FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2009年1月20日(火曜日)、ゴルゴ13はいない。
10:00起床、コーヒーとバナナチップ。
今日の映画:

DVD『ポリスアカデミー2 全員出動!』 テレ東午後ローは『ポリスアカデミー2 全員出動!』、これはこれで楽しい。今週のテレビ東京は編成を変えて月火水木金で1~5まで放映するらしいのだが、「7」まであるのを「5」で止めるあたりが良識というものだろうか。

それでも意外とシリーズものって好きかもしれなくて(スターウォーズはあんまり好きくない)、『クリッター』とか『スターシップ・トゥルーパーズ』とか『トレマーズ』とか、どんどん堕ちていくのが好き(『ロボコップ』とかはそれなりに面白いので好かん)。


DVD『RONIN』フランケンハイマーなのに 中古で買っていたDVD『RONIN』も眺める。僕にはフランス語とロシア語の聞き分けがつかないことが判明して(英語のカナダ訛りは聞き分けたことがあるんだけどなあ)、ちょっと意気消沈(うそ)。

面白いんだけど、けっこう雑に作ってあるなあというのも正直なところで。クルマの中で額を撃たれた奴の脳漿が窓ガラスに飛び散るのを外から映すのならば、とうぜん窓ガラスからは弾丸が飛び出してこなきゃ嘘でしょ。窓無傷。いや、映画としては面白いから今日のところは勘弁しておいてやる。


GyaOで『富江 最終章 ~禁断の果実~』というのも観てけっこう気に入ったのだが、楽天ストアにはねえなあ、絶版なのかなあ。90分の尺で家族の物語をきっちり入れてくれた映画として優れたものだと思うのだが。

えーとね、國村隼がだいたい僕です。優柔不断だったり気が触れていたり対処が滅茶苦茶だったり三段論法の「二」を飛ばすところも含めて。


読書のほうでは、『都筑道夫まつり』を続行中。

こっちはこっちで、楽天ストアにないねえ。主として『なめくじ長屋』と、あとは昭和30年代の犯罪モノを読んでいてけっこう忙しいのだが、そうか市場にはないのか。


今日の笛:

こんなかんじ ensemble PMSのソロをちょいと吹いてみて「なんかヘンだなあ」と思ったら、in Cmのところをin Gmで吹いていました。そりゃヘンなわけだが、楽器に馴れたんだか緊張感がないんだか札幌稚内。

ついでに、右フォアの裏に貼り付ける「指かけ」っていうんですか? 英語だとThumb Hookだと思うので、「サム・フック」ってなんとなく強そうで好き、というのを貼り付けてみました。ああ、ひょっとすると便利かもしれない。サントリー・ホールはこれでいってみましょうか。


というわけで、就任式に向かう。


スポンサーサイト



2009年1月19日(月曜日)、ファクスだと思ったらシュレッダだった。
朝14:00起床。朝食は煮干とピーナツと味噌汁で栄養満点(言い張る)。
今日のメール:

AKIRA de Cantat 発送。

  • 昭 de Cantat関連でちょいと荻窪に。
  • ensemble PMS関連でイマイズミくんにちょいと。
  • 三月会関連で横濱にちょいと。
なんか忙しいような。

今日のお年賀:

さすがに関西でももう松はとれていると思うのだが、散歩のついでに近隣の皆さんとそこここでお会いして「ご挨拶が遅れましたが」などと言いつつお年賀を言いまくる。僕の家の近所はお年寄りが多いというかお年寄りばかりなもので、たぶんおそらくきっと、お節料理が終わるまでは家から出てこなかったのだろうな、半月ぶりのお顔をたくさん拝見して別の意味で安心したりなんかして。

どうでもいいけど雪でも降らねえかな。僕は近在では「謎の美青年」として知られているようで、雪かきでもしないと地域にとけこむ機会がなかとですたい。


今日の強迫神経症:

奥田英朗『イン・ザ・プール』文春文庫 というほどのこともないのだろうけれども、家を出てしばらくしてから「火の元は大丈夫だったかな?」なんて思っていったん帰宅して確認するけどぜんぜん安全、みたいなことはよくあるんです。ここ数年くらいは、面倒くさいから冷蔵庫廻り以外のブレーカーを落として出かける(もちろん他の火の元は見回っているけど、風呂の種火だけ点けっぱだったりなんかして)ようにしていたのですが、今年に入ってから「ブレーカーを落とすとPCの機嫌が悪くなる」という症状が出始めましてね。


だくだく しかたがないからブレーカーは落とさずに出かけているのだけれども、とうぜんコンセントの掃除とかはいちおうやってみたのだけれども、そういえばこの家の火災保険ってどうなっていたのかなと思い始めるとこれがまたぜんぜん覚えていなくてですね。早めに調べねば。

戸締りとかはどうでもいいんですけどね。泥棒さんなら俺のほうからごめんなさいだし、PCに納まっているデータにはいちおうプロテクトはかけてあるし誰も興味ないだろうし。


今日の荷役:

サイドキャビネット 日暮れからてくてく出かけて、某社社長宅で袖机っていうの? サイドキャビネットの交換のお手伝い。いやあ、「重いもの持てる?」って先日訊かれて、つい「はいよっ」って言っちゃったもんだから、いやもおうもありゃしない。そんでまあ旧サイドキャビネットのうえに積んであったモニタだの機材だのガラクタだのを撤去して、新サイドキャビネットを玄関先からオフィスまで運んで入れ替えて、抽斗の中身も交換して、機材だのモニタだのガラクタだのを乗せて配線もして、旧サイドキャビネットをゴミ置場まで担いでいく。

ギャラは新中野の四国屋さんの饂飩でした。僕は今日は鴨肉きざみうどんにトッピングでイカ天と生卵。美味しくて量が多い。


帰り道で21:00くらいに弁天の前を通りかかったのだけれども、灯の消えたようでした。そういえばイベント以外であんまり行かないので弁天の営業日とか知らないんだな、俺。
今日のテレビ:
チャンネルサーフィンの合間に見かけたなんかのサスペンス劇場の刑事さんたちの名前がオダでアケチでモリでした。「ふうん」と思って眺めていたら、しばらくして出てきた刑事さんの名前がマエダだったのだが、それって本能寺と関係ないよなあ。
DVD『ポリスアカデミー』 今日のテレ東午後ローは『ポリスアカデミー』の初代、って25年も経つのかこの完璧な映画。タックルベリーもハイタワーも大好きだし、マイケル・ウィンスローはこの時期に出てきただろうボビー・マクファーリンの亜流っぽくもあったが楽しかった。俺にもこんな仲間がいた時期があったなあ、なんて思い出すと俺的には熟成された名画なんだな。
シリーズを重ねるごとにスティーブ・グッテンバーグが出なくなったり「しがみついてる感」ありありの俳優さんがいたりとかどんどんショボくなっていくわけだが、そんなの関係ねえ。

テレビ朝日では『松本清張の断線』を放映。1983年、堂々の松田優作主演作品で優作レギュラーもよく見かけられる作品だが、まあ話はどうでもよくて、優作さんだけを観る話かな(松本さんごめんなさい)、だって原作とあんまり関係ないもん(筋立ては同じ)。あと今回気づいてびっくりしたのは、監督が崔洋一さんだった。

今日のアメリカ:

U2のボノってイギリス人(雑駁ですまん)だろとか言いつつ、アメリカに対して影響力を持つ人がそういうところに出ていくことこそが必要だよなあ、いまは。ダブリン市民にはアメリカの市民権は確実にございませんが、世界がアメリカ民主党を応援するのは、いまは正しいと思うの。

どうでもいいけど、スティービー・ワンダー、太ったなあ。



明日は、

ご近所のお風呂場のカビ取りにいきます。
ナリワイがもう判りません。

footcopy