FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2009年5月27日(水曜日)、倍プッシュだ。


6月3日(水曜日)、The Zircons
ライブ演ります at 小机メンフィス

小机のパブ『Memphis』 (tel. 045-471-3022) にて、なんか20:00くらいからだと思うんだけど。ふつうにお姉ちゃんがとなりに座ってくれるカラオケ・パブみたいなお店ですが、儂らがっつり聴かせますからお楽しみに。

えーと、「ジルコンズを観にきました」と言うと「お姉ちゃんが付かない料金」なのだそうです。言えば2,500円で済むらしいので、そのあたりひとつよろしく。


6月2日の宣伝もしておく:

※構わねえからブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしたまえ。
Get Adobe Flash Player
Click the triangle to start after your sight get black.

6月2日の夕刻には横浜で字幕も叩いている予定なので、そっちのことも書いておく。
構わねえからおまえは観に来い。

書いたか書かなかったか忘れたものでいちおう書いておくのだが、たとえば聴覚障害者が映画なりテレビ番組なりを観ようとする場合に、障壁となるのはまず「音声」だろう。ここまでは説明はいらないね? 女優のオシダリさんの「好きな女優」がメグ・ライアンであるのは、まず「字幕付きの映画で活躍されているから」だと思うの。もうひとつ「表情が豊かだから」というのもあると思うのだけれども、まあそういう話だ。

あなたに現状で聴覚障害がないことを前提として話をどんどん進めるのだけれども、そういう前提で言うならばバリアフリー映画祭にあなたが来てみることにメリットはない、かもしれない。というか、無いよな。字幕付いてたからなんぼのもんじゃい、儂にゃ関係ありませんよ。そうだろうね。俺にも関係ない。現状でぜんぜん。

さて。
加齢によって聴覚は確実に衰える(たぶん蝸牛管が先端から麻痺していくので、高い音から聴こえなくなっていく)。この状況は僕にもあなたにも確実に訪れる。
そんな先のことでなくても、携帯用の音楽再生装置を使っているひとならば、所謂ところのウォークマン難聴にはなる。第一世代がまだせいぜい40歳代だから顕在化していないだけのことで、蓋然性は意外と高いと思うのね。
そういえば密閉度の高いイヤホンを耳から引っこ抜いたら鼓膜が破れたというひともいらっしゃいましたね。いやそういう話もあったということで。

阪神大震災の折りに、東京在住の僕が芦屋まで肉とか水とかタマゴとかをガラガラに載せてお見舞いに行ったことがある。東京駅でガラガラを引っ張りながら中央線から新幹線を目指して、あまりの段差の多さに辟易したのを覚えている。そうさの、そういうことがないと車椅子での移動に対する社会の態度というものが判らない、という話だ。

あなたには現状で聴覚障害はない。
だからバリアを排した映画祭などに来てもメリットはない。
かもしれない。

そういう話ではなくて、そういう気配りをしてみた映画祭に来てみることで「どういう気配りがあるのか」乃至は「できるのか」ということが判るの。


聞いた話でバカじゃねえのと思ったのが、NHKがテレビのニュースに字幕をつけるのにちょっと研究して、「語尾は省略しましょう」という結果を出すのに500,000,000円使ったんだって。五億円ね。誤植くさいのでもういっかい、ごおくえん。こんなもん現場にいる人間なら全員知ってる、省けばいいのは「否定の語尾」だよ。

あるいは全難聴の高岡会長には「あんなやつとつるんでちゃダメだよ」と百回言ったのにあんなやつとつるんで日本の聴覚障害者福祉を潰した。2年くらい前に聞いた話で「あんなやつ」とつるむのをやめたんだそうだが、その理由が「話を聞いてくれない」とか「マダラボケみたいだから」とかって、ずうっと前からそうだったよあのひとは。

今回の横濱字幕について言うならば、たとえば受益者、つまり字幕を眺める聴覚障害者の来場申込がなければ、字幕は付かない。情報保障は付かない。予算なり補助なりが出ないし、登録要約筆記者も派遣されない。しょうがないから悪鬼羅が動いた、泉谷しげるがそれに乗った、という話だ。と思う。実のところ悪鬼羅や泉谷しげるがカネヅクで動いているのかもしれないあたりは否定しないのだが、俺的には話の筋道が立っているからOKなわけね。

なんで字幕が付いているのだろう、なんてことは思わなくて構わない。
新宿高島屋の歩道の点字ブロックがなんでグレーから黄色に変わったんだろう。
西武新宿線中井駅のエレベータはなんでこっちからあっちまでシームレスなんだろう。
中井界隈に住んでいるのに、なんで飯田橋に行くのに東西線じゃなくて大江戸線を使う婆さんがいるんだろう。
そういう小さなところに興味を持つために、ちょっと来てみていただけると楽しいと思うの。


ちょっとものすごいことを書くのだけれど。

10年くらい前ならば、世界でいちばん日本語PC要約筆記が上手なのは僕だったの。打鍵や入力の巧拙ではない、駒としては優秀な人こそいたけれども俺がいてこそ。言っちゃえば有象無象ばかりで、むしろ差配の悪鬼羅がよくやっていた感じか。

ほんとうにものすごいことを書いたのだが、このへんが正直なところ。全要研のやってるPC要約筆記なんてクズだよ、どうしょもない。


それで2日に字幕やって横濱泊まりで3日の夕刻からライブだもんで、3日の昼間に中華街あたりでデートしてくれる女の子募集中なの。
うっかりするとAuftaktとホテルの朝食バイキング、昼飯は悪鬼羅と東方飯店でエビチリ定食って、冗談じゃねえよ。
今日の『グエムル』:

DVD『グエムル』 ざっくり語ると。

  1. 怪獣出ました!
  2. 娘が攫われました!
  3. 父ちゃん大騒ぎ!
  4. 政府系Men in White役立たず!
  5. 家族揃って怪獣退治!
いい映画です。元締に押し貸しすることにしました。ざまあみろ。



スポンサーサイト



2009年5月26日(火曜日)、キャディラックだね。


6月3日(水曜日)、The Zircons
ライブ演ります at 小机メンフィス

小机のパブ『Memphis』 (tel. 045-471-3022) にて、なんか20:00くらいからだと思うんだけど。ふつうにお姉ちゃんがとなりに座ってくれるカラオケ・パブみたいなお店ですが、儂らがっつり聴かせますからお楽しみに。

えーと、「ジルコンズを観にきました」と言わないと「お姉ちゃんが付く料金」なのだそうです。言えば2,500円で済むらしいので、そのあたりひとつよろしく。


左からデブ、ハゲ、俺、あと小山亜紀。

デブは体重が1トンある。これだけで凄い。
ハゲは、まあいいや。
俺は措いといて。
小山亜紀は、ミラ・ジョボビッチ主演の映画はすべてがこいつをモデルにしている。

面白いと思うよ。


今日の清志郎:

なんとなくウクレレをちゃかちゃか演りながら『雨上がりの夜空に』を歌っていて、とちゅうで『ダーリン・ミシン』にヨレてしまったついでにそのまま『トランジスタ・ラジオ』に行って、エンディングどうしようかなと思っているうちに『体操しようよ』になっていた。

俺天才なのかダメなのかよく判んない。


今日の人助け:

煙草を買いにいった帰りに落合公園の奥のほうの羊歯の様子をみにいってみたら(趣味です)、羊歯のある植え込みの裏におっさんが倒れていた。なんとなく血まみれ。おっさん大丈夫か救急車呼ぶかみたいな感じで声をかけてみたら、なんかおおごとにはしたくないようで一万円札を渡されて、まあヒマなんで言われた通りにコンビニまで行ってガムテープとお砂糖と水と整髪料を買ってきました。おっさん、創傷と火傷には整髪料を塗り込んで上からガムテを貼って、砂糖水を飲んでから礼を言って、寝ましたね。

いちまんえんのお釣りをお駄賃で頂戴してしまった。いいのか俺。
たぶんゴルゴ13だったんだと思うんだけど。


今日の夜遊び:

機長なにをするんですか 東中野のキングビーがなんとかキャットになっていまはプリズン・トーキョーになっているライブハウスでセッションがあるというので、ちょっと行ってみる。東中野駅はまあ近いこた近いんだけど、家から行くと最寄りの中井駅を通りすぎて落合駅を通りすぎて東中野駅に着いたと思ったら駅の反対側まで歩いていくわけで、体感距離としてはものすごく遠いぞプリズン・トーキョー。まあしかたないのだが。文句もないのだが。

なんか僕を識っているらしきお姉さんに「どうすればそんなふうに弾けるようになるんですか?」って訊かれて、いやなんとなくみたいなお返事をして。「練習もしません」と言ってみたら、「Golden Eggでも"あのひとは練習はしません"って言ってました」ってどういう機序でどういう噂を流してるんだよキンタマ! いやまあ別にいいんだけど。どうせ練習なんかしたことないし。

今日はちょっといっぱつ仕掛けをやりまして、演奏後にヒロゾーくんに「いまのオルガンソロ、よかっただろ」って言ったみたらそんなことを否定する人間はいないわけだが、やたら音量をあげてツーコーラスで逃げるという必殺技をカマしていたのでした。よし、こういうときだけ俺最強。

ハコとしては、もうちょっと生楽器(たとえば歌)系の音量と返しがあるとよかったかなあ。以前はアコースティック系のハコだったのだが、さいきんはお皿系も多いみたいでちょっと惜しい、みたいな。


学術的
ひとつばなしをひとつ。

おもいっきりフォービートのセッションをやっていたころの同じ場所で、ステージのドラムスの周囲に透明のコンパネみたいなものが設置されていました。とうぜんハウリング防止のための防音パネルなのだが、同道の女の子に「あの板はなに?」って尋ねられたもので「ドラムスのひとはヘンなニオイがするので」って解説していたら、となりに座っていたのがドラムスのひとで滅茶苦茶怒られた。わはははは、知らん。


今日のお買い物:DVD篇。

DVD『グエムル』説明不要 DVD『ゾディアック』 東中野駅の東側出口から早稲田通り方面に向かう通りにあるスーパーはかつて「ユネスコ」とかいう名前ではなかったと思うのだが、そのユネスコでお刺身とか買ってみる。

家の近所のレンタルDVDで中古DVDを、これは580円というシリーズがあったので『グエムル』と『ゾディアック』を買ってみました。前者は韓国製の純粋怪獣映画で、たぶんロードショーで観にいっている。後者はぜんぜん知らない映画なのだが、殺人鬼好きとしてはゾディアックときたら買いでしょう(ひとでなしだな、俺)。どうせ監督もデビッド・フィンチャーだし、そうそう損もしないでしょ。


ところで髪染めたい。
footcopy