FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2009年2月4日(水曜日)、合格弁当に茗荷が入ってた。
07:00起床、ご飯に納豆、縮み菠薐草の味噌汁、奈良漬、キャビア。
今日の断電断線:

オールガス化 今日はそろそろ東京電力からの電力供給が停まる。じゃあまあ6,000円くらいだから支払っておくかと思って朝から11月分の伝票を捜すのだがみつからない。しかたがないから東京電力に電話してみようと思ったら、携帯電話も料金未払いで停まってやんの、わっはっは。電話のほうの伝票はあって、12,900円? 基本的に電話をかけない僕は粗末なプランで契約しているのだが、年末あたりは入院騒ぎだなんだでけっこう使ったからなあ、まあしょうことあるまい。

中井駅前の銀行まで歩いて現金を20,000円ほどつくって、お隣のコンビニで携帯電話料金を支払って、10分ほど待ってから東京電力さんに電話してみる。通じた。それで事情を説明しつつてくてく歩いて落合公園まで来たら、僕ん家の路地から出たところに東京電力さんがスクーターを停めてなにやらしている。うかがってみたら、ちょうど僕の家の電力供給を停めたところなのだそうです。それでとっとと料金は支払って、電力は復活させていただいて、とりあえず大過なくってところか。

たまたま係のひとに出会ったからよかったようなものの、そうでなければ淀橋あたりの東京電力営業所まで行く破目だったので、午後が潰れなくてよかった。というわけで落ち着いて仕事、の前に水道代って払ってたっけ俺。


今日の嗅覚:

お風呂 昨日は、大富豪邸に大理石のお風呂を借りにいったついでに、風呂掃除もする。たぶん酸とか使うと腐食するだろうから(詳しくはない)、束子でごしごし。ごしごし。それで風呂場の窓を開けてみたら、ふとガスのにおいが漂った。全自動ガス給湯システムは異常なく動作しているようなので、この家じゃねえよな。

念のため裏庭に出てくんくんしてみると、やはりちょっとガスくさいような。じゃあお隣かな?と思ってちょっと知ってるお隣さんに行ってみて、奥さんにこれこれと訳を話して庭に入れてもらって、ふたりでくんくん。奥さんが「LPガスのにおいですね」って、嗅ぎ分けたよこの人!


塀ひとつ向こうは、書いちゃって構わないと思うんだけどレオパレス21。ついでに書いておくと、おそらくは韓国籍のかたがたくさん入居しておられて、ポストの名前にいちいちルビを振ってくれているのでずいぶんあちらの姓名の読み方を覚えました。そのレオパレス21に廻って、掲示板に管理センターのフリーダイヤルが記載されていたものでちょいと電話して、苦情じゃなくて念のためですけどと言いつつ事情をお話ししてみました。よし、できることはやった。あと知らん。


ガスボンベ 帰宅してのんびりとしているところに、知らない電話番号から架電。これがレオパレス21さんからで、僕もとくに名乗ったわけではなかったのだが番号通知はしているからね。あのお姉ちゃん、しっかり記録してたんだな。それでレオパレス21さんの言うことに、僕が大理石をごしごししていたまさにその時刻に、レオパレス21ではプロパンガスのボンベの付け替えをしていたのだそうで、僕も宇都宮時代には使っていたから判るけれどもそりゃあ多少のにおいは発生するわな。たぶん10戸くらいは入居している筈だから、ガス・ステーションなのかしら? とまれ丁寧なご対応、ありがとうございました。


今日の104番:

それで、お隣の奥さんにも事情はご説明しておいたほうがいいなと思って、でも電話番号とか知らんしメールアドレスも交換しておらんので、携帯電話から104に電話して調べてもらいました。それで奥さんに電話してこれこれとお話しして、いよいよこの件終わり。

と思ったら。

数時間ほどして、SoftBankさんからメールが届きました。

>>さきほどご案内した番号です。
>>03********
へえ。
  • 僕が問い合わせた104がNTTじゃなくてソフトバンクだったらしいこととか、
  • ご親切にこんなことまでメールで教えてくれるんだとか、
  • LPガスと都市ガスとを嗅ぎ分けるひとがいることも含めて、
いろいろと学ぶことの多い日でした。

さて、自宅の都市ガスのレンジを無駄に吹き消してみて「嗅ぎ分ける練習」をしたものだろうか。たぶんやらない。


今日の火災報知機:

消火器 ガスつながりで、朝のニュースワイド(たぶんCX)を眺めていたら火災報知機の紹介があったのだが、登場する火災報知機がどれもこれも異様に高い音で鳴り響くのが気にならないでもなかったかしら。たぶんおそらく勘で言うと1KHz界隈だったと思うのだが、老化による聴力減退は蝸牛管のさきっぽから始まるので、逃げおくれやすかろう老人には高い音は聴こえづらいものと思う。むしろ重低音が断続してドドドドと鳴るとか、ものすごくくさいにおいを発生させてみるとか、いっそのこと火事を検知したら爆発してみるとか(冗談は言っていない)、なんか手だてはないものかしら。

そういえば、僕ん家には火災報知機はないなあ。消火器だけ、「消防署のほうから来ました」というひとが10年くらい前に無料で置いていったものがどこかにある筈だが、使えるんかいなあれ。


今日の笛:

AKIRA de Cantat

  • Chitty Chitty Bang Bang (in C) ハマる。
  • Lupin the Third (in Gm)
  • 'Round about Midnight (in Am)
  • I've Just Seen a Face (in G)
  • I am a Rock (in G) Simon and Garfunkel
  • Boxer (in C) Simon and Garfunkel
  • Led Boots (in G)
サントリーホールでは実はけっこう演奏がぼろぼろだったソプラノ・リコーダーなのだが、好きな曲なら吹いているとけっこう楽しいし、それなりにひとさまに聴かせられるレベルでもあるとは思うのだが(ensemble PMSの皆さん、石を投げないでください。ぶつけないでやめて)。

山野楽器で眺めてきた感じでは、音色は材やらなんやらで変わるのだろうが、操作感は変わらないんじゃないかな(音の出はとうぜん違うとは思うが)。もうちょっと練習して、春くらいに新品を買い込む感じで行こうと思っているのだが、それでいいかしら。


今日のお買い物:靴。

黒革靴 チェコ軍ドレスシューズ

さて、クラシカル合唱の『昭 de カンタート』に履いていく靴がない。

最後に合唱の演奏会に歌手として乗ったのは10年ほども前だろうか。たしか上高田から上落合への引越に際してトランクを持ち上げたおりにぎっくり腰を出来して、そのリハビリテーションのために歌ったものと記憶している。

そして10年ぶりにクラシカルの合唱のステージで、衣裳はたぶん黒いスーツになんかてきとうなネクタイなんだろうけど、カジュアル方面生活者は黒い靴なんか持ってねえよ。というわけで昨日は新宿界隈でABC Martをへめぐってきたのだが、どうやらネット通販のほうが安いな。

というわけでネットで博打注文してみたのが上画像左で三千円、ついでに500円だってんで頼んでみたのが上画像右の「母用ブーツ」です。ロングノーズとか履きたくないし、革質が安いのも好かないのだが、さてどうなるかな。楽しみだな。

けっきょくサイズとか幅とか質感とかが気に入らなかったもろもろは、悪鬼羅に送って処分してもらう予定。よろしく頼む。


今日の夜遊び:

野暮用帰りに新中野弁天の前を通りかかったら、なにやら歌ものセッションを開催するとあったものでふらふらと寄ってみる。鍵盤はほぼ僕ひとりで、調子こいて『また逢う日まで』とか『雲雀よ雲雀』とか『枯葉』とかそんな感じで弾いたり歌ったり。

帰宅して、レトルトご飯とレトルトカレー、生卵と茹で卵。



スポンサーサイト



footcopy