FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


こんど演ろうかと思って。



スポンサーサイト



2008年12月5日(金曜日)、UVERworld at 武道館。
08:00起床。

朝食、インチキおでんとか冷凍御飯とかインチキ味噌汁とかそんな感じ。
昼過ぎから若松河田の病院に寄って、母の病室でお弁当などつかう。あとはウクレレ弾いたりマンガ読んだりそんな感じ。

東京女子医大の休憩室のマンガの趣味はちょっとヘンで、以前に置いてあった『課長島耕作』の「癌患者が血反吐吐いて死んじゃうの巻」は僕が勝手に撤去して『おたんこナース』とリプレースしておいたのだが(内緒だが)、『がんばれ元気』で「父ちゃんが関拳児に殴られて死んじゃうの巻」とか平気で置いてあったよなあ。今回は『スーパードクターK』と『ゴルゴ13』と『釣りバカ日誌』がぞろりと並んでいて、『釣りバカ日誌』はいいとして前者ふたつはどうなのよ、なんてことは言わずに。


今日のウーバーワールド:

CD『UVERworld/BUGRIGHT』 誘ってくださるかたがあって、UVERworldの初武道館公演に、17時集合のところ16:30に到着してしまったら(曙橋からふた駅だもんね)、けっきょく集合したのが18:00でしたね。雨のしょぼふるなか、搦手に1時間くらいもいましたよ。

バンドのほうは曲は知らないしCDもDVDも持っていないのだけれども、ライブは5回か6回くらいは観ているんじゃないかな。元気のいい人力バンドで、裏裏裏のリズムがたいへん心地よい。歌もいいし楽器も上手いし、ファンの皆さんもマナーよろしくてたいへんけっこう。ギミックもレーザーだの花火だの焚火だのいろいろ仕掛けられていて楽しゅうございました。


どうでもいいけど、あの焚火やらレーザーやらのタイミングってどうやって取っていたのだろうかしらん。西川さん(人力バンドではない)ならクリックに合わせてデジタル制御できるのだけれども、UVERworldさんはたまにドラムスが走ったりするもんだからもう判らないのです。いやべつに貶していません、そういうことはあります。
ふと思い出すと、武道館公演って何回目かな。
  • エルトン・ジョン+レイ・クーパー、
  • ヒューイ・ルイス、
  • T.M.Revolution、
あと松任谷由実のバックで歌ったことがあったような気はする(合唱団にいたから)。
今日のイチャモン:

とかなんとか言いつつ、誘ってくださったかたを誘ってくださった兄さん姐さんと誘ってくださったかたとで爾後に九段下の飲み屋で話していて、「音が駄目だよな」という話にはなる。

基本的には楽器の分離がよろしくないのと、ボーカルの低音域がよく聴こえないあたり、それよりなにより音量が小さかった(ロックのライブ帰りなのに耳鳴りがしない)。バスドラとベースの違いがよく判らないあたり、この音量ならもうちょっとどうにかなったのではないかという疑念もある。

結論として「DVD録音用セッティングを外音にも適用した」というあたりが、ライブ経験だけなら腐るほどある僕と、プロのゲーム系クリエイターの兄さんとの共通の結論でした。僕としては、個人的にはUVERworldは「リズムバンド」だと判じているので楽しめたんですけどね、たしかにそういう苦情が出そうではありそうだなとも思ってはいたのでした。

いちど小さなライブハウスか、せいぜい千人規模のホールで聴いてみたいような。



明日は、

ALCaféに行ったり行かなかったり行けなかったり。

footcopy