FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2008年10月30日(木曜日)、恋は遠い日の花火だ。

The Zircons、ライブやります。
と き:11月5日(水曜日)、open: 19:00 start: 20:00
ところ:高円寺楽や tel. 03-3368-6068(なるべく予約してください)
木戸銭:千円(+飲み食い)
演し物:人間の屑四人組アカペラによるドゥーワップと昭和歌謡。


ガスファンヒーターの親子 05:00起床。目覚めちまったものはしょうがないから、どこかで昼寝する心算で本日の計画など立案する。

朝食、豆と炭酸水と湯葉。

散歩がてらに郵便物の投函などする。どうでもいいけど、今朝から寒いっスね。といった話を近所のおばさんとしつつ、さいきんかわった「ゴミの提出方法」をレクチャーされつつ、「寒いスね」などといいつつ(おばさんは炬燵を出したそうです)。そういえばガスファンヒーターが今春にお亡くなりになっていたのだった。この冬、どうやって乗り切ろうかな。


今日の笛:

ソプラノ・リコーダー、バロック式 アンデス25F HAMMOND44 半音階で右4指5指あたりを半端に押さえるのがめんどくさいのだが(ぱきぱきとした性格だものですから)、いちおう上達の牛歩戦術っぽくはある。でもよく考えたらこれ、アンデス25Fでよかったんじゃんの。

そんなこんなで、今日はいちばん低いほうのクロマティック・モーションと、あとは意識的にものすごく高いところを多用していろいろと吹いてみる。驚くほど下手だ、あっはっは。


今日のTwilight Zone:

Twilight Zone 昼餉のついでに、ニコニコ動画で『Twilight Zone』(ミステリー・ゾーンですね)のモノクロ30分版から選んで『遠来の客』と『過ぎし日』を観る。ともに1961年作品。『過ぎし日』のほうはさすがにタイムパラドックス・テーマとしては古くさくなっちまったが、『遠来の客』のほうには騙されたなあ(脚本がリチャード・マシスンでした)。

このシリーズ、とうぶん続けることになりそうです。



スポンサーサイト



2008年10月29日(水曜日)、The Pied Piper leads Lemmings.
ソプラノ・リコーダー、バロック式 07:00起床。朝食、めずらしくカップヌードルのシーフードカレー。

10:00くらいまで笛の練習。楽しい。呼吸にはそんなに問題なさそうなので、じゃあとりあえず運指だなってんでクロマティック系のものを、『'Round about Midnight (Ebmだと情緒もへったくれもないのでAm)』とか『As Time goes by (Eb)』とか『You don't know what Love is (Fm)』とか。そして『Confirmation (F)』と『Chicken (Bb)』で自爆して本日終了。

今日の積み残し:

  • タンギングはしていいらしい(クロマチック・ハーモニカは原則しない)。
  • 呼吸が落ち着かないと音程がボロクソ(コントロールしやすい、とも言えるが)。
  • 指遣いは多少間違えても根性でどうにかなる、ような気がする(たぶん)。
  • ところで、ensemble PMSではなにを吹かされるのでしょうか(ぜんぜん知らん)。
  • それはそうと、そういえばマウイ・ザフーンも持ってたなあ、俺(危険な香り)。
というわけで仮想敵設定(↓)。



今日のガリレオ:

CXの再放送ドラマを眺めていたら、被害者の自宅が梵寿綱さんの手になるドラード早稲田、おもっくそ103号室でした。そう、僕が学生時代に部室の次に通っていたコピージャスト早稲田のもろ跡地です。

いやあ、懐かしかったなあ。


今日の晩飯:

ちょいと大富豪邸まで行って、PC指導などしつつ晩飯などご馳走になる。ビール、焼鳥、塩辛、しらすおろし、おでん。居酒屋か。

footcopy