FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2008年12月10日(水曜日)、Level IV.
FFRにて。 今日はThe Zircons live at 池袋Free Flow Ranchでした。ご来場の皆さん、お店の皆さん、ジルコンズ面子、俺、あと廊下にいた知らないお客さん(というのか)、ありがとうございました。

ところで、今日で僕の年内ライブは終了です。次回は2009年1月14日って、平均3ステージ/月の僕にしては珍しいことだというか、単に人気が落ちたということなのでしょうかしらん。知らん。


今日の動線:

04:00、なんでか起床、ごはん。
06:00、仕事の下準備(ネタのダウンロードとか)をした後、ちょいと実家に寄って野暮用。
10:30、ついでにお風呂と、第2朝食。
12:00、帰宅して軽くお仕事。
14:00、YouTubeなど眺めながら譜面の準備などする。あと衣裳に着替えたりなんだり。
15:30、大江戸線沿いの病院に母の見舞い。ついでにお八つ。
16:00、大江戸線で東新宿駅に出て、副都心線で池袋へ。便利。西口東武デパートの煙草売場でゴロワーズなど購入。
17:00、池袋駅西口のカラオケボックスにジルコンズ全員集合して新曲の仕込みを2時間ほど。
19:00、フリーフロウランチのお向かいのいつものベトナム食堂のソファに陣取ってリハーサルのウチアゲ。
20:10、FFRに入ってなんとなく曲の打ち合わせをしたりセッティングをしたりなんだり。
20:35、ライブ開始。
23:00、ライブ終了。飯とジントニックなど。
24:00、FFRを後にして横ヤンのラブ吉二世号で中井まで送ってもらう。


今日のどうでもいいけどよく食べた:

鼻笛とウクレレ ときどきご存知の向きもあるかと思いますが、ふだんはちまちましたものをこまごまと食べていて食が細いもいいところの僕は森拓治先生にはお会いするたびに「食べない人だからねえ」なんて言われちゃっているのですが、月に1度か2度くらい「大食漢の日」が出来して朝カレー昼カツ丼おやつ鰻晩飯ちゃんこみたいな食事をしちゃったりして、そういうところで栄養を補給してなんとか生きているのです。

今日がその大食の特異日に当たって、午前4時くらいからカレー、朝食もきっちり摂って昼は雑炊、お八つにフルサイズのカツサンドをいただいてからジルコンズのリハーサルのウチアゲはベトナム食堂さんでいろいろ食べて、Free Flow Ranchでも演奏中からチリビーンズを注文して、終演後にガンボとか豚肉のワイン煮とかばりばりいただきました。4年がとこの付き合いになる横ヤンが「こんなに食べるりびさんは初めて見た」と言っておりましたが、僕もものごっつ久し振りにがっつり喰った感じですよ。いいこと、なんだろうなあ。


The Zircons Live at 池袋Free Flow Ranch
10 Dec. 2008 (Wed.)
20:30-21:30, 22:00-23:00

Sets:
  1. Have Yourself a Merry Little Christmas
  2. Little Star
  3. Johnny Angel
  4. The Closer You are
  5. In the Still of the Night
  6. Fools Fall in Love
  7. 上を向いて歩こう (w/最大 on 鼻笛)
  8. Looking for an Echo
  9. Sixty Minute Man

    - Intermission -

  10. Rudolph the Red-nosed Reindeer (最低 on Ukulele, 最大 on 鼻笛)
  11. Frosty the Snowman
  12. In the Mood
  13. Oh what a Night
  14. Rama Lama Ding Dong
  15. また逢う日まで
  16. 夜が来る
  17. 非情のライセンス
  18. Theme from 11p.m.
  19. 妖怪人間デブ
  20. To the Aisle
  21. White Christmas
  22. For the Longest Time

  23. Goodnight Sweetheart (encore)

今日の衣裳:

とにかくピースサイン。 なんかクリスマス企画ということで『Have Yourself a Merry Little Christmas』だの『上を向いて歩こう』だの『赤鼻のトナカイ』だの『Frosty the Snowman』だのも仕込んできたし、横ヤンが「僕は白いパンツに赤いシャツにします」とか張り切っていたものだから、僕は下から白いスタンスミスに赤いLevi's501に白いセーターに赤いキャップという気の触れたようなセッティングにしてみました。その上から紅白のレタード・ジャケット(スタジャンですな)を着てみて「さしもの俺もこれはちょっと」と思ったもので、あとは水色のマフラーとふつうのピーコート。


こんなものは着ません 小山亜紀はふつうに赤いドレスでしたが、サンチャゴ田村はなんでかテンガロンハットをかぶってイーライ・ウォラックのコスプレをしておりましたとさ。移動中に池袋西口の衣装屋さん(近隣の女の子のいる店あたりが顧客でしょうな)の前を通りかかったらサンタさんのミニスカワンピが安く売られていたので小山亜紀に薦めたのですが、これは来年に持ち越し。


今日の演奏ちゅうかMC半分ちゅうか:

FFRにて。 演奏のほうの出来は良かったと思うんですけどね(当社比)。毎度毎度、曲の前に「どうやって始まるんだっけ?」とか「キーはなんだったっけ?」とか打ち合わせが始まるのはいつものこととして、アーティキュレーションもダイナミクスも偶然ながら揃っていたし、それよりなによりハモっていた。まさかカラオケボックスの2時間弱で5曲がとこも仕込んでいると思うお客さんもいらさますまい、わっはっは。

お店の外に佇んで何曲か聴いてらしたおじさんがいらっしゃいましたな(FFRの構造だと、僕の隣の窓からそれが見える)。別にチャージもロハなんだから入ってきて聴いてくれりゃいいのにとも思いましたが、値踏みするかたも足踏みする向きもありましょうし、曲終わりで窓のほうを向いて帽子をとって挨拶したら拍手してくれました。それで充分。


NZ5$ ところで、投げ銭のテンガロン・ハット(ぜったい10ガロンは入らないと思うんだけどな)に5NZドル札を放り込んでくれたかたがいらっしゃいました(ニュージーランドのドルね)。換算して253円というのは帰宅してから調べたんだけど、それよりも妙なスカシの入った紙質とか印刷方法とかが話題になりましたね、愉しませていただきました。

  • 亜紀ちゃんの『Have Yourself a Merry Little Christmas』は、それこそリードが上手いは百難隠した感じもあったでしょうか。今日のお客さんには今日の演奏を覚えておいていただいて、来年また聴いていただくと楽しいものになるのではないかと思うのです。なか1年おいたら僕らも忘れますからじゃなくて、お客さんのほうが記憶力はいいんじゃないかな。
    『White Christmas』は一昨年に演ったものと昨年に演ったものの記録が残っていて、「1年経つと忘れる」ことを僕が覚えていたものでリードボーカルの僕は予習して行きました。

  • 『Rudolph the Red-nose-fluted Reindeer(赤鼻笛のトナカイ)』は、僕のウクレレとサビ歌、横ヤンのヒラウタ主唱と鼻笛でお届けしました(サンチャゴと亜紀はお休み)。ほんとはボサノバ・バージョンも用意してあるのですが(ってか3年前にジルコンズで演った)、今回はふつうに。『上を向いて歩こう』もそうですが、僕の知るの鼻笛吹き(って5人くらいだけど)のなかでは横ヤンがいちばん上手い。プロでもやっていけると思うのです。

  • 『Frosty the Snowman』のネタは赤骨さんとDr. Johnのバージョンで、スーパーミュージック(スーパーマーケットのBGM)あたりでよく聴くのですが、「これって有名なの?」ってサンチャゴが言っておりました。そういえばBGM以外で聴いたことがないような気もしないでもなし。

  • 全員が「いちばん緊張した」と言っていたのが『夜が来る』で、これだけはボケようがないんですよね。前回はBack In TownSokehs Rockで演っていると思うのですが、気の変わった僕はまたサビのコード進行を(勝手に)変更してしまいましたとさ。ベース最強伝説。

  • ちなみに本日の最低音、下の下のAb(過去の最低記録はその半音下のG)。我ながら不気味ですな、ってかバケモンか俺は。



それでまた湯豆腐作って食ってるんですけど。


明日からは、

巷間言われているほどヘビーな話ではないのだが、しばしの期間に亙って病院詣ではまああるわな。
珍しくコアなお仕事があって、3時間/日くらいはこなしていくとなんとなくおまんまがですね。
年内のライブ予定は無い。セッションも特にねえなあ。

あとはコンサート見物がいくつか(横ヤンとアンジェラ・アキとT.M.Revolutionのイヤカンとかちんこまつりって感じで、この時点で年末感満点だったりなんかして。



スポンサーサイト



footcopy