FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


手帖出して3月11日(水曜日)の欄に「池袋Z」って書け。

3月11日、ライブ演ります:

2009年3月11日の水曜日、池袋東口徒歩近のFree Flow Ranchにてアカペラ・ドゥーワップThe Zirconsのライブを敢行します。20時くらいから2~3時間くらいかしら。毎回満席だものですから、当日でも構わないのでなるべく予約してください。Free Flow Ranchさんの電話は03-5952-6599


The Zircons Circle 演し物は、なんか四人組がただ歌ってるだけ。あらかた昭和歌謡とフィフティーズで、たまに踊ります。演奏中に譜面をガンミしてるように見えますが、譜面はない(読めない書けない)ので歌詞カードです。あまり期待しないで軽い気持ちで眺めにきてください。

ウリは、やはりフリーフロウランチの料理ですかね。儂らの面子にひとり150kgのデブがいるのですが、毎回さらに太って帰ります。こないだは太りすぎでFree Flow Ranchのトイレの便座を壊しました。太り過ぎでグラスも割りました。身体も舌も肥えている人間が喰いすぎるのですから、推して察してください。

木戸銭とくにいただきません。単に飲みにきて、あれ? あっちでなんか演ってるなくらいのスタンスでパエリヤなりと食べていてくださいませ。いちおう投げ銭の帽子が廻ってきますが、そんなもん払わんでよろし。晩飯のついでにどうぞ。




スポンサーサイト



2009年3月5日(木曜日)、こういうのを忙しいとは言わない part II..
T-232健康骨盤ベルト 胸痛はたしょう緩やかになってきたのか単に僕が馴れてきたのか、とりあえず現象面ではよい方向に向かっているようです。あと流行りの乳バンドを昨日まで裏返しに装着していたらしきことが発覚、賢いようでもまだ骨折素人ですね。

昼間にちょいと走るべき機会がありましたが、まだちょっと無理がありますな。3メートルで断念。
そのへんに積んでおいた段ボール箱を潰して縛って集積所に運ぶ、というのもやってみました。なんとびっくり、昨秋に買ったトロンボーンの空箱が玄関の隅に置いてありました。どうも狭いと思ってたんだよね。そういう作業には支障もないみたいです。


今日のジャズピアノ6連弾:

野暮用で池袋に出たついでに、芸術劇場の『JAZZ 6 PIANOS』を見物。ステージに蓋のないコンサート・グランドが6本並んで、変態ピアニストの超弩級がざらざら並んでおる。島健ソロの『Blue in Green』なんか俺がタイトル判んなかったもんな、しょうもない。

あ、山下洋輔、小原孝、佐山雅弘、国府弘子、塩谷哲、島健といった感じです。敬称略順不同。国府さんとはちょっとだけお話ししたことがありますな。道を訊かれて教えた。九段下で普通に教えたからさきさまぜったい覚えてないけど、僕はほかにも谷啓に道を教えたり西武新宿駅で色川武大を起こしたり向谷実にテーブルタップを貸したりして遊んでいるのでした。ライブハウスではだいたい全員を聴かせていただいているかしら、でも最近はとにかくご無沙汰で申し訳ありません。

演奏のほうはもう上手いとかそういうことは措いて、阿呆な企画だけど演ってて面白いぜと全員が思っていて好き放題を演ってる感じ。ええ、褒めてます。僕は個人的な事情でちょいと眠かったのが申し訳なかったのだけれども、半分寝ててもどれがどなたの音かくらいは判っていたので勘弁してください。なんかプリペアド・ピアノが混じっていたような気がするあたりだけ、見当がつきません。なんだったんだろ、あれ。

音響はたぶん本生で、頑張ればフルオケと対抗できるジャズピアノなんだから、なんてちょっと思いました。傍証としては、フルオケと対等に渡り合えるドラムセットともピアノが対等に渡り合っていることが挙げられましょう(←問:この論のどこが間違っているのかを論証しなさい)。それにしても山下洋輔ってやっぱり音でけえな。

極私的には、佐山さんのゴリゴリがちょっと物足りなかったのが小さく不満、島健さんのポール・ブレイ風味が好き、国府弘子が若っ、って感じでしたか。あとは無茶振りするなら「ピアノ6台を連ねてしかできないこと」でもまだなかったような気もするので、まだ先を観たいような気のせいはしているのでした。

ツレが国府さんのCDを買っておりましたな。『Amazing Grace』が気に入ったそうなので販売ブースで僕が「これちょうだい」って指定してあげたのだが、原作に忠実でないこと夥しい今日のライブバージョンで録音されている筈もなく、知らんてば。

footcopy