったケースも知ってるけどね。これはこれで言い立ててもしょうがないし。なんだよガイガイシャってよ。


今日のテレビ:

14:00すぎにふとテレビを点けたら再放送で『科捜研の女』というのがかかっていて、毒殺されたネットトレイダーの家の女中さんが柳岡香織さんだったもので続きも眺めるのだが、柳岡さんあんまり出てこなかったなあ。

それはそれとして、いつくらいの番組だったのだろうと思って調べてみたけど、ネットや紙媒体の番組表にある「殺意の同窓会旅行!京都嵐山温泉が巨大密室に…」って、ぜんぜんちゃうやんけ。どっちかというと「ネットトレーダーに仕掛けられた罠!壁の穴に秘められた夫の愛…」な感じなわけで、なんか水戸黄門は中3日くらいで同じ再放送がかかってみたり、暴れん坊将軍は毎日孫兵衛が違うわ、もうじぶんがなにを放映しているのか判らなくなっちゃったりしているのだろうかテレビ局。

ところで、15:00からの「のぞかれた殺人現場!美しき転落死体が語る謎」はタイトルと中身が合っていたみたいです(観たんかい)。ハンニンがマダラメさんで、覗き屋さんが九課の主任でした。いつのもんなんだろうと思ってちょっと調べたけど判らじ。


今日の選挙:

朝刊に載っていた公明党の太田さんのお話。

>>わたしには悔しさがある。みんな子育て支援、子育て支援と言うようになってきた。だけど、ずっとやってきたのは公明党で、一緒に支えてくれたのは自民党。道路ができて橋ができて、テープカットの直前に来て、やたらと自分がやったふりをするやつがいる。民主党の話。今ごろになって子育て支援、子ども手当と言う方がおかしい。
つまり「俺が先に言ってたのに」ってことなんだろう。心狭いにもほどがあるよ、結果的に言ってたことが実現されそうなんだから喜んでりゃいいじゃねえか。

田舎者はこれだから。



明日は、

イーヅカりびけん というかこの時刻(翌朝06:00すぎ)だともう今日なのだが23日の日曜日はですね、なにを思ったのか殿中でござる感じでイーヅカシンジ+僕に出演依頼をなされた無線バンジージャンプなかたがおられたもので、ウクレレとハーモニカを担いで目黒まで行く。なにがなにやらさっぱり判りませんが、まあいいでしょう。

イーヅカ情報だと、集合は17:30。ドレスコードはとくにないらしいから、まあアロハでいいか。立ち位置としては店だか客だかホストだかなんだかよく判らないのだけれども、これもまあ鵺的な対応で誤魔化すとして、ウクレレはエレキにしたものだろうか。

footcopy