FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2009年7月7日(火曜日)、すべての歌は民謡。
今日の昭和:

マイケル・ジャクソンも死んじゃったこととて、なんとなくYouTubeで探して『We are the World』など聴いてみる。昭和60年、西暦で言うなら1985年だからまだ公衆電話が赤くて昭和天皇の戦争責任が云々されて携帯電話とパソコンが市井に存在しなかったころの楽曲だが、テレビで流れていたのはよく覚えているぞ。ってか昭和40年代から60年までのカウンター・カルチャーなら俺に任せてくれ。はい、なんの役にも立たないと言ってるのと同じですね。

当時は「つまんねえ曲だな」とは判じていたのだが、今になって観るとむしろ雑多な(と言ってしまおう)歌手を好き勝手に1曲内で歌わせ(て芸を見せ)るためにはこういう単純な曲を作る必要があったんだろうなあ、くらいのことは判る。ボブ・ディランとかレイ・チャールズとかはメロディ無視だもんな。
たぶんあの盛り上がらないイントロ(ジョルジオ・モロダーあたりだろうか。まさかジョー・ザビヌルってことはねえだろう)もそういう必要があっての作りだったのだろうとは思う。百円賭けてもいいが、クインシー・ジョーンズは書いてない。と思う。

当時おそらく出始め売れ始めだったビデオクリップでのリップシンクにも辟易したのだが(そういうくだらないことのできない人がスタジオ撮りだと思う、チェックしてみよう)、製品化するための要件と考えればいまなら腹も立たない。まあそんなこともあるさ。たしか呼び掛け人を引き受けていたらしきハリー・ベラフォンテのソロがないのも凄いし、その隣に無理矢理立たされている感じのダン・エイクロイドが実務は担当したんじゃないかなあ。

当時のシングアウト系だとこれの前がイギリスの『Do They Know It's Christmas?』で、直後にアメリカ組(ってかE-Street Band)の『Sun City』があったと記憶するのだが、さすがにあやふやだなあ。

これは反省しておくのだが、当時「くっだらねえ曲でいい人のふりしやがって」と思わなかったわけでもないことは白状しておく。この時代なら僕はゴドリー&クレームとかキング・クリムゾンとかが好きだ。ニナ・ハーゲンがまだ売れていて、ポリスがベテランになってデュラン・デュランが出始め、くらいかしら。かなりあやふやだが。いまなら売名行為でもなんでも「とりあえず話題にすることは有効だろう」とも思うし、そこは俺が成長したのかあるいは"Don't Trust over 30"の対象となり得たのかとも思うが、まあいいや。どうせ気分で生きてる人生さ。


今日のひまつぶし:

damaged positions まあ画像を見ていただくとして。見ていただいたことにして。


中古で買ったLevi'sの黒いジーンズをよくよくみると、股のあたりがなんかすり切れている。さてはライダーが履いていたかなんかかなあ(平仄は合う)と思っていたのだが、後に横ヤンに聞いたら「それはデブの履いていたものですね」と言う。絵で言うと赤いところ。「なるほど」とも思ったのだがいちいちデブのジーパンを観察することもないわけだが。

そのまた後日に小山亜紀のジーンズを見たら、膝の内側に穴が空いているんだな、これが。機序を尋ねてみたら「あたしゃ足が長いからね」ということで、ほんとかなんだか判んないけどとりあえず緑色のところだ。たぶん歩くのがヘタクソなんだろうなあ。

僕はというとふつうに(自分でふつうだと思っているだけだが)青いところの膝から穴が空いてくるわけで、これが青いところ。


話を総合すると僕とデブと亜紀ちゃんでジーンズを履き廻せばかなり長持ちしそうな気もしないでもないのだが、そこに大きな齟齬があることにクレバーな僕は気がついてしまったのでした。残念なことだ。

今日の理不尽:

昼寝して起きたら、東京電力が来て「カネを払わないと電力供給を停めるぞ」と言う。無茶苦茶である、カネ払わないでNHKの電波停められたやつがいるのか。

そのうち水道局もやってきて、同じことを言っていった。こっちはそんなに困らないことを知っているのでまあいいんだけど。よくねえか。

近所の駐車場を使っている弟がちょっと寄って、クルマを回収しがてらに「これから不在者投票に行ってくる」と言う。「後藤まい、どう?」と言ってみたのだが、新宿区民のくせして候補者の名前すら知らない。まあ、そんなもんかな。



スポンサーサイト



2009年7月6日(月曜日)、世界は「田舎」でできている。

今日の落選:

ジルコンズ(ジオラマ) 例のSummer Sonicの一般参加枠「行くぜ!The Zircons」キャンペーンには、たくさんのご協力をいただきありがとうございました。

本日18:00に投票は締め切られ、僕らは752票を得ての472位(/1845バンド)。残念ながら最終選考には残れませんでしたが、上から2割ちょいくらいなんだから大健闘でしょう。またなにか面白そうなものを見つけたら応募してみちゃったりしますので、今後もよろしくお願いします。いやあ、儂ら一般投票さえなければ強いんですけどね、オジロックもラジオもそれで素通りで出演してるし。どんなバンドだ。

以上、御報告と御礼まで。


今日の読書:

都筑道夫『猫の舌に釘をうて』大衆文学館 都筑道夫『猫の舌に釘をうて』、何度目かの読了。
ネタばらしにはならないので書いちゃうと、

  • 筆者が犯人で被害者で探偵。
  • 単行本を読んでいると思っていたら、実は束見本でした(クプクプではない)。
  • それで中身は恋愛小説。
どうだ、わけわかんねえだろう。

どうでもいいけどヒロインの生まれが昭和7(1932年)年という時点でちょいとひくわけだが、まあ昭和36年刊だからしょうがねえか。存命ならばえーと、いまが昭和84年だから、77歳か。いやまあ死んでるけど。刺し殺されてるけど。


今日の晩飯:

うなぎ 野暮用で実家に寄ったら、台所に立派なお重とお椀が置いてある。あ、源氏の鰻の出前とりやがったなと思ったら、昼に伯母と叔母が遊びに来たらしいのだな。源氏は近在の名店で、ランチの鰻丼はたまにいただく。メニューを眺めているとちゃんと梅干も置いているヘンな店だが、鰻は美味い。

それで晩飯どきとて「なんか食べるもんある?」って言ったら、冷蔵庫からスーパーの鰻が出てきた。中国産。もちろん文句などあるわけもなく、でも鰻丼というのも業腹なので玉子とじにしてみました。


飯塚真司くん 10日のALCafé

ふと思いついて相方のイーヅカシンジくんに「Spain演んない?」ってメールしてみたら、「いいスねそれ」というお返事がきました。あいつアシュボリー・ベースでスペインやる気だぜ、どうなるのかなあ。

今回はなんとなく「単音縛り」みたいなことをしてみようと思っていて、メリットとしては「音がスカスカになる」のと「演奏者がらくちん」なことが挙げられますね。ついでにChickenとか演っとこうかな。単音だとショボいか。あ、ショボくていいんだった。


今日の都議選:

DVD『Dead Line』後藤麻衣 ようよう始まりやがって、新宿区の街宣車が家の前まで来るもんだから(俺ん家は中野区だっつーの)うかうか昼寝もしていられません。ええ、中野区の外れだものだから中野区の候補には鹿十されてますけど。

通り道にも新宿区の掲示板しかなくて、しょうがないからポスターを眺めていたらあらかた全員が画鋲使いで(幸福実現党の人だけホッチキスだったがたいして変わらんな)、ひとりエロすぎる都議候補の後藤まいちゃんだけが糊で貼っていた。

新宿区民だったら一票いっとくんだけどな。残念だな。



明日は、

なんか半端に忙しいぞ。

footcopy