徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2008年11月30日(日曜日)、ハンギング・ロックの決斗。
書籍『かいじんにじゅうめんそう』 昨晩はけっきょく夕刻に寝そびれた勢いで、東新宿Acoustic Artで突発Punchセッションに行ってしまいました。ゲストはベースのKatzさんで、もう自由自在に曲を転がす転がす。19時くらいに到着してから22時くらいまで滞留してなんぼかピアノを叩いたりなんだりして、面白うございました。眠くなったので帰宅して、あと帰宅して寝た感じです。

今日の野暮用:

つっぱり棚 なんでか知らんと05:00に目覚めてしまって、二度寝しようかななんて思いながら文庫本など読んでいたら朝になっちまった。そんなこんなで大沢在昌『アルバイト探偵』読了、アイリッシュ『晩餐後の物語』が半分まで。アイリッシュってコーネル・ウールリッチなんだったっけ、『喪服のランデヴー』の。よく忘れた。『喪服のランデヴー』って金田賢一でドラマになったことがあったと思ったんだけど、違ったっけ。もう忘れた。そういえばこないだ、ヘンリー・カットナーの奥さんがC.L.ムーアだというのを知ってびっくりしました。知らないことばかりです。

ついでに暇つぶしで「幕末三舟の名前を思い出す」というのをやってみたんだけど、有名なほうのお二人はすぐに出てきたのだが、高橋さんの名前だけなんでか「呑舟」というのが邪魔して出てこない。けっきょく2時間半もかかっちゃいましたとさ。

そんなことの後にちょいと実家に出て、朝食をいただいて、食器を洗って、ついでにつっぱり棚を2つほど設置して、つっぱり棒でカーテンを設置して、PCのメインテナンスをして、別のでっかいカーテンを吊って、「棚にものを乗せないでね」と告げて帰宅しました。ま、たまにゃいいか。

帰りがけの生協で、豆腐と塩鱈と小松菜を購入。とうぜん湯豆腐にする予定。


今日の誤解:

ニュートン1月号 電車の中吊り広告にでっかく「波動」って書いてあって、正直「またかよ」と思ってしまった私。いや、疑似科学関係の観察も趣味にしているものでさ、もう「波動」ときたら「インチキ」という刷り込みがなされているのですよ。なんだよ波動の水とか波動の按摩とかよ。あとの地雷ワードは「タキオン」とかそんなん。

よく宣伝を眺めてみると、ふつうに「波」を扱っているようです。疑ってすみませんでした、ごめんなさい。

これ書いたことあったかどうか忘れたもので書いておくと、以前の新潟の地震のときに僕はウクレレ屋さんにいて、まずウクレレがこっち向きに揺れて(南北に走る壁に向けて横方向)、それからあっち向き(南北に走る壁に向けて垂直方向)に揺れたのを眺めながら「あ、P波とS波だ!」ってのを観察したことがあります。


今日のサッカー:

道を歩いていて、公園でお子さまがサッカーのまねごとなどされておられるのを横目に見ながら通りすぎたら、意外というか案の定というか、頭部にぼわんとサッカーボールが当たる。いやまあいいんだけど、こういうことが僕には多い。

お子さまたちは案の定トーキックばかりだったので、インステップとかインサイドとかのキックを教えておいた。このへんやっとくとトーが上手くなるからね、と思って楽しく遊んできたのだが、後から考えるとお子さまたちのご両親たちがいらさらなくてほんとうによかった。あはははは。


今日の笛:

ソプラノ・リコーダー、バロック式  できれば今日は銀座に「笛の買い出し」に行きたかったのだが、アイカタの都合がいまひとつな感じだったので今日は断念。まあいいでしょう、いかい笛博士にご教示いただいたとはいえ商品知識も不十分でもあり(まあ僕が樹脂なのは決定なのだが)、ちょいとバッファをとった感じか。

ほんとはALCaféの「アルカ笛」に行きたかったのだが、ちょっとまざまざな情事があれやこれやでこれも果たせず、しょうがないから宅練。

  • Lupin the Third (in Gm)
  • すみれの花咲くころ (in C、オブリガート満載Ver.)
  • Chicken (in Bb)
  • いつも何度でも (in F)
  • Summertime (in Am、途中で倍転Ver.)
  • 赤鼻のトナカイ (in C)
  • White Christmas (in F)
もうちょっと上達してもいいものだとも思うのだが、とりあえず愉しみは先に。


今日の湯豆腐:

白いトレーに乗って売ってる鱈あるじゃん。
ふだんはあれをキッチンペーパーかなんかでくるんでお皿に乗せて電子レンジでチンして灰汁取りしたりしているのですが。

ふと思いついた。

白いトレーのまんまで電子レンジでチンしてみたらどうなるだろう、と思ったら大失敗。鱈の切り身がばらばらになってしまいましたとさ。お薦めしません。



スポンサーサイト
2008年11月29日(土曜日)、強いぞディングル君。
発酵アガリクス 01:00起床。まあ昨日は04:00起床だったし、夕刻くらいに寝てしまったということなのだろうなあ。記憶にないけど。

というわけで、コンビニでお豆腐を買ってきて(CVSくらいしか開いてねえよこんな時刻)、昨日のお鍋に足して純粋湯豆腐。あと冷蔵庫にレトルトの茶碗蒸しがあったのでそのへんをあっためて、と。

左手中指が痛いなと思ったら、昨日椎茸といっしょにスライスしてしまった傷がまだ治っていない。おかしいな、ふだんならプラナリアなみの生命力で切り傷なんか3時間で治るのにな。老いたかな。


今日の前向き:

シャワーヘッド ちょっと前に注文していたお風呂のシャワーヘッドがやっとこ届いたもので(佐川急便さんが呼び鈴押してくんないんだもんな)、ぶち壊れた旧型品と交換してみました。

なかなか快適。
そういえば、お台所の給湯器(引っ越してきた時点で故障していた)を新調する新調すると言い続けて10年くらいにもなるなあ。まあそのうち。

欲を言えば映画『汚れた英雄』の草刈正雄なみに出力のあるシャワーも欲しいのだが(と言って判るかたがいらさるだろうか)、身分相応ということもあるらん。


今日の笛:

ソプラノ・リコーダー、バロック式  えー、サントリーホールで演奏家デビューが決まっているリコーダーなのだが、実は曲目も知らんしソプラノでいいのかどうかすら判らない。キミエさん、連絡くださいよぉ。

措いといて。

もとよりYAMAHAを虚仮にする心算もないのだが、過去の経験からするとウクレレとハーモニカは増殖する。これを個体差に因るものとするならば、リコーダーもちょいと増やしておいたほうがいいかしらん。というわけで笛博士に問い合わせてみる。

>>プラスチック管の上位モデルにも良い楽器があります。
>>この場合お勧めは、全音「ステインズビーJr」と、スズキ「プリマ」の2種類。
いちおう木製(かな?と思って)で問い合わせたのだが、笛博士が「樹脂でいい」と言うのであれば樹脂でいいよ俺は。もともとクロマチック・ハープだって木製の270よりは樹脂製のCXを使っているわけだし、個体差があまりなくてメインテナンスが楽ちんで取り扱いがぞんざいで構わないんだったら、そりゃ樹脂を選ぶでしょう。

ちかぢか、というかこの週末に銀座に行ってみる予定です。


今日のニコニコ動画:

トワイライト・ゾーンで『強いぞディングル君』を眺めていたら、主演がバージェス・メレディスでやんの。『黄金のランデブー』の。

どうでもいいけど、僕は『センチネル』と『女子大生悪魔の体験入学』をごっちゃにしていることに今日気がついたの。齢はとりたくないものじゃごほごほ。ってか『女子大生悪魔の体験入学』のほうにケイト・ジャクソンとか蠅男とかトムベレとかが出ていると思い込んでいるのだな。どこで間違えたんだろうかしらん。


今日の冥福:

Rolling Coconuts 38 ビートルズの曲でタイトルの思い出せないのがあったもんで、誰に訊こうかなと思って携帯電話のメモリを漁ってみて、そんなところに死んだやつが3人も載っているのを発見。いやまあ、たまに思い出すのも供養かなと思って消さずにおくわけだが。

それでテレビを点けてみたら、いきなり深浦加奈子さんが登場。合掌。
ちなみに死んでない洞口依子さんもスベタ役で登場、嬉しい。

判んなかった曲は、ケンちゃん(まだ死んでない)に電話して電話口で笛吹いて『All My Loving』であることが判明。便利だ。


今日のトンチキ:なのかなぁ。

CD『ラスト・クリスマス』 「好きなクリスマスソング」投票でWham!の『Last Christmas』が堂々の1位、だそうな。


Last Christmas, I gave you my heart
But the very next day, You gave it away
This year, to save me from tears
I'll give it to someone special

    去年のクリスマスはあんなに口説いたのに、
    翌朝になったら君はつっけんどん。
    今年は泣きたくないもんだから、
    ほかの娘にしとくよ。

こんな歌詞なんですけど、それでいいの?
あ、僕のフェイバリットは『上を向いて歩こう』です(これはこれで人が死んでいるのだが)。


というわけでもう15時間くらい起きているもんだから、もう寝るね。
おやすみなさい。
2008年11月28日(金曜日)、うろたえるな寝てろ。
発酵アガリクス 04:00起床、ってなにごと? まあ起きちまったものはしょうがないので、昆布出汁で鶏肉を茹でながら味噌を入れたもんかなあ、などと悩みながら包丁を使っていたら、椎茸といっしょに左手中指をスライスしてしまいましたとさ。

お鍋はけっきょく塩胡椒にしてみる平和な金曜日の朝。いたいいたい。


今日の殺人事件:

お鍋にお豆腐を足そうかなと思って、午前6時から五の坂下のコンビニまで行く。雨降りのなか僕が出かけるのはとても珍しいことだが、たまにはいいでしょう。

帰宅がけの玄関先の通路でふと右腰裏側に冷たい感じが走って、手を当ててみたらなんか大量の出血っぽい感じ。ああ、肝臓をやられたな。振り返るとあの女が返り血まみれになりながら包丁を両手に構えて震えている。じゃあしょうがないか。

かまわねえから包丁の指紋を拭って妙正寺川に捨てて、返り血は公園で洗うなりしてとにかく帰れ。俺のほうはなんとかなるから大丈夫だから。俺べつに刺されてもぜんぜん平気だから。死にゃしねえから。とにかく帰れ。

朝未だきなので暗いのだが、どんどん暗くなってくる。
定番なので「なんじゃこりゃ」と言いたいのだが、もう追いつかない。
そして僕は死んだ。


今日の笛:

ソプラノ・リコーダー、バロック式

  • All of Me (in C)
  • Close to You (in C)
  • Lupin the Third (in Gm)
  • 高原列車は行く (in C)
  • 北信濃絶唱 (in Am)

だんだんだだだん、だだだだんだだん。
これも教えてください。

|ワンツーれみれど|
|どーみそーししー|どーどしどみーそそー|
|らーどーしどれーみーれーどーしー|らーしーどーどーしどれーれみれど|

譜割り滅茶苦茶ですみません、察してください。

再度問う。
あちこちそこここで訊きまわっていて、全員が「あ、知ってる」と言いつつ出自の判らない謎の曲です。

|どっしっbしどしbし|らっそそ#ふぁーそっ|
|らっbらっそbらそbそ|ふぁっみみ#れーみっ|
|そっふぁみ#どーれっ|そっふぁみ#どーれっ|
|しど#どれ#れみふぁ#ふぁ|そ#そらしらそらし|
|どっしっbしどしbし|らっそそ#ふぁーそっ|
|らっbらっそbらそそ|ふぁっみみ#れーみっ|
|#ふぁっ#ふぁ#ふぁしーーー|そっそそしーーー|
|しらしどしらそ#ふぁ|そ#ふぁそらそふぁみれ|

|どーーそどっそらしどれみ|ふぁーーみれーーー|
|らーーそふぁそふぁみれみふぁれ|どーーみそーーー|
|どーーそどっそらしどれみ|#ふぁーーらどーしど|
|みーそーれーそー|どっ、、そ#ふぁそ#そらし|D.C.

どなたかご教示いただければと。なんだったっけこれ。

2008年11月27日(木曜日)、ためらうな進め。
発酵アガリクス 05:00起床。なにごと?と思ったら、昨晩はテレ朝『相棒』がつまんなかったもんでがっかりして寝てしまったんだな。珍しいこともあるもんだ、監督さんが新米なのかななんて思って調べてみたら監督・長谷部安春! 信じられない、なに喰ったんだ長谷部さん。
朝、いいかげんうどん。

昼からお買い物に出て、でも中井駅前鳥一にレバがなかったものだから不貞腐れてつるかめランドに廻って、どうすっかなと思いつつ小松菜と鶏肉と椎茸など購入。煮物にでもすんべいか。

あと帰りがけの魚君さかなくんで滅茶苦茶贅沢して大間の鮪の赤身など購入。僕は若い頃に大間崎で刺網漁師をしていたことがあるもので(本当)、そのへんの話題で魚君のおやっさんとちょっと盛り上がる。

鮪、滅茶苦茶美味くてヤバい。

ついでに郵便局に廻って、T.M.Revolution西川貴教のリアカン(Real Countdownの略、要するに12月31日の深夜にライブ演りますよっていうトチ狂った催し)のチケットを2枚ばかり申し込んでみた。これも世のためひとのため、と。


今日のバイタリス:

バイタリス ヘアリキッド バイタリスのヘアトニックが欲しくてずうっと捜していたのだが(こういうものを通販で買ってはいけません)、なかなか売られていない。今日はついに辺境の薬局でヘアリキッドを発見して、まあこれでもいいかと思って保護購入してきました。


豆知識:
  • ヘアトニック:どっちかというと頭皮が気持ちいい感じ。化粧水ですな。
  • ヘアリキッド:どっちかというと髪の毛を整える感じ。
それでヘアリキッドを買ってきてから気づいたのだが、短髪生活の長かった僕の家には櫛がない。

今日の笛:

ソプラノ・リコーダー、バロック式  まだまだ下手なのだが、「下手だ」ということは「無限の可能性を秘めている」ということなわけなので喜んでいる私。そんなことでいいのかとも思うが、そんなことでいいのだ。ハナから上手かったら不気味だし。

ところで僕は「(アドリブっぽい)ソロパートを譜面にする」ことを極端に嫌うのだけれども(聴きゃ判るし、判ればつまんない)、今回はルパン三世のテーマ部分のフェイクくらいは譜面にしちゃおうかなあ、なんて思い始めているのでした。いやその、根性がないのでスケールとか音階とか練習する筈もないのだけれども、たとえばCとDbでクロマチックのフェイクを十六分で入れられれば、効果は同じだしそのほうが演っていて楽しい。


↑あまり面白くないが、チック・コリアの基本が判るような気はする。

今日の曲目:

  • Lupin the Third (in Gm)
  • BAN BAN BAN (Kuwata Band) なんかサザン(|しーらーそーそら|んしどれみれどし|らーらそふぁーそら|しーらーそー|) (in G) ←曲名が判らんと、各地に電話して電話口で笛吹いて教えてもらいました。
  • Nancy (with the laughing face)(なんか曲名間違えてるかも)
  • Take the 'A' Train(ホールトーンはすぐできる予定)
  • You don't know what Love is (in Fm)
そんな感じ。
今日のテレ東午後ロー:

DVD『鳥』、ヒッチコックのやつ 天才番組テレ東午後ロー、今日はヒッチコックの『鳥』でした。そりゃ観るわな。

これが、15:25ちょうどに実家の母から電話がかかってきて「この映画、これで終わりなん?」ってなんで俺に訊くかな(なんで確信もて「観てる」と思ったんだろうな。観てたけど)。それはいいんだけど。映画もこれで終わるのがいいんじゃん。さすがのテレ東午後ローでもエンディングを切った話は‥‥あ、あるっぽいか(トカゲのやつです。知ってる人は知ってるよね?)。まあいいや。

それでね、この映画が大好きなんですよ僕は。

  • リア・プロジェクションと
  • 安いオプチカル合成と
  • レッドスネークカマンと
  • 「ぬいぐるみ」
で、ここまで作れるんですよ。なぁにがCGか。そんなもんいらねえ、見た目のリアルより物語としての説得力こそがだいじ。

鳥の調教をどうやったのかはやっぱり判らないのですが(ソウル・バス『フェイズIV』(←信じてもらえないだろうけれども、マジで蟻がガチで演技する映画があったんですよほんとに)なみに)。

2008年11月26日(水曜日)、三杯飲んでもまだあまる。
DVD『うた魂♪』 07:00起床。元気。本日のミッションそのいちのお洗濯にとりかかりつつ、冷蔵庫にあった豆など齧る。あとお茶とお洗濯。

12:00過ぎから中井駅前に出て、牛清でカルビ定食、900円。カルビが150gくらいかな? あと丼大盛ご飯とワカメスープ、サラダにキムチで元気が出るぜ仕様。これが完食できるんだから僕もまだまだ大丈夫だな。腹具合もよろしいのです。


どこかから湧いて出たパーカ そのまま中野に出て野暮用。野暮用ついでに新中野某所に寄って貸し出していた『うた魂♪』のDVDを回収して、お八つでドトールのアップルパイなど齧って、ついでに出自の判らない真っ黒けのレタード・ヨットパーカを貰ってくる。え? 俺のなの? まったく記憶になし。問題もなし。

晩飯、キムチ。ってかお腹いっぱいでもう食欲ねえよ(だめじゃん)。


今日の冬物:

デロンギ オイルラジエーターヒーター 某所で「ガスファンヒーターが2台ともぶっ壊れた」という自慢話をしてみたら、じゃあウチで余っているデロンギのラジエーター・ヒーターをあげようという話になって、こんど担ぎに行ってくる予定なのだが。なんか暖房って「ぶおーっ」とか言っててくんないと頑張ってるような気がしないような気もするし、僕ん家の構造(特殊仕様で通風がとてもよい)だとラジエーター・ヒーターって役に立つのかなあ。そもあいつに輻射熱があるのか。まあ、使ってみてから考えよっと。


それはそれとして、モノモチのいい私のクロゼットがちょっとたいへんなことになっていることを発見。今日は上着だけの話をするとして、こないだ実家でちょいと調べてみたら、

  • 綿入りの革ジャン、
  • ギャバのロングコート、
  • ツイードのハーフコート、
  • ダウンのジャンパー、
  • カウチンセーター、
といったあたりが発見されました。
自宅のほうの押入を漁ってみると、こないだうち買い込んだものも含めてざっくり、
  • ピーコート(メルトンとかじゃない太い糸で織った生地の滅茶苦茶重い軍用品。高校2年のときに買った)、
  • MA-1(フライトジャケット、1950's。これも高校2年のときに買った)、
  • ツイードジャケット(DAKS、お爺ちゃんの形見)、
  • コール天ジャケット(CD)、
  • スタジャン(袖革、赤)、
  • スタジャン(袖革、青)、
  • 中綿ウィンドブレーカー、
  • ヨットパーカー3点(青とか黒とか赤とかの滅茶苦茶厚いやつ)、
  • 革ジャン3点、
  • AVIREXのものすごく分厚いパーカ(裸にこれ着てスキーができます)、
MA-1 って越冬隊でも組織する心算か俺は状態。どうにも部屋が狭いと思ったら、そんな事情もあったんですね。

今日の笛:

ソプラノ・リコーダー、バロック式  まともに吹ける曲もないまま、目指せ十六分音符のフェイクってわけでとりあえず八分音符のフェイクをふつうの曲に入れていく。フレーズ自体はいくらでも出てくる(鍵盤方式とハーモニカ方式とがある)のだが、指がぜんぜん追いつきません、わっはっは。

今日の曲目:(キーは最低音から逆算して決める)

  • Mrs. Parker of K.C.(in C)
  • 島唄(in G)
  • Lupin the Third(in Gm)
  • 学園天国(in G、コールアンドレスポンスをひとりで演ってると馬鹿みたいだ)
  • Denise(in G→in Ab)
  • Burnin' Xmas(in Am)
  • 荒野の用心棒(in Dm)
  • 'Round about Midnight(in Am)
  • 約束の地(in Dm)
  • Twinkle Million Rendezvous(in G、in A)
もちろん『コンドルは飛んで行く』なんてのは演らない。
ゆくゆくは『New Country』や『Wild Rush』なども演りたいものです。

今日のトリヴィア:というかイチャモン。

東中野ギンザ通りが早稲田通りがぶつかったところにある駐在所の名前は「青原寺前派出所」。通りのぶっちがいの名称は「青原寺派出所前交差点」となっていて齟齬がある。正確を期すならば「青原寺前派出所前交差点」とすべきであろう。


関係ないけど、「西東京市」って東京都全体で見ればむしろ東側に位置しているよなあ。なに考えてんだ西東京市民、市民全員バカなのか?

西東京市の位置

 西東京市の東側が区部になっちまっているので「東西東京市ひがしにしとうきょうし」とかが出現する可能性が低いのは残念だなあ。あとは「西西東京市にしにしとうきょうし」の登場に期待するくらいか。

え? いや、大江戸線が開通したときのキャッチコピーが『これで練馬も新宿沿線!』だったりなんかして、これに練馬区民が抗議したとかピケを張ってリニアモーターカーを停めたとかいう話も寡聞にして聞かないのだが、その姿勢が不甲斐ないと言うとるとよ。『これで新宿も練馬の領土』となぜ言わんか。「中央東京市」となぜ名乗らぬのだ。

そのこころねがかなしかとです。
なさけなかとです。
そんな子に育てた覚えはなかとです。

2008年11月25日(火曜日)、行列。
DVD『ゴルゴ13 九竜の首』 ここんとこほぼ12時間くらいもずっこけていた生活時間を復旧すべく、なんか睡眠3時間くらいで無理矢理09:00起床。遠足以外で所謂「早起き」とか「目覚まし」とかいうキーワードが生活に登場するのは何年ぶりだろうか。そも僕が13時から17時の間くらいしか電話に出ないというのも業界では有名な話だしな。

今日は癌病み某人の付き合いで東京女子医科大学詣で。僕? もう元気なもんですから。もともと医者は好かんわけだし。それでついでに銀行とか郵便局とかでの振込作業も頼まれて、あんた11月25日から振込を頼むか?とか思いつつ。だってよ、四半期末と年末とゴールデンウィーク前に続いて「1年間で7番目くらいに金融機関が混み合っている日」だぜよ、今日は。とりあえず牛込若松町郵便局のATMで10分ほど並んでから処理を終えて、次はみずほ銀行だってんで捜してみたけど見当たらない。しょうがないので三井住友銀行に寄ってみて、係のお姉さんに「ものすごくお門違いなんですが」と恐縮しながらみずほ銀行の場所を教えていただく。「そこのマクドの先を右折して、突き当たりを左へ」って、つまり早稲田やんけ。まあ天気もいいから歩いてみることにして、早稲田のみずほ銀行で15分ほど並んでミッション・ダーン。10分だの15分だのと大したこともなさそうなのだろうが、僕はゴルゴ13なみに「行列」とか「待ち」とかが苦手だものでちょっとげっそり。

女子医大に戻って、某のムンテラにちょいと付き合う。肺癌が脳に転移していたものにγガンマナイフを当ててみて、そっちはまあうまくいった、と。あとは抗癌剤を使うとして、とりあえずイレッサのレセプターの有無について生検はしておきましょう、みたいな話で。またゲフィチニブかよ、ってんでこれはこれでちょいとげっそりするが、まああれから3年も経っているわけだし、なんかちょっと調べてみよ(ちっとは評判あがってんのかアストラゼネカさんよぅ)。

ところで、某の問診中にヒマだったもんで隣に座った婆さんと話していたら、この婆さんがγナイフの経験者だった。今回の某のγナイフは50万円の1割負担で5万円だったらしきものだが、婆さんは7年前当時に500万円の無保険でγナイフをやったらしい(当時レアだったらしい)。僕は500万円も持ってないし月賦にしたって支払えるわけがないので、そういう必要があった場合には死ぬな。まあ惜しいいのちでもねえから構わんのだが、婆さんは払えるカネがあって助かったのだからほんとうによかったと思う。

ついでにまったく関係ないことに気づいたのだが、女子医大の1階会計の窓口番号には4と9がない。気持ちというか動機は判る。判るが、診察室なんかには4番とか9番が平気で存在する。今日は某がCTを撮ったのだが、その部屋番号が思いっきり「13」だったもんな。なんで会計だけ、と思わないこともない。



明日は、

  1. お洗濯、
  2. エアコンのフィルター掃除、
  3. おかたづけ。
ほんとはドラスチックな模様替え(1階と2階の機能を一部入れ替え)もしたいのだが、そこまでの余裕はないな、どうやら。
月曜日深更。
食糧が枯渇したのでしかたなく、雨のしょぼ降るなかを東中野ライフまで出動する24:00。手袋起動。マフラー起動。装着、がっちゃん(ガンダムのつもり)。傘オープン。
  • 半額のお刺身(中トロ、ハマチ、鮪赤身、烏賊、甘エビで千円が500円)、
  • トンソク、
  • レトルトの茶碗蒸し、
  • レトルトのご飯、
  • 食べるニボシ、
  • ソーダ水、
といった感じ。
今宵の『バルジ大作戦』:

DVD『バルジ大作戦』 こまかなお仕事が残っているのをお刺身食べながらやっつけつつ(中トロ美味ぇ)、NHK BS2にかかっている映画『バルジ大作戦』など眺めつつという25:00。幾度か観て大筋は把握しているので、いいとこを拾いながら眺めるような。

大筋は把握していると言っても、第二次大戦のヨーロッパで前線が膠着状態になって、攻め込むドイツ軍のロバート・ショウに挑む米軍将校のヘンリー・フォンダ、といった程度。えーと、『プライベート・ライアン』で上陸して、『コンバット!』で闘って、『遠すぎた橋』でスカタンこいた米軍が『戦争のはらわた』やった後に『バルジ大作戦』といった理解なのだが合ってるかな。だから戦車に踏み潰される米軍兵のなかにはサンダース軍曹とかリトルジョンとかカービーとかがいたんじゃないかと。合ってるかな。

映画としては、とりあえずうじゃうじゃでてくる戦車の物量が凄い。レッドクリフみたいだ。聞いた話では「ドイツ軍なのにアメリカ戦車ばっかしじゃん」とのことだが、そんなことは儂には判らん。「これがイギリス戦車、これがフランス戦車、これがイタリア戦車、これが日本戦車」と言われたらそのまま信じる。ドイツ軍が英語を話しているあたりはまあご愛嬌ということにして、人真似猿の一人称が「おいら」だったりジョン・ウェインがジンギスカンだったりするよりよっぽどまし。あ、少年兵らの合唱シーンだけドイツ語で、ここがこの映画でいちばん好き(秒読みとか措いとけ)

今日気づいたあたりだと、

  • 主演がロバート・ショウじゃない! 知りませんでした(オープニング・クレジットのてっぺんがヘンリー・フォンダ)。
  • スクリーン・プロセスがリア・プロジェクションでした。そうか、1965年の映画だったんですね(フロント・プロジェクションは1968年『2001年宇宙の旅』が最初だそうな)。
  • テリー・サバラスの初登場シーンで、戦車の操縦を練習したらしき轍がある(まあいいじゃねえか、そんなこと)。
  • あってあたりまえなんだけど、リア・プロジェクションに画面手前から突っ込んでいく戦車! という描写がありましたな。気づかない僕が間抜けでした。
  • 戦車が出てくると怪獣映画みたいだ。
  • でも戦車の見分けがつかない僕(マークくらいは判るが)に「イマジナリー・ライン」というものを最初に教えてくれた映画だったかもしれない。
  • ブロンソンが乗っ取ったドイツ軍基地の「カギ十字旗」が剥がされていない。なんでかな。
  • やっぱし血は出ないね(血ぃどばどばの開祖たる『俺たちに明日はない』は1967年。『椿三十郎』なら1962年だが)。
  • ミニチュア・ワークが楽しい。
  • なんでおまえは無事なんだよっ!

今夜のおまけ:

Wikipediaに「1965年の映画」という項目があったので抜粋してみてびっくりした(僕が観たことあるやつだけ抜いてみたわけですが)。パーレン内は僕のための蛇足です。

  1. 赤ひげ
  2. 悪名
  3. エレキの若大将
  4. 怪獣大戦争
  5. 飢餓海峡
  6. 気狂いピエロ
  7. コレクター(テレンス・スタンプのほう)
  8. サウンド・オブ・ミュージック
  9. 007 サンダーボール作戦(クロウディーナ・オージェが海女やってるやつで鼻は曲がってない)
  10. 死霊の盆踊り
  11. 大怪獣ガメラ
  12. 東京オリンピック
  13. ドクトル・ジバゴ
  14. 日本一のゴマすり男
  15. バルジ大作戦
  16. フランケンシュタイン対地底怪獣
  17. 無法松の一生(勝新太郎版。僕が好きなのは1943年のバンツマ版)
  18. 夕陽のガンマン
  19. 四谷怪談(お岩さんが岡田茉莉子のやつ)
ノンブルも蛇足なわけなのだけれども、そしてあんまり劇場公開にも行っていない僕が言うのもヘンなんだけど、テレビ普及前としてもさ、なに一年間でこの物量と面白さ。「観たやつを抜いた」のだけれども、それすなわち「観て覚えているやつを抜いた」わけで、(断腸の思いで『エレキの若大将』と『死霊の盆踊り』をオミットしたとしても)けっこう凄いラインナップだと思う者です。

おんなじような映画ばっかり作ってる、とは言わない。
つまんない映画ばっかり作ってる、とも言わない。
時代がどうしたこうしたとも、言わない。

なんで20世紀の映画のほうが面白いらしいの。

ノスタルジーだとは言わせない、リメイクしておいてつまんないんだから。


こないだうちまでは「歴史を超えて残っている映画だから(たくさんの映画が作られて、フィルタにかけられたものはやはり面白いのですよ)」とか言っていたのだが、そういう事態じゃないよな、これ。
2008年11月24日(月曜日)、静養最終日(予)。
わはははは、木曜からこっちの5日間のうちで60時間がとこは眠っていたぞ(お蒲団に入っているだけならもっと)。これで腰が痛まないのだから進歩したもんだ私も。
今日の笛:

ソプラノ・リコーダー、バロック式  やっとこ真面目に「運指表」を読んでみて、間違いをいくつか修正。いや、この楽器だと開発指遣いでも経過音(タンギングを入れないとこ)ならそんなに問題ないわけで、でもロングトーンの音程で妙なところがいくつかあったもので確認をば。
曲目は、

『Lupin the Third』(in Gm)
『Paper Moon』(in F)
『いつも何度でも』(in F、in G)
『L-O-V-E』(in G)
といったところ。
些事:

ネジ回し そういえば、こないだのお風呂修理のおじさんが忘れていった大きなネジ回しは、連絡してみたら「若いのに取りにいかせます」とのことでした。玄関先の自転車の駕籠に放り込んでおく旨をお伝えして放り込んでおいたらいつのまにかネジ回しはなくなっていたので、おそらくは回収されたのでしょう。「若いの」さん、ご苦労さまでした。

早朝、レトルトのシチューを作ろうと思って器に移して電子レンジに‥‥ラップがねえよ。まああったまらねえこともなかろうと思ってラップは省いてレンジで2分‥‥扉を開けたら器が転んでました。シチューだだこぼれ。泣きながらレンジのなかを掃除する私。

そんなことで諦める私ではないので、もう1袋あったレトルトのシチューを器に移して、こんどはコンビニ袋でくるんでレンジで2分。これだと問題なく温まるわけで、機序がよくわからないのでした。まあなんとなく喰えたからいいか。

お出かけしようと思ってトレーナーを捜したが見当たらない。寝床から順番に捜していって居間まで来たら、さっきまで座っていた椅子の上でトレーナーが座蒲団に擬態していた。


今日のトンチキ:

テレビ東京の再放送『西村寿行サスペンス 時効~特命刑事・徳田左近』とやらを眺める。

トンチキそのいち。
殺人事件の時効を明日に控えて、刑事は逃亡犯の妻を張り込んでいた。と、逃亡犯の娘がにわかの発病! 緊急手術用の血液が足りない! 娘の特殊な血液型に合致するのは逃亡犯のみ! 逃亡犯に連絡をとる妻! 現れる逃亡犯! 手術後に逮捕する刑事!
ここまでさんざん捜査の話で引っ張ってるんだぜ。なんだそれ。

トンチキそのに。
犯人を逮捕した刑事のもとに、検事が現れる。犯行時刻は16日の00:30ではなくて、15日の23:30でした。当時の警察の凡ミスです。時効は成立していましたので、犯人は釈放します。‥‥釈放される犯人、地団駄踏んで悔しがる刑事。
って、伏線のひとつも張っとかんかい。

西村和彦のキレた演技は最高でしたが、話がこれじゃあ、ねえ。


そんなこんなで寝て起きたら23:00だ。あはははは、駄目だこりゃ。
footcopy