FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2009年8月9日(日曜日)、ビバ人力!
今日は誘ってくれるかたがあって、西オタのみなさんと『Match Up '09』というイベントを見物してきました。ええ、ロックのライブです。

The Zircons at Moon Stomp 会場は水道橋のJCBホール。ということはここ4日間ほどの動線が、
曜日:家から総武線で高円寺まで行ってライブ、
曜日:家から総武線で荻窪東口まで行ってライブ、
曜日:家から総武線で荻窪西口まで行ってライブ、
曜日:家から総武線で水道橋まで行ってライブ見物、
っていちいち東中野の家に帰るのがめんどくせぇのくさくねぇの。ってか夏のバカンスシーズン真っ盛りに黄色い電車でせいぜい東西10マイルを右往左往ってのがどうにもねえ。こちとらニースもフロリダもぶっちぎって中野に巣くってるんだからしょうがねえんだけどさ。

出演は茶屋ダベり情報によるとD'espairsRay、FLOW、ムック、abingdon boys schoolという感じで、abingdon boys schoolはさすがに知っているとして、FLOWってたぶんライブを観にいったことがあるぞ。Dナントカは初耳で、ムックさんに至っては「今日はガチャピンはお休みですか?」とかツレに訊ねている始末。まあしょうもあるまい。お席は西オタ女子とのコンビでアリーナへ。周辺が若いお姉ちゃんばかりなのに、開演前なのにすでになんでか汗くさい(念のために書いておくと発酵した汗くささです)という不思議な状況。ちなみにすぐ近くに西オタつながりのアメリカ娘の、ジェシカだっけジャニスだっけ、がいるのを発見。ちょいと挨拶などする。

ざっくり感想を書いておくと、D'espairsRayさん(すみません、名前が憶えられそうもありません)のドラムスのひとが滅茶苦茶よかった。コージー・パウエルかと思いましたよ。ベースのひとがものすごくブリッジ寄りをピックで弾いていたのは対抗措置なのだろうかなあ。というかあのひと、もともとというか本業はギタリストなんじゃないのかなあ。
それでギターのひとのところのマイクスタンドのブームに蛇腹だかチューブだかが貼りついていたのがものすごく気になったのだが、あれはなんだったのだろうかしらん。
もうひとつ書いておくと、左右の舞台袖フロントにマイクスタンドがあって、ダイナミックマイク(たぶんゴッパー)が客席のほうを向いて屹立していた。集音用のわけはないので(あれは集音器ではなくて拡声器だ)、なんの目的で立てられていたのかまったく判らない。
謎の多いライブでした。

余分なことを書くと、なんでこうもみんなドンカマが好きかなあ。あと鍵盤ひとり入れればだいたい済むことだと想像するのだけれども、そういえばドンカマ入りでライブを演ったことのない(レコーディングならやったことあるけどな)僕のまだ知らない理由などあるのでしょうかしら。

FLOWさんはさすがというか、バンドとしてよくまとまっていて楽しめました。ドンカマが入ると却ってリズムがヨレるという不思議な仕様だったけど、まあいいや。後刻の会食でアメリカ娘が「FLOWのイケメンのほう」と発言していたのだが、「どっち?」と訊いたら速攻で返事をしていた回答はここには書きません。

ムックさんはガチャピンとは関係なくて、ハードロックのさきのヘヴィ・ロックというかデスメタルの手前というか、そんな感じでした。ギターカルテット(歌+ギタートリオ)なのだけれども、残念ながらギターのひとと僕のリズムが合わなくて、あまり楽しめなかった。ドンカマのイントロとリードギターの入りでテンポが違って聴こえたりするものでいちいちずっこけるんですよ、俺が。あと小節またぎのフレーズがほぼ無くて曲がぶつ切りに聴こえるのも致命傷でした。いや、たぶん単なる相性の問題なのですけれども、「リズム担当があとひとりいればなあ」と思ったのも正直なところです。

でもあれがセッションだったらギターにダメ出ししてるな。


今日のABGD

abingdon boys schoolの「abingdon」は、さいきんは(というか昨日あたりから)ABGDと表記するのが流行りなのだそうです。でさあ、俺あたりがABGDという文字列を見れば、最初に想起するのはコード進行なわけであって。セッティング中にもそんなことを考えていました。
|Amaj|Bm7|Gmaj|D7|
とか、
|Am9|B-9|Gmaj|D6|
とか、
|Am6|Em/B|Gmaj|D7|←ペダルがFisな感じ、
とか、曲にしようと思えばできるなあ、リズムどうしようかなあ、とか。セッションで譜面に進行が書いてあれば、その場でアドリブパートくらいは弾ける感じで。

と思っていたら、3曲目くらいのバラードで思いっきりその進行が出てきたものでちょっと笑う。あとできいたら『Desert Rose』という曲らしくて、YouTubeでチェックしてみたらもともとは|Am|C|G|D|だと思うんだけどCがmaj7だからon Bでも問題なくて、ベースがCだったりBだったりした感じでしょうかしら。


というわけでabingdon boys schoolが始まったと思ったとたんに隣にいた西オタ女子は速攻でモッシュに巻き込まれて前方に消えて行方不明に。僕はブラウン運動に巻き込まれて徐々に後方に(分速5cmくらいの感じでゆるゆると)。

今日の晩飯:

というわけで終演後に東京ドームホテルのシズラーで、西オタ女子だのアメリカ娘だのその彼氏だのを交えて楽しく晩飯。

ひとつ勉強になったのだが、群衆に対して背側を向けることを日本では「背中を見せる」とは言うが「お尻を見せる」とは言わない。いや、アメリカでどう言うのかは知らないのだけれども。

あとアメリカではお尻のことを「Moon」と呼ぶことがあるのだそうで、日本では「桃」と呼ぶのだよ、と教えてあげました。

そんなこんなで日本文化がアメリカ人に向けてどんどん歪んだ形で伝えられていくのを横目にしつつ手伝いつつ、ラムチョップステーキだのサラダバー(スイーツ付き)だのドリンクバーだのをここを先途と食い倒しておなか一杯になって帰宅。



明日は、

ひさしぶりに時間がとれるので、reviken@mm.neweb.ne.jpを11日の火曜日に廃嫡にする(からこんなところに堂々とアドレスを載せられるわけさ)ために乗換作業をいろいろとする心算。

具体的には「当該メールアドレスで頻繁にやりとりをしている相手さまへの通知」と「当該メールアドレスを登録している各種サービスの変更手続き」があるわけなのだが、メインに据えようかなと思っているGmailのpopだのsmtpだのの設定がうまくいかないんだよお立ち会い。

まあいいや、明日悩むとしましょう。おやすみなさい。



スポンサーサイト



footcopy