FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


「エコモード運転」にみるエスカレータの未来。
 エキサイトニュースによると、時速100kmで走行するエスカレータがあるという。

記事から引用させていただこう。

>>エスカレーターが混雑していないときには速度が微妙に遅くなる「エコモード運転」という機能も搭載されたものがあるのだとか。普段は30メートル/秒で動いているものが25メートル/秒になる、という程度の変化なのだが、「気付く人はほとんどいない(担当者)」のだそうだ。

ばびゅーん。

DVD『フォーガットン』 30m/sならば時速108km、25m/sでも90km/h。そりゃまあそんな勢いで突っ走ってるもんに乗せられてもたしょうの速度の違いには気づかないだろうと思うけどね。ディックとかクラークとかSF小説に「ものすごい速度で街をゆく動く歩道」というのが出てきたように記憶するが、ああいったものなのだろうか。たしか「歩道の中央に行くほど速度が出る」という設定があって、作者自身が「なんど説明されても仕組みが判らん」とか言っていたような。

というわけで、昇りに乗ったらどうなるのか計算してみましたもらいました。

ま、ふつうに考えて「飛びます」わな。

なんで昇りなのかというと、下りのことなんか考えたくもないでしょ? 計算については僕には手に余るので、インターネットにあった高低差のある放物運動(初速・角度)というカシオ計算機さんのサイトにお願いしました。
じっさいそんなものに乗れんのか?とも思われるかもしれないが、ものすごい勢いで飛び込んでしっかり手すりにおつかまりになればドルフ・ラングレンかジャッキー・チェンか李連杰ならなんとかなんじゃね? ちなみに、一般に手すりのほうが踏み面よりも速度があるので、体勢が安定したら即座に手すりを離さないとそれはそれでコケますので気をつけましょう。

計算条件としては、

  • 初速100km/h(なんとなく中をとってみました)、
  • 射出角度30°(一般的なエスカレータの角度がこれくらい)、
  • 射出高6m(新宿高島屋の1階から2階をサンプルとしました)。
といったあたり。計算結果は、 USB人間大砲

どん!

  • 到達距離77m、
  • 到達高度16m、
  • 滞空時間3.2秒、
でした。着地速度はちょっと速くなって107km/h。自由落下換算だとだいたい45m高くらい、ビルで言うと14~15階つまり新宿高島屋のてっぺんから落っこちたのと同じような感じで、助かるわけねえわな、こりゃ。

お互いさまで、じゅうぶんに気をつけて利用するようにしたいものです。


ところで、僕の母がさいきん左腕を傷めていて(本人は都営線のフリーパスを持っているくせに「五十肩だ」と言い張っているのだが、まあいいや)、エスカレータを利用する際には右側に立たないと手すりにおつかまりになれない。東京では右側は追い越し車線なんだな、これが。いっしょにデパートなどを歩いていると、たまに僕と母が並んでエスカレータに立っているところを無理繰り追い越そうとする馬鹿がいるのでいちいちサングラスを外してガンを飛ばしてやるのだが、さて僕のいないときにはどうしているのだろうか。いちいち訊ねもしないが、心配なことではある。


スポンサーサイト



footcopy