FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2009年5月1日(金曜日)、荻窪でライブでした。

Reviken Live Alone at Ogikubo ALCafé
Friday May 1st, 2009
20:45-21:30
Menu:
  1. 家とカサ
  2. Crazy G
  3. Smoke on the Water
  4. ゲゲゲの鬼太郎
  5. 救急車
  6. 猫踏んじゃった
  7. 長い髪の女
  8. Close to You
  9. Coffee Rumba
  10. 悲しくてやりきれない (Reggae Ver.)
  11. Save the Last Dance for Me
  12. Over the Rainbow
  13. いつも何度でも
  14. 涙そうそう
  15. Sixty Minute Man
  16. 上を向いて歩こう (Blues Ver.)
  17. 雲雀よ雲雀
  18. All of Me

今日はアルカフェさんでライブなので、早めに荻窪に出て本むら庵かグロッケンシュピールで蕎麦でも手繰ってと思っていたら、昼間の仕事中にいきなりプリンタのインクが無くなるという間抜けな事態。近所だと島忠かオリンピックだなと思って電話で在庫を問い合わせてみたらこれが無いもので、しかたがないので都会のカメラ量販店まで行って買い込んできて、と。アルカフェに到着したらもう19時でしたが、まあしかたあるまい。

対バンの舞花さんはギターの弾き語り+同じくギターのNALUさんとのデュオで、よく伸びる声と元気さと微妙な渋さが心地よい。欲を言えばもっと前に出てくる感じが欲しかったかもしれないけれども、そこはそれ「俺が俺が」のおっさん(俺)の謂ではあろうなあ。まだ18歳、さきが楽しみです。
僕のほうは、なにしろ単独ライブをシラフでやるのはたぶん史上初だもので、だからどうしたというと別にどうもしないのだが。とりあえずストレートど真ん中真っ向勝負という心算で勝手にPAのリバーブをオフにしてボーカルの低音部をがちりと上げて、歌とウクレレソロを交互に演るという感じでした。『長い髪の女』だけ、ウクレレでどう演っていいのか判んなかったのでピアノの弾き語り。いちおう声は出ていたものとは思うのだが、ここんとこはリーダーライブでもギターだのベースとのデュオが多かったものだからちょっと甘え根性が滲んでいたかもしれません。まず反省するとするとそこかな。それと、ハーモニカも持っていったのだが使うのを忘れました。まあいいか。

コシアブラ 終演後、聴きにきてくれていた中チンとなんでか越中郷土料理「魚津」で一杯。中チンはビール、僕は氷水。食い物の面白い店で、魚の「ハタ」、謎の野草「コシアブラ」、ホヤ刺、白魚、蕗味噌焼き、焼き納豆、ご飯といった感じ。5,700円のお勘定を割り勘にしようとしたら、中チンが「2,000円だけお願いします」って言ってあと奢ってくれました。自分は酒も飲んでるからということなのだろうけれども、さて酒を飲んでいた時分の私がそんな瑣末なことを斟酌したことがあるだろうか。まあいいか。



スポンサーサイト



footcopy