FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2009年1月28日(水曜日)、おかえりなさい。
今日のレタード・ジャケット:写真提供:フクナガプレス

洗浄後 フクナガプレスさんにクリーニングをお願いしていたスタジアム・ジャンパーが帰ってきました。もともとは15年くらい前に新品だかアウトレットだか忘れたけど購入したもので、あたしゃ物持ちが異常にいいのでけっこう頻繁に着ていたわけ。昨年くらいにさすがに限界を感じてはいたのだが。
洗浄前 昨秋に紹介してくれるひとがあって、石川県の白整舎フクナガプレスという洗濯屋さんにちょいと照会してみて、とりあえず現物を見てもらおうということで今年になってから有無を言わせず現品をお送りしたら、あまりのボロさに店員さんが驚いたという笑い話がありましたな。
洗浄中 それでもあきらめずに水でじゃぶじゃぶ洗ってくださったようで、知らないひとが見たらただのボロいスタジャンだけど、加工前を知っている身としては感動的に甦ってきているわけなのだけれども。まあいいさ、俺とフクナガさんは知っている。

ありがとうございました。


※翌日追記。

フクナガさんとのメールのやりとりはけっこうありましてね、懇切丁寧に対応していただいています。本日頂戴したメールには、以下のようにありました。
>>洗浄液が真黒になるほど汚れが落ちたのも~中略~

>>通常のスタジャンであれば洗浄液が茶色くなる程度ですが、今回のスタジャンは今までにないくらいの汚れ落ちでした。スタッフも洗浄前よりもスタジャンが軽くなったと言っていました。

自称「真っ黒」洗浄液 自称「真っ黒」洗浄液
ちなみに写真左はフクナガプレスさんのblogからパクってきたかつての「真っ黒になった洗浄後の洗浄液」の画像で、右が今回の「スタジャンを軽くした洗浄後の洗浄液」です。明らかに勝ったな、
この程度で「真っ黒」とは片腹痛いわ、わっはっは。

ひょっとしてとんでもないものをお願いしてしまったのではなかろうか、なんてふと気づく私。だって、名の知られたスタジャン洗浄のプロの皆さんなのだから「汚れたスタジャン」なんてものは日常見馴れているであろうに、そのプロをも驚嘆させた俺のスタジャン! ってかもうちょっとちゃんとしようね僕。


補修前の袖口 補修後の袖口
袖口のリブも、スタッフさんは「全とっかえ」を提案なさったそうですが、フクナガさんの意向で編込修復にしていただいたのだそうで、嬉しゅうございました。初期段階で「袖革の色補正」も提案していただいたのに「そんな"新築そっくりさん"みたいなことをしてもねえ」と言っちゃったあたりを汲んでいただいたものと思います。さすが判ってらっしゃる。

おまけで、「知人のブランド大好き富豪夫人が革製のスカートに染みを作ってしまって悲しんでいるのだが、なんとかなりませんか」とも問い合わせておいたのね。

>>ご友人の方の件も承知しました。革のスカートのシミであれば問題なく修復できるかと思います。ご連絡があればすぐに対応させていただきます。
との由。はい紹介1件。ついでに高校のときに買ったMA-1もお願いしちゃおうかな。こいつはこいつでちょっと凄いことになっているのだけれども、フロントの着合せが縦波じゃなくてジグザグになってるビンテージだったりするのでした(20年経つうちに勝手にビンテージになっただけですが)。


DVD『メジャーリーグ』 見れば判るが、背中のロゴは貧乏野球のクリーブランド・インディアンズ。胸のCはfor Clevelandだろうな。傑作映画『メジャーリーグ』の舞台となった球団で、たぶんその映画を観たからこれ買ったって感じだったんだろうな。映画の公開が1989年で、スタジアム・ジャンパーの購入はおそらく1990年か1991年であろう。なんだ、20歳近いのねこの子。

そうすると最盛期は1990年代半ばで、当時飼っていた柴犬の二郎さんのお散歩でもよく着ていたように記憶している。


今日のお墓参り:

二郎さん 実家の母がめずらしく昼飯にラーメンを食べたいなどと言い出して、まあどうせ昼飯は食べるわけなのでスタジャン着込んで作りに行く。具は先日の肉野菜炒めがあるからいいとして、肝心の麺のほうは近所の生協にいつもの冷凍ラーメンがなくて、西落合まで買いに出たのだがイセミツでも売られていない。仕方がないのでもうちょっと北上したところで、5分も歩くと二郎さんの菩提寺があるのに気がついた。

どうやらスタジャンが二郎さんに呼ばれましたかね。

きずな塚 蓮華寺に併設されている哲学堂動物霊園というところで、二郎さんご逝去のおりに「清掃局に出すのもなあ」と思って、いや清掃局でもちゃんとお葬式めいたことはしてくれるらしいのだが、念のため蓮華寺さんのほうでいちばん安い2万円のコースでお願いしました。命日は1999年1月2日で、たぶん永世供養だと思うので毎年の初詣はここに決めている。まあ犬なので御利益とかないみたいだけど、構わんでしょう。
愛犬元気缶 近所のコンビニでいちばん高いドッグフードの缶詰(でも128円とかだった)を買っていって、合祀されているらしき塚に奉納して、作法をまったく知らないのでなんとなく二礼二拍手一礼して、そこから落合南長崎の生協まで歩いて冷凍ラーメンと煎り胡麻を買い込んで実家へ。それでラーメン作って母に食べさせたわけ。


今日のアイルランド:

DVD『ザ・デッド 「ダブリン市民」より』 某人がちかぢかアイルランドに観光旅行に出かけるというので、ちょいと頼まれてアイルランド政府観光庁にアクセスして資料をいくつか取り寄せてあげる。面白いもんで、請求する資料の「重量」を計算して手数料を教えてくれるんだな。そんなことでてきとうにいろいろ頼んでみたら書類の重量が1.5kgになりました。

頑張って読んでくれ。


絵本『L'UOVO E LA GALLINA』 今日の鶏と卵:

知人某が某所で行うライブの案内をネットで眺めていたら、

>>日時: 2009年2月14日(土) 18:00~(開演は17:30)
とある。別に18:00が出番というわけではまったくないので、いちおうメールで連絡してあげたけどね。間違ってなかったらそれはそれでシュールだなあ。

挽肉と野菜炒め(味付とくになし)
明日は、

ちょっと区役所へ。
お昼はまたしてもラーメンを予定。いや、具が余っちゃったものだから。



スポンサーサイト



2009年1月27日(火曜日)、これといってとくになし。
おはようございます、前号のビッグコミックを買いそびれたのに今号も近所の(五の坂下の)サンクスになくて絶望しているりびけんです。

アクション、スピリッツ、モーニング、オリジナルとROM落ちしてきて最後の砦だったビッグコミックもこれを機に堕ちるか。なさけないことだ。


挽肉と野菜炒め(味付とくになし) てきとうに起床、お洗濯など。

昼からちょいと実家によってラーメンなど作っていたら、肺病病みの母が「ひさしぶりにラーメンもちょっと食べたい」というのであてがってみる。たしか油分を禁じられていた筈なところをちょっと食べてみた感じなのだが、明日あたりに「フルで食べたい」というのでまた作るさ。炒めた具材はちょっと蒸して脂を落とす感じか。

僕のほうは、生協で浅蜊と大根を買ってきて深川鍋でも作るかという感じの夕刻。なに、アサリを茹でて大根を足して醤油でいただくだけのことなのだが、今日は大根を千六本じゃなくて輪切り(千枚漬風味)にしてみようかというあたりが新しいかな。

たぶん大根が余るので、ついでに豚肉薄切りと白菜も買ってきて、これは煮物に仕立てる予定。そんなもんだ。


今日のサスペンス劇場:

フルでは観ていない(なんかしてたの俺)ので論評はしないが、羽田美智子が「心のない女」というのを演じていて、「これ俺だな」とか思いつつながら仕事。

いまは判りませんが、20歳くらいまでは僕には心がなかった(稚拙な理性はあった)。おぼえている。


あとお洗濯とか。いい天気だ。

明日は、

ラーメンなど。
あとスタジャンが届く予定。楽しみです。

footcopy