FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2009年7月14日(火曜日)、冗談の上塗り。

夏だ! 海だ山だジルコンズだ!

The Zircons 7月15日の水曜日、四谷三丁目Sokehs RockにてThe Zirconsのライブやります。


出演:
(^ ^)/ The Zircons(1st & 3rd):最大(Vo)、最悪(Vo)、最高(Vo)、最低(Vo)。
(^ ^)/ Free Grass Free!!(2nd & 4th):原さとし(Bj)、小島慎司(Dobro)、渡辺賢一(AG)、南大助(Bs)、竹内信次(Mn)。

場所:四谷三丁目のライブ・レストラン、ソケーズロック、電東京03-5368-1317。地下鉄を出た交差点から歩いて2分。
時刻とか:18:30開店、演奏はだいたい20:00スタート。
木戸銭:2,000円と飲食費、後払い。椰子の芽サラダとボナペの刺身が好き。

秘書課のあの初デートでも大丈夫な感じのお洒落いライブハウスでバカ笑い。最高だぜ。


The Zircons 今日のThe Zircons

明日のライブの曲目案がサンチャゴ田村から届いたのだが(今さらだけど、電子メールって便利ですね)、なんか知らない曲が並んでいて困惑する私。下記はネタバレにもならなかろうと思って書いちゃうというか、これがネタバレになるようならあなたは僕よりもジルコンズの曲目に詳しいわけで、それはそれでどういうことなのよ。

  1. Morse Code of Love
  2. To the Aisle
  3. *
  4. *
  5. Smoky Joe's Cafe
  6. One Summer Night

  7. Tonight (could be the Night)
  8. So Young
  9. *
  10. Sixteen Candles
  11. *
  12. This I Swear
  13. I Wonder Why
The Zircons えーと、アスタリスク部分が「だいたい判ってるような気がする曲」で、タイトルの書いてあるところはほぼ判らん。わはははは、明日はライブだ。そりゃまあ若いころならバンドで「なんで曲覚えて来ねえんだよ」とかよく言われていたけれども、それは頭が悪いから覚えきれなかったわけで。ジルコンズだとまた事情が違って、最悪さんや最大さんや最高さんはまだ歌詞がけっこうあるからトリガーというか覚えるヨスガもあるのだろうが、俺ってずうっとボンボン言ってるだけだもんね。しかもだいたいI-VI-II-Vとかでかわりばえもしないし、というかスリーコードでこれだけ曲のバラエティがあるんだということに驚かされる日常です。もうピアノ弾きながら「9かな、b9かな」なんて悩んでるのがバカみたいだけど、そのぶんジルコンズではベースのくせにテンションノート入れまくってますけどね(判りやすいところだと、エンディングが6だったり5だったりするのは日常茶飯事だ)。

そんでまあ、なんとかなるかなあ。なるといいなあ。


今日の私の市場力:

くら古酒 かつて毎日1本くらいずつ空けていた焼酎が「くら」で、まあ気に入ってはいるのだが4月半ばからこっちは買ってはいない。今日はなんとなく東中野ライフで酒の棚を眺めていたら、いつも買っていた「くら」がない。あれ? 念のためにいつも買っていたセブンイレブンに寄ってみたら、ここにもない。落合駅上のつるかめランドは? ないね。

そうか、俺が買わなくなった途端に市場から消えたか。頑張ってくれ、ヘリオス酒造。年季が明けたらまた買うからさ。


今日のポワチエ:

DVD『夜の大捜査線』 テレ東午後ローは『夜の大捜査線』で、なにがなんでもぜったい謝らないロッド・スタイガーが大好き! 眺めながら「こうありたいものだ」と思うのですよ(これでアカデミー主演男優賞とってやんの。ポワチエどうした)。

僕は映画には詳しくないのだが、監督が『ジーザスクライスト・スーパースター』のノーマン・ジュイソンでやんの。脚本が(スカも多いが)『タワーリング・インフェルノ』だの『ポセイドン・アドベンチャー』だのも書いてるスターリング・シリファントでやんの。こいつたしかブルース・リーの弟子だったような気がする(『キラー・エリート』は演出のせいとして、『ダーティハリー3』とか『スウォーム』とかなんだったんでしょうね)。

ウォーレン・オーツがぜんぜんウォーレン・オーツに見えないのは措いといて、1960年代当時にシドニー・ポワチエってデンゼル・ワシントンだったのかな。いや、本作と『招かれざる客』くらいしか知らないもんで申し訳ない。グレン・フォードの『暴力教室』(アリス・クーパーと関係ないほう)にも出演していた筈でこれはセロニアス・モンク好きとしては哀しい気持ちで観た映画だが、『地獄の黙示録』のモーフィアスが『マトリックス』に出てるなみに判らんじゃった。まあしょうことあるまい。


今日の晩餉:

晩餉 遅くに、白菜の味噌汁、適当に煮た南瓜、ご飯、納豆と焼き海苔。
写真ではご飯がよそわれていないが、茶碗の底がひょうきんだったので撮影しておいた。



スポンサーサイト



footcopy