FC2ブログ
徒然草むしり
嘘を! もっと嘘を!


2008年10月24日(金曜日)、この冬はモモシキを履かない。

【りびけん祭り vol.2】
ライブですっ!

Date Oct. 27 (Mon.), 2008
OPEN 19:00
START 19:30
Fee only \1,000+1drink \500~


Appearance:

  1. Mary Lou(まるみ+渡辺順子)
  2. 春田直樹
  3. 金井はるか
  4. NALU
  5. こだま
  6. りびけん

今日のまぬけ時空:

家とカサ 箴言:傘はいろんなところへ持っていかないと雨露をしのげない。

09:00起床、なんでか睡眠2時間だもんでうすらぼんやり。

うすらぼんやりとしながら野暮用で中野に出る。家を出る時点では雨もようようやんだようだったので傘など持たずに出たら、5分も歩いたところで土砂降りになる。僕はずぶ濡れになる。そんで中野で300円の傘を買って、と。

野暮用は一瞬で片づけて南口の「さらしな」で蕎麦など手繰る。なんかふつうの蕎麦屋になっちゃったなあ、とくに文句もないけど。それで明日はステージ・マネージャだし月曜日はライブだし、ひさしぶりに高円寺のジプシーウェイで散髪しようと思って中野駅から下り電車に乗ったらなんでか三鷹まで連れ去られる。

えっちらおっちら高円寺まで戻って、ジプシーウェイのお姉さんとバンド談義だの長髪談義だのしながら(「その風邪をひかない根拠ってなんですか?」「だって俺バカだもん」、みたいな)散髪終了。靴のなかが水浸しで不幸な気分になったもので、ジーンズメイトで靴下など購入する。3足千円で髑髏マークと星印とタータンチェックって、三十路をすぎて履くようなもんじゃねえな。


今日のThe Zircons

11月5日(水曜日)、ジルコンズは「中目黒の楽屋」じゃなくて「高円寺の楽や」に出演するのだが、今日は高円寺に「らく屋」という按摩処があるのを発見。みなさん、ライブ見物の心算が間違えて揉まれちゃったりしないように気をつけてくださいませのこと。


今日のまぬけ時空(2):

明日はおもっくそカザルス・ホールに行く気になっていたのだが、ふと気づくとトッパン・ホールだよな。カザルス・ホールってなんだったっけと思ってしばらく考えて、ああそういえばこないだ行ったなというのを思い出す俺。

いかん、ボケとる(乃至はいつもどおり)。


今日の晩飯:

生牡蠣 ほんとうは生牡蠣のこころだったのだが、さすがに人さまの本番を控えてそんなに剣呑なものも食べられないし(自分のライブ前日だったら平気でいただきますが)、というわけでなかをとって燻製の牡蠣を買ってきました。

あと、生協で作っているらしき冷凍弁当の「食事バランスセット」というのを400円で。あきたこまちの五穀ご飯(語義矛盾していなかろうか)と、八宝菜とナムルだっけ。なにやら栄養バランスがいいのだそうです。


今日の『ゼイリブ』:

DVD『ゼイリブ』(品切れ中) ネットのアーカイブにジョン・カーペンターの『ゼイリブ』が落ちていたもので、久し振りに眺める。といいますか、22:00くらいにやたらと眠くなっちまったけど明日のことを考えると24:00くらいまでは粘りたいんだな。

映画のほうはマレットヘアのレッドネック(これはこれで語義矛盾か)が世界を救うんだか救い損なうんだか。やっぱり映画は90分、カーペンターは低予算だねえと言いつつ、トラヴィス・ハレルソン以来だと英語をしゃべったのがせいぜい合計30分くらいだもので、字幕なしは脳にキツい。目は覚めるから合目的的ではあるのだが。



明日は、

10:30までに飯田橋トッパンホールに到着するとクール・ブリアーンのみなさんに褒められる感じ。家を出るのが09:30過ぎ、どこかで朝食を摂るなら09:00ってとこか(ラムラあたりになんかあんだろ)。08:00くらいに起き出してお風呂というのが理想かしら。

さて、衣裳どうすっかな。ステマネがそんなこと悩んでどうする。

2008年10月23日(木曜日)、青ざめた騎士。

【りびけん祭り vol.2】
ライブですっ!

Date Oct. 27 (Mon.), 2008
OPEN 19:00
START 19:30
Fee only \1,000+1drink \500~


Appearance:

  1. Mary Lou(まるみ+渡辺順子)
  2. 春田直樹
  3. 金井はるか
  4. NALU
  5. こだま
  6. りびけん
もともとはゴールデン・エッグさんの企画で「弾き語りデイ」だった筈なのが、いつの間にか『りびけんまつり』に改称されたイベントもいよいよvol.2となりました。

出演陣も僕とAOちゃんでアコースティック系の皆さんをいろいろと厳選して並べてありますので、けっこう自信あります。そうさの、ノルマ制のライブハウスでの爆音にちょっと飽きてきた大人のひとがターゲットでしょうか。

いちど覗いてみてくださいませ、よろしくお願いします。


09:00起床、朝食は日東紅茶とバナナチップ。

届けものがあって、とりあえず新中野へ。まつやで蕎麦でも手繰るかなとも思ったのだが、貧乏なのでそのまんま帰宅。昼、庭の草で作るうしろむき素麺。


今日の午後ロー:

DVD『ペイルライダー』 今週のテレ東午後ローはクリント・イーストウッド特集で、月曜日から『荒野の用心棒』、『夕陽のガンマン』、『アウトロー』ときて今日は『ペイルライダー』。イーストウッドが『探偵物語』最終回の(ということは『処刑遊戯』の)松田優作していると言えば判りやすいだろうか(判りやすくありませんね)。子供の頃からテレビでは数回観ていると思うのだが。

話のほうは、不幸な娘さんが「神様たすけて」ってお願いしたら死に神が来ちゃったみたいなもんで、そんなもんヨハネの黙示録(だっけ?)とか言われても知らんわ。それよりなにより「イーストウッドは最初から死んでいた」疑惑も拭いきれなかったりなんかして、というわけでたいへん面白うございました。

ちなみに、廉価版の英語版DVDが売られているのは知っていたが、Blue-Ray Discのほうは日本語音声も入っているのね。とうぜん山田康夫さんだと思うのだが、そんなもんハード持ってませんよ。どうしてくれようか。


昨日のThe Zircons

The Zircons ■ さいきんのジルコンズ面子は全員が煙草を喫む(横ヤンは減量中なのでむりやり喫んでる気配がある)。ところで、現在の日本の喫煙率は男子39.5%、女子12.9%なのだそうです。ということは、
0.395*0.395*0.395*0.129=0.007950253875
つまり、男子3名+女子1名の団体が全員喫煙者で構成される確率は0.8%。ある意味「奇跡のグループ」と言っても構わないかもしれない。しかもボーカルグループだし。

■ 昨日の『ハリケーン』(シャネルズ)では、リハーサルでも演ったにもかかわらず間奏部分でサンチャゴ田村が思いっきり出損ねました。まあそういうのは儂らの間ではよくあることなのだが、そこに続くリードボーカル横ヤンの歌詞が「頼りない 記憶あてに」だったものだから僕が爆笑。危うく歌えなくなるところでした。

■ ほんとは『Twilight Tone』のイントロのディミニッシュ・モーション(気持ち悪いやつ)を横ヤンの鼻笛で演ってもらおうかという企画もあったのだけれども、なんせこっちがぜんぜん固まってなかったものだからこれは断念。そのうち演りますのでお楽しみに。

■ 『Sixteen Candles』あたりで例によって横ヤンの「発声ヘン、音程下がる」のやまいが発症しそうになっていたものだから、ちょいと下手まで行って「病気出かかってるよ」って言ってみたら復調しました。個人的には「無理なダイエットが祟っている」ものと考えているのだが、どうなのでしょうか。減量中の歌手さんの意見を募集します。


■ さて、昨日のMC。
  • お米って新米が出てくるといきなり古米になるのに、お蕎麦は新蕎麦が出ても「古蕎麦」にはなりませんね。
  • スター・ウォーズというのもひどい映画で、あんだけ大騒ぎしといてただの父子喧嘩だもんなあ。
  • 続きまして、かつて16歳だったこともある発情期をスルーした女、小山亜紀です。
  • サントリーの皆さん、よろしくお願いします。
  • お客さん、怒ってません?
採録するとやはりヒドいなわっはっは。

今日もゾンビは全力疾走:

DVD『ドーン・オブ・ザ・デッド』 さて東京12チャンネルの木曜ロードショーはゾンビ映画『ドーン・オブ・ザ・デッド』。ロメロの『ゾンビ』じゃなくて、2004年のリメイク版のほうです。たしか公開時に劇場で観たような記憶があるのだが、どうだったかな。DVDは間違いなく2~3回は観ている。

うーん、ゾンビの全力疾走はまあいいとして(文句はあるが)、登場人物さんたちの「賢さ」ってもうちょっとどうにかなんなかったのかなあ。お遣いに犬なんか出さなくても、ショッピングモールに立て篭もってんだから玩具屋さんにラジコンのヘリコプターくらいあるでしょうに。アメフトかなんかのプロテクタの在庫もあったろうし、よく知らないけどフェンシングのプロテクタなんかもゾンビ対策として有効だったのではないか。あらかた全員が腕を噛まれて発病しているのに、肩から丸出しのノースリーブでゾンビさんたちに突っ込んでいく魂胆がよく判らないのです。俺なら、完全武装してからあっちこっちに冷えピタ貼ってから逃げ出すけどな。

それでも、ゾンビ映画を撮ろうとするひとに悪いひとはいないし、なによりケン・フォリーとトム・サヴィーニが出演してるじゃないか! というわけで、数年したらまた観ると思います。


ついでなので、自分のためのメモとしてロメロ版のタイトルを並べておきます(ロメロさんに関係なくゾンビ映画は全部観てますけどね)。
パーレン内は制作年次、制作年次の次は僕が勝手に付けた邦題です。
  1. Night of the Living Dead (1968) 生ける屍の夜
  2. Dawn of the Dead (1978) 死者の夜明け
  3. Day of the Dead (1985) 死者の日
  4. Land of the Dead (2005) 死者の国
  5. Diary of the Dead (2007) 死者の日常
ということは次は『Evening of the Dead』か『Twilight of the Dead』あたりか。

どうでもいいけど、1日に2本も「人が眉間を撃ち抜かれる映画」を眺めることになろうとは。



明日は、

金策とか。

明後日は朝も早よからクール・ブリアーンさん演奏会でステージ・マネージャ。
衣裳どうしましょ。

それで来週月曜日が歌舞伎町Golden Eggで『りびけんまつり』なのだが、なに演るかぜんぜん決めてねえよ。どうしたもんかなあ。

2008年10月22日(水曜日)、The Zircons Live!
at Sokehs Rock
open: 18:30
start: 20:00
close: てきとう

Sets:
  1. DENISE
  2. WIN YOUR LOVE FOR ME
  3. OOLONG CHA CHA CHA (Suntory Series #1)
  4. MAYBE
  5. TONIGHT
  6. FOOLS FALL IN LOVE
  7. 嗚呼人生に涙あり
  8. 上を向いて歩こう
  9. LOOKING FOR AN ECHO
  10. SIXTY MINUTE MAN

  11. The Supreme w/The Bottom / Twilight Tone
  12. The Bottom / You don't know what Love is
  13. The Big / Jodelling the Sokehs / 木曽川工場の歌 (Suntory Series #2)
  14. The Ugly / 南から来た用心棒の歌

  15. HURRICANE
  16. SH BOOM
  17. SIXTEEN CANDLES
  18. IN THE MOOD
  19. また逢う日まで
  20. PLEASE MR.POSTMAN
  21. WONDERFUL WORLD
  22. 夜が来る (Suntory Series #3)
  23. FOR THE LONGEST TIME

  24. 妖怪人間ベム (encore)
  25. GOODNIGHT SWEETHEART GOODNIGHT (encore)

※翌日追記。

というわけでライブでした。ご来場の皆さん、お店のかたがた、ジルコンズ面子、そして俺、ありがとうございました。

  • 今回なんでか僕のが来ちゃいましてね。肉親の前で馬鹿を演るのも辛いものが、ないない。もうあきらめた。
  • 当日の僕の衣裳は、上が赤いスタジャン、中が髑髏マークのトレーナー、ジーンズに赤いエアマックスで丸いミラーグラス。ステージにいればふつうだけど、道を歩いていると馬鹿みたいでしたな。
  • 今回は歌詞カードを持参せず、譜面も2曲だけ(新曲の『Fools Fall in Love』と、小山亜紀にピアノを付けた『Twilight Tone』)を持参。暗譜ステージって、僕にとってはジルコンズ史上初だな。
  • その『Twilight Tone』はちょっと走っちゃって、歌い手のほうが辛そうだったな。申し訳なかった。
  • 僕の個人芸は、いつも家で弾いているものを演ろうと思って、『You don't know what Love is』をグズグズのピアノソロで。なにも特別なことはしていないのだが妙にウケたような気もするし、こういうのでよければ3時間半くらいずうっと弾いていられるのだが。ちなみにキーを間違えてEmで弾いちゃいました(ふつうはFmでしょう)。
Nose Flute
  • 今回のジルコンズは「ハロウィン記念サントリーまつり」ということで、『烏龍茶茶茶』、『木曽川工場の歌』、『夜が来る』をお贈りしました。そのうちYouTubeあたりにアップして儂ら人気者という企画なので、しばしお待ちを。
2008年10月21日(火曜日)、整数で馬鹿になる。

The Zircons LIVE!

The Zircons Live! とき:10月22日(水曜日)って明日じゃん!
Open 18:30でStart 20:00
ところ:四谷三丁目Sokehs Rock Tel. 03-5368-1317
木戸銭:2,000円+飲食
演し物:The Zirconsの歌と踊りと個人芸


やっとこちょっと企画が固まってきたかなあという感じです(明日なのに)。衣裳はデブ丸出しハゲ丸出し色気丸出しに僕はアメリカの野球小僧丸出しという感じでしょうか。新曲そこそこ。個人芸は僕がピアノを弾いたりするくらい。『ウーロン茶茶茶』は演ります。


06:00くらいに起床。

無一文が猖獗を極める生活も5日目を数えると、そろそろ冷蔵庫もすっからかんになりつつもあり、庭の草もサンチャゴ化し、近所の猫も蛙も蛇もあらかた食いつくした。落合公園の噴水池近くに罠を仕掛けて烏を獲ろうと思ったのだが、ひっかかるのは雀ばかり(雀って捌くのがたいへんなわりに食うとこないんだよね)。というわけで妙正寺川の鴨とか小鷺とか蝙蝠(蒸焼にすると美味いらしい)とかを指をくわえて眺める早朝。

とりあえず前向きなことをしようと思って、早朝提出のゴミから抽出した両切煙草のシケモクをバラして煙管用に加工する。これはこれで、ふつうの煙草を喫っていると5分かそこらはかかるけど煙管なら90秒かそこらで僕のニーズにも合っているから、いちおう建設的でなかろうこともなかろうて。


25日の演奏会:

トッパンホールでの合唱の演奏会のステージ・マネージャを拝命していて、昨日になってタイムスケジュールとかが郵送されてきました。以下、自分のためのメモ。

  • リハ開始前にバミリテープ確認
  • 譜面台とピアノ椅子(蒲鉾×1、背もたれ付1)が2脚ずつほしい
  • チラシの挟み込み確認のこと
  • アナウンス係のかたと打ち合わせ要
  • 受付打ち合わせ時刻不明(必ず立ち会います)
  • 退館けつかっちん時刻確認のこと
トッパンさんは機材はきちんとしていたし、スタッフさんもよくしてくれていたものと記憶するわけで、そこは心配していない(山台が重いけど)。指揮者が2人いるらしいのの対応と、ホールの持分外の運営だけだな。
今日のニュース:

橋下大阪府知事曰く、

>> 朝日新聞は愚かな言論機関。すぐに廃業した方がいい
だそうです。どっちの肩も持たねえけど、こういう論争ちゅうか喧嘩はどんどんしたほうがいいと思うの。どっちも負けるなほーれほれ。
明日のライブ:

すみません、「ピアノの練習するぞ」と言っておきながらなにもしていません。
それよりも衣裳どうすっかな。赤いスタジャン着用にすると決まっちゃうしな。

それで今日の23時近くになってセットリスト主任のサンチャゴ田村からセットリストが届いて(いつものこと)、これが知っている曲ばかりなのに驚く俺も俺だよな。ふだんは「あれ? これなんだったっけ」みたいなのが3割くらいはあるのだが今回はだいたい知ってる曲なので油断する。

ええ、ふだんは『知らない曲』を歌ってるんですよぉ、僕は。


今日のニュース:

>> サイゼリヤでメラミン入りピザ。
どうせこの店なくなっちゃうんだからもういいや、とか思ったんじゃねえの?

明日は、


The Zircons LIVE!

The Zircons Live! とき:10月22日(水曜日)って明日じゃん!
Open 18:30でStart 20:00
ところ:四谷三丁目Sokehs Rock Tel. 03-5368-1317
木戸銭:2,000円+飲食
演し物:The Zirconsの歌と踊りと個人芸



2008年10月20日(月曜日)、じんじろげ。

The Zircons LIVE!

The Zircons Live! とき:10月22日(水曜日)、
Open 18:30でStart 20:00
ところ:四谷三丁目Sokehs Rock Tel. 03-5368-1317
木戸銭:2,000円+飲食
演し物:The Zirconsの歌と踊りと個人芸



09:00起床。

朝食、カシューナッツと水。リスか俺は。


11月のライブ:

アルカフェさんからブッキングのご連絡があって、11月10日(月曜日)の出演が決まりました。

さて、なに演ろっかな。
ぐだんぐだんシリーズの続きで山崎規夫師匠でも呼んでみようか(爆笑)。


今日のスタジャン:

スタジャン スタジャン さて、ネットで無料で衝動買いしたスタジャン、届く。

状態が「poor」とあったものだから過度な期待はしていなかったのだが、ちゃんとしたもんでしたよ。サイズが僕でもちょっと小さめなのは愛嬌として(どんなアメリカ人が着てたんだ、ってチアリーダーかって話か)、バックプリントがチェーンステッチなのがまた珍しいかしらん。

とりあえず今季はこれで行く。


昼、にゅうめん。トッピングに梅干、鰹節、朧昆布といったところ。
今日のハリウッド:

DVD『スパイダーマン2』 サム・ライミ『スパイダーマン4』の概要を入手したので書いておく。

もともとピーターは「虫に刺された」からあんなに苦労しているわけで、そこに気づいたアメリカ環境保護局のOBが例の蜘蛛を博物館から奪取、ゲノムを分析抽出して大量の「スパイダーマン部隊」を編成し、元祖スパイダーマンたるピーターを襲う。

ところが、悪者はついついミトコンドリアDNAまでをも再生してしまったために、スパイダーマン部隊は徐々に健康被害を起こして死んでいく。瀕死のスパイダーマン部隊長から事実を聞いたピーターはラスボスに闘いを挑むが、ラスボスは米軍を味方につけてピーターを手ぐすね引いて待ち構えていた。

そしてペンタゴンで、最後の闘いが繰り広げられる。


  • なにも博物館から蜘蛛を奪わなくても、ピーターの「白いもの」は町中のそこここにくっついていると思うのだが。
  • 元祖スパイダーマンを襲う理由がよく判らない。
  • 道義的にはラスボスと闘うのは構わないけど、ラスボスの計画ってすでに失敗しているんじゃないのか。
いやまあ、いいんだけど。


明日は、

お仕事とお掃除とお洗濯。
夜は大久保水族館のセッションに行ったり行かなかったり。

これなんでしたっけ。
|うんどらどっしー|#そっらーそそそー|
|#ふぁ#ふぁ#ふぁーふぁふぁふぁー|みらふぁらみーうん|
2008年10月19日(日曜日)、テロレンコ・ノホホヴィチ。

The Zircons LIVE!

The Zircons Live! とき:10月22日(水曜日)、
Open 18:30でStart 20:00
※17:00からの「ファンクラブ食事会」については小山亜紀までお問い合わせください。

ところ:四谷三丁目Sokehs Rock Tel. 03-5368-1317
木戸銭:2,000円+飲食
演し物:The Zirconsの歌と踊りと個人芸


今日のPC要筆:

もとより僕はほんとにまったく関係ないのだが。


第1回 パソコン要約筆記フェスタ 2008

日時:11月1日(土)~2日(日)、両日とも13:00より16:00
場所:長野県松本文化会館国際会議室
テーマ:ITを利用した次世代の情報保障システム
費用:無料
主催:人工内耳センター利用者親の会

なのだそうです。明らかに素人の仕事なのだが(画像に代替テキストがない、主催の表記が埋もれている、技術講習会の内容の記述がない、人工内耳と要約筆記との関係が判らない、然り而して対象者がよく判らない、つまりそういうことに運営陣が頓着していない)、なんでか熱意は判るし頑張っていただきたいものです。

個人的には、講師のなかにIPtalkの栗田さん以外に知る人がいないのがちょっと隔世の感というか(あ、僕は以前にパソコン要約筆記をやっていたことがあるんです)。それで温泉に行くついでに(サイトウ・キネンでよく識る松本文化なら、浅間温泉の入口の筈だ)とも思ったのだけれども、お財布との都合がまあその。

そんなことで、こちらもよしなに。パソコン要約筆記をやるなら必読ですよ、ほんとにも。


さて、朝だ。

ふと気がつくと大夜更かしをしている日曜日の09:00。まあいいや。

NET『題名のない音楽会』は今日は天童よしみがいろいろ歌ってくれていたのだが、ものすごく僣越なことを書くと、このひとの歌唱ってさいきんとみに甘えが前面に出てきてしまったような気がしていて、途中でパス。

いや、演歌のひとってのほほんと聴いているとぶち殺されそうな殺気を放ちつつ歌ってたりするじゃん。伎倆云々ではなくてそういうことの話です。すみません天童さんごめんなさい。


今日のおどろき:

先日某所で「ヘンなおじさん」呼ばわりをされたもので、「ヘンなお兄さんだよっ!」と言い張っておきました。

あとで気づいたんだが、「ヘン」の部分は構わないんだな、俺。


今日の道案内:

なんでか通りがかりのかたに道を尋ねられる頻度は、かなり高いほうだと思います。黒ずくめのサングラスで金属バットを持っていても尋ねられます。なめとんかわりゃ(嘘)。

新宿区の落合界隈だと落合斎場の場所を訊かれることがいちばん多いのだが、昨日と今日は目白学園の場所を訊かれる率が高かったな。どうやら桐和祭(目白学園の学園祭です)が近づいているので準備やなんやらで駆り出されたらしき男子大学生風味を5人ほどご案内したのだが、全員が桐和祭のフライヤーを持っている。

次に尋ねられたらフライヤーに載っている地図をチェックさせていただいて、必要があれば実行委員会に注意なり抗議なりしてみようかと考えている次第(だって五の坂を降りてきたやつがいたんだぜ。ひどくね?)。


今日の:王道進行

ニコニコ動画で観てみました。つまり日本の歌謡曲は|F△|G7|Em|Am|でできているという話で、そう言われれば反論はできないあたりを持ってきていて面白うございました。

  • 代理コードがF△の代わりにDm9はいいとして、Emの代わりにE7はどうなのかなとか、
  • 拍が半分のものを持ち出して「同じ」と言うのはどうなのかなとか、
疑念はないわけではないけれども文句なく面白い。じっさい僕がステージで演ってる『雲雀よ雲雀』(|Dm|G7|C△|A7|)にしても『長い髪の女』(|F△|G7|C△|Am|)にしても当て嵌まる部分はあるわけで、楽しめました。おわり際に拍手しちゃったよ。

語り口も冷静で公平だし、それなりのキャリアのあるひとが演ってるんだろうなあ、とは思いました。あとピアノの弾き方がピアノプロパーのそれとは明らかに違うし、本業は弦楽器のかたなのかしら。


今日の晩飯:

深更の東中野ライフで、炭水化物系の冷凍食品をいくつかと、半額になっていたお刺身のパック、鶏肉と空芯菜、あとはワカメとかそんな感じ。お刺身は中トロとハマチと甘エビと烏賊素麺で300円くらい。

帰宅して取り急ぎお刺身をやっつけて、それからワカメを酢漬にしつつ、鶏肉と空芯菜を煮物にする予定。あとはたぶん煮物にうどんでも放り込んで本日終了だな。

と思ったら烏賊がちょっとキていたもので(半額ですから文句はない)、これはキムチに放り込んで混ぜて冷蔵して、と。これは間違いなく美味い。というか失敗しようがない。



明日は、

とりあえず、悪鬼羅が「てめぇいーかげんにせぇよ」と言いそうな金策をですね。
あとアレのプレゼンがあるのでレジュメを午前中に仕上げて午後はそちらに廻る感じです。

2008年10月18日(土曜日)、人類誰しもひと山いくら。
茶蕎麦 朝起きたら昼でした。
目覚めても無一文。

というわけで庭から茗荷を引っこ抜いてきて、麺汁はてきとうに仕立てて(水と酒とワインを煮立てて鰹節と昆布を放り込んでからお砂糖少々って滅茶苦茶)、麺のほうは乾麺が少々と茶蕎麦が少々あったものだから合わせて茹でて、と。

日本蕎麦と茶蕎麦が混じっているのが素麺っぽくて面白いのはいいとして、素麺の色のついたとこを探して食べて喜ぶみたいな真似すんなよ俺。茶蕎麦より日本蕎麦のほうが茶色いのが納得いかない、ような気もする。


今日の動線不審:

手許にタクシーの領収書がある。
10月10日の18:01に800円を支払ったことになっている。

当日の日記を読み返してみると、夕刻から中野に出て「さらしな」で蕎麦を手繰って、それから新中野に移動して届けものをして、19:00には弁天にいたことになっている。
ちなみにタクシーで800円分に相当する移動距離を計算すると、2,001mから2,288mの間ということになる。中野から新中野でも2kmもねえよ、歩いたって10分少々のことだ。だいたい18:01なら十分にバスも走っている時刻だし、僕としては分不相応なタクシーなんか使うわけがない。

タクシー会社さんに電話で問い合わせてみたら、レシートの管理はデジタルで行っているので、時刻がずっこけることはまず考えられないとの由。レシート自体は「文庫本の間に栞として挟まっていた」ので、人さまのものが紛れ込むことはまず考えられない。

さあて、判んねえぞ。


今日の創作料理:

料理というのか、蜂蜜でジンフィズを作ってみたら美味しくないかしら。
こんどやってみよ。


今日の映像体験:

ってほどのもんじゃないけど、土曜日らしく。

東野圭吾『レイクサイド』文春文庫 DVD『レイクサイド・マーダーケース』 CXに13:30からかかっていた映画『レイクサイド・マーダーケース』を観る。本来ならば劇場映画をテレビで眺めて云々するのはよろしくないのだろうが、でもこれってテレビの2時間ドラマでやるような話だよ。パパが帰ってきたら愛人が撲殺されていてママが犯行を自白して同行者たちが隠蔽工作に協力するって時点でネタばらしもいいところでしょう。先生が事件に噛んでいることも明らかなわけだし、そも「だいたい判った真相をラスト30分かけて解説してくれる」というのがテレビのサスペンス劇場の定番そのものだし、というわけで脚本もキャスティングも馬鹿みたいでした。責任とって原作読まなきゃいけないみたいな気分ですよ。


今日の「映画」と「テレビ」:予告編。

「映画であるべき作品」と「テレビであるべき作品」と「これテレビでいいじゃん作品」について書いていたらわけわかめなんで措くんですけど、「バジェット」と「商業性」と「作家性」あたりは抽出したあたりでよく判んなくなっちゃいました。冷凍乃至放擲。

たとえばですね、

  • 『クレオパトラ』は映画でしょ(ここはいいよね)。
  • 『ゴースト』はテレビサイズで作られていたけど映画でしょ。
  • フジテレビの促成湾岸映画を劇場のスクリーンで観たいか(観たい人がたくさんいらさる)。
  • 『ジョーズ』はどうなる。テレビ出自だが大スクリーンに映えた。
  • 『エイリアン』はどうなる。テレビで観てても充分に怖いぞ。
悔しいのだが例に出すと、『アラビアのロレンス』はシネスコで観たほうがよほど面白いように思うの。ピーター・ジャクソン版『キング・コング』を劇場で観られなかった映画ファンを気の毒に思う。

そのあたりがうまくまとめられない。ちきしょ。
はい、期待されてなくても努力します。


夕刻からALCaféのウクレレ特集に行きたかったんだけどな、ままならないことです。

明日は、

あれがこれしてなんとやら。
いつも通り。

2008年10月17日(金曜日)、人生の無駄遣い。
今日の貧乏人:

金子光晴『流浪』ちくま文庫 さて、朝からお財布もポケットもからっけつでいっそ清々しい。無理繰り引っ張り出せばどこぞのバーチャル世界から現金が出てこないこともないのだが、めんどくさいので冷蔵庫の中身の整理などしながら今日は蟄居。

弁天のセッションには行きたかったんだけどな、仕方あるまい。庭の草など引っこ抜いて炒めて昼飯とする。


今日の偶然:

北森鴻『メイン・ディッシュ』集英社文庫 野暮用で東西線に乗車(電車カードくらいは持っているの)。車内で北森鴻『メイン・ディッシュ』を読んでいて、将門の首塚の話になったところで電車は竹橋駅に入線した。

あの、僕になにかさせたいのでしょうか、将門公。


今日の石鹸:

石鹸 到来物で、なにやらごろりんとした5cm角ほどの立方体が届く。開けてみたら、立方体の石鹸でした。なにやらハーブの香りがします。包んであった新聞紙がどうやらスペイン語だからスペイン産なのかな。

そのまんまだと使いづらいので、俎板に乗せてえいやっ!と半分に切りました。いい感じです。


今日のスタジャン:

だいたいこんな感じのスタジャン DVD『メジャーリーグ』 おそらく1994年くらいに古着屋さんで購入して着ていたレタージャケットを発掘したのだが、さすがにヨレヨレのボロボロである。ためしにスタジャン再生で有名なフクナガプレスさんに問い合わせてみたら、7,000~8,000円くらいでなんとかなりそうな気配(石川県)。

ちゃんとメルトンと革だし、ワッペンはクリーブランド・インディアンズだし、ちょいとお願いしてみようかと考えている次第。

スタジャン。ワッペンがアイゼンハワーでさえなければ。 ほんとはこんなのも掘り出し物っぽいんだけど、日本人がアイゼンハワー印の服は着られないわなあ、せめて民主党ならともかく。せめてチェ・ゲバラとか(笑)。

シアーズのスタジャン とかなんとか言いながら注文してしまいました、古着のスタジャン。

まあ「R」だし、楽天でしか使えないあぶくポイントがちょうどいい感じだったしってか無料だし、シアーズだし。

Rebel Cheerleader バックプリントはこんな感じ。Rebel Cheerleaderと聞いて笑うのはオーウチさん、喜ぶのはサンチャゴ田村くらいか。なんだっけ、「フロリダ州立名門巨乳女学院」だったっけ。おおともさ、背中に洋ピン背負ってアメリカ行ったるぜ!


今日のパンツ:

HOMボクサーショーツ 知人女子からお誕生日プレゼントだってんでショートのボクサーブリーフを頂戴したのだが、えーと。けっこうほんとに短いうえにけっこうもっこりでして、なにか期待してるならお応えしてもかまわないのだが、僕はどうすればいいのでしょうかしらん。

とまれありがとうございました。



明日は、

14時くらいまでお仕事って感じかしら。

footcopy