FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2009年8月3日(月曜日)、口上を忘れて戻る茗荷谷。

甍演奏会のフライヤ 8月6日、The Zirconsのライブ演ります:

ところ:高円寺北口歩5分Moon Stomp
とき:8月6日(木曜日)、19:30開店の20:00開演。
木戸銭:千円。あとてきとうに飲み食いしてくれ。


8月7日金曜日の荻窪アルカフェにはりびけん単独で出演します。おまけで
飯塚真司がついてくるかもしれません(それを期待している人がいるかどうかは別として)。

8月8日の土曜日は杉並公会堂で男声合唱『甍』演奏会に、出演はせんで受付嬢をやっております。来場希望のかたはメールなどいただけると便宜を図れるやもしれません。

徐々に西へ西へと進むのですが(高円寺→荻窪東口→荻窪西口)、いちいちまいにち中野に帰るのめんどくさいなあ。


忌野清志郎『瀕死の双六問屋』小学館文庫 昼過ぎに富士銀行に行ってみたらなんでか母がいた。9月に芙蓉会の演奏会があるもので、担当のコバヤシさんにチケットを渡しに来たという。そのあと上野の東京都美術館にミイラかなんかを観にいくというので、こっちも野暮用で音羽屋に出る予定だったので大江戸線で春日までは同道する。母はそのあと上野御徒町のあたりから上野まで歩くらしい。つまり都営線が無料で利用できる齢なのですね、こいつぁ便利だ。

カネがねえなと思っていたのだが、そういえば先月音羽屋に貸してあった電池代298円を義理堅く返していただいたものだから、音羽屋隣の古書大亞堂たいあどう書店の軒先にあった忌野清志郎『瀕死の双六問屋』(小学館文庫)を購入、250円。不勉強にしてそういう本が出版されていたことすら知りませんでしたよ、いかんいかん。

音羽屋ミッションはあっという間に完了して、17時くらいに事務所を出てなんとなく傳通院のほうに向かう。まあ散歩ですね。というわけでみちみち善光寺とか傳通院とかの伽藍を眺めたりしつつ、どっかの境内で蝉取りなどしている子供と蝉の話をしたりしながらなんとなく丸の内線の茗荷谷駅を目指す。というか、「谷」ってくらいだから池袋方向に低いほう低いほうへと歩いていけば着くだろうと思っててきとうに歩いていたらちゃんと着いたからたいしたものだ。

さて駅前にあったBooksアイという間口の狭い本屋さんにふと入ってみて、あまりの品揃えに瞠目する。新刊書店も古書店もひっくるめて、きちんとした本屋さんってまだまだあるんだろうなあ。とりあえず把握しているのは高円寺に2店と池袋に1店、あと高田馬場の未来堂がんばれといった感じだが、Booksアイさんも巡回リストに入れておきましょう。とはいうものの今日のところは所持金が払底しているので本なんか買えませんでしたけどね、さして広くもない店内の書棚を眺めながら1時間ほど潰しました。立ち読みとかほとんどしていませんから勘弁してくださいね、こんど3,000円くらい持ってうかがいます。


今日の栄養:

トーラク/スイートティータイム 朝、到来物のジャージー牛乳プリンをおめざにして、あと日東紅茶のストレート。
昼過ぎに文京区春日の「美々卯」で饂飩。1杯たぐって足りなかったもんで小さいのをもう1杯。まあいいでしょう、昨日の体重は57kgで6月の最盛期に比すると10kgがとこは減らしている。

晩の買い物は茗荷谷駅から大手町駅乗換をうろうろして、東西線の落合駅まで戻る。今日は三ノ輪通り繁栄会の魚吉さんで夏らしく秋刀魚の刺身は、大々的に両の身がおろしてあって大迫力の400円。あと清水屋青果店さんで枝豆と椎茸。枝豆は茹でる予定、椎茸は焼いて塩する予定。ほんとは旬ならどんとサザエさんあたりをなんとかしたいものだが、予算が伴わない。明日あたりは冬瓜と鶏肉の煮物あたりをこさえたいものなのですが。それと角田煙草でゴロワーズを2つ。


GEOで例のスティーブ・マイナー版『死霊のえじき』を借りてきたんだが、眺めてみたらぴんと来ず困り果てる。まあしょうがねえか。

今日の訃報:

古橋廣之進さんがいきなり死んだ。

どこかのオリンピックに出られなかった年に、クヤシいというか納得いかないからドメスティックな大会で時刻を合わせて泳いで、ものすごい記録をだした。そしたら「日本のプールは小さい」とか心根の小さいガイジンに言われたので、2年後にはアメリカの大会でもっとすごい記録を出した。

たまたまアメリカの(ロスだっけか)大会に居合わせたのが僕の祖父で、島浦精二というNHKの元アナウンサだった。ついでなので、敷設したばかりの海底ケーブルで国際生中継したら「波の音」が放送に紛れていたのだそうな。すごい技術だ。この爺さん、なんかTBSの新人アナウンサ採用試験で試験官席に座っていたり、なにかというと「偶然そこに居合わせた」り、面白い人だなとは思う。

古橋さんとは、祖父の葬儀の際にちょっとお話させていただいた。それくらいだったな。



スポンサーサイト



footcopy