FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2008年10月12日(日曜日)、強行軍ライブ2日目。
10月16日アルカフェ飯塚真司りびけん Reviken Live at AlCafe Ogikubo, Tokyo (MP3).
http://www.zshare.net/audio/19736261f9a13799/

(↑) クリックすると聴けるよ(^^)/

10月16日(木曜日)、荻窪駅近ALCafé(tel:03-3391-2046)
19:00開場19:30開演、りびけんは20:45くらいから。
りびけん(ウクレレとハモニカとピアノと歌で滅茶苦茶)+飯塚真二(弦楽器いろいろで出鱈目)
チャージ500円+飲み食い(ミニマム千円、そんで三千円で大豪遊)


09:00起床。

夢のなかで、

  • いつのまにか洗濯物が干してあって、
  • バラけていた腕時計が直っていて、
  • 長新太のデッサンをもらって、
  • 新品のスタジャンが壁にかかっていて、
革とメルトンで紅白のスタジャン という感じでにこにこしていたのだが、目覚めてみたら洗濯物は積んであるだけだし腕時計は直っていないしデッサンもスタジャンもない。がっかりしながらお洗濯などする。腕時計も直しました。

冬物の上着はなんかたくさんあった筈なのが払底していて(昭和の香りのするピーコートとかMA1とかが死にかけていて)、スタジャンは手持ちもあるのだがちょっとヒドい状況になっている(3年くらい埋もれていた)もので、買うのもなんだしフクナガプレスにでも出してみるか。あとは「暖かい革ジャン」と「風が素通りするスタジャン」と「下に厚着するとパツパツになるジージャン」で乗り切るしかない感じで、秋霜吹きすさぶ10月なのです。


今日の痛いの:

  • 左側頭部に打撲、
  • 左腰と左ひざに打撲、
  • 左目上に擦過傷、
さてどこかの崖から落ちでもしましたかね、僕。
今日のニュース:アメリカが北朝鮮のテロ支援国家指定解除:

中川と平沼、河村は批判(したと思う。継続処理を信用したものかどうかは判らないがいま言うことがだいじだ)。
麻生は追認。こいつは信用できない。

俺が幼稚なことを言っていると思うやつが馬鹿だと本気で思う。
信用原則を守れないやつになにができる、そいつをどこで信用する、そこを利害で考えることを(「信」で考えないことを)「国家として表明」した国家を誰が信じるか。

アメリカは阿呆だ。お追従している日本つぅか麻生さんがもっと馬鹿だってことだな。


今日のEstée Lauder:

エスティーローダー リニュートリブアルティメイトリフティングクリーム50ml、ってなんですか? KAWAI クリスタルグランドピアノCR40A 今日も今日とて横濱に向かうものだから、今日は元締と新宿で待ち合わせ。じゃあ高島屋の化粧品フロアのエスティーローダーのブースで、というのでとことこと似合わないフロアの似合わない売場に行ってみる。


今日のくつした。 売場のお姉さんもなにかな、と思われたのだろうなあ。サングラスにロックTシャツに黒ジージャンにクラッシュ・ジーンズの男子がそんな売場に現れたのだから。なにやら尋ねられて「待ち合わせです」と言ってみたらソファに案内されて、なにやらいい香りのするオシボリが出てきて、そのオシボリで耳のうしろを拭きながらスティーブン・キング『第四解剖室』を読んでいるうちに元締登場。

たいそう不思議な光景だったそうですよ。
エスティー・ローダーさんには丁寧に御礼を言っておきました。

それからそのへんにクリスタル・グランドピアノが展示してあったのを眺めて(yoshikiさんという人のものだそうです)、サザンテラスの宮崎県のアンテナショップで冷や汁をいただいて、念願の地下鉄副都心線で渋谷へ、そして普通に東横線(とみなとみらい線)でみなとみらいへ。


今日の西川:

T.M.R Live Revolution 08-09 転生降臨之章 at パシフィコ横浜
16:00-
観覧車。 今日のお席は1階席ほぼセンター、チッキには21列目とあるがAA席(オーケストラピットみたいなもんだと思う)を潰してあるので11列目。ikuoさんのベースがかぶりつきの感じで、環境はけっこうよかったな。音響も昨日からかなり向上していて、コンタクトマイクもちゃんと拾われていたし、音の粒立ちもよかった。ドラムスはバスドラとタムをかなりいじった感じで、どうやったのか判んないけどベースもギターもボーカルもよく聴こえました。

観覧車。 客席もバンドもノリが昨日よりかなり上で、やっぱり音色も大事なんだなあと思ったことでしたよ。そりゃあんな会場で歌えれば演奏家としても楽しかろうし、僕も2daysとは言わないから1回くらい演ってみたいものです。いずれそのうち。

どうでもいいけど2日連続で3公演もあっちこっちしているうちに、なんかフシブシが疲弊してきちゃいましたよ。じょうだんじゃねえな、身体も鍛えないとかんわ。


今日の渡り蟹:

渡り蟹 終演後、あの界隈の飯屋さんはややこしいので渋谷まで出て、東急プラザのIL Guatteroで前菜にサラダ、渡り蟹のリングイネとピッツァ・マルゲリータでお腹一杯。そのあとスイーツまで出てきたのでちょっと太ったかもしらんが、ここもいいお店だと思う。

渡り蟹のパスタは「お初食い」で、さて渡り蟹って味噌汁の出汁にはよく使うけど食うとこあったかなと思っていたら、イタリアンでも出汁に使うんですね。要するにキャセロールにトマトソースと蟹を放り込んで煮込めばいいんじゃないかしら、こんどやってみよう。


今日の弁天

野暮用で中野界隈を通りすぎるついでにライブハウス弁天の前を通りかかって看板を見てみたら、今日は凄腕ガールズ・クインテットのライブで、5人のうち3人くらい知り合いでやんの。ちょっと覗いてみたかったけど時刻も時刻だったので今日はスルー。



明日は、

レンタルされている『続 夕陽のガンマン』の返却日だもんで、これは返す。返すまえにもう1回くらい観ておきたいから、今夜これからかよ。ふむ。

あとは、いくらなんでもアルカフェ向けの曲出しと譜面作成、ついでにThe Zircons用の譜面もいくつか書かないとなあ。できればデモテープも作りたいのだけれども、どうなるかな。

そんで夕刻からお出かけ、そのまんま行方不明ってことかな。



スポンサーサイト



2008年10月11日(土曜日)、強行軍ライブ2題。
10月16日アルカフェ飯塚真司りびけん Reviken Live at AlCafe Ogikubo, Tokyo (MP3).
http://www.zshare.net/audio/19736261f9a13799/

10月16日(木曜日)、荻窪駅近ALCafé(tel:03-3391-2046)
19:00開場19:30開演、りびけんは20:45くらいから。
りびけん(ウクレレとハモニカとピアノと歌で滅茶苦茶)+飯塚真二(弦楽器いろいろで出鱈目)
チャージ500円+飲み食い(三千円で大豪遊)

今日の大冒険:

Angela Aki My Home Tour 2008 at Zepp Tokyo 1st/2
15:30-

T.M.R Live Revolution 08-09 転生降臨之章 at パシフィコ横浜
19:00-
どういう巡り合わせか2つとも当たっちまって、昼日中からアンジェラ・アキさんのライブ見物がZepp Tokyo、終わったとたんに横浜に向かってT.M.Revolution西川貴教さんのライブが日暮れから。ったく冗談じゃねえぜ、つぅか行くほうも行くほうなんだが。

今日の人助け:

正確には助けたのは同道の元締なのだが。

新宿駅のりんかい線のホームをうろうろしているところに小学生くらいの女の子が泣きながらうろうろしているのを元締が発見。僕が事情など訊くと虞犯者なのだが、元締が訊くぶんには平和なもんで。あのね、お母さんは電車に乗って、お父さんはチャージに行った後に姿が見えなくなって、みんなで鎌倉に行く筈だったのに先に行っちゃったのかもしれない。それで携帯電話はお家に置いてきちゃったの。

なるほどね、お母さんは行っちゃったとしてお父さんは電車に乗っていなければこのホームにいる筈なんだけど、めんどくさいから駅員さんに相談しようねってんで、ちょうど駅員詰所が1番のプラットフォームにあったものだから寄ってみて、どうやらご両親はさきに渋谷まで行っちゃったらしいのが戻ってくる、らしきことがそのうち判明。電車の時刻にも間があったので元締と俺(ちなみにアロハにサングラスの誘拐魔風味)でちょっと話し相手などして、僕はたまたま缶コーヒーのおまけでもらっていた両津勘吉のフィギュアを「じゃあ両さんをあげよう」ってあげてみたら、さしもの小学4年生女子も失笑。「妹がヘンなものを集めるのが好きですから」という無理繰りなフォローが可愛らしかったことでしたよ。いいんだよ、こういうときのギャグは無辜にくだらないほど効果的なの。

というわけで、どうやら無事に納まりそうなことを確認して、東京テレポートに向かう。


今日のアンジー:

ひょっとして僕だけが喜んでいたのかもしれないのだけれども(そんなことはありませんね)、開演前のBGMがぜんぶ僕のアイドルのセロニアス・モンクでした(あとのアイドルはスティーブ・レイシーとかソニー・クリスとか)。開場にはちょっと遅刻して行ったんだけど、『Ruby My Dear』のソロとか『Dinah』のバンド版とか(そんなもんがあるのは知りませんでした)『Blue Monk』といったあたりで、ソロ・ピアノとピアノ協奏曲っぽいものをコンピレーションした感じだしリバーサイドもプレステッジもブルーノートもごっちゃだったから、わざわざ選曲して組み立てたんだろうなあ。

まずアンジェラ・アキの前座にThelonious Monkというのがちょっと意外だったのだが、バリバリのテンションノートが出てこないくらいでリズムの扱いなんかはひょっとすると似ているのかもしれない。それとアキさんの新曲で『Reflection』というのが登場して、そういえば開演前にモンクの『Reflections』もかかっていたような気もするし。なんだよ駄洒落かって、そんなことはありませんね。

今日のバンドはグランドピアノ+ドラムス+ベースで、音はまず弾き語り入りのジャズバンドで、どうせなら『Straight No Chaser』くらい演ってもいいのにって感じで(そんなことはやりませんね)。そうだなあ、「こんなに三拍子の多い人だったんだ」というあたりで認識を新たにして、その三拍子で誰かが必ず二拍三連を弾いているのが僕好みでした。歌は、たまにいなたいリバーブがかかるのはご愛嬌として、やっぱ上手いし楽しい。僕がライブでかけるのは『手紙』のサビ抜きくらいだが、僕より上手い(なに言ってんの俺)。リズムの要はドラムスというよりはベースで、これも新鮮でした。ちなみにキーはやっぱりフラット系が多いようで、出自はやはりジャズの人なのかなあ、とは思いました。

ちょっと気になったというかどうでもいい話というか、以前のライブでもそうだったけど、この人のピアノフォルテって鍵盤がいつも上手側(右です)にあるのね。生ピアノなら楽器の構造上どうしても下手に鍵盤がくる筈なのだが(蓋の蝶番は鍵盤向かって左側にあるの)、なにか理由があるのかしら。

もっとどうでもいい話なのだが、ZeppにもT.M.RevolutionのツアーTシャツを着ていったのね。うえにアロハは羽織っていたのだが、ツアティーのバックにはモロに「T.M.R.」と書いてある。後方の観客の感情を勘定するとさすがにアロハは脱げねえ脱げねえ。


今日のイチャモン:

屋名池誠『横書き登場』岩波新書 移動中にR25を読んでいたら、『「縦書き」vs「横書き」その歴史にズームイン!』という記事がありましてな。

「慶應義塾大学文学部の屋名池誠教授にその歴史を伺いました」とあって、

>> 横書きは外国語をまねて、幕末から明治初期に生まれましたが、当初は外国語を理解するインテリ層の左からの横書きと外国語に詳しくない庶民の右からの横書きがありました。
横書きっぽい日本語を右から左に並べて書くのは、縦書きの一字詰めでしょうに。本気で慶応大学の屋名池誠教授をコケにしそうになっている僕がいるので、誰か停めてください。
証明、できるかな。

5文字詰め。

こ
ん
に
ち
は

2文字詰め。

は に こ
   ち ん

1文字詰め。

はちにんこ

「はちにんこ」は縦書きなんですよ、つまり。

僕の話の筋は通っていると思うし、狭量なインテリ至上というかエリート主義を論拠として「正しい書法を使っていた一般庶民をバカにする」屋名池誠教授を僕は尊敬できないし、この人が教育の場にいていい人間だとも思わない。

この人とアカデミズムは、馴染まない。


今日のT.M.Revolution西川貴教:

転生降臨之章 けっきょくアンジーが終わったのが17:00過ぎくらいだったか。なんか頑張って東京テレポート駅からみなとみらい駅まで移動して、19:00開演予定のところがパシフィコ横浜に到着したのが18:50でしたか。

ツアーは先週金曜日に東京国際フォーラムで眺めているので2回目だが、パシフィコ横浜のほうが音がデカくて好みな感じ。お席はアリーナの20列目くらいで、でも普門館よりも東京国際フォーラムよりもデカいこのホールならかなり前のほうだな。

てか、これだけデカいところでライブができたら幸せだろうなあ。
運動場(ビッグエッグとか)じゃなくて、講演会場(東京国際フォーラムとか)でもなくて、ここは堂々たるコンサート・ホールとしておそらくは世界最大の部類に入るもんね。

俺も演りたい。これは本気だ。

  • ボーカルはコンタクト・マイク(耳にかけてるやつ)だと、なんか音の拾い方に問題があるように思う。明らかにダイナミック・マイク(持つやつ。カラオケで使うやつ)のほうが安定しているわけでさ、そりゃまあマイク持ってチャンバラもできなかろうけれども、なんとかなんねえかな。

  • ハーモニック・ディレイ(自分の声でハモれるやつ)はボーカルを拾って加工しているものと思っていたのだけれども、たまにシーケンサによるものがあるらしきことを発見。ふむ。

  • 今回のツアーではIkuoさんのベースがやたらといいのだけれども、たぶん長谷川浩二さんのドラムスがそれ用の空間を作っているのだと思うのです。ツーバスではあるけれども、あれならベースでもキーボードでも入れる、と僕は思うの。

  • 最後の『CHASE/THE THRILL』で、バンド全体が1拍間違えてたよな。柴崎浩が「え? あれ?」みたいな感じで長谷川さんを睨め付けておられました。いやまあ、人力バンドにシフトすりゃありがちなことでしょう。
  • 個人的なことなのですが、なんか喉の調子がよろしくないもので高い声で歌うとゲロ吐きそうになるんですよ。まいったこまった。

ところで、お台場のアンジェラ・アキさんが終わった後にT.M.Revolution西川貴教に向かうときに「同じルートの人はいるかね」なんて元締と話していたのだけれども、いました。西川さんがフジテレビの収録後に横浜に移動したのだそうで、なんだよ言ってくれれば車に乗って行って高速代くらいは払ってあげたのに(そんなわけはありませんね)。

明日からは、

10月16日アルカフェ飯塚真司りびけん 明日はまたT.M.Revolutionで横浜パシフィコ。
明後日は父がお誕生日祝いをしてくれるというので実家で晩飯。
14日はロッキーのセッションが池袋であるのに行ったり行かなかったり。
15日はThe Zirconsのリハーサルが代々木である。譜面いつ書くんだ俺は。
16日にはアルカフェのライブがあるので、そういえばそろそろ曲目を出してイーヅカくんにメールしないと。譜面いつ書くんだ俺は。
17日は新中野弁天でジャムの輪セッションがあるのに顔を出す心算。

あとちょっと飛んで、22日の水曜日にジルコンズのライブが四谷三丁目Sokehs Rockであって、
25日はクール・ブリアーンのギグのステージ・マネージャ。これは打ち合わせはいらないと思うんだけどな。
あと27日が歌舞伎町Golden Eggで『りびけんまつり」ですよ。これも順番出しとかせにゃならんのだな。とりあえずアルカフェくらいはソロにしとくんだったか(後悔)。

footcopy