FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2008年11月16日(日曜日)、ぐう、しありる、う、ぐらびら。
ジーンズのポッケにチケットを入れとくとこうなっちゃうわけ。 ところで、昨晩深夜にジーパンにTシャツとスニーカーでジョギングしていたらお巡りさんにとっつかまっちゃったんですけど、どうすればいいのでしょうか私は。

なんで走っていたかというと、そりゃ年末恒例ちんこまつりに向けての体力作りなんですけどね。


今日の晩飯:

メインディッシュは湯豆腐。野口屋さんのリヤカーの喇叭を頼りにちょいと寄ってみて、木綿豆腐を買い込む。ついでに生協で奢って生牡蠣(加熱用)と春菊など。しまった、シラタキを買うのを忘れた。

レシピ(たとえば横ヤン向け):
  1. 鍋に水と出汁昆布を放り込む。
  2. 沸いたところに生牡蠣を放り込む(鱈なら鱈を放り込む)。
  3. 沸いたところで灰汁をとる(気にならないならとらなくても別にいいか)。
  4. 鋏で切った春菊(なにで切ってもいいし春菊じゃなくても構わない)を放り込む。
  5. 鍋の顔色を見つつ、春菊が緑色じゃなくなりそうになったら豆腐を放り込む。
  6. 2分だけ待つ。
  7. お椀にちびっとずつよそって、お酢と醤油(味ぽんでもなんでもよろし)でいただく。
こんなもん、カップヌードル作るのと手間は変わんねえぜよ。カップヌードルのミルクカレーは好きだが、こっちのほうがよほど美味いといつも思うのです。
ちなみに僕は「お椀にはおつゆは注がない派」なんですが、特殊ですかね。
そういえば昨日は西ヲタの皆さんと食事をしていたら、サーブしてくれるのはいいんだけどいちいち「入れる?」とか訊くのよ。「よそう?」って言ってほしいんだな、ほんとは。
東中野ライフのレジで「お箸いりますか?」って訊かれたもんで「ああ、一膳ください」って言ってみたらレジのお姉ちゃんには単位としての「膳」が通じませんでしたな。このあたりは諦めているのです。

うるさいおっさんみたいで申し訳ないのですが、一皮むくとうるさいおっさんなのでごめんなさい。

そして野口屋さんのお豆腐は美味しい(三ノ輪通りのお豆腐屋さんが溶けちゃったのも購入理由ではあるのだが)。行商アルバイトの時給もいいみたいだし、僕もやってみようかな。たぶん楽しからんものと思う。


今日の笛:

ソプラノ・リコーダー、バロック式  クロマティック・ハーモニカを始めた頃には、ソニー・ロリンズ『サキソフォン・コロッサス』と『ブルース・ブラザーズ』のサントラに合わせて死ぬほど吹きまくっていたものです(ピアノはその後だと思う)。

とりあえず『Mercy, Mercy, Mercy』って一昨日にMarlena Shawで聴いたばっかしやんけなのに曲名が思い出せなかったものを無理繰り吹いて、あとはいつもの『Lupin The Third』とかジブリ(映画は好かないのだが曲は好き)とか、あとてきとうなものをいくつか。YouTubeにも合わせてみました。

そうさの、

  • まだ指遣いを思い出さなければいけない音程があるのがよろしくない(弩素人)、
  • 下のオクターブではなんにも考えなくても音が出てくるようになってきた、
  • ブレスと吹き込み角度がまだ難しい、
くらいかな。そのうちなんとかなるといいなあ。

明日は、

ヌーとリアスに行ったり行かなかったり。



スポンサーサイト



これ、なんでしたっけ。
|どっしっbしどしbし|らっそそ#ふぁーそっ|
|らっbらっそbらそbそ|ふぁっみみ#れーみっ|
|そっふぁみ#どーれっ|そっふぁみ#どーれっ|
|しど#どれ#れみふぁ#ふぁ|そ#そらしらそらし|
|どっしっbしどしbし|らっそそ#ふぁーそっ|
|らっbらっそbらそそ|ふぁっみみ#れーみっ|
|#ふぁっ#ふぁ#ふぁしーーー|そっそそしーーー|
|しらしどしらそ#ふぁ|そ#ふぁそらそふぁみれ|

|どーーそどっそらしどれみ|ふぁーーみれーーー|
|らーーそふぁそふぁみれみふぁれ|どーーみそーーー|
|どーーそどっそらしどれみ|#ふぁーーらどーしど|
|みーそーれーそー|どっ、、そ#ふぁそ#そらし|D.C.

2008年11月15日(土曜日)、T.M.Revolution!
今日の西川貴教:

今日はT.M.R Live Revolution '08-'09
転生降臨之章 at 府中の森、
でした。


この週末の僕の日記を読むと、

13日の木曜日、映画『レッドクリフ』鑑賞、
14日の金曜日、ライブでマリーナ・ショウ鑑賞、
15日の土曜日、ライブでT.M.Revolution鑑賞。

そんなことをしているうちにも、たぶん文庫本5冊くらい読んでDVDを3作くらい眺めて、ついでにヒマさえあればソプラノ・リコーダーを吹いているんですが、大丈夫なんでしょうかこの人(私)は。はい、無職です。仕事ください。


お昼寝の後に沐浴斎戒して、東府中を目指して京王線に乗り込んだら、いつもは雲霞のごとく同乗されている判りやすい服装の「目的を同じゅうされる皆さん」がぜんぜん見当たらない。っかしいなあと思っていたら、京王線の橋本行きというのはどこかで明後日の方向に行ってしまって東府中駅方面には行かないのですね。まあ途中で気づいて乗り換えたからいいや。ええ、乗り換えたら同業の皆さんが雲霞のごとくですね。

府中の森は、ものすごく昔(たぶん20世紀後半)にたぶん早稲田大学男声合唱団コール・フリューゲルの公演があって出演したことがあったと思うのだけれども、あとお芝居とか観にいったような記憶もあるのだけれども、よく判んないな。とりあえず、同じあのステージに僕もいたのだからバックヤードとか思い出せよ俺。いやまあどうにも記憶の彼方。

どうでもいいけど、開演前にホールの公演予定を眺めていたら府中の森で「宇宙の森」というのがあって気に入りました。


18:00の定刻開演。
  • ライブ中の西川さんの機嫌がほんとうによかった。

  • 僕のお席は二階席の中央正面、目の前は通路というよろしいポジションでした(2階7列31番)。今日は「3人縦並びのダンス」が堪能できたのがよかったかしら。

  • バンドの音はほんとうに良くなって安心して聴けたと思うの。そのぶん、定刻開演の5分前くらいにマイクチェックとかしてるし(「あ」とか「ポコ」とかいうやつ)、ギターのサウンドチェック(上手側)やらしてるし、スネアのチューニングもしていたもんで「こんなんで大丈夫なんか」なんてちょっと思ったことでした(杞憂ですけど)。
    バンド休憩のたびにフロアタムのチューニングもしていましたね。

  • 西川さんのコンタクト・マイクは、演出上は必要であることは判るのだが、イコライズはもうちょっとどうにかならんものでしょうか。乏しい知識ではハウリング対策なのだろうと思うのだけれども、ハウるレンジが絞られているものだから結果的に「音程ごとに音量が違う」もので聴きづらいこと甚だしい。

  • とは言うものの、クラシカル主体だろう「府中の森」でのロックのコンサートであれだけの音響を実現できたのは凄いことだとは思うの。綜合すると「時間がなかったのかな」なんて思うのだけれども。

  • ハウリングについて付記するならば、「花道」に出ちゃうときのハウリングについては西川さんは承知していたものと思う(「鳴るなら鳴れよ」ってなもんだろ)。ふつうに上手でハウっていたときには勢いつけて退いたもんな。

今日の服装:

スタジャン エアマックス360BBAP白赤 そんな心算はなかったのですが、紅白のスタジャンと紅白のスニーカーを履いて行ったら勘のいい某女史に「あら、素敵なコーディネート」とか言われてしまいました。そんな心算もなかったのですが、失策ですね。

あと、黒のニットキャップを被って行ったんですが、これが現場に到着してからトイレの鏡を見てみてたら人相が凶悪で、自分で驚きました。サングラスかけといたほうが目つきはまだマシですよ。

隣席の女の子がステージの合間に「ものすごく殴っちゃってすみません」とか言ってえらく恐縮しておられたのだが、そんなことで怒る人はこのライブにはいません。


今日の服装 (2):

Revel Cheerleader リズだかベスだか。 リズだかベスだか

そのスタジャンの胸には「R」のロゴに「BETH」と書いてあります。
背中には「Rebel Cheerleader」とあります。

帰宅がけの山手線に乗り込んだら、車中のアメリカ白人らしきアベックがそのスタジャン(この場合はレタード・ジャケットと言うのかしら)をしげしげと眺めながらなにやらぶつくさ言っているので「なんやねん」と言ってみたら、「あんたの名前はベスか?」と言うので「そうだよ」って言ってみる。とうぜん直後に訂正するわけだが。


ついでに「Rebel Cheerleader」の代紋を見せてあげたらお姉ちゃんのほうが「I love it!」ってすごく喜んでくれたんですけど、『フロリダ州立名門巨乳女学院』のどこがそんなにウケるのかが判りませんでした。いや、ウケりゃいいんですけど。

兄ちゃんのほうは大久保駅での降りがけに「オヤスミ、ベス」って言ってくれたので「Bye, Johnny」と返しておきました。

2008年11月14日(金曜日)、マリーナ・ショウ!
今日のMarlena Shaw

CD『マリーナ・ショウ/ライヴ・イン・トーキョー』 以前は大久保通りと明治通りの交差点のちょい北にあったものが新大久保の水族館の隣に移転して、ふと気づくと新橋に移動していたものが今は新宿三丁目の厚生年金会館のお向かいあたりに居すわっているらしきライブハウス『Someday』って説明が長いぞ俺、に今日はマリーナ・ショウ詣でに行ってきました。初代から三代目までのお店には何度かずつ行っていて、今日は初三丁目四代目サムデイ。


バンドはリズムのトリオで、知らない人たちだったけどネットで調べてみると、

  • BILL CUNLIFFE (p)
  • JEFF CHAMBERS (b)
  • GARRICK KING (ds)
という布陣。僕はよくライブ前に「頑張ってください」って言われると「頑張らない、いつも通り」って答えるんだけど、おっちゃんらってば自然体もいいところでしたな。そこへ持ってきてマリーナ・ショウのおばちゃんが声だけ聴いてりゃとても70歳手前だとは思えないノン・リヴァーブの伸び伸びした感じで楽しめました。曲目はだいたい知っているようなもので、『New York State of Mind』とかはグズグズに崩して、『'Round about Midnight』が嬉しかったな。それで『Feel Like Makin' Love』とかはセッションで似たような編成で同じ譜面で演ってるのに、なんでこんなに違うの。

60分超×2セットの長尺の終演後はメンバー全員がフロアに出てきて、マリーナおばちゃんは大行列の同伴写真撮影会&サイン会に快く応じていて、バンドのおっちゃんらも客席でファンとずうっと歓談しておりました。たいしたもんだなあ。


今日の物欲:

けっきょくここ数日のインターネットで、なんの勢いだか判んないんだけど、

  • Levi's 501*5着、
  • 福袋でラングラーとスタジャンとシャツとキャップとアクセのセット、
ジーンズもいろいろ とか買っちゃいました。向こう5年間くらいはジーンズとジャケツを買う必要はありませんね。それがぜんぶ足して1万円いかないわけだし、いい買い物だったと思います。

いやそんなもん恒常的に買い続けるわけはないので、集中的にいいものを探しまくってみた感じですよ。もともと異常にモノモチがいいので、高校のときに買ったMA3の前身頃がノコギリ波のやつとか未だに着てますからね(所謂ヴィンテージ)、あと20年モノのリーバイスとかリーとかたくさん押し入れにあります(所謂ヴィンテージ)。

ってかいいかげんいくつか棄てろよ俺。


今日の西川:

T.M.Revolution
T.M.R. Live Revolution '08 -Strikes Back VI-

ジーンズのポッケにチケットを入れとくとこうなっちゃうわけ。 要するに年末恒例ちんこまつり(西川貴教さんの男子限定ライブ)なのだが、ついうっかり申し込んでおいたものが、

12月27日 Sibuya-AX、当選。
12月28日 Sibuya-AX、当選。

沈思黙考閑話休題。

ちっ、当たっちまったぜ。生きて帰れんのか俺。



明日は、

T.M.Revolution。

footcopy