FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2009年1月5日(月曜日)、から元気も元気。
ワンテンpα ぐわ。ワンテンpαを楽天ポイントで注文したと思っていたら、ポイント使うのを忘れてしまった。いやまあ、取り敢えずドーピングしてりゃ仕事もするわけだから問題はないのだが。

そんなこんなで朝は12:00起床。昨晩27:00くらいにふと思いついた作業があんまり面白かったもんで、寝たのが30:00だったもんな。そんな感じでシャブ中の発作みたいに「朝7時からウクレレ教室用の録音30発」とか「朝9時始まりで12時までに2時間ドラマの脚本1本」とかくだらないことをときどきやっています。ああ楽し。


赤パン さらに阿呆なことに、浮いた(浮いてねぇよてめえこの野郎)ポイントでジーパン注文しちゃいましたよ。いやまあブツに替えないことには無駄なんだけどな、楽天ポイント。せめて転売できるものにしようよ俺。

えーと、裾上げは自分でするつもり。


そういや先日、って書いたか書いてないか忘れたので書いておくけど父親のコートのボタンが取れかかっていたのを「思いっきり毟っておいたほうがいいぜ」と指摘して、ついでにそのボタンをちくちくと縫い付けてあげたわけさ。父は「なんでそんなことができるんだ」とか言っていたけど、15歳から独り暮らしをしていればそれくらいのことはとうぜんできるね。ズボンの裾上げくらいはできてあたりまえなのだ。

昨日のT.M.Revolutionの落ち穂拾い:

僕は大阪の天王寺生まれで(出生地を見にいった奴がいて、当該地はだいたい動物園のチンパンジーの檻だったらしい、ってどんなんや)、ものごころついたあたりでは栃木県宇都宮市にいて、15歳で中学校を卒業するまで栃木県宇都宮市峰町で育って、高校に入るときに青雲の志を抱いて上京してココロザシだけいだいたまんまそのまんまという状況なのだな。宇都宮では中学の同期でもいねえかと思ってなんとなく見回してみたのだが、見つかるわけありませんね、そんなもん。

省線の国鉄のJRの宇都宮駅からはタクシーで文化会館に向かったのだが、駅前の風景が10年前とほぼ変わっていなかったのにはちょっとびっくり。蕎麦の「つちや」が無くなっていたなあ。象牙を誇らしげに飾っていた判子屋さんも無くなっていたなあ。平成通りって、俺がいた時分には路地だったよなあ。まあいいか。

宇都宮市文化会館には振袖姿のお嬢さんがたもけっこういらして、「振り回すものがたくさんあっていいなあ」とも思ったのだが、後で考えたら「振袖に襷」だったらもっと素敵だったのかもしれない。
ちなみに僕も成人式は宇都宮市文化会館で迎えました。

やっぱり二荒さんには寄ってくるんだったかな。往復200分だから、てきとうな資料読みのお仕事のあるときに行ってみようか。


今日のご実家:

ハリス・ツイードのシューティング・ヤッケ ハリス・ツイードのロゴ まあ松の内くらいは実家詣でもするね。うちのあたりでは「松の内」はせいぜい7日くらいまでですけど。今日は白のオーバーオールに赤のとっくりセーターというやはり気の触れたような服装で、このままSokehs RockThe Zirconsライブ演っちゃおうかな、みたいな。

さて父が自慢そうに「安かったんだぜ」と言いながら出してきた新品のツイード・ジャケットを見てみたら、どこで買ったのだか知らないけど本物のハリス・ツイードで、ハリスツイード協会のロゴも付いている。これってちょっとしたもんだぜってんで講釈たれておきました。

僕も細身のツィードのヘリンボーンのスーツとか欲しいんだけどな(『エロイカより愛をこめて』のジェイムズ君みたいなやつ)、なかなかままならないのでした。あとニューヨーカーのキャメルのブレザーが欲しい。ままならない。


ランドセルじゃないよ。 ブランドつながりで、修繕に出しておいたランセルのブリーフケースが帰ってきました。

鞄は立派なんだけどねえ、なかにしまってるのがThe Zirconsの譜面じゃあしょうがないねえ(笑)。


今日の浮世離れ:

狩撫麻礼/たなか亜希夫『ボーダー』 先に謝っておくけど、ごめんなさい。

もともと株屋と商社はいらない方面でやってきた俺(申し訳ないけれども「良心的でない不動産屋」と区別がついていない)なので、アメリカで貧乏人に無理矢理融資したら破綻した、ああバカだねえくらいに思ってはいた。いや、金子勝がそう言えと言うものですから(嘘ですよ嘘ですよ)。

なんかニュースを眺めていたら、世の中が失業者とホームレスの嵐なんですって? 数値や定量を確認したわけではないので詳しいことは判らないのだが、マジでヤバいんですか? 俺ってばここ10年くらいもどん底だもんで不景気もなんも関係なくて、ああデフレで助かってるなあくらいのことで。PC自営のデータ入力とか編集アルバイトとか音楽関係とか、もう20年くらいもギャラは動いてないもんね、いろんなことに疎すぎるような気がしてきました。

今年のお仕事の予定も、とりあえず「笛吹き」と「ハモニカ吹き」と「歌うたい」だけだもんなあ。どうなっちゃうのかなあ、楽しみだなあ。


さてと。

明日はジルコンズのリハーサルがあるのだが、自宅の回線が不調だもんで(E-Mobileさんは好景気でようござんしたね)、ちょいとネカフェで予習して来ようかなって感じです。そろそろD02HWに取っ替えればいい話なのだろうけれども、なんかめんどくさくて。

五線紙も持参して、明日のぶんの譜面はぜんぶ作っちゃおうと思うの。



スポンサーサイト



2009年1月4日(日曜日)、菅原さん。
ビートル 08:00、起床。ニボシ齧りながら焼酎など舐める人間の屑。

元旦に届いた年賀状が5通、3日になって1通。ありがとな。
煙草を買いにでたついでに、五の坂をふつうの顔しておりてくるフォルクスワーゲンのビートルを目撃。ひょっとしてお正月限定なのかな、なんてちょっと思う。


今日のT.M.Revolution:

チケットの図

転生降臨之章
T.M.R. Live Revolution 08-09
2009年1月4日(日曜日)
於:宇都宮市文化会館
17:10-19:40

お昼、元締から電話。ヒマ? のんびりと中古DVDの『RONIN』でも眺めようと思っていたところなので、ヒマっちゃヒマだわな。今から宇都宮いかない? なにを言い出すのだこいつは。なんでも西川貴教さんの公演が宇都宮市文化会館であって、チケットを押さえていた某氏が風邪でダウン! このままでは空席が出てしまう! あいつどうせヒマだろう! といった機序らしい。まあ15歳まで育った宇都宮も久し振りだし、文化会館ならオスカー・ピーターソンを観にいったりオペラで出演したりもしているし、ちょっくら行ってくっか。

というわけで、赤い靴に赤いジーンズに赤いスタジャンに野郎Tシャツにサングラスという気の触れたような恰好で(還暦かっての)、湘南新宿ラインというぜんぜん湘南始まりでも新宿終わりでもない電車に新宿から乗り込んで、とことこと宇都宮まで100分間。便利になったもんだよな、ものすごく昔は赤羽乗換の東北本線で3時間くらいかかってたもんな。栃木国体のあたりで新幹線ができて、でも当初は大宮始まりだったような気もするし。それで宇都宮に到着してみたら、同道の西ヲタのみなさんはどうやら栃木県総合文化センターと間違えていたらしくて、いちおう僕がいてよかった、みたいな。

ライブ自体は音も雰囲気もよくて、席も2階のほとんど最前からステージを俯瞰する感じで楽しく150分。ま、そのへんの話は余所のブログか2chででも読んでください。

  • 毎回なにやら不満のあったコンタクト・マイク、今日は絶好調。
  • 開演前に堂々とギターとベースの音響チェックが聞こえてきました。
    休憩中にはフロア・タムのチューニングの音がとんとことんとこ聴こえてきて楽しかったような。
  • 長谷川さんのドラムス、なんかアクセントが変わっていたような。
  • 今日のIKUOさんのベースはワイヤレスだったような気がする。


今日の二荒山神社:

陽明門 本日のライブでたしょう事実と違うアナウンスがあったものだから、菅原さんの話を少し書いておく。

栃木県内に「二荒山」という神社は知る限りでは2箇所あって、 日光にあるのが二荒山と書いて「ふたらさん」神社。
宇都宮にあるのは二荒山と書いて「ふたあらやま」神社。

そして、宇都宮市民は二荒山神社(ふたあらやまじんじゃ)を、尊敬を込めた愛称として「二荒さん」(ふたあらさん)と呼ぶのですね(門前にあった上野百貨店は「上野さん」だった)。というわけで、柴さんの言っていた「菅原さん」の「さん」部分だけは正解だったというお話でした。


ついでにまだ宇都宮にいる人たち向けに書いておくと、その宇都宮二荒山神社の境内、門を入って右の奥のほうに行くと川柳家・前田雀郎の句碑がある。これが僕の祖父にあたって、句碑の除幕式を執り行ったのが当時3歳の俺。わけも判らず紐を引っ張ったら布がばさっととれて、満場の人たちが拍手してくれたのがたぶん僕の最初の記憶だ。ひょっとしてウケ狙いの歴史もあそこから始まったのかもしれませんな。

ヒマがあったら見てきてくださいな。「夢の中ふるさと人は老ひもせず」とか書いてある筈です。


宇味家の餃子 終演後に宇都宮駅までなんとか戻って、構内の元祖宇味家というお店で餃子とビールなどいただいて、また湘南新宿ラインでとことこと帰宅。ふと気づくとまる12時間も潰れていたお正月だったのでした。

お土産、その宇味家さんで頂戴したカレンダー。毎月の格言が載っているのだが、1月は「始めを慎みて終わりを敬む」、読めんてば。



明日は、

午前中にテキスト入力がひとつ。
午後、こまかく金策。
あとお掃除。

footcopy