FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2009年1月19日(月曜日)、ファクスだと思ったらシュレッダだった。
朝14:00起床。朝食は煮干とピーナツと味噌汁で栄養満点(言い張る)。
今日のメール:

AKIRA de Cantat 発送。

  • 昭 de Cantat関連でちょいと荻窪に。
  • ensemble PMS関連でイマイズミくんにちょいと。
  • 三月会関連で横濱にちょいと。
なんか忙しいような。

今日のお年賀:

さすがに関西でももう松はとれていると思うのだが、散歩のついでに近隣の皆さんとそこここでお会いして「ご挨拶が遅れましたが」などと言いつつお年賀を言いまくる。僕の家の近所はお年寄りが多いというかお年寄りばかりなもので、たぶんおそらくきっと、お節料理が終わるまでは家から出てこなかったのだろうな、半月ぶりのお顔をたくさん拝見して別の意味で安心したりなんかして。

どうでもいいけど雪でも降らねえかな。僕は近在では「謎の美青年」として知られているようで、雪かきでもしないと地域にとけこむ機会がなかとですたい。


今日の強迫神経症:

奥田英朗『イン・ザ・プール』文春文庫 というほどのこともないのだろうけれども、家を出てしばらくしてから「火の元は大丈夫だったかな?」なんて思っていったん帰宅して確認するけどぜんぜん安全、みたいなことはよくあるんです。ここ数年くらいは、面倒くさいから冷蔵庫廻り以外のブレーカーを落として出かける(もちろん他の火の元は見回っているけど、風呂の種火だけ点けっぱだったりなんかして)ようにしていたのですが、今年に入ってから「ブレーカーを落とすとPCの機嫌が悪くなる」という症状が出始めましてね。


だくだく しかたがないからブレーカーは落とさずに出かけているのだけれども、とうぜんコンセントの掃除とかはいちおうやってみたのだけれども、そういえばこの家の火災保険ってどうなっていたのかなと思い始めるとこれがまたぜんぜん覚えていなくてですね。早めに調べねば。

戸締りとかはどうでもいいんですけどね。泥棒さんなら俺のほうからごめんなさいだし、PCに納まっているデータにはいちおうプロテクトはかけてあるし誰も興味ないだろうし。


今日の荷役:

サイドキャビネット 日暮れからてくてく出かけて、某社社長宅で袖机っていうの? サイドキャビネットの交換のお手伝い。いやあ、「重いもの持てる?」って先日訊かれて、つい「はいよっ」って言っちゃったもんだから、いやもおうもありゃしない。そんでまあ旧サイドキャビネットのうえに積んであったモニタだの機材だのガラクタだのを撤去して、新サイドキャビネットを玄関先からオフィスまで運んで入れ替えて、抽斗の中身も交換して、機材だのモニタだのガラクタだのを乗せて配線もして、旧サイドキャビネットをゴミ置場まで担いでいく。

ギャラは新中野の四国屋さんの饂飩でした。僕は今日は鴨肉きざみうどんにトッピングでイカ天と生卵。美味しくて量が多い。


帰り道で21:00くらいに弁天の前を通りかかったのだけれども、灯の消えたようでした。そういえばイベント以外であんまり行かないので弁天の営業日とか知らないんだな、俺。
今日のテレビ:
チャンネルサーフィンの合間に見かけたなんかのサスペンス劇場の刑事さんたちの名前がオダでアケチでモリでした。「ふうん」と思って眺めていたら、しばらくして出てきた刑事さんの名前がマエダだったのだが、それって本能寺と関係ないよなあ。
DVD『ポリスアカデミー』 今日のテレ東午後ローは『ポリスアカデミー』の初代、って25年も経つのかこの完璧な映画。タックルベリーもハイタワーも大好きだし、マイケル・ウィンスローはこの時期に出てきただろうボビー・マクファーリンの亜流っぽくもあったが楽しかった。俺にもこんな仲間がいた時期があったなあ、なんて思い出すと俺的には熟成された名画なんだな。
シリーズを重ねるごとにスティーブ・グッテンバーグが出なくなったり「しがみついてる感」ありありの俳優さんがいたりとかどんどんショボくなっていくわけだが、そんなの関係ねえ。

テレビ朝日では『松本清張の断線』を放映。1983年、堂々の松田優作主演作品で優作レギュラーもよく見かけられる作品だが、まあ話はどうでもよくて、優作さんだけを観る話かな(松本さんごめんなさい)、だって原作とあんまり関係ないもん(筋立ては同じ)。あと今回気づいてびっくりしたのは、監督が崔洋一さんだった。

今日のアメリカ:

U2のボノってイギリス人(雑駁ですまん)だろとか言いつつ、アメリカに対して影響力を持つ人がそういうところに出ていくことこそが必要だよなあ、いまは。ダブリン市民にはアメリカの市民権は確実にございませんが、世界がアメリカ民主党を応援するのは、いまは正しいと思うの。

どうでもいいけど、スティービー・ワンダー、太ったなあ。



明日は、

ご近所のお風呂場のカビ取りにいきます。
ナリワイがもう判りません。

2009年1月18日(日曜日)、子豚のお師匠。
というわけで02:00起床、なにやら齧りながらお仕事。
朝、純粋湯豆腐とご飯。お買い物に行く余裕がない。
お昼過ぎになんとか仕上げて、メール納品。寝る。
今日のハドソン川:

越智道雄・町山智浩『オバマ・ショック』集英社新書

  1. 皆さんご無事でなによりだったので書けるのだが、鳥さんたちも気の毒なことだと思う。

  2. あの機長さん、着岸して全員の無事を確認してから「よし、終わった」とか言いながらボートハウスのデッキのベンチでコーヒーなど啜っていたらしい。かっけー。

  3. 町山智浩さんのblogから引用させていただく(著書数冊買ってるので勘弁してください)のだが、当日に同じ空港から飛行機に乗ったときの機長のアナウンス。
    >>この飛行機はさっき着水したのと同じ型です。一人も死ななかったから安心ですよ。
    >>それに、一日に同じNYから飛び立った飛行機が二機も落ちる可能性は数億分の1ですからね!
    面白いとこだな、アメリカってのは。

  4. そうかと思うとあにはからんや、オバマさんが就任式に機長さんを招聘するという話があるらしい。俺が心配することでもないし心配すること自体が下品かもしれないのだが、やはり断りづらい頼みごとは遠慮するのが人の道というものだと思うのです。
    たとえば僕がトルコ料理店に滅多に行かないのは「ラキ」飲みすぎていつも倒れるからであって、別に僕がレイシストだとかそういうことではないのです。


今日のお仕事:

石川啄木『一握の砂』宝島社文庫 13時くらいに「寝る」とか言いながらなんだかんだで15時くらいまでだらだらとして、そこから3時間ばかりも寝る。18時くらいに起き出して、ちょっとややこしいのだが「印刷所に出張校正に行く手を怪我したライターさんの付き合いで出張校正のファイル修正作業」と言うと判るのかしら、に出かける。印刷所のPCはやはりローマ字入力(僕は親指シフトのカナなんです)なのだが、直しをかけるくらいならまあ気にもならない。終了後にお駄賃を頂戴して、晩飯を軽く奢っていただいて、まあ今日はそんなところか。

帰宅して、昨晩なんとなく徹夜っぽい感じで仕上げたお仕事が実は「借金のカタに働かされていた」ことが判明して愕然とする。ま、そんなこともあらあな。


今日の自民党:

渡辺ヨッシーはどうなんのかなとも思いつつ、昨年のクリスマスの衆院解散決議でひとり立ち尽くしていた威風はちょっと好き。そんなことは措いといて。

今回の高速道路の割引措置は、ETC使用者のみを対象としている。
ETC設置の収益は、なんもせんでも財団法人道路システム高度化推進機構に入る。ふつうに天下り団体だと思っているのだが、もちろん制度を決めたのは国土交通省。

地上デジタル放送未対応の貧者救済策は、NHKとの受信契約が前提。
生活保護世帯を対象として、地上デジタル放送対応の簡易型チューナーを無償配布してくれる、というところまではまあいい(それ以前に地デジがなんで必要なのか僕にはぜんぜん判っていないのだが、そこは措いて、と)。
  • 生活保護世帯がNHKとの契約など締結しているものなのだろうか(減免措置はあると聞いているが)。とりあえずNHKが郵政官僚の天下り先だと書いちゃっても、そんなに文句は出ないんじゃないかな。
  • チューナーくれるのはいいけど、UHFのアンテナ代とか、それも含めた設置費とかはどうなるんだろう。やっぱりまた財団法人でも作ろうってのか。
  • とうぜんB-CASカードが必要となるのだろうが、その管理元が総務省の天下り先なのは今にいたるも実態不明なのにそんな仕事してることから明らかであらん。

自民、衆参統合一院制議連を設置。
自民党が原動力となって一院制を実現したい、らしい。頭いいよな、自民しか原動力にならないのだから実現する時点で自民が優勢。一院制でも最初は自民が優勢。あとはどこかに負けそうになったら選挙やらない、選挙やるなら数を頼んで選挙制度そのものを「改革」すればむこう50年がとこは安泰でしょう。ってふざけんな。
あとtaspoの話とかいちいち書かねえけど、やりたい放題だなみんな。元気があってたいへんによろしい。

明日は、

午前中に半端仕事。
午後から荷役。

なんか人足か八王子千人組みたいだな、俺。

2009年1月17日(土曜日)、The Pied Piper leads Lemmings.
09:00起床。朝、冷凍庫のシャケを焼いて、冷凍ご飯を温めて、味噌汁はナメコと木綿豆腐。

なんかお仕事がどっかりと腰を落ち着けているのをなんとかしたいのだが、いきなり朝からPCがウンでもスンでもなくなりゃがってですね、なんとか起動にまでは持ち込んだのだがこんどはデスクトップが阿呆な画像だけでアイコンが不在。ツールバーすらいねえよ、わっはっは。というわけでお仕事にとりかかった頃にはお昼になっちゃっておりましたとさ。


今日の笛:

AULOS アウロス ソプラノリコーダー バロック式 105A-E そんなことをしているうちに15:00くらいになって、16:00から池尻大橋の図書館でensemble PMSの練習にお呼ばれしているので家を出る。リニアモーターカーの中井から青山一丁目、乗り換えて池尻大橋駅へ、ドアツー駅で40分くらいか。便利になったものだ。
てろれんの例。 16:45に駅で笛吹のイマイズミくんと待ち合わせて、図書館へ。ほんとは吉蕎麦でも手繰ってからにしたかったのだが、時間もないのでそのまま図書館に入ってホール前のソファでイマイズミくんと軽く譜面の打ち合わせなど。あとは合唱団との合わせを軽く3回ほど演ってみて、二部音符100くらいの筈の楽曲のあまりの速度にちょっと驚く。あとソプラノ2本のデュオがあんまりやかましいし共振してしまうような気配もあったので上手と下手に分かれて演奏という不思議な仕様が決まったりする。知人が遠くへ行くので送別会があるというイマイズミくんはそれなりにおめかししていて、合唱団の偉いひとから「衣裳、それでいいんじゃない?」とご託宣がくだる。赤いジーンズにてろれんとしたシャツを着用していた僕はどうしましょうか? 「君はそれでいいよ」って言われた。ようがしょう、ほんとにこれでサントリーホールに行ってやる。


ensemble PMS flier 17:00に練習終了、お仕事がぜんぜん終わっていないので直帰しようと思ったのだが、よく考えるとお腹が空いたままだし、聞いたら「練習のウチアゲ」で近所の蕎麦屋さんに行くというので付いていく。いちおう本番の打ち合わせという大義名分もあるしな、リハーサル特区だしな、ちょっと食べたらすぐ帰ろう。

家路についたのは20:00ころでもあったか。いやあ、香名屋さんは食い物なに喰っても美味いし酒美味いし蕎麦美味いし、PMSの皆さんの飲み方が半端なくてですね。たいがいどこに行っても宴会では僕がばかすか飲みまくるのは皆さんご存知とも思うが、あそこに混じると僕なんかふつうです。いっそ下戸かもしれない。8人で日本酒の一升瓶を4本がとこ空けたぞ。なんか奢ってもらっちゃったぞ、Viva! 最年少。ごちそうさまでした。


帰宅して、とうぜん仕事になんかなりゃしないのでばたんきう。
26:00くらいに起き出して、寒いなかお仕事。
2009年1月16日(金曜日)、Miracle on the Hudson River.
赤パン 09:00、起床。朝食、冷蔵庫にあった野菜でてきとうにサラダなど。あと小女子の佃煮など試作していてズボンに醤油をこぼしてしまったのだが、幸いなことに赤のフェイクレザーを履いていたので被害なし。ラッキー。おしぼりでごしごし。

10:00からちょいと町内をひと回りして、コンビニだの銀行だの郵便局だので細かい振込だのなんだのをして、近隣のお知り合いの皆さんとちょっと挨拶をしたりなんかして。ツルタさん家のおじさんがすっかり白髪になっていたのには驚いたが、お元気そうでなにより。


今日の虞病:

野口晴哉『風邪の効用』ちくま文庫 一昨日のジルコンズ公演のリハーサルのウチアゲで「なんかダルいしうすら眠いし歯は浮くし口唇ヘルペス出るし」などとぶつくさ言っていたら、亜紀ちゃんに「それは風邪ではないのか」と言われました。

そのときは「そういうものかな」と思ったのですが、どうも当たりだったようです。昼過ぎからちょっと寝込んでみました。


今日のが~まるちょば

お昼、CX『笑っていいとも!』にGamarjobatが出演するというのでテレビの前に陣取ってのんびりとする。ひょっとして12時前に「シルエット」も演ってたのかな? そのあたりでは僕はトイレにいたのが残念でした。

ネタは12:30から15分間くらい、あれとこれは観たことあるけど、逆廻しキャッチボールを逆廻しで観られたのが嬉しかったような。


今日の訃報:

Gamarjobatではない アメリカの俳優、パトリック・マクグーハンさん逝去。なんつっても『プリズナーNo.6』の主演で脚本で監督だろうが、コロンボも数本撮ってましたね。ってなんか昨日も同じようなことを書いたような気がするのだが。


今日の北極星:

天体望遠鏡 以前に鍼医さんで経絡図を眺めていて、「支那医学には時差ぼけのツボがある」ことと「時差ぼけを英語で言うとJet Lagになる」という知識を仕入れたことがあって、ツボはともかくジェット飛行機が登場するまでは時差ぼけはなかったんだなあ、なんて感心したことがあります。

同じような話で、北極星のことをPolar Starと呼ぶと思うのだが、予て「南極の立場はどうなる?」なんて思っていたわけさ。さいきんになって気づいたのだが(要するに間抜けなのだが)、Polar Starという英語が成立した時分にはまだ南半球への植民は始まっていなかったんだろうなあ。ついでに言うと「天球の軸」としての北極星の立場もあっただろうし、そうなると地動説が成立していたかどうかもあやしいもんだ。

そうか、「極星」と呼べば平仄はとれるな、などとひとりで納得している金曜日の午後。仕事しようよ僕。


今日の問い合わせ:

こんなもんが要るようになる八木UHFアンテナ 近所の婆さまと道ぺたで無駄話など。

「関ジャニ∞」ってなによ(「せきじゃに」と発音しておられた。鯖じゃねえんだからさ)。
よく知らないけど「関西ジャニーズ」とかじゃないんスか? とかてきとうにお返事しておいた。どうやら昼間のテレビで『徹子の部屋』でも観たのだろうかしら。

「地デジ」ってなによ。
2011年の7月24日だったかから、テレビの電波の方式がかわってテレビが映らなくなるんですよ。

それ、どうすりゃいいのよ。
とりあえず本番までは様子見じゃないスか? チューナとかアンテナとか買ったり工事したりめんどくさいしカネかかるし、期限後でもしばらくは大丈夫という話もあるし、いま買うと高いし、だいたいここらへんは中野ケーブルの都庁電波障害対策地域だからなんとかしてくれそうな気もするし。
どうでもいいけど八木アンテナはパラボラ作らなくてよくなって喜んでんじゃないかしらん。
あとは鍋物のトリヴィアなどについて情報交換して、みたいな感じで。それと、某から「中落合2丁目ってどこよ」みたいな御当地クエスチョンがありまして、「中井駅の西のほう」みたいに答えておきましたが、あいつあのあたりになんの用事があるのだろうかしらん。

今日の朝青龍:

DVD『燃えよドラゴン』 DVD『太陽の帝国』 DVD『リベリオン』 DVD『パッチギ!』
さいきん、数年ぶりだか十数年ぶりだか何十年ぶりだかでNHKの大相撲中継を眺めている。うん、朝青龍のとこだけ。だってよ、かたっぽで「手を挙げて横断歩道を渡りましょう」みたいな講習会を開いておきながら片手では「横綱の品格」とか言ってる爺さん婆さん連中が滅茶苦茶じゃねえかよ。

ええ、沢尻エリカの「別に」のときには表現者としての彼女を弁護したし(演技者と音楽家とお相撲に、誠意は要るけど常識は要らない)、北の湖 vs. 貴乃花のときには北の湖を応援していた僕です。


光文社文庫『ふるえて眠れない』 そういえばインターネットに「朝青龍を殺す」って書きこんだひとが逮捕されましたが、どうやって殺すつもりだったのだか実は是非訊いてみたい(朝青龍さんごめんなさい)。僕なら44マグナムで武装してもたぶん無理です。



明日は、

ensemble PMSで笛のお稽古。

2009年1月15日(木曜日)、無茶は言いますが無理は言いません。
日々起床時刻を書き込んでいるような気もするのだが、今日は起きていない。
ってか寝ていないのだが妙に元気なのだが、どうしたことだろうか。

暗かったのに。


今日の断電:

candle lights 今朝になって知ったのだが、東京電力の(東京に限らんとは思うが)電力供給復旧は24時間体制で「僕からの連絡」を待っていたらしい。そりゃそうだよな、地域や健康状態によっては生命に関わるわけだから待ってくれていたわけさ。ついでに言うと、家の者に安全確認をしないと復旧はできないらしいがこれも当然。だったら昨晩とっとと電話しとけばよかったのだ。次回に向けて覚えておこう(って次回があんのかきさん)。


今日の体得:

盥 左手の指ぱっちんができるようになりました(まだ打率よくないけど)。
練習していたら左のふくらはぎが吊りました(数年ぶり)。関係あるのかなあ。

実は生まれてこのかた「湯冷め」というのをしたことがありません。いちど経験してみたいものです。


今日の訃報:

DVD『新・猿の惑星』、ってなんでジーラなんだ アメリカの俳優、リカルド・モンタルバンさん逝去。88歳。
顔を見りゃけっこう知ってる人はいると思うけど、刑事コロンボ『闘牛士の栄光』の人で、『新・猿の惑星』と『猿の惑星・征服』で人類を裏切っていた人です。ご冥福を。

内緒だけど、『コンバット!』かなんかのときに僕はジョン・カサベテスとごっちゃにしていました。まあ中学生のやることだから堪忍してくんな。

関係ないけど、ピエール・ブールってよくもまあ日本で受け入れられてるよな。いや、儂らの懐が深いという話なんですけど。ついでに小学校5年生のときに担任教師に文庫本の『猿の惑星』を没収されたのだが、やはり登場人物が全員全裸だったのがよくなかったんですかね。どうでもいいですね。



昨日のThe Zircons


  • 昨晩の『Sixty Minute Man』は、ふと思いついてロッカペラを見倣った倍速仕様にしてみました。いきなり振るのによく付いてくるよなあ、あの人たち。わはははは。

  • 個人芸の俺、ちょっと大冒険しすぎ。なんの準備もせずに「ハーモニカの弾き語り」とか「ただのピアノソロ」とか演ってるほうが結果がいいのだから掬いようがねえなあ。

  • その個人芸、アフターにダベりながら「やっぱり横ヤン(300パウンド)をボロ雑巾のようになるまで使い倒さないといかん」と言ってみたら、横ヤン(300パウンド)自身は「僕は弾き語りで既にボロ雑巾です」との由。そんなしけったボロ雑巾があるもんか、痩せる思いをさせてあげるから覚悟しなさい。

  • 僕の衣裳は「赤いセーターに白いオーバーオール」という気の触れたようなものだったのだが、ふと横を見たら横ヤン(300パウンド)が赤いシャツに白いパンツを着用していた。

  • その横ヤン(300パウンド)に、お年玉をあげました。通販生活のおまけに付いていたDVD『スロー筋トレ』、DVD自体は僕も観ていないのだが「体重を負荷としてトレーニング」とか書いてあったし「1日10分」とか書いてあったし、横ヤン(300パウンド)のためにあるようなもんだな。

  • 某所で某人のライブ評を拝読。「グダグダ」って5回くらい書いてあったが、むべなるかな。次回からもうちょっと締めます、申し訳ない。


今日のニュース:

某所のニュースに「オハヨー州のアラン・ヘス(Alan Heuss)さん」というかたが登場したのだが、姓の読みはやっぱり「ホイスさん」(Heußさん)なんじゃないのかなあ。いやなんとなく思っただけですが。


今日の晩飯:

チカ、って「インチキカワサギ」みたいな扱いなんだけど割と好き あまりの寒さにお買い物は近場で済ませたのだが、この時期になんでか生協にある「ちか」がいないなあ。ハタハタもないもんだから塩鱈など買ってきて、KY今日も湯豆腐体制を固める。特に文句はない。葉物はいろいろと(縮み菠薐草とか)悩んだ挙げ句に春菊。悩んだ意味がありゃしません。

そんで緑豆春雨を買い込んだら、「本場中国産」と堂々と。その態度、好きです。

そういえば昨日は魚ごんの前を通りかかったら奥さんに「ニシンありますよ」って声をかけられたのだが、ヌメ系の魚しか買わない僕は1年ぶりなのによく覚えているよなあ、そんなこと。ジルコンズのレギュラーのお客さまのご尊顔さえ碌に覚えていない僕にはとても真似できません、たいしたもんだ。それでライブの行きがけに鮮魚を買う奴もないもので、昨日はパス。

ところで、ハタハタって「獲れすぎで値崩れして品薄」ってほんとうなのだろうか。ほんとうだとしたら悲しいことだ、毎日でも食べたいのに2009年になってから入手できていない。ついでにネット検索するのにハタハタとはたはたと鰰があってめんどくさい。The Zirconsも検索ついでに「Zilcons」とかアテると当たるし、ふんまにも。



明日は、

GamarjobatがCX『笑っていいとも!』出演。

2009年1月14日(水曜日)、The Zircons Live at Sokehs Rock : 衣裳ヘン。
演奏中
The Zircons
a cappella doo wop Live at
Sokehs Rock
四谷三丁目
Jan. 14 (Wed.), 2009
Open 18:30
Start 20:00

L to R : The Big, The Ugly, The Supreme, and The Bottom.
1st. Stage.
  1. COME GO WITH ME
  2. JOHNNY ANGEL
  3. IN THE STILL OF THE NIGHT
  4. FOOLS FALL IN LOVE
  5. 上を向いて歩こう
  6. SO YOUNG
  7. LOOKING FOR AN ECHO
  8. SIXTY MINUTE MAN
  9. WONDERFUL WORLD
-intermission-
Separated Zircons
  1. The Bottom (Recorder and Chromatic Harmonica) supported by The Big (Piano) : Lupin the Third
  2. The Big a.k.a. The Slim (Vo and Piano) : Jealousy (Queen)
  3. The Supreme (Vo and Kazoo) supported by The Bottom (Ukulele) : Sir Duke
  4. The Ugly (Vo and Ukulele) :
2nd. Stage.
  1. HURRICANE
  2. IN THE MOOD
  3. SH BOOM
  4. TEENAGER IN LOVE
  5. RAMA LAMA DING DONG
  6. また逢う日まで
  7. TO THE AISLE
  8. 夜が来る
  9. FOR THE LONGEST TIME (Active Encore)


AKIRA de Cantat 基本的に暇人を自任しているのだが、重なるときは重なるものでensemble PMSのリハーサルとか昭 de カンタートのリハーサルとかの出席要請はぶっちぎってのジルコンズ公演でした。なに、以前に身も心もボロボロになったときにお医者さんに「入院しますか?」って言われて「リハーサルがあるから無理です」と言い放った俺だ、怖いもんなんかねえさ。

昼間はなんだかんだとしていて、ちょいと外出してから16時くらいに帰宅してみたら、たかが30分ほどの間隙を縫って電力が停められておりましたな。あはははは。それで16:30にコンビニで電気代は支払って、17:00くらいにソケースへ。僕の親しいところだと、閣下と金井はるかっちは(もとより他のお客様がたも)、ご来場ありがとうございました。

それで深夜に帰宅してみたら、まだ電源供給停まってやんの。しょうがねえなあ。不貞腐れて湯豆腐など仕立ててですね、さすがに読書は無理だから不貞寝。
テレビ観ようかと思ったら受信料払ってないもんだからNHKの電波が停まってるし、そも電源ねえからテレビが映りゃしねえ。

なんてこったい。

2009年1月13日(火曜日)、プロマイドとかオプラートとか、好き。

ジルコンズ(ジオラマ)
The Zircons
a cappella doo wop Live at
Sokehs Rock
四谷三丁目
Jan. 14 (Wed.), 2009
Open 18:30
Start 20:00
Fee only \2,000
Go Ahead Punks!

発酵アガリクス 今日のお買い物:

晩飯の仕込みと思って地下鉄東西線落合駅上つるかめランドに行く途中で、とりあえず三ノ輪通りの煙草屋さんでtaspoを借りてゴロワーズなど買う。酒屋さんから奥さんが出てきたので「こんにちは」と言ってみたら「あら、どなた?」と仰るのでよくよく見たらよく似た別人の人でした。「すみません、酒屋さんの奥さんと間違えました」と正直に言ったら「まあ、色男に声かけられて」とのことで大過なくてよろしゅうございました。あと「魚ごん」の女将さんに「ニシンありますよ」って声をかけられたのだが(よく覚えているよな、そんなことを)、今日はパス。

つるかめランドでは225円の生鱈子が半額になっていたので、百円の木綿豆腐を買い込んで今日は湯豆腐が成立。冷蔵庫に小松菜があったと思うし、乾燥の葛切りもあった筈だ。


今日の敗残:

メックのソプラノ 明日のジルコンズライブの個人芸、いちおうリコーダーで『Lupin the Third』は演るのだけれども、後半はハーモニカにシフトします。カネ取られて聴かされているお客さまに聴かせられるレベルではないよな、ちくしょ。

ルパン三世については、半年くらい後にリベンジします。比較されたし。

  • Taste of Honey (惨敗)
  • Lupin the Third
  • 枯葉
くっそー。
今日の立山連邦:

安部譲二『時速十四ノット、東へ』講談社文庫 ニュースになるほどのことだろうか。

どの新聞紙面でもいい、10日連続で僕が誤変換を見つけてみせるほうに10万円賭ける。
あるいは、結婚式場の契約書から「全体の3割」くらいで不適切な文言を見つけるんでもいいぜ。

ありがちなことだ。



明日は、

四谷三丁目でライブってば。

あ、コーダ間違ってる。
頭で考えただけじゃぜんぜん駄目。
lupin#1.jpg 譜面としては間違っていないのだが、演奏するとなるとまるでだめお。

まあいい、明日再出発するさ。


しゃけ
footcopy