FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2008年12月3日(水曜日)、軋むキー、唸るハードディスク、悲鳴をあげる俺。
発酵アガリクス 珍しくちょっと忙しい。いま18:15なのだが、19時過ぎからの新中野弁天のジャムの輪セッションに行ったものかなあ。行くと三千円くらい使う。行かないと2万円くらい儲かる。二者択一。

けっきょく行けませんでした。


今日のお買い物:

ヤマシンの白ぽん酢 【やげん堀】 七味唐辛子 セット、木製ひさご付き こーれーぐーす 干し蛸 その蛸の生前の雄姿



包丁 とかなんとか言いつつご飯を食べなければお腹が空いたり死んだりパフォーマンスが低下したりしてしまうので、東中野ライフまでは行く。なんとびっくり、愛知県で200年前から醤油を作っているヤマシンの味付けぽん酢があったもので速攻で購入。やげん堀の七味唐辛子がコンビニにあったのと同じくらいびっくりしたなあ。

というわけで今日はポン酢さんを主役に据えることにして、とりあえず茹で蛸の足を買ってきてスライスする。ゾーリンゲン最強! 腕前不要! 薬味は、もみじおろしを作るのが面倒くさかったもので、鬼おろしで大根をざっとすってこーれーぐーすと和えてできあがり。手を抜けるところは手を抜きたいわけね。
ほんとは冷凍とかパックとかの大根おろしも市場にあるのだが、俺ってば「大根おろしの汁」にちょっと醤油を落として飲むのが大好きなんですよ。ってか「大根おろしの汁」の瓶詰とかあったらたぶん買うね。毎日飲むね。

あとはKY今日も湯豆腐ということで甘塩の鱈と小松菜を買ってきて、冷蔵庫には木綿豆腐とでっかいナメコと春菊とマロニーと冬瓜がある。ぜんぶ放り込んだらどうなっちゃうんだろうなあ。ま、そのへんは適当に昆布だしで茹でときゃそんなにひどいことにもならんでしょ。


今日のお買い物 (2):

お刺身バラエティー、398円。 どうでもいいけど東中野ライフって凄いなと思った話があるので書いておきます。

写真下手ですみません。

お刺身コーナーに「お刺身バラエティー」というパックがあって、写真は陳列されていたときのまま(凄いなと思ったもんで丁寧に運搬してきました)。どうやらお刺身パックの切れっ端を集めてみましたみたいな感じで、なんだよこのぞんざいな並べ方は。いやまあ喰えばいっしょなんだけどさ。左から、中トロ、中落ち、鮪の切れっ端、サーモン、ホタテ、鯛、鯛の潰れたの、って感じか。

とくに文句もないのだけれども、もうちょっとどうにかならなかったのかなあ。


今日の疑問:

「山茶花」と書いたら「さんざか」じゃないのか。
「とっとり」と呼ぶなら「取鳥」と書いたほうが読みやすくはないか。


今日の豆知識:

昨日の日記に新宿で鰻を食べた話を書いたら、某さんが「美々卯にも鰻があるよ」っ教えてくれました。ランチ限定で二千円なのだそうだが、美々卯の鰻ってどんなのかな(アナゴは食べたことあるんだけど)。こんど行ってみようかな。


今日のノスタル爺:

夕刻のニュースで春日の真砂市場が紹介されていた。ずいぶん昔に東大に通っていたころによく行った天麩羅屋さんがまだありやんの。こんど時間を作って寄ってみようかしらん。


今日のイチャモンだか疑念だか:

ヘンな看板 昨日新宿で観た『羅生門』の劇場前に貼ってあった看板です。


>>
《お知らせ》
>>『羅生門デジタル完全版』サウンドは、フィルムへの録音はデジタルですが、再生は原版と同じモノラルとなっています。


DVD『羅生門』 なにが書いてあるのか、ここ界隈だと僕とおーうちさんとサンチャゴ田村以外にはまったく判らないんじゃないかなと思うのです。パラフレーズすると「デジタルにブロウアップしたけど、dts5.1とかにはしてなくて、モノラルのまんまだけどそれがオリジナルだからね」と書いてあるものと思うのですが(違ってたら教えてね>>おーうちさん)、それ以前に日本語が下手なのかな。

この映画館を糾弾する気にはまったくならないので、話のネタということで。



明日は、

朝の08:00から病院詣で。
というか、入院する人のクーリー。
僕は絶好調なんですけどね、いろいろあってて。



スポンサーサイト



2008年12月2日(火曜日)、「Good Sleep」と書いて「ぐっすり」と読む。
08:00起床。湯豆腐を温めなおして朝食とする。
燃やすゴミの日なのだが、寒いので今日はパス。家から出たくない(駄目じゃん)。
今日のポッケ:性差、なのかしら。

The Sanctuary 先日に某女子と話したことを書いておく。とくに面白くはないが参考までに。

某女子が新調した上着というかブレザーを着てきたのを見せていただいたら、内ポケットがない。それでは不便ではないかと質したところ「ハンドバッグを持っているから平気」との返事であった。なるほど。

男子側を代表するわけではないけれども説明しておくと、とりあえずボトムが5ポケットが基本で、ジーンズもそうだし、チノでも4ポケットに付加されてウォッチポケットだのコインポケットだのはついているのがふつう。僕だと、けつにハンカチと財布、前左が五百円玉で前右が少額貨幣、ウォッチポケットに秘密の品というふうに決まっていたりなんかして。

この時節だと上着のポケットが使えるので、文庫本だのティッシュだのの持ち物が増えたりするの。だから面白くない話だって最初に言ってるじゃん。




今日の鰻:

町山智浩『アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない』文藝春秋 煙草を買おうと思ってついと家を出て、そういえば靴下とハンカチが払底しているよなあと思って西武新宿線に乗り込んで新宿に出る。けいかくせい? 何語ですか、それは。義務教育で教わってるかしらん、僕知らない。

紀伊国屋書店にちょっと寄って例によって創元とハヤカワの棚を漁って、これといったものがなかったのでクヤシマギレに(うそ)町山智浩『アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない』(文藝春秋刊)を購入。たしか雑誌の編集長をしていた時分にライバル雑誌の編集部に乗り込んでライバル編集部員だか編集長だかにパイを投げつけた信頼できる人、だと思うの。

ついでに淳久堂に廻るかと思って紀伊国屋を出た新宿通りで、知り合いの社長とばったり。ちょうど昼前だったものでじゃあ飯でもってんで、ちょっと相談して「じゃあ鰻」ってんで登亭に向けて南へ歩き始める僕、伊勢丹上階の宮川本廛に向けて東へ歩き始める社長。コントか。それで宮川で(どうせ社長の奢りだろうと思って)座るなり「松ふたつ、生ビールふたつ」と言い放つ俺。さすがに美味い。ひとりあたま3,500円もとられたがそこはそれ。


今日の靴:

コンバースですよ 社長に御馳走さましてから、そういえば知人の姪御さんが大学に受かったってんでお誕生日とクリスマスと合格祝いを兼ねて腕時計でも贈りたいとその知人が言っていたのを思い出して、定番でagnès b.(アラフォーが姪御さんにというなら30,000円前後がてきとうでしょう)あたりをチェックしに行こうかなと思って明治通りの角っこの丸井に向かう途中でABC-MARTでコンバースのオールスターのハイカットが2,990円で売られているのを発見。じゃあ買っとくかなってんで生成り(オフホワイトって言うの?)のサイズを出していただいたら、店員さんが「1足なら2,990円ですけど、2足買うと5,980円ですよ」と言う。たしかに「2足でお得」とかいうポップもそのへんに貼ってある。わけが判らんのだが、じゃあついでにってんで赤いのも買ってみました。ほんとは黄色いのが欲しかったんだけどな、いま作ってないんだって。


今日の黒澤明:

DVD『羅生門』 ビールも飲んじゃったし、急ぎの仕事もないし、じゃあ映画でも観るか、『トロピック・サンダー』とか『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』とか『Be Kind Rewind』ってんで(僕は基本的に自宅ビデオ派なので公開スケジュールには疎い)ピカとかバトとかチェックしようと思って(俺は映画は好きなんだけどシネコンは好かんのだよ)歩いていたら、米兵とセゾンプラザに挟まれた映画館に『羅生門』の看板! あれをリメイクする度胸が誰にあんねんと思いつつよくよく観ると、オリジナルのデジタルリマスター(の完全版)らしいんですね。上映開始まであと20分、吸いよせられるようにチケットカウンターにふらふらと行く私。これはしょうがないね。

クロサワ『羅生門』はたぶん小学生かそのへん、10歳前後に観てるんだよね。その後になんで観ていないのかという理由が今回判った。怖かったんだ。


夜、らんたんのSBCセッションに久し振りに行く。主として見学、みんな上手いなあ。

あと、荻窪ALCaféから連絡があって、来年の3月2日にセッションホストをやってくれとの由。先の話すぎてどうなるか判らんながら(僕の予定サイトはせいぜい1週間)、とりあえず応諾。

footcopy