FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2009年7月31日(金曜日)、「う」のつくものを食べる日。
兎腿肉 今年は「丑の日」が2回あるんだってさ。それで今日が2回目。

うなぎ、うどん、うど、うのはな、うし、うま、粳米(ふつうに白米)、うさぎ、うめぼし(鰻と一緒に食べちゃ駄目)、うり、ウインナーソーセージ、烏骨鶏、ウガンダ料理、うに、ういろう、宇治金時、うつぼ、うるい、うこん、あと裏庭で穫れたものぜんぶ。

あとなんかあるかしら。


みたらし 今日の水分:

お不動さんで汲んできた水が昨晩でついえる。月曜日に2ガロン汲んできたので、だいたい1.5リットル/日くらいを消費しているということか。ほぼ飲用。たまに鍋用。

というわけで、午後にまたお不動さんに行ってくる。今日はサボって1ガロン。


今日の物理学:

中学校の同期にタムラくんというスポーツ万能の男子がいて、ただ水泳だけはヘタクソだった。たぶんクロールだったと思うのだが、盛大にプールに飛び込んでものすごい勢いで水しぶきをあげるのだがぜんぜん前に進まずに沈んでいくという芸風で人気はあったんだけどな。まあ栃木県宇都宮市のことだから、泳げんくらいで困ることはひとつもない。

いまなら判るのだが、あれは前進するための運動エネルギーがぜんぶ水しぶきのほうに使われていたのだな。敷衍すると、スピードがどうのこうの言いながらマフラー改造してでっかい音を出している珍走団はそのぶん走行エネルギーを浪費しているわけで、間抜けだ。


今日のタワシレスキュー:

屋根の上のタワシ ふと2階の裏窓から外を覗いたら、裏のお家の屋根にタワシが落っこちているのを発見。どうやら風呂場の窓からなにかの拍子に落ちたものとみえる。それで僕ん家以外からだと完全に死角になっているものだから、つまりそのタワシに気づくことができるのは世界中で僕ひとりというわけですね。

裏のお家のかたとは面識もないのだが、いちおう携帯電話で写真など撮って、ちょいとうかがってこれこれとお話はしておく。奥さまが笑っておられた。


今日の読書とか:

東野圭吾『名探偵の呪縛』講談社文庫東野圭吾『名探偵の呪縛』、前回読んだ『名探偵の掟』の弾けっぷりを勝手に期待していたのだが、メタ小説がメタ私小説になっちゃったような感じか。期待を裏切られたことに文句をつけるわけではない、裏切ったうえにそこを上回る面白さをこの人には求めていたわけで、まあしょうがないか。文句をつけるところではありませんね。

DVD『ゲゲゲの鬼太郎』CXで映画『ゲゲゲの鬼太郎』、鬼太郎が隻眼じゃないのは例によって障害者排除なのかとか、猫娘が妙なパンツを履いているのはなんでだとか、なんで三池崇史が監督してないんだとか、言いませんよ。個人的には東宝チャンピオンまつりを観せられている子供の隔靴掻痒感(ガキだと思ってナメてんだろこのアホおとな、と書けば判っていただけるだろうか)も感じつつ、夏の夜に窓開けて西瓜と麦茶で眺めるにはいい映画だったんじゃねえの?

DVD『ゾディアック』DVD『ゾディアック』、えーとその。フィンチャーの映画は『セブン』と『ファイト・クラブ』は大好きで、『ゲーム』と『エイリアン3』はどうでもいいやという感じで。その真ん中へんに『パニック・ルーム』がいる感じか。成功しているほうの映画ではたぶん極端に頭のいい人の書いた脚本を頭の悪い人が監督したらたまたまうまくいったんじゃねえのか。駄目なほうはもう、『ゲーム』とか『エイリアン3』とかグズグズだったもんね。ヘンな監督だなあ。

平山夢明『異常快楽殺人』角川ホラー文庫平山夢明『異常快楽殺人』、「僕は異文化は好きなので」という範疇に入るのかな。入らないのかも知れないが知ったことかい。とても優れた本なので会う人ごとに薦めているのだが、誰も読んでくんないのがつまんない。

DVD『我が家の楽園』DVD『我が家の楽園』、けっきょくキャプラ+ジェームズ・スチュワートは好きなわけで、なんで『スミス都へ行く』の日本語吹替版が出ねえんだよっ!といつも不満には思っている。

本作については、例によって「うまいことやってる奴ら」からドロップアウトしたんだか自由なんだか、既成だが納得いかない価値観を叩き壊したいという意味では『素晴らしき哉、人生!』も要するに同じ話だよな。

DVD『魔女の宅急便』 DVD『スミス都へ行く』 DVD『ジャッキー・チェンの奇蹟』 DVD『うた魂♪』 それでなんかテレビ観た後によその局でジブリ『魔女の宅急便』がかかってて、俺ってばこれの「ブラシを貸してくださいっ!」の後で必ず泣くんだよ。いやまあ『スミス都へ行く』のラストでも泣くし『うた魂♪』の『15の夜』でも泣くし『ジャッキー・チェンの奇蹟』のダンス・パーティでも必ず泣くけどね。


今日の晩飯:

夕刻になって実家から呼び出しがあって、父親が鰻を買ってきたから喰いにこいという。なんだ、けっきょくなぎかよってんで文句はありません。あと豚汁と枝豆。すっかり夏ですね。

ごちそうさまでした。



スポンサーサイト



footcopy