FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2009年8月23日(日曜日)、目黒『音の箱』ミュージカルまつり。
夕刻からなんかよく判らないステージがあるらしきこととて、なんとなく食ったり寝たり。どれだけ身体を労れば気が済むのでしょうか私は。

世界科学まつりのボビー・マクファーリン:

あんまり笑ったので貼っておく。
そうか、ペンタトニックってある程度は本能なんだ(そうかな)。




今日のミュージカルの宴:

だいたいこんな感じ そんなこんなで、だいたい定刻に目黒の『音の箱』に到着。ちょっと電化ウクレレのセッティングなどして、あとのんびりしているうちになんか始まる。あらかたオタマジャクシ・オリエンテッドだものだから反射神経系の僕には出番なしということで、さらにのんびりとする。どうやらミュージカル好きの人たちがミュージカルを歌う会の伴奏要員として呼ばれているらしきことをうすぼんやりと察知するが、そんなことできもしねえし。

なんか潤哉さんがいて、人のカルマというのかミキサに専念しているところに割り込んでミュージカルの話などして、俺が観たことのあるのが映画も含めて『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』、『ハウ・トゥ・サクシード』、『ファントム・オブ・パラダイス』、『サウンド・オブ・ミュージック』、『ウェストサイド物語』、『ジーザス・クライスト・スーパースター』あたりであることを引っ張り出してもらう。『パリのアメリカ人』ってミュージカルだっけ。よく忘れた。『ウェストサイド物語』でベルトのバックルが横にあるのは洒落なんじゃねえかっていうネタを出すのを忘れた。まあいいや。

ちょいとした隙になにやら呼ばれたもので、イーヅカシンジくんのベースと合わせてピアノとハーモニカ(両方とも俺。吹き語りはやめといた)で『Summertime』など演ってみる。せっかくなので「We need a singer」とか言ってみて、歌い手さんが出てくるまでやめてやらない。わはははは。あとでガイジンさんが「なんとかawesome」とか言って握手を求めてきたから、そこそこウケていたのではないか。

あとはお客さんデュオの『黒猫のタンゴ』に乱入したのと、また呼ばれたのでまたイーヅカくんとのデュオでこんどはウクレレで『ラストダンスは私と』と、帰りがけの駄賃で『All of Me』など。

どちらかというと聴くほう主体でのんびりさせていただいたのだが、こんなことでよかったのだろうか。


今日のお買い物:

なんか千円くらい浮いたような気がしたもので、帰宅がけの東中野ブックオフで、

  • DVD『素晴らしき哉、人生!』、
  • DVD『キル・ビルvol.1』(vol.2はわりとどうでもいい主義者)、
  • 大沢在昌『アルバイト探偵/拷問遊園地』(講談社文庫)、
など購入。足して950円ならいい買い物でしょう。

2009年8月22日(土曜日)、勝つまで負けない。
縛り髪 どうでもいいけど、髪伸びたな。
06:00、なんとなく起床。

危急の要があったもので(つまり腹が減ったもので)、急ぎサンクスを訪うて僕の唯一認めるサンクス食事たる「塩ヤキソバ」を買おうと思ったら、ねえでやんの。しょうがないので「豚バラ焼肉」という野菜炒めに肉を乗せたものと、ランチパック(耳をとった食パンのサンドイッチ)のピーナッツバターなど購入。まあまあかな。


今日の『ミステリーゾーン』:

1960年代のテレビドラマをインターネットで少しずつ眺めているのだが、今日は『死相』。話としてはつまんねえんだけど、役者さんがよくがんばりましたって感じか。いっそ『コンバット!』に知らんぷりして混ぜちゃえ、みたいな。

主演のいちがディック・ヨークで、ほら、サマンサのダーリン。たしかロジャー・コーマンの映画でも見かけたことがあるような気がするんだけどなんか怪獣映画だったと思うんだけどなんだったか思い出せないんだけど(サージェントと間違えているのかもしれないけど、なんでダーリンはみんなしてDickなんだ)、たいした役者さんだと思う(ラジオ声優から舞台に活動の場を移して、テレビはバイトみたいな感じだったと思うんだけど)。


今日の「障がい者」:

よく読ませていただいているインターネットの『言葉のギア、発想のシフト』の最新記事に『それで害はなくなったのか?』というのがあって、話は「障害者」と「障がい者」の書き分けというか使い分けというか表記だけ替えてどうすんだよみたいな話なんだが。その記事にですね。

>>障害者の方が多分「『害』という字は使わないでほしい。自分たちは決して害を与えている訳ではないのだから」と主張された結果「障がい者」という表記が生まれたのだと思います。
という記述があって、僕としては障ガイ者サイドからそういう要望がなされた例を知らない。むしろ全聾連あたりから「くだらねえからそういうのやめれば?」みたいな話があったような気もするのだが、なんか思い出せない。

そうさの、バカがヘタに気を遣った結果として健常者が「碍害者」とか書いちゃったケースも知ってるけどね。これはこれで言い立ててもしょうがないし。なんだよガイガイシャってよ。


今日のテレビ:

14:00すぎにふとテレビを点けたら再放送で『科捜研の女』というのがかかっていて、毒殺されたネットトレイダーの家の女中さんが柳岡香織さんだったもので続きも眺めるのだが、柳岡さんあんまり出てこなかったなあ。

それはそれとして、いつくらいの番組だったのだろうと思って調べてみたけど、ネットや紙媒体の番組表にある「殺意の同窓会旅行!京都嵐山温泉が巨大密室に…」って、ぜんぜんちゃうやんけ。どっちかというと「ネットトレーダーに仕掛けられた罠!壁の穴に秘められた夫の愛…」な感じなわけで、なんか水戸黄門は中3日くらいで同じ再放送がかかってみたり、暴れん坊将軍は毎日孫兵衛が違うわ、もうじぶんがなにを放映しているのか判らなくなっちゃったりしているのだろうかテレビ局。

ところで、15:00からの「のぞかれた殺人現場!美しき転落死体が語る謎」はタイトルと中身が合っていたみたいです(観たんかい)。ハンニンがマダラメさんで、覗き屋さんが九課の主任でした。いつのもんなんだろうと思ってちょっと調べたけど判らじ。


今日の選挙:

朝刊に載っていた公明党の太田さんのお話。

>>わたしには悔しさがある。みんな子育て支援、子育て支援と言うようになってきた。だけど、ずっとやってきたのは公明党で、一緒に支えてくれたのは自民党。道路ができて橋ができて、テープカットの直前に来て、やたらと自分がやったふりをするやつがいる。民主党の話。今ごろになって子育て支援、子ども手当と言う方がおかしい。
つまり「俺が先に言ってたのに」ってことなんだろう。心狭いにもほどがあるよ、結果的に言ってたことが実現されそうなんだから喜んでりゃいいじゃねえか。

田舎者はこれだから。



明日は、

イーヅカりびけん というかこの時刻(翌朝06:00すぎ)だともう今日なのだが23日の日曜日はですね、なにを思ったのか殿中でござる感じでイーヅカシンジ+僕に出演依頼をなされた無線バンジージャンプなかたがおられたもので、ウクレレとハーモニカを担いで目黒まで行く。なにがなにやらさっぱり判りませんが、まあいいでしょう。

イーヅカ情報だと、集合は17:30。ドレスコードはとくにないらしいから、まあアロハでいいか。立ち位置としては店だか客だかホストだかなんだかよく判らないのだけれども、これもまあ鵺的な対応で誤魔化すとして、ウクレレはエレキにしたものだろうか。

2009年8月21日(金曜日)、今年の夏は泳いでいない。
ってか、21世紀に入ってから風呂場以外で泳いでいないような。たぶん1993年か1994年に太平洋で泳いだのが最後、かしら。そのぶん溺れ死ぬ危険性も低いわけで、まあいいか。

いま気づいたけど、たぶん今年に入っていちどもネクタイを締めていない。


今日の牛スジ:

牛スジのカレースープパスタ 朝も早よから、酒1合とネギとミョウガで牛スジを炊いて、レトルトのカレーを放り込んで、オリーブオイルとバターで和えたパスタに絡める。はい、スープパスタのいっちょあがりっと。あと残りの牛スジを全部「葱茗荷牛スジスープ」に仕立てて、ついでにトマトサラダなど作ってみる。

写真でみると恐ろしげだが、美味かったんだけどな。パプリカでも散らしておくのだったか。
すこし食いすぎました。その後遺症で10:00から13:00まで昼寝。おめざで高校野球の花巻東×明豊戦の終盤を眺める。いい試合であった。


今日のクイズ:問題篇

日本の民主党の宣伝ビデオ(ちょっと長いやつ)で、最初に出てくる民主党員は誰でしょう。
ヒント:サンチャゴ田村と同い年のひとです。

答えはちょっと下に。


今日のゲッタウェイ:

DVD『ゲッタウェイ』 深夜のTVにペキンパーの映画がかかっていたのを仕事しながらなんとなく眺めるのだが、要所要所でやはり手が止まる。構わん、どうせひとり流れ作業だ。

いろいろあるけど、猫の名前を訊かれて「可哀相なセンセー」と答えちゃうアバズレが大好き。あと、ラストで原爆おやじが「20(*$1,000)でどうだい?」というのにアリ・マグローが「30でどう?」って答えるとこがもっと好き。


今日の殺戮:

山本弘『闇が落ちる前に、もう一度』角川文庫 以下、ネタばらしにはならないと思うのだが。

山本弘『闇が落ちる前に、もう一度』(角川文庫)を再読していて、やはり『時分割の地獄』の殺人シーンにはオリジナリティが欠けるなあなどと以前には思っていたのだが、ふと気づくと「AIがオリジナルの殺人方法を考えることはできない」のかもしれなくて、じゃあオリジナリティに欠けていて正解なんじゃん。山本さん、ごめんなさい。

けっきょくメタでしか殺人を実感(というと語弊があるが)できなかったAIのひとの話、だったのだろうか。


今日の酒井法子さん:

書籍『Rolling Stone Tattoo Nation: Portraits of Celebrity Body Art』 DVD『スカーレット・ディーバ』 下腹部に彫物があったからどうした。
そんなもん彫ろうが彫るまいが本人の勝手だろうに、いちいち難癖つけてんじゃねえよ。アーシア・アルジェントだってドリュー・バリモアだって立派な人だぞ。


今日の『黄金のランデブー』:

昨日眺めていた『ミステリーゾーン』の『無用の男』だっけ?の主演がバージェス・メレディスだったもので、ふと思い出してYouTubeで『黄金のランデブー』を捜してみました。主演がリチャード・ハリスでヒロインがお懐かしやのアン・ターケル。バージェス・メレディスとジョン・バーノンはこの映画で覚えたな、たぶん。

小学生の時分に家族揃って温泉場に行ったときに、とうぜん小学生はあんまり温泉場ですることもないので(ビールも飲まんしストリップにも行かんし)、そのへんの映画館に入ったらかかっていた1本で、ジェフ・ウェインのテーマがあまりにかっこよかったものだから宇都宮に帰るなり小遣いはたいて近所のレコード屋さんでシングル盤を注文しました。たぶん生まれて初めて買ったレコードだと思う。

ちなみにこの時分だとこのパターンで映画を観るというのは多くて、『デス・レース2000年』とか『ゴールド』とか『大地震』とかの微妙なあたりの映画が好きになったのもそのせいなのかもしれない。

それでYouTubeでひっかかったのが以下。かっこいいでしょ?



ことのついでに「バージョン違いのオープニング(核の恐怖版)」というのがあったので、これも観てみました。そしたら、なんかヘンだぞ(今日のクイズ第2弾)。



上段の正規版(だと思う)のキーがFmなのに対して、下段の核の恐怖版のキーがEmなんだな。つまり半音違う(サザエさんのエンディングかい)。ためしにいっしょに鳴らしてみたけど(なんてことをするんだ)、テンポはいっしょだと思う。1978年の映画なので、たぶんまだ「midiでえいやっ」なんてことはできないと思うし、だいたいリードシンセのサウンドエフェクトがもろにアナログやんけ。

さて、理由も機序もぜんぜん判らないのでした。


今日のクイズ:解答篇

問:日本の民主党の宣伝ビデオで、最初に出てくる民主党員は誰でしょう。
答:アメリカのオバマさん(ほんとう)。

正気を疑うのだが、ほんとなんだってば。



明日は、

お仕事のほうで、ものすごいことを見落としているじぶんを発見。
たいへんだたいへんだ。

2009年8月20日(木曜日)、今年は海を見ていない。
と思ったら横濱で見てるな、太平洋。

今日の夏の終わり:

蝉 夕涼みだと言い張るには遅すぎる昨夜半に怪しげな感じでお散歩しているときに、路上でばったりと倒れている蝉さんを見かけました。蘇生措置を‥‥どないすりゃええねん。とりあえず手を合わせて、般若心経を知っているところまで唱えてといった感じ。

僕は不信心だもので般若心経を唱えることが功徳になるのかどうかすら知らないのだけれども、そこは気は心ってことで堪忍してくれ蝉さん。


8月20日の茗荷 昼は晴れたので、昨日の曇り空で見落としたぶんもあるかなと思って再び裏庭へ。気分としては麦わら帽子なのだが、そんなもの持ってないし。パナマならあるんだけど、なんか違うし。

捜してみるとあるもので、そこそこ穫れました。「穫れる」って誤字というか誤用だな、たぶん。まあいいや。というわけで穫り尽くしてみたわけで、今年はもう終わりかな。でも次の雨から2、3日も経ったらいちおう見にいこうかしら、未練たらしく食糧を求めて。
7月26日の茗荷 8月4日の茗荷 8月12日の茗荷 8月19日の茗荷 8月20日の茗荷


今日のメシ:

牛すじのスープ しかし昨晩作った牛スジのスープはつくづく美味であった。朝にはついつい実家にも持参して両親に作ってやったりして。父は戦時中にさんざん食わされたので牛スジ(とカボチャとスイトン)の顔は見たくもないらしくて、「牛スジといっても正統派のアキレス腱だからさ(たぶん)」と言ってはみたのだが、戦前生まれはしようがねえな、びくともしやしねえ。母は喜んでおりましたな。レシピはこんな感じ。
ビーフシチューのようなもの 夕食には調子こいてこんなものも作ってみました。


なんか今日はからだの調子がいいなと思ったら、こないだまでほんとうに栄養失調だったのかも。なんかてきぱき(当社比)しておりましたことでした。肉喰ったおかげ。
最強! 逢喜の郷の牛スジスープ。
逢喜の郷の牛すじ 昨日は旧知の某さんから、旧知っつっても最後にお会いしたのは15年も昔なんじゃねえか。まあいいや、某さんから「逢喜の郷」という、たぶん関西では有名なような気もするステーキハウスさんのお土産牛スジを贈っていただきました。ありがとうございます。
逢喜の郷の牛スジ肉 物件は処理済の牛スジのぶつ切りで、そうさの、いっしょにすると申し訳ないような気もする理由は後述するとして、スーパーマーケットのおでん売場で串に刺さって売られている牛スジをバラしたような感じ。これなら茹でればそのまま食べられそうな感じでもあり、じゃあお肉の味見がてらの小手始め、夜食ついでにちょいとスープにでも仕立ててみましょうか。

今日のバカウマ:

牛すじのスープ これがどえりゃあ美味かった。

材料:
  • 逢喜の郷の牛スジ(てきとうな量)。逢喜の郷製でなくても構わないが、ナマじゃなくて加工済のもの(茹でてあるっぽい牛スジならOK、おでん売場にあります)。
  • 茗荷(ネギでも可)。
  • 塩と胡椒(為念だがダシとかいらねえよ)。
作り方:
  1. 小鍋にお湯を沸かす。
  2. 沸いたら牛スジを放り込む。
  3. 塩で味をつける(濃すぎたらアウト。薄いぶんにはあとでなんとか)。
  4. 弱火にして少し(僕なら5分か10分)待つ。
  5. 胡椒と刻んだ茗荷を放り込んでひと煮立ち。
  6. お碗によそってできあがり。
レシピとしては「なめとんかワレ」なのですが、これがものすごく美味かった。自炊のメリットのひとつに「失敗しても自分のせいだから、たしょうアレでも平気で食べられる」というのがありますが、自分の料理で感動するってのもなかなかありませんよね。いや俺の手柄じゃないのだけれど。単に肉が美味かった、ということなのですね。

逢喜の郷さんのサイトを覗いてみたが、残念ながら牛スジの通販などは行われていないようです。僕も昔はよく肉屋さんで牛スジ(生)を買ってきて煮込など作っていたものだが、さいきんそういえばやってないような。そういえばお歳暮で圧力鍋ももらっていることだし、こんどちょっと自作してみようかしら。どうせ伊勢丹地下あたりの偉そうな肉屋さんでいちばん高い牛スジを買い込んでも、たいした価額にもなるまいて。

2009年8月19日(水曜日)、油断大敵火がぼうぼう。
8月19日の茗荷 早朝起床、裏庭の茗荷など収穫する。だんだん数も減ってきたし、出てくるなり「茎」みたいな面構えのやつもいて、今年はそろそろ茗荷も終わりだなあ。さて、この茗荷がなくなったらなにを喰って生きていこう。

逢喜の郷の牛すじ と思っているところに、到来物で肉到着! 逢喜の郷というお店の牛スジが2パック、下ごしらえはできているようなので、さてポトフにしようか吸い物にしようか素直におでんかシチューでも作るか。ある意味万能、ありがとうございました。

今日のミステリーゾーン:

ネット某所でミステリーゾーン"The Twilight Zone"より『日本軍の洞窟』"A Quality of Mercy"など眺める。

DVD『TWILIGHT ZONE THE MOVIE』 なんかレナード・ニモイみたいなのが出てるなと思ってIMDbを見てみたら、レナード・ニモイでした。主演の二枚目は若き日の(なんたって1961年作)ディーン・ストックウェルなんだが、リンチ作品を除くと「『ビバリーヒリズ・コップ2』で虫けらのように殺されたユルゲン・プロホノフのいちのこぶんってのがいちばん話が早いか。その時点では既にただのおっさんなのだが、まあ「なか40年」もあればしょうがあるまい。監督と脚本はいつものロッド・サーリングとバズ・キューリック。このへんはもはや他人の気がしないのです。


ところで、
  • 日本人のほうで、IMDbには「ヤムリ中尉」というのが出てくる。吹替版では「ヤマジ中尉」となっていたのだが、まあそのへんはいいか。ヤカモトさんとか、元気かなあ。
  • 米軍の軍曹が新米中尉に日本人について説教するところで、数秒間だが台詞はあるのに無音になっている部分があった。気になったので英語版も観てやろうと思ったのに、なんかリージョン制限で果たせず残念。きっと「日本一の日雇い人夫」とか言っていたのに違いない。
  • 話のほうはスピルバーグの映画版、ジョン・ランディス監督のヴィク・モローの回と同じでした。


今日の衆院選:

僕の住まう東京7区の幸福実現党さんは、けっきょく33歳だかの人をやめて49歳だかの人が立候補することが、告示日になって判りました。大川総裁も出るんだか出ないんだかはっきりしないし、要するにウカる気がないか仲間うちだけでどうにかなると思っているかのどっちかだなと判断せざるを得ない。ウチに投函されていた幸福実現党さんの政策ビラの表紙はさとうふみやさんでした。この人も東京比例区名簿に載っているのだが、当選しちゃったら金田一どうすんだろ。いや余計なお世話ですが。

候補者は民主と自民の一騎討ちで、追う共産にあと幸福実現党が独自の闘いって、自民も民主もそれなりの実績のあるひとが東京比例区で名簿1位なんだから、わざわざ俺が投票する意味ないじゃん。あいかわらずつまらんなあ。

隣の新宿区(東京1区)は又吉イエスさんとかマック赤坂さんとか出ていて楽しそうだぞ。最強は与謝野さんで追う海江田さんといった感じだとは思うのだが、与謝野さんが出陣式で貧血おこしてダルマの目玉じゃなくて鼻に墨を入れちゃったあたりがどう影響するかな、なんて考えていてもしょうがありませんね。


ところで、小池百合子は幸福実現党と共闘することにしたようで。バカじゃねえのかこいつ(バカなのだが)。創価学会と共産党が「10年協定」を結んだ昭和49年とはわけが違う。もとより特段にイケダやミヤモトを褒めるわけではまったくなく、やはり自民党ってバカばっかなのか(バカばっかなのだろうなあ、ヒガシだのハシモトだのマスゾエだのってまったくもう。あいつらパンダに被選挙権があったら間違いなくパンダにお願いに行くぞ)。

夕刻計測、体重57.5kg、体脂肪率16.3%。
さて、肉喰うぞ。
最強ジャパンビバレッジ。
JT 大地が磨いたきれいな水520mlPET さる2009年8月13日の04:30、通りがかりの自動販売機でお水のペットボトルを1本買いました。「JT大地が磨いたきれいな水」、500ml+20ml増量でお得なのだそうです。表示価格は120円、千円札を突っ込んで1本買って、お釣りがちゃりんと20円。え? どこをどう計算すると20円になるのかまったく判らないのだが、とりあえずとてつもなく高い買い物をしてしまったことだけは判る。520mlペットボトルの水が1本980円ですよ。って血鯛なら大4尾、スイカならまるごと、豚ロースなら4枚ですよ。裏庭の草喰って生きてるやつになにすんねん。

なんてことは言わずに、さっそく自動販売機に表示してある連絡先に携帯電話から架電してみたのだが、まあ04:30じゃ誰も出んわな。メモ用紙などは持っていなかったのだが、これも携帯電話のカメラでジャパンビバレッジさんの連絡先と自販機IDを撮影してきました。いやあ、携帯電話って便利だなあ。


はんにん。 というわけで、朝になってからあらためてジャパンビバレッジさんにお電話して「860円、返してください」とお願いしました。係の人の対応はまあふつうで、詫びもとくになかったものと記憶するが「お送りしましょうか、持参しましょうか」と仰るので「どちらでも構いません」とお返事しておきました。当日日中はちょっと用事もあったもので、近在の(当該自動販売機からするとほぼ等距離にある)実家の所番地と電話連絡先を伝えておきました。実家の母にも連絡して事情を説明して、当日の在宅を確認しておきました。

午後になって母から連絡があって、「先方から電話が入って、"ご不在のようでしたのでお金は持ち帰りました。郵送します"って、あたしゃずうっと家にいたっちゅうねん」なのだそうです。

ここまでが8月13日の話。


送り状 そのあと母と「音沙汰もないねえ、どういう会社なんだろうねえ」なんて言っているうちに8月18日になって、実家に現金書留が届きました。中身は860円と、紙ペラが1枚。
>>このたびご連絡いただきました下記不備につき、ご返金させていただきますのでご査収くださいますよう、宜しくお願い致します。

ちょっと待てコラ、ジャパンビバレッジってば詫びの一言もなしかよ。この件に関して、俺になにか落ち度があるのか?
>>不備内容:払い出し部分で引っかかりの為
あきらかにそっちの機械の不具合だろうが。てめえの会社のポンコツだか整備不良だかのおかげで俺に2回も電話かけさせて1週間も待たせておいて大枚860円の運用を阻害しておいてこれかよ。自慢じゃねえけど俺は人は好いけど心は狭いんだぞ。

心が狭いついでにもう少し書いておくと、現金書留が届いたのが18日。書類の日付が13日。ぜんたい投函するまでに何日かかっとんねんこの会社。やる気あんのか。

心は狭いながらも、お手紙のレイアウトが思いっきり昭和なのは我慢しよう。字があまり上手でないのも、とくに乱暴に書いてあるわけでもないし、能筆ぶりについては僕もあまり人のことを言えないのでヨシとしましょう。

訂正部分 さて、お便りの「不備内容:」にある「払い出し部分」の「部」の字を見てみよう。ここまでくるとだめ押しなのだが、なにをどう間違えたのだか判らないのだけれども、修正液で直してあるんだよ。誠意をこめた文書でそんなことするか? せめて訂正印でも押してこいってなもんだ(俺の謂がある程度無茶苦茶なのも判るが、だめ押しされたのでだめ押し返す俺)。やる気あんのかジャパンビバレッジ。


というわけで、ジャパンビバレッジという会社について総括しておく。
1. 扱っている自動販売機がポンコツ。
2. 顧客対応がぞんざい。
2-1. 相手が在宅かどうかも判断できない(ほんとに来たのか?)。
2-2. 謝罪のひとつもできない(しない、のかもしれない)。
2-3. 手紙のひとつもまともに書けない(見た感じで対応がダル)。

あまり贅沢を言っているつもりはないのだがせめて、
  1. 事故原因について説明して、
  2. 再発防止についてなにやら述べて、
  3. ちょいと詫びのひとつも入れてみる、
くらいの対応はしてもいいんじゃないのか。むしろそれが常識なのではないか。
僕のほうは、
  • 再び千円札をかっぱがれるという危惧を拭い去れない以上、
  • というか「原因とか対応とかについては説明なんかせんもんね儂」とジャパンビバレッジが態度で示している以上、
  • あるいは小銭であっても釣銭がきちんと出てくることを信用できる根拠がまったくない以上、
とりあえず今後金輪際ジャパンビバレッジの自動販売機は使わん。たとえJTホールでステージマネージャとかやってても、意地でも使わん。あそこはいいホールだし、またお世話になる機会もあろうが。

ええ、調べてみたら親会社がJTだったんですよ。なんだ、お役所仕事だったのか(そんなわきゃない)。

2009年8月18日(火曜日)、大蛸に教えられ。
あいかわらず胃の調子がよろしくない。ついでに腸までへたれてきましたな。
胃散でもねえかとおもってそこらへんを漁るのだが、ないなあ。実家に行ったら落ちてないかなあ。いかんなあ、親のイサンを狙う悪いやつだ私は。

というわけで実家に向かう途中の目白大学の校門から、学生風味の人たちがオレンジ色の消防士みたいなツナギを着てぞろぞろと出てきた。背中にMEPCというロゴがあったので帰宅して調べてみたら、Mejiro Ecological Project Crewの略らしくて、今日は近隣のお掃除にでも出かけたのかな? 暑中ありがとうございます。


今日のNHK:

タクミ10歳 なんでも日曜日に放映されたNHKのETV特集『シリーズ戦争とラジオ「第一回 放送は国民に何を伝えたのか」』というのに祖父(NHKのアナウンサだったりした)が出ていたりしたという話が実家のほうに各地から報告されて、「じゃあ観せろ」と無茶を言う。調べてみたらNHKのオンデマンドにあることが判明したので、これも実家までPC設定に行く。めんどくさい。設定だけで1時間くらいかかったのは、僕が自分で設定したIEのセキュリティ構成をすっかり忘れていたからです。


クノールカップスープ・つぶたっぷりコーンクリーム あとなんとなくお仕事。
朝食、実家でカレーライス(ご飯少なめ)。
昼食、実家で素麺に茄子と持参の茗荷(揖保の糸を2把)。
夕食、実家でカレーパスタ(パスタを少なめにしたのだが半分残した)。
夜食、自宅で粉末カップスープ2杯にクルトンとビスケット。

どうにも迫力なくてかんわぁ、人間まず喰ってなんぼ。

2009年8月17日(月曜日)、日雇いテクノクラート。
今日のゲロ:

立体パズル『胃解剖モデル』 お食事中のかた、ごめんなさい。

なんか喰ったものが悪かったのか、単に胃の調子が悪かったのか、朝食後にのんびりとPCに向かってお仕事というか雑用などしていたら突如として胃袋からこみあげてくるものがあって、あわてて口を押さえて風呂場(トイレより近かった)に向かったのですがちょいと間に合わず、玄関先に置いてあったクリスチャン・ディオールのコール天のジャケツとアメリカ古着のウインドブレーカーと、あと床にちょっと被害が出ました。あーあ。

こういうのの掃除ってめんどくさいんだよねえ。
掃除しているうちにえずくのは治りました。なんだったんだろ。


今日の開店祝い:

Case #1 6月のウクレレのオフライン・ミーティングでもお世話になった伊藤K一郎が、神田小川町にCase #1(リンク先は店長blogだが、なんか初期「開店躁だん」みたいになってる)というライブハウスを開くのだそうで。

ついては10月の10日からの三連休でオープニング・ライブ・シリーズとやらを開催するところに、なんと爆弾なことにThe Zirconsにも出演依頼がかかりました。現状ではこっちの面子に問い合わせを廻しているところだが、出演できるといいなあ。


今日のめっけた:


懐かしいなあ。



明日は、

中野タコシェkenshouhanさんの新刊が入荷されたというので、売り切れないうちに買いに行くつもり。千円。

2009年8月16日(日曜日)、舌が焼けるよな恋をしたい。
ホワイトシチューとカレーは、豚バラ肉派です:

おきなわ豚皮付きバラ肉(約1kg) ヒマなので実家によったら、父親がシチュー(父は「シテウ」と発音する)を作っていたので脇から齧る。肉屋さんにある「カレー・シチュー用」という立方体の豚肉よりは、やはり薄切りのバラ肉のほうが美味いと思うのだがどんなもんだろうか。いやご馳走になっておいて文句をつけるのもなんなんだけどさ。


今日の腕時計:

Polaris Watch \2,500 さて、電池切れで夏休みを決め込んでいた腕時計を復活させようとて、さくらやで2,000円で購入した品をカルティエに持ち込むバカ。それでしばらく待っているうちにふつうに電池は替えてもらって、診断書が付いてきました。「内部清掃をお薦めします(程度:中)」。いやまあ僕としては元気に動いていてくれれば構わないので、たしょうのことは。ええ、今日のところは。


今日のインターネット:

ぜんたいなにが書いてあるのだろうかしら。


大川隆法の霊言 今日の選挙:

>>大川総裁が一転、出馬へ
大川興業かと思ったら、違いましたね。
衆院選中野区は、なんで渋谷なんかの連中とごっちゃにされなきゃならねえんだよの7区なのだがそこは措く。候補者は自民の文明さんと民主の長妻さん、あと共産党の太田さんと幸福実現党のひと。つまんねえなあ。

まあ順当に松本さんと長妻さんの一騎討ちで、まかりまちがっても長妻さんは比例区復活があるからここはどうでもいい。幸福実現党のひとは措いといて、じゃあ太田さんにとりあえず入れとくくらいしか選択肢はないなあ。つまんねえなあ。

え? いや、素直に長妻さんに入れてもいいような気もしないでもないけど、日本の国会議員だったくせに、あまつさえ再び立候補までしようとしているくせにツバルドメイン(http://naga.tv/)なんか使ってる非国民に国政を任せられますか?


今日の飯:

落合公園、05:30 落合公園、05:30 落合公園、05:30
05:30、ふと起き出してコンビニまで歩いておむすびを3つほど買ってくる。
通りがかりの落合公園で鳩など眺めつつ「美味そうだな」などと思う。大丈夫か俺。

昼、茗荷と揖保の糸。
夜、昨晩の残りの「小松菜と油揚の炒め」をにゅうめんに乗せる。
深夜、大量に保存しておいた「出し昆布の出し殻」を佃煮にしてご飯に乗せてみたりする。

そろそろレバ刺とか焼肉とか食べたい感じか。

footcopy