FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2009年5月30日(土曜日)、而るを況や算なきに於いてをや。
はいはい、計画性なんざありゃしませんぜ。

ジルコンズ(ジオラマ) 6月3日(水曜日)、The Zircons
ライブ演ります at 小机メンフィス

小机のパブ『Memphis』 (tel. 045-471-3022) にて、なんか20:00くらいからだと思うんだけど。ふつうにお姉ちゃんがとなりに座ってくれるカラオケ・パブみたいなお店ですが、儂らがっつり聴かせますからお楽しみに。

えーと、「ジルコンズを観にきました」と言うと「お姉ちゃんが付かない料金」なのだそうです。言えば2,500円で済むらしいので、そのあたりひとつよろしく。


6月2日の宣伝もしておく:

※構わねえからブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしたまえ。
Get Adobe Flash Player
Click the triangle to start after your sight get black.




今日の不健康:

昨夜半にいただいたデニーズのなんとかステーキにガーリックソースが効いたんだかなんなんだか、明け方にどうにも元気づいてしまって眠られず難儀する。

やはり湯豆腐体質なのだろうか。
もうどう頑張ってもアングロ・サクソンにはなれないのだろうか。


今日の楽器:珍しいものを見たような。

Panasonic P10 先日のセッションではサンドウィッチ屋さんの隅っこに真っ赤っかのキーボードが置かれていて、おや店置きでNord Electroとは贅沢なと思ったら、これがピアノの音が出るだけのソリッドな品で、たいへん気に入りました。いやまあ獲物はなんでもいいんだよね、俺。ハモニカ吹いてもピアノ弾いてもウクレレで歌っててもおんなじって言われたことあるし。

しかしなんだったんだろう、Panasonic P10。思いっきり「Digital Piano」と銘打ってあるのだけれども、サイドにスライド式のボリュームが付いているのはいいとして、その上にある「Tune」という半固定のバリコンだかバリオームだかはなんなの? とうぜんMIDIのINとOUTも付いているのだが、あのバリコンだかバリオームだかのデータってやはりMIDIから出力されるのだろうかしら。まさか。

タッチはそこそこ重くて、反応もいいし音も生ピアノっぽかったし、いい楽器でした。ってか僕ならあれで充分だな。


今日の楽器:珍しいものを使ったような。

Hohner XB-40 そのセッションにはなんでかホーナーのXB-40も持参して、ちょいとブルース吹いて玉砕してきました。ったく、商業レコーディングまでしとるっつうのにしょうがねえな。

CD『Natural Wedding Pastel』 物件はダイアトニックのふつうのハーモニカで、ただしベンディングがどこまでもかかること夥しい。ドローでもブローでもポジション問わずに全音くらいはすぐ落ちちゃうもんだから、却ってコントロールがややこしいのですね。セッション終わったくらいでなんとなく判ってきたので、また挑戦して玉砕しよう。そうしよう。


今日の楽団:珍しいものを誘っちまったような。

セッション廻りで知り合った某歌女子から「バンドやるんで付き合ってくれませんか」とのメッセージが届いたもので、「都合があえば構いませんよ」くらいの上からのお返事をしておく。爆弾を抱え込んだことを彼女は知らない。

ところでお返事に「りびけんさん忙しいのにすみません」と、さいきんよく言われる台詞があったのだが。「都合があえば」と言っておろうが、というのは措いといてなんでみんなして僕のことを「忙しいひと」だと思っているのだろうかしら。ここまでぐうたらで発展性もないといっそ見事だと自分では思っているのだけれども。いや文句などありませんが。


今日の木村拓哉:

午後のまったりとした時刻あたりに流れていたTBS『Mr.Brain』の再放送を眺めていたら、木村さんが「なんとかのかんとかだと脳のこの部位が反応を」とか言いながら3DCGを示すのだが、海馬傍回の部位は正しいとしても全脳のCGのほうはまわり続けていた(ので「この部位」なんて言えたものではない)もので台無しでしたな。

海馬傍回の話ならば「目撃した人の話」とかの直近の記憶なのだろうか。
せっかく楽しい話をしてくれているのだから、あと一歩。もうちょっと。


今日のバカ:

視力の問題ではなくて、文字が読めねえ。まだ東京都のVDT作業基準とかがなかったころにVDT重労働をしていたころに「目が見えねえ!」とか言っていたころに似たような症状はあったのだけれども、いまはそんなに無茶もしていねえわけだし。

右脳ヤレたかなと思って念のため『グエムル』だのキングコングの『ムシムシ大行進』(谷、ね)など眺めてみたら面白かったので、パターン認識野と意味認識野の「橋」あたりが潰れたか。

まあ明日まで待ってみるさ。
とりあえず悪鬼羅から大量のメールが来ているのに肝心の中身がいっさがっさ把握できない。



スポンサーサイト



2009年5月29日(金曜日)、それで台東区にいたもんで。
謎のピアノ アメ横を流しながら「あれ? なんかあったな」と思いながらカズちんにメールしてみたら「ドゥービーズでセッションですよ」ってんで見当をつけて歩いていたら「ドゥービーズ」という看板はあったのだが、看板の脇に「サンドウィッチ」とも書いてある。じゃあ違うのかなと思いながら扉ごしにお店を覗き込んだら、いつものホストの終電ダッシュくんが僕に気づいて手を振っている。

目が合っちゃったもんだから、手を振り返してそのまま帰っちゃいました。


それはそれとして、ヒロゾーからの問い合わせで「ジャズピアニストを捜しているドラマーがいるのだが紹介していいか?」って、「紹介していいか?」のぶぶんはまずギャラ絡みだったらしいのだが、僕はまずはギャラがなくても百万円でも遠慮会釈はしないので構わないのだが、僕をジャズピアニストとして紹介するところに問題がありゃせんか。僕は構わないのだけれども。

帰りがけ、たまに獣肉も食わなきゃと思って東西線落合駅上のデニーズに寄ってみました。リブロースステーキが1,200円がとこ、まあまあでしたね。
footcopy