徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2008年10月31日(金曜日)、がんばらない、いつも通り。

観てびっくり! 聴いてがっかり!

The Zircons、ライブやります。
と き:11月5日(水曜日)、open: 19:00 start: 20:00
ところ:高円寺楽や tel. 03-3368-6068(なるべく予約してください)
木戸銭:千円(+飲み食い)。
演し物:人間の屑四人組アカペラによるドゥーワップと昭和歌謡。


演奏中 演奏中 演奏中 演奏中

ソプラノ・リコーダー、バロック式  08:00起床。朝食、キヌカツギと焼きハンペンと緑茶。

リコーダーの練習の心算で『Twilight Zoneのテーマ』をin Amで吹いてみるが、A-Bb-A-Fという八分音符の音列が凶悪に吹きづらい(というか押さえづらい)ことに気づく。

あとてきとうに吹き倒す感じで。


今日の昼飯:

日清カップヌードル『レンジ』 ニューイングランドクラムチャウダー 日清カップヌードル『レンジ』マンハッタンクラムチャウダー 日清カップヌードル ミルクカレー ちょっと気になっていた「カップヌードルレンジ ニューイングランドクラムチャウダー」をコンビニで買い込んでくる(ついでに「マンハッタン」も買ってきた)。

食べてみると、レンジで作ることによる味覚や食感へのメリットはとくに感じられなかったなあ。それと、スープがくどくしつこくケミカルなお味なのは勘弁してやるとして、肝心の貝が貝柱だけというのは大問題だろう、微妙な鮮度の二枚貝の剥き身を放り込んでこそのクラム・チャウダーであろうに。

結論として、失格。ミルクカレーを復刻してくれたら勘弁してやる。


今日の『Twilight Zone』:

Twilight Zone きょうもニコニコ動画で『因縁も売り物』と『33号機の漂流』を眺める。どうやら1988年の録画のようで、東京03の局番が3桁だったりするのが懐かしい感じ。

『33号機の漂流』のほうでは「アイドルワイルド飛行場」というのが出てくるのだが、これはケネディ空港のことですね(放映の2年後に改称)。劇中にジャック・H・ハリスの『ダサイナザウルス』が出てくるのは、先日のリチャード・マシスンと併せて考えればやはりこのシリーズにはロジャー・コーマンの影が落ちているのかなあ、なんてちょっと思ったりして。


今日のお買い物:

バイタリス つるかめランドで晩飯の材料(今日は芋と豆と肉)を買ったついでに、ツルハドラッグでヘアリキッドなど買おうと思ったら(さいきん色気づいてる私)、バイタリスが無ぇ! ふざけんな、ヘアリキッドつぅたらバイタリスかマンダムに決まってんじゃねえか。アウスレーゼとかタクティクスとか相手にしてられっかっての。というわけで近所にうじゃうじゃあるCVSにも廻ってみたのだが、落合のバイタリスは絶滅していました。

あと、値引きの天麩羅パックで「竹輪と南瓜と薩摩芋」というのがあったので購入(素材名くらい書いとかんかいつるかめランド)。さいきん炭水化物の摂取が少なすぎ。

さらにエビアンのペットボトル。これは塩を少々足して冷蔵してときどき飲む感じ。


今日のDVDのふしぎ:

DVD『機動警察パトレイバー2 the movie』 さきに書いておくが、僕はAV関係には詳しくない。以前にCCCDとCDの聴き較べをさせられたときには正解した程度に耳はいいとは思うのだが、機材関係にはとりあえず疎い。

今日はちょっと必要があって『機動警察パトレイバー2 the movie』のDVDをTSUTAYAさんで借りてきました。再生にあたって「オリジナル音声」と「リニューアル音声」が選べるようになっていて、そんなもんはオリジナルだろうってんで(5.1chとか持ってないし)プレイヤに放り込んでみたら、これがコマ落としみたいな感じになっちまってうまくない。うちのDVDプレイヤもドンキで3,980円だったししょうがねえかなと思ってPCのほうのドライブに放り込んでみたら、やっぱり再生が追いつかない感じでこれでは鑑賞できないではないか。

TSUTAYAさんに電話してみて対策を訊いてみるのだが収穫もなく、ふと思いついて「オリジナル音声」じゃなくて「リニューアル音声」のほうを選んでみたらデッキでもPCでもふつうに再生できました。なんだよ、二層の奥のほうにオリジナル音声が入ってるのが掘削できないとかそんな感じなのかな。難しくてよく判んないけどまあいいや。

そんな話を続報でTSUTAYAさんに電話して、返却時に担当者宛にメモを入れといてあげるみたいな話になって。ついでに「機序が判ったら解説してください」って書いとこ。



スポンサーサイト
2008年10月30日(木曜日)、恋は遠い日の花火だ。

The Zircons、ライブやります。
と き:11月5日(水曜日)、open: 19:00 start: 20:00
ところ:高円寺楽や tel. 03-3368-6068(なるべく予約してください)
木戸銭:千円(+飲み食い)
演し物:人間の屑四人組アカペラによるドゥーワップと昭和歌謡。


ガスファンヒーターの親子 05:00起床。目覚めちまったものはしょうがないから、どこかで昼寝する心算で本日の計画など立案する。

朝食、豆と炭酸水と湯葉。

散歩がてらに郵便物の投函などする。どうでもいいけど、今朝から寒いっスね。といった話を近所のおばさんとしつつ、さいきんかわった「ゴミの提出方法」をレクチャーされつつ、「寒いスね」などといいつつ(おばさんは炬燵を出したそうです)。そういえばガスファンヒーターが今春にお亡くなりになっていたのだった。この冬、どうやって乗り切ろうかな。


今日の笛:

ソプラノ・リコーダー、バロック式 アンデス25F HAMMOND44 半音階で右4指5指あたりを半端に押さえるのがめんどくさいのだが(ぱきぱきとした性格だものですから)、いちおう上達の牛歩戦術っぽくはある。でもよく考えたらこれ、アンデス25Fでよかったんじゃんの。

そんなこんなで、今日はいちばん低いほうのクロマティック・モーションと、あとは意識的にものすごく高いところを多用していろいろと吹いてみる。驚くほど下手だ、あっはっは。


今日のTwilight Zone:

Twilight Zone 昼餉のついでに、ニコニコ動画で『Twilight Zone』(ミステリー・ゾーンですね)のモノクロ30分版から選んで『遠来の客』と『過ぎし日』を観る。ともに1961年作品。『過ぎし日』のほうはさすがにタイムパラドックス・テーマとしては古くさくなっちまったが、『遠来の客』のほうには騙されたなあ(脚本がリチャード・マシスンでした)。

このシリーズ、とうぶん続けることになりそうです。

2008年10月29日(水曜日)、The Pied Piper leads Lemmings.
ソプラノ・リコーダー、バロック式 07:00起床。朝食、めずらしくカップヌードルのシーフードカレー。

10:00くらいまで笛の練習。楽しい。呼吸にはそんなに問題なさそうなので、じゃあとりあえず運指だなってんでクロマティック系のものを、『'Round about Midnight (Ebmだと情緒もへったくれもないのでAm)』とか『As Time goes by (Eb)』とか『You don't know what Love is (Fm)』とか。そして『Confirmation (F)』と『Chicken (Bb)』で自爆して本日終了。

今日の積み残し:

  • タンギングはしていいらしい(クロマチック・ハーモニカは原則しない)。
  • 呼吸が落ち着かないと音程がボロクソ(コントロールしやすい、とも言えるが)。
  • 指遣いは多少間違えても根性でどうにかなる、ような気がする(たぶん)。
  • ところで、ensemble PMSではなにを吹かされるのでしょうか(ぜんぜん知らん)。
  • それはそうと、そういえばマウイ・ザフーンも持ってたなあ、俺(危険な香り)。
というわけで仮想敵設定(↓)。



今日のガリレオ:

CXの再放送ドラマを眺めていたら、被害者の自宅が梵寿綱さんの手になるドラード早稲田、おもっくそ103号室でした。そう、僕が学生時代に部室の次に通っていたコピージャスト早稲田のもろ跡地です。

いやあ、懐かしかったなあ。


今日の晩飯:

ちょいと大富豪邸まで行って、PC指導などしつつ晩飯などご馳走になる。ビール、焼鳥、塩辛、しらすおろし、おでん。居酒屋か。

2008年10月28日(火曜日)、どどんがどん。
ヤモリさん。
これといってなにもせず。

  • 2003年のちんこまつりで意気投合したローソン店長ショータくんから、mixi経由で5年ぶりにメッセージが届く。お元気そうでなにより。

  • そのちんこまつり、今年の年末は2daysで申し込んじゃいました。流れとしては、12月26日が武道館でアンジェラ・アキ、27日と28日がT.M.Revolution西川貴教野郎限定ライブ。天国と地獄と地獄って感じですかね。

  • なんとなくリコーダー演奏を頼まれているensemble PMSさんなのだが、独自調査の結果では会場はサントリーのブルーローズ、来年1月25日(日曜日)の14:00開演。わはははは、ついに俺さまもサントリーホールでクラシカル器楽デビューだぜ(芸術劇場とか東京文化とかタケミツあたりは制覇しているのだが、サントリーだけまだ)。ついでにアイカタのリコーダーでバケツプリン・カズに出演要請してみました。どうなるかなあ。
2008年10月27日(月曜日)、ライブでした。
ライブ! というわけで、歌舞伎町Golden Eggにて「りびけんまつり」でした。うーん、やっぱり17:00集合の出番が22:30って無理があったかなあ。

とりあえず僕はべろんべろんでした。


Appearance:

  1. Mary Lou(まるみ+渡辺順子)
  2. 春田直樹
  3. 金井はるか
  4. NALU
  5. こだま
  6. りびけん
Reviken's Sets:
  1. 家とカサ
  2. コーヒー・ルンバ
  3. 涙そうそう
  4. 長い髪の女 w/小山亜紀
  5. 雲雀よ雲雀 w/NALU
  6. Sixty Minute Man
  7. 上を向いて歩こう

ソプラノ・リコーダー、バロック式 とりあえず出陣前に斎戒沐浴しようかなと思って(←明らかな嘘ですね)、西武新宿駅前のグリーンプラザでお風呂とサウナと、ついでにマッサージなど。ざっくり4,000円くらいでけっこうな贅沢ですね。というわけで天下一品でラーメンと餃子と生ビール。流れとしては当然であろう、まだ16:00だけど。

それで17:00集合のところ16:40くらいにGolden Eggに行ってみたらまだ開いてなかったので、西武新宿駅上の島村楽器さんに戻って「ソプラノのバロックでリコーダーが樹脂をくれ」と言ってみたらなにやら店員さん総出のたいへんな騒ぎに。「いやその、ふつうのでかまへんので」と言ってみてなにやら売っていただく。たぶんensemble PMSで吹いたりするのだろうし、自宅にThin Whistleとアルト・リコーダーは埋もれている筈なのだが、イウチ夫妻がふつうに「リコーダー吹ける?」って言っていたのだからアルトじゃなかろうし、Thin Whistleが合唱に合うともそうそう思えない(うえにクロマチック対応できるほど上手く吹けない)ので、買っておくに如くもなく。


今日のさわり:

リハーサルはてきとうに終わらせてのんびりとしていたところに口開けのお客さまがいらして、このかたがClose Up Magicの達人でいらさりましてな。今日はカードマジックを披露してくださったのだが、目の前で種明かしをしながら再演してくれるのに、目の前なのに判んねえ! それよりも、判んないのはバカだからしょうがないとして清水敬一ごときの余技のクロースアップでも度肝を抜かれる俺なのだが(面白がりなんです)、手技がものすごいのは取り敢えず措いといて話の持っていきかたが凄いな、というほうが勉強になりました。ちょい飯であの場にいなかった演奏者陣はちょっと損してるよな、勿体ないことです。


今日のライブ:

はるかっち 出演6バンドで、1が俺、僕の特権ご指名は金井はるかちゃんとMary Lou、NALUさんはいちおう知り合いで、あとなんだかよく判らない(失敬)かたがたが2バンド。そんで自分で言うのもなんだし自分の功績でもぜんぜんないのだが、けっこう半端なく凄かったな。タイトルロール特権を以て春田直樹さんとこだまさんにはアンコールを強要しました(ステージ脇に貼ってあったタイムテーブルを毟りとって丸めて棄てる俺!)。

僕はといえば、ボロクソでしたね。歌詞が思い出せないところは黙ってればいいやという「いつも仕様」でのんびり演奏していたら小山亜紀が出てきて歌ってくれるという楽ちん仕様で、さてこれでいいのかとも思うがこれでいいのだ。ごめんなさい、他のことできません。

いまからおいで。
ライブ! 27日の月曜日19時から新宿っ。

演し物:りびけんまつり
ところ:歌舞伎町Golden Egg Tel.03-3203-0405、歌舞伎町ドンキ裏。
とき:19:00開場、19:30くらいからスタート。僕は22:00くらいから。
出演:いろんなひと(うたと踊り)。
木戸銭:三千円で大豪遊。

よしなに。

2008年10月26日(日曜日)、突発ナルコレプシ。

【りびけん祭り vol.2】
愈々明日、ライブですっ!

Date Oct. 27 (Mon.), 2008
OPEN 19:00
START 19:30
Place: 歌舞伎町Golden Egg
Fee only \1,000+1drink \500~


Appearance:

  1. Mary Lou(まるみ+渡辺順子)
  2. 春田直樹
  3. 金井はるか
  4. NALU
  5. こだま
  6. りびけん
おお、ライブ案内に場所が書かれていなかった。バカだ私は。
というわけで歌舞伎町ゴールデンエッグ(ドンキ裏)で明日ちゅうか今日ちゅうか月曜日の夜にライブ大会やります。ものすごくヒマなかた、よしなに。
08:00起床。

朝食、ピーナツと炭酸水。
ビスマルク山脈に棲息する栗鼠かよ俺は。


昨日のクール・ブリアーンさんの落ち穂拾い:

  • 書いちゃって構わないと思うので書いちゃうと、実は開演前にステージ・マネージャ謝礼を頂戴しました。ふだんのRock/Jazz/Pops業界だとこれは「帰っていいよ」のサインなので指揮の清水昭師父に「じゃあ帰ります」って言ったら「ダメ」って言われました。
  • 面白かったのがアンコールの2回目で、ピアノを弾く予定の内藤先生は袖に引っ込んじゃうし、指揮の清水昭師父は譜面を持たずに出ていくし、あはははは。
  • 3ステージ目の前にステージ・モニタを眺めていたら、なんとなく譜面台が傾いでいる。とりあえず袖にあった譜面台と取り替えてから点検してみたら、木製の足のほぞが抜けかかっているんだな。へえ、そんなこともあるんだ。
  • 合唱団のニシさんに「今日は赤いスタジャンじゃないんですか?」って言われる。ちょっとそれはねえ。受付にいたニシさんの娘さんには「T.M.Revolutionって久し振りに読みました」と言われる。なるほど、母娘でここをチェックしているわけだ。迂闊なことは、どんどん書こう。
  • 来年1月25日の合唱団PMSの演奏会にも僕は行くのだが、なんか主催者側から「リコーダって吹ける?」って聞かれる。そんなもん潤哉さんだろうと思ったら「簡単なのが8小節」なのだそうで、だったらできるかな。ちなみにリコーダーのデュオ・パートだそうなのでもうひとり拉致らなければならないのだが、どうしたものかしら。
  • トッパンホールのバックヤードは、楽屋Dの前に喫煙所がある。あのホールで僕が行方不明になったら、たいがい楽屋Dの前にいます。書類とかぜんぶあそこで書いたもんなあ。
  • 誰もいないときにステージでちょっと歌ってみたんだけど、気持ちのいいホールですね。それで喉の調子がよろしくなくて下の下のCが出ないのが面白くなかった。
  • 前日にあまり眠っていない理由のひとつに、04:00にちょいと目覚めたおりに「今日の電車文庫はどうしようかな」と思ってつい枕元にあった山本弘『闇が落ちる前に、もう一度』を手にとって、再読なのについ読了してしまったというのもある。バカだ私は。
山本弘『闇が落ちる前に、もう一度』角川文庫

今日のお昼寝:

『鑑定団』の始まる前に寝たんだから、13:00には就眠していた筈だ。目覚めたら24:00を過ぎていました。なんやねん、貴重な日曜日だというのにわっはっは。

しかしこれ、もう睡眠障害を標榜しても非難されないんじゃないかな。


今日のお買い物:

というわけで顔を洗って、のんびりと東中野ライフまで歩く。

  • 半額のお刺身(マグロ赤身とブリと甘エビ)
  • 豚足
  • 糠漬
  • 炭酸水
といったところ。

さて、

  • 明日のライブの衣裳を決める、
  • 明日のライブの曲目を決める、
  • 明日のライブの荷造りをする、
  • 必要があれば譜面を書く、
とまあいろいろとやることはある。しかし17:00入りで出番が22:00過ぎって、大丈夫かな俺。
今日の『題名のない音楽会』。
佐渡裕さんが「ハードロックで長調の曲ってほとんどないじゃないですか」と言っておられた。
  • Aerosmith『Walk This Way』
  • Grand Funk Railroad『Gimme Shelter』
  • Alice Cooper『Under My Wheels』
  • Twisted Sister『We're Not Gonna Take It』
  • Led Zeppelin『Kasimir』(←大丈夫、メジャーです。『Rock and Roll』でよかったんだけど)
いっくらでもあります。



2008年10月25日(土曜日)、これといってとくになにもしない。

【りびけん祭り vol.2】
ライブですっ!

Date Oct. 27 (Mon.), 2008
OPEN 19:00
START 19:30
Fee only \1,000+1drink \500~


Appearance:

  1. Mary Lou(まるみ+渡辺順子)
  2. 春田直樹
  3. 金井はるか
  4. NALU
  5. こだま
  6. りびけん

なにやらここ数日間ほど睡眠の具合が不穏で、ものすごい睡魔に襲われて就眠したと思ったら2~3時間で目覚めてしまって、しょうがうないから2~3時間くらいもうだうだしてからまた2~3時間眠る、というのを繰り返している。体調はふつう。静かな時刻に2~3時間使えるものだから書き物をしたり本を読んだりしているもので、健康的といえば健康的なのかもしれない。大冒険系の夢も見るのでそれはそれで楽しい。

昨晩は23:00くらいに就眠して01:00くらいに起床。当日仕事があるものだから02:00くらいに無理矢理就眠して、04:00起床。当日仕事もあるのでこのへんであきらめて本格的に起き出して、お風呂をつかったりなんだりする。

08:00に家を出て、東西線落合駅上のデニーズで朝食。ベースドエッグ(っての? 仕上げに水をちょっと入れて蒸すやつ)を頼んだらウェルダンな目玉焼きが出てきたのだが、ベースドエッグにするならミディアムにしなきゃ意味がないような気もした。いちいち言い立てるようなことでもないが。それでコーヒーを3杯ほど。

川下り用品 09:00には飯田橋駅に到着して、トッパンホールに向けててくてく歩く。遠くにトッパンホールはずうっと見えているのだが、いくら歩いてもぜんぜん近づいたように見えないのが困りものだなあ。というか、隣を神田川(旧江戸川)が流れているのだから、自宅を出て30メートル歩いた妙正寺川にお椀の舟を浮かべてどんぶらこっこどんぶらこと流れてくればここに着くのになあ、などと思う。帰りが面倒くさいけどな。

ふと、さらさらと伸びた前髪が目ん玉に刺さって痛いことに気づいたので、途中のコンビニエンス・ストアで試供品めいた整髪料を263円くらいで買って、ついでにトイレをお借りして髪の毛を固める。泥縄。


今日のクール・ブリアーンさん:

今日は女声合唱団のステージ・マネージャというミッションで、平たく言うと、

  1. ステージを作って、
  2. リハーサルをやって、
  3. お客さまを入れて、
  4. 本番ステージをやって、
  5. ステージの後片付けをする、
以上終わり、あとビールというお仕事。ほんとは湯の川学院高校合唱部のカサギさまが譜めくりに来ているのだからカサギさまに全部やらせりゃいいのだけれども、合唱団のかたは「カサギさんは譜めくりだから」と仰る。いや、フメクリストは演奏中にステージにいるけれども、ステージマネージャは演奏中にはまず仕事はないんだけどな(ちょっとないこともないけど大丈夫)。まあいいか。カサギさまがさいきん譜めくりの仕事が増えてちょっと増長しているようだったので「俺は田中瑶子先生の専属フメクリストだったけどね」って釘を刺しておいたらむっとしていましたが、知ったこっちゃねえや。

リハーサル風景、左端にカサギさま おそらくは世界一クラスで重かろう山台をみんなしてえっちらおっちら組み上げた後は、いろいろと計画だけは立てていたステージングはあれよあれよという間にピアノの移動と指揮台の出し入れだけに縮小されて、受付の相談を一発かましてバミリを若いもんに任せてみたらあとは僕はすることなーし。仕方がないのでいろんなところへ行ってヨタを飛ばしたり、無人の楽屋でピアノを弾いてみたり(今日は『You don't know what Love is』と『'Round about Midnight』と『Misty』と『As Time goes by』)しているうちに無事に演奏会終了。

クール・ブリアーンさんは結成20年になんなんとする昔妙齢だったお姉さんたちの13人組で、どんなんかなあと思っていたらきちんとした合唱団でした。発声と声の揃い方がいいのは無論として、これは褒めるところなのだけれども譜面の持ち方が世界一ですね。これ重要。集客は着席率6割といったところで、ちょうどいい感じ。ホールのカナザワさんは今日はおやすみだそうで、残念でした。

終演後に楽しくウチアゲ。そのあと飯田橋ラムラで楽しくウチアゲのウチアゲ。
22時過ぎくらいに帰宅してばたんきう、さすがに電池切れ。

騙されないぞ。
プロパガンダ(というかオルグかね)としてはよくできている、煙草の害を説明したビデオです。
向後の禁煙など考えておられる向きはぜひご覧ください。


Do You Smoke? U Got To Watch This... - These bloopers are hilarious

まあ怖い。煙草1本でもひとの肺ってこんなに汚れちゃうんですねえ。


馬鹿馬鹿しい、煙草の煙を吸い込んで吐かないやつなんているもんか。
footcopy