FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2009年1月18日(日曜日)、子豚のお師匠。
というわけで02:00起床、なにやら齧りながらお仕事。
朝、純粋湯豆腐とご飯。お買い物に行く余裕がない。
お昼過ぎになんとか仕上げて、メール納品。寝る。
今日のハドソン川:

越智道雄・町山智浩『オバマ・ショック』集英社新書

  1. 皆さんご無事でなによりだったので書けるのだが、鳥さんたちも気の毒なことだと思う。

  2. あの機長さん、着岸して全員の無事を確認してから「よし、終わった」とか言いながらボートハウスのデッキのベンチでコーヒーなど啜っていたらしい。かっけー。

  3. 町山智浩さんのblogから引用させていただく(著書数冊買ってるので勘弁してください)のだが、当日に同じ空港から飛行機に乗ったときの機長のアナウンス。
    >>この飛行機はさっき着水したのと同じ型です。一人も死ななかったから安心ですよ。
    >>それに、一日に同じNYから飛び立った飛行機が二機も落ちる可能性は数億分の1ですからね!
    面白いとこだな、アメリカってのは。

  4. そうかと思うとあにはからんや、オバマさんが就任式に機長さんを招聘するという話があるらしい。俺が心配することでもないし心配すること自体が下品かもしれないのだが、やはり断りづらい頼みごとは遠慮するのが人の道というものだと思うのです。
    たとえば僕がトルコ料理店に滅多に行かないのは「ラキ」飲みすぎていつも倒れるからであって、別に僕がレイシストだとかそういうことではないのです。


今日のお仕事:

石川啄木『一握の砂』宝島社文庫 13時くらいに「寝る」とか言いながらなんだかんだで15時くらいまでだらだらとして、そこから3時間ばかりも寝る。18時くらいに起き出して、ちょっとややこしいのだが「印刷所に出張校正に行く手を怪我したライターさんの付き合いで出張校正のファイル修正作業」と言うと判るのかしら、に出かける。印刷所のPCはやはりローマ字入力(僕は親指シフトのカナなんです)なのだが、直しをかけるくらいならまあ気にもならない。終了後にお駄賃を頂戴して、晩飯を軽く奢っていただいて、まあ今日はそんなところか。

帰宅して、昨晩なんとなく徹夜っぽい感じで仕上げたお仕事が実は「借金のカタに働かされていた」ことが判明して愕然とする。ま、そんなこともあらあな。


今日の自民党:

渡辺ヨッシーはどうなんのかなとも思いつつ、昨年のクリスマスの衆院解散決議でひとり立ち尽くしていた威風はちょっと好き。そんなことは措いといて。

今回の高速道路の割引措置は、ETC使用者のみを対象としている。
ETC設置の収益は、なんもせんでも財団法人道路システム高度化推進機構に入る。ふつうに天下り団体だと思っているのだが、もちろん制度を決めたのは国土交通省。

地上デジタル放送未対応の貧者救済策は、NHKとの受信契約が前提。
生活保護世帯を対象として、地上デジタル放送対応の簡易型チューナーを無償配布してくれる、というところまではまあいい(それ以前に地デジがなんで必要なのか僕にはぜんぜん判っていないのだが、そこは措いて、と)。
  • 生活保護世帯がNHKとの契約など締結しているものなのだろうか(減免措置はあると聞いているが)。とりあえずNHKが郵政官僚の天下り先だと書いちゃっても、そんなに文句は出ないんじゃないかな。
  • チューナーくれるのはいいけど、UHFのアンテナ代とか、それも含めた設置費とかはどうなるんだろう。やっぱりまた財団法人でも作ろうってのか。
  • とうぜんB-CASカードが必要となるのだろうが、その管理元が総務省の天下り先なのは今にいたるも実態不明なのにそんな仕事してることから明らかであらん。

自民、衆参統合一院制議連を設置。
自民党が原動力となって一院制を実現したい、らしい。頭いいよな、自民しか原動力にならないのだから実現する時点で自民が優勢。一院制でも最初は自民が優勢。あとはどこかに負けそうになったら選挙やらない、選挙やるなら数を頼んで選挙制度そのものを「改革」すればむこう50年がとこは安泰でしょう。ってふざけんな。
あとtaspoの話とかいちいち書かねえけど、やりたい放題だなみんな。元気があってたいへんによろしい。

明日は、

午前中に半端仕事。
午後から荷役。

なんか人足か八王子千人組みたいだな、俺。



スポンサーサイト



footcopy