FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2008年10月27日(月曜日)、ライブでした。
ライブ! というわけで、歌舞伎町Golden Eggにて「りびけんまつり」でした。うーん、やっぱり17:00集合の出番が22:30って無理があったかなあ。

とりあえず僕はべろんべろんでした。


Appearance:

  1. Mary Lou(まるみ+渡辺順子)
  2. 春田直樹
  3. 金井はるか
  4. NALU
  5. こだま
  6. りびけん
Reviken's Sets:
  1. 家とカサ
  2. コーヒー・ルンバ
  3. 涙そうそう
  4. 長い髪の女 w/小山亜紀
  5. 雲雀よ雲雀 w/NALU
  6. Sixty Minute Man
  7. 上を向いて歩こう

ソプラノ・リコーダー、バロック式 とりあえず出陣前に斎戒沐浴しようかなと思って(←明らかな嘘ですね)、西武新宿駅前のグリーンプラザでお風呂とサウナと、ついでにマッサージなど。ざっくり4,000円くらいでけっこうな贅沢ですね。というわけで天下一品でラーメンと餃子と生ビール。流れとしては当然であろう、まだ16:00だけど。

それで17:00集合のところ16:40くらいにGolden Eggに行ってみたらまだ開いてなかったので、西武新宿駅上の島村楽器さんに戻って「ソプラノのバロックでリコーダーが樹脂をくれ」と言ってみたらなにやら店員さん総出のたいへんな騒ぎに。「いやその、ふつうのでかまへんので」と言ってみてなにやら売っていただく。たぶんensemble PMSで吹いたりするのだろうし、自宅にThin Whistleとアルト・リコーダーは埋もれている筈なのだが、イウチ夫妻がふつうに「リコーダー吹ける?」って言っていたのだからアルトじゃなかろうし、Thin Whistleが合唱に合うともそうそう思えない(うえにクロマチック対応できるほど上手く吹けない)ので、買っておくに如くもなく。


今日のさわり:

リハーサルはてきとうに終わらせてのんびりとしていたところに口開けのお客さまがいらして、このかたがClose Up Magicの達人でいらさりましてな。今日はカードマジックを披露してくださったのだが、目の前で種明かしをしながら再演してくれるのに、目の前なのに判んねえ! それよりも、判んないのはバカだからしょうがないとして清水敬一ごときの余技のクロースアップでも度肝を抜かれる俺なのだが(面白がりなんです)、手技がものすごいのは取り敢えず措いといて話の持っていきかたが凄いな、というほうが勉強になりました。ちょい飯であの場にいなかった演奏者陣はちょっと損してるよな、勿体ないことです。


今日のライブ:

はるかっち 出演6バンドで、1が俺、僕の特権ご指名は金井はるかちゃんとMary Lou、NALUさんはいちおう知り合いで、あとなんだかよく判らない(失敬)かたがたが2バンド。そんで自分で言うのもなんだし自分の功績でもぜんぜんないのだが、けっこう半端なく凄かったな。タイトルロール特権を以て春田直樹さんとこだまさんにはアンコールを強要しました(ステージ脇に貼ってあったタイムテーブルを毟りとって丸めて棄てる俺!)。

僕はといえば、ボロクソでしたね。歌詞が思い出せないところは黙ってればいいやという「いつも仕様」でのんびり演奏していたら小山亜紀が出てきて歌ってくれるという楽ちん仕様で、さてこれでいいのかとも思うがこれでいいのだ。ごめんなさい、他のことできません。



スポンサーサイト



footcopy